田口良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田口 良一
基本情報
本名 田口 良一
階級 ライトフライ級
身長 167.3cm[1]
リーチ 172.0cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1986-12-01) 1986年12月1日(30歳)[2]
出身地 東京都[2]
スタイル 右ボクサーファイター[2]
プロボクシング戦績
総試合数 30
勝ち 26
KO勝ち 12
敗け 2
引き分け 2
テンプレートを表示

田口 良一(たぐち りょういち、1986年12月1日 - )は、日本プロボクサー。第35代日本ライトフライ級王者。現WBA世界ライトフライ級王者。東京都大田区出身。ワタナベボクシングジム所属。

来歴[編集]

大田区立大森第七中学校在学中、地元の大田区体育館(現・大田区総合体育館)でのボクシング教室に通い[3]芝商業高校卒業直前にワタナベジムに入門し本格的にスタート。2006年7月19日、後楽園ホールにて瀬尾智宏(川島)を初回TKOで降しデビュー。

2007年東日本ライトフライ級新人王として、西軍代表中澤翔(大鵬)を判定で退け全日本新人王獲得。

2009年8月1日、後楽園ホールで後に井岡一翔井岡)と日本ライトフライ王座を争う瀬川正義(横浜光)と対戦し、プロ初黒星となる0-3(74-78、75-77、76-77)の判定負けを喫した。

2009年12月28日、後楽園ホールで 田中教仁(ドリーム)とノンタイトル6回戦を行い、2回にクリンチの離れ際の田中の加撃で田口がダウンし、田中に減点1が言い渡され、1分間のインターバル後も田口のダメージは深く試合続行不可能と判断され2回2分58秒反則勝ちを収めた[4]

2011年最強後楽園にエントリー。準決勝で日本ランカーの久田哲也ハラダ)を判定で降し[5]、決勝まで進み木村悠帝拳)を6回TKOで倒し優勝。黒田雅之(川崎新田)が持つ日本ライトフライ級王座挑戦権を獲得[6]

2012年3月12日、後楽園ホールで日本ライトフライ級王者黒田雅之と対戦し、10回1-1(95-96、96-95、95-95)の判定で引き分けに終わり、王座獲得に失敗した[7]。 2012年7月16日、ウイング・ハット春日部でペッダム・ロンリエンキーララムパン(タイ)と対戦し、初回1分58秒KO勝ちを収めた。この試合はペッダムのデビュー戦だったが、ペッダムに体重超過があった為、ペッダムはJBCから1年間の招へい禁止となった[8]

2013年4月3日、黒田雅之の王座返上に伴い知念勇樹琉球)と日本ライトフライ級王座決定戦を行い、10回3-0(99-91、98-92、97-93)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[9]。試合後は井上尚弥大橋)との対戦を希望した[10]

2013年8月25日、スカイアリーナ座間井上尚弥と対戦し、10回0-3(92-98、93-98、94-97)の判定負けを喫し日本ライトフライ王座の初防衛に失敗、王座から陥落した[11]

2013年12月31日、大田区総合体育館でライアン・ビト(UNITED)と49.5kg契約8回戦を行い、ボディブローを軸に攻撃し、試合を優位に進め、8回3-0(2者が78-74、78-75)の判定勝ちを収め再起に成功した[12]

2014年7月5日、後楽園ホールで元IBF世界ミニマム級王者のフローレンテ・コンデスと対戦し、2回にダウンを奪われるも、的確にパンチを当てポイントを稼ぎ、8回3-0(77-74、77-75、76-75)の判定勝ちを収めた[13]

2014年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級王者アルベルト・ロッセルと対戦し、序盤から攻勢に出た田口を前にロッセルは老獪さを見せたが、8回と9回にダウンを奪い田口のKO奪取の期待が高まるもロッセルに12回終了まで凌がれKO奪取こそ逸したが、12回3-0(116-111、116-110、117-109)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[14][15]

2015年1月17日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のロッセル戦を制して王座を獲得した田口はWBA世界ライトフライ級王者としてランクインした[16][17]

2015年5月6日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級王者でWBA世界ライトフライ級14位のクワンタイ・シッモーセンと対戦し、8回36秒TKO勝ちを収めWBA世界ライトフライ級王座の初防衛に成功した[18][19]

2015年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級7位のルイス・デ・ラ・ロサと対戦し、デ・ラ・ロサの9回終了時棄権によりWBA世界ライトフライ級王座の2度目の防衛に成功した[20]

2016年4月27日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級暫定王者でWBA世界ライトフライ級7位のファン・ランダエタと対戦し、9回に2度、10回に1度、11回に2度の計5度のダウンを奪い11回終了時ランダエタの棄権によりWBA世界ライトフライ級王座の3度目の防衛に成功した[21][22]

2016年6月7日、WBAはWBA世界ライトフライ級王者の田口良一と元WBA世界ミニマム級王者でWBA世界ライトフライ級1位の宮崎亮との間で対戦交渉を開始するよう指令を出した[23][24]

2016年8月31日、大田区総合体育館で元WBA世界ミニマム級王者でWBA世界ライトフライ級1位の宮崎亮と対戦し、12回3-0(116-112、117-111、119-109)の判定勝ちを収めWBA世界ライトフライ級王座の4度目の防衛に成功した[25][26][27]

2016年9月15日、WBAは最新ランキングを発表し、上述の宮崎戦を制したことを評価し、田口をWBAの2016年8月度の月間優秀選手賞に選出した[28][29]

2016年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級3位のカルロス・カニサレスと対戦し、12回1-1(116-112、112-116、114-114)の判定で引き分けたがWBA世界ライトフライ級王座の5度目の防衛に成功した[30][31]

2017年5月26日、WBAはWBA世界ライトフライ級王者の田口良一とWBA世界ライトフライ級1位のロベルト・バレラに対し同日から対戦交渉を行い30日以内に合意するよう指令を出した。対戦交渉が合意に至らなければ入札になるとのこと[32]

2017年7月23日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級1位のロベルト・バレラと対戦し、9回24秒TKO勝ちを収めWBA世界ライトフライ級王座の6度目の防衛に成功した[33][34][35]

2017年8月19日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のバレラ戦の勝利を評価し、田口を2017年7月度の月間MVPに選出した[36][37][38]

獲得タイトル[編集]

  • 第64回東日本ライトフライ級新人王
  • 第57回全日本ライトフライ級新人王
  • 第35代日本ライトフライ級王座(防衛0)
  • WBA世界ライトフライ級王座(防衛6)

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:2戦2勝 (2KO・RSC) 無敗
  • プロボクシング:30戦26勝 (12KO) 2敗2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2006年7月19日 勝利 1R 2:52 TKO 瀬尾智宏 日本の旗 日本
(川島)
プロデビュー戦
2 2006年9月27日 勝利 3R 1:40 TKO 紺谷陽広 日本の旗 日本
(協栄カヌマ)
3 2006年12月11日 勝利 4R 判定(3-0) 鬼ヶ島竜 日本の旗 日本
(三谷大和)
4 2007年6月6日 勝利 4R 判定(3-0) 平野太誠 日本の旗 日本
(館山牛若丸原田)
5 2007年9月27日 勝利 4R 判定(3-0) 大城和樹 日本の旗 日本
(白井・具志堅)
6 2007年11月4日 勝利 4R 判定(3-0) 高島昌良 日本の旗 日本
(横浜光)
第64回東日本ライトフライ級新人王/獲得
7 2007年12月22日 勝利 5R 判定(3-0) 中澤翔 日本の旗 日本
(大鵬)
第54回全日本ライトフライ級新人王/獲得
8 2008年3月27日 勝利 6R 判定(3-0) 須江伸太郎 日本の旗 日本
(シシド)
9 2009年2月7日 勝利 2R 1:27 KO サンサクダ・ポータサナポン タイ王国の旗 タイ
10 2009年8月1日 敗北 8R 判定(0-3) 瀬川正義 日本の旗 日本
(横浜光)
11 2009年12月28日 勝利 2R 反則 田中教仁 日本の旗 日本
(ドリーム)
12 2010年4月11日 勝利 8R 判定(3-0) 中澤翔 日本の旗 日本
(大鵬)
13 2010年7月28日 勝利 6R 2:30 TKO 平川聖也 日本の旗 日本
(斎田)
14 2010年10月1日 勝利 7R 2:59 TKO 大内淳雅 日本の旗 日本
(角海老宝石)
15 2011年1月28日 勝利 8R 1:47 TKO 沼田慶一 日本の旗 日本
(E&Jカシアス)
16 2011年7月5日 勝利 6R 判定(3-0) 久田哲也 日本の旗 日本
(ハラダ)
2011最強後楽園ライトフライ級トーナメント準決勝/決勝進出
17 2011年10月15日 勝利 6R 0:23 TKO 木村悠 日本の旗 日本
(帝拳)
2011最強後楽園ライトフライ級トーナメント決勝/優勝
18 2012年3月12日 引分 10R 判定(1-1) 黒田雅之 日本の旗 日本
(川崎新田)
日本ライトフライ級タイトルマッチ
19 2012年7月16日 勝利 1R 1:58 KO ペッダム・ロンリエンキーララムパン タイ王国の旗 タイ
20 2013年4月3日 勝利 10R 判定(3-0) 知念勇樹 日本の旗 日本
(琉球)
日本ライトフライ級王座決定戦
21 2013年8月25日 敗北 10R 判定(0-3) 井上尚弥 日本の旗 日本
(大橋)
日本王座陥落
22 2013年12月31日 勝利 8R 判定(3-0) ライアン・ビト フィリピンの旗 フィリピン
(UNITED)
23 2014年7月5日 勝利 8R 判定(3-0) フローレンテ・コンデス フィリピンの旗 フィリピン
24 2014年12月31日 勝利 12R 判定(3-0) アルベルト・ロッセル ペルーの旗 ペルー WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
25 2015年5月6日 勝利 8R 0:36 TKO クワンタイ・シッモーセン タイ王国の旗 タイ WBA防衛1
26 2015年12月31日 勝利 9R 終了 TKO ルイス・デ・ラ・ロサ  コロンビア WBA防衛2
27 2016年4月27日 勝利 11R 終了 TKO ファン・ランダエタ ベネズエラの旗 ベネズエラ
(カシミ)
WBA防衛3
28 2016年8月31日 勝利 12R 判定(3-0) 宮崎亮 日本の旗 日本
(井岡)
WBA防衛4
29 2016年12月31日 引分 12R 判定(1-1) カルロス・カニサレス ベネズエラの旗 ベネズエラ WBA防衛5
30 2017年7月23日 勝利 9R 0:24 TKO ロベルト・バレラ  コロンビア WBA防衛6
テンプレート

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 田口良一&京口紘人が予備検診、23日ダブル世界戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月21日
  2. ^ a b c L.フライ級8回戦 田口良一 × ペッチダム・ロンリエンキーララムパン”. テレビ東京. 2013年5月26日閲覧。
  3. ^ “ボクシング:新王者の田口良一「ベルトって、すごい重い」”. 毎日新聞. (2015年1月1日). http://mainichi.jp/sports/news/20150101k0000m050083000c.html 2015年1月30日閲覧。 
  4. ^ ベテラン本田、冨山を制す ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月28日
  5. ^ “田口が判定勝ちで決勝進出/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2011年7月5日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20110705-800386.html 
  6. ^ “田口らが日本王座挑戦権/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2011年10月15日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20111015-850415.html 
  7. ^ ドローで辛くも…黒田V3/ボクシング 日刊スポーツ 2012年3月13日
  8. ^ 招聘禁止ボクサー 日本ボクシングコミッション(JBC) 2012年7月16日
  9. ^ “田口が判定で日本王座奪取/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2013年4月3日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130403-1107206.html 
  10. ^ “田口新王者、井上と対戦希望/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2013年4月4日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130404-1107351.html 
  11. ^ 井上が4戦目で日本タイトル獲得、田口に3-0判定 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月25日
  12. ^ “河野、田口が再起戦に勝利、モデル高野も4連勝”. (2013年12月31日). http://boxingnews.jp/news/9757/ 
  13. ^ 柴田が3-0判定でOPBF・日本ミドル級王座防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月5日
  14. ^ 田口良一が判定勝ちで新王者 WBA・L・フライ級 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月31日
  15. ^ Taguchi defeats Rossel to win WBA 108lb belt WBA公式サイト 2014年12月31日
  16. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年1月17日
  17. ^ 内山高志がWBA月間MVP、拳四朗と長嶺克則が対戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月19日
  18. ^ Taguchi defeats Sithmorseng by KO WBA公式サイト 2015年5月6日
  19. ^ 田口良一が8回TKO勝ち、クワンタイを5度倒す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月6日
  20. ^ 田口良一が序盤の劣勢を挽回、9回終了TKOでV2 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月31日
  21. ^ Results: WBA Title Fights in Tokyo WBA公式サイト 2016年4月27日
  22. ^ 田口良一がV3、ランダエタに11回終了TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月27日
  23. ^ WBA Orders Taguchi-Miyazaki Title Bout WBA公式サイト 2016年6月8日
  24. ^ 田口良一が元世界王者の宮崎亮とV4戦合意 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月9日
  25. ^ Taguchi keeps WBA 108lb belt Fightnews.com 2016年8月31日
  26. ^ Concepcion Edges Kono to Win Title WBA公式サイト 2016年8月31日
  27. ^ 田口良一が4度目の防衛成功、宮崎亮に3-0判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月31日
  28. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年9月15日
  29. ^ TV『復活をかけた男たち』、田口良一が月間準MVP Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月17日
  30. ^ Taguchi draws with Canizales to retain WBA 108lb belt Fightnews.com 2016年12月31日
  31. ^ 田口良一がドロー防衛、WBA・L・フライ級V5 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月31日
  32. ^ WBA orders Taguchi-Barrera fight WBA公式サイト 2017年5月26日
  33. ^ WBA 108lb champ Taguchi stops #1 Barrera Fightnews.com 2017年7月23日
  34. ^ Taguchi retained his crown for the sixth time WBA公式サイト 2017年7月23日
  35. ^ 田口良一が9回TKO勝ちV6、田中との統一戦に前進 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月23日
  36. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年8月19日
  37. ^ The WBA published new ranking WBA公式サイト 2017年8月19日
  38. ^ 田口良一がWBA月間MVP 『ナンバー』で山中慎介 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月25日
  39. ^ “王者田口、セカオワSAORIから祝福”. デイリースポーツ. (2015年1月30日). http://www.daily.co.jp/ring/2015/01/30/0007699700.shtml 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
黒田雅之
第35代日本ライトフライ級王者

2013年4月3日 - 2013年8月25日

次王者
井上尚弥
前王者
アルベルト・ロッセル
WBA世界ライトフライ級王者

2014年12月31日 - 現在

次王者
N/A