ヘッキー・ブドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘッキー・ブドラー
基本情報
本名 ヘクター・ブドラー
通称 The Hexecutioner(死刑執行人)
階級 ライトフライ級
身長 160cm
リーチ 165cm
国籍  南アフリカ共和国
誕生日 (1988-05-18) 1988年5月18日(29歳)
出身地 ヨハネスブルグ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 31
KO勝ち 10
敗け 3
テンプレートを表示

ヘッキー・ブドラーHekkie Budler1988年5月18日 - )は、南アフリカ共和国男子プロボクサーヨハネスブルグ出身。元WBA世界ミニマム級スーパー王者。日本語の記事では「ヘッキー・バドラー」や「エッキー・バドラー」と表記されることもある。

来歴[編集]

2007年1月5日、ケンプトンパークのエンペラーズ・パレスでデビュー戦を行い、初回TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2009年4月2日、チャリティ・ムコンデレリとIBO全アフリカライトフライ級王座決定戦を行い、12回判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2009年9月29日、ドクター・ンツェレと対戦し、12回3-0(119-110、117-114、117-112)判定勝ちを収めIBO全アフリカ王座の初防衛に成功した[2]

2009年10月31日、モツワキ・モセレセレと対戦し、初回2分23秒KO勝ちを収めIBO全アフリカ王座の2度目の防衛に成功した[3]

2010年2月27日、フアニト・ルビアルとIBO世界ライトフライ級王座決定戦を行い、12回2-0(117-113、115-113、114-114)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[4]

2010年6月19日、フアニト・ルビアルと対戦し、12回2-1(116-111、115-113、113-114)の判定勝ちを収めIBO世界ライトフライ級王座の初防衛に成功した[5]

2011年1月27日、IBO世界ミニマム級王者ギデオン・ブゼレジと対戦し、プロ初黒星となる12回1-2(117-113、113-115、114-118)の判定負けを喫しIBO世界ライトフライ級王座の2度目の防衛に失敗、王座から陥落した[6]

2011年9月24日、OPBF東洋太平洋ミニマム級王者マイケル・ランデロとIBO世界ミニマム級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が119-109、118-110)の判定勝ちを収めIBO王座の2階級制覇を果たした[7]

2012年9月22日、元IBF世界ミニマム級王者フローレンテ・コンデスと対戦し、12回3-0(116-112、118-110、115-113)の判定勝ちを収めIBO世界ミニマム級王座の初防衛に成功した[8]

2013年2月16日、レナン・トロンコと対戦し、12回3-0(118-110、2者が117-111)の判定勝ちを収めIBO世界ミニマム級王座の2度目の防衛に成功した[9]

2013年6月15日、元IBF世界ミニマム級王者でIBF世界ミニマム級8位のヌコシナチ・ジョイと対戦し、12回2-1(116-113、115-113、112-116)の判定勝ちを収めIBO世界ミニマム級王座の3度目の防衛に成功した[10]

2013年11月9日、自身の持つIBOミニマム級王座とWBA世界ミニマム級暫定王座を懸けWBA世界ミニマム級8位でIBF世界ミニマム級9位のウーゴ・エルナン・ベルチェリと対戦し、4回2分29秒TKO勝ちでWBA暫定王座の獲得に成功、IBO王座4度目の防衛に成功した[11]

2014年1月2日、宮崎亮が2013年12月に返上し空位となったWBA世界ミニマム級正規王座への昇格をWBAに要望した[12][13]

2014年3月1日、ケンプトンパークのエンペラーズ・パレスで自身の持つIBOミニマム級王座と空位のWBA世界ミニマム級正規王座を懸けWBA世界ミニマム級5位のカルルイス・ディアスと対戦し、初回2分59秒KO勝ちを収めWBAから正規王座に認定され(記録上はWBA王座の初防衛)、IBO王座の5度目の防衛に成功した[14][15]

2014年6月21日、モナコモンテカルロモンテカルロ歌劇場でWBA世界ミニマム級8位のピグミー・ゴーキャットジムと対戦し、4回に右フックで7回には左ボディフックでダウンを奪い、8回には左ボディフックと右ボディアッパーでカウンテッドアウトでケリを付け、8回1分6秒KO勝ちを収めWBA王座の2度目、IBO王座の5度目の防衛に成功した[16]

2014年10月25日、モナコモンテカルロのサル・デゼトワールで元WBC世界ミニマム級王者でWBA世界ミニマム級11位の熊朝忠と対戦し、12回3-0(2者が114-112、118-108)の判定勝ちを収めWBAは3度目、IBOは6度目の防衛に成功した[17][18][19]

2015年2月21日、モナコモンテカルロのサル・デゼトワールでWBA世界ミニマム級2位のヘスス・シルベストレと対戦する予定だったが、シルベストレが前日計量で規定より18gの体重超過があり計量失格になった為[20]、ブドラーが勝てばWBA王座並びにIBO王座を防衛し、シルベストレが勝てばWBA王座もIBO王座も空位になるとの条件で通常に行われ、試合はブドラーが12回3-0(117-110、115-112、116-111)の判定勝ちを収めWBA王座は4度目、IBO王座7度目の防衛に成功した[21][22][23]

2015年9月19日、ケンプトンパークのエンペラーズ・パレスでWBA世界ミニマム級5位のシンピウェ・コンコと対戦し、12回3-0(117-111、116-112、115-113)の判定勝ちを収めWBA王座の5度目、IBO王座の8度目の防衛に成功した[24][25][26]

2016年1月20日、WBAはブドラーをスーパー王座に認定した。尚、ブドラーはミニマム級では初、南アフリカのボクサーとしてはシンピウィ・ベトイェカ以来2人目のスーパー王者となった[27][28][29]

2016年3月19日、ケンプトンパークのエンペラーズ・パレスでWBA世界ミニマム級8位のバイロン・ロハスと対戦し、12回0-3(3者共113-115)の判定負けを喫しWBA王座の6度目、IBO王座の10度目の防衛に失敗、王座から陥落した[30][31][32][33]

2016年10月22日、ケンプトンパークのエンペラーズ・パレスでWBA世界ミニマム級10位のシヤボンガ・シヨとWBAパンアフリカンライトフライ級王座決定戦を行い、12回3-0(118-110、116-112が2者)の判定勝ちを収めWBAパンアフリカン王座の獲得に成功、再起を果たした[34][35]

2017年2月4日、ケンプトン・パークのエンペラーズ・パレスでジョーイ・キャノイとIBO世界ライトフライ級王座決定戦を行い、8回TKO勝ちを収めIBO世界ライトフライ級王座への返り咲きに成功した[36]

2017年9月16日、セブ市ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノでIBF世界ライトフライ級王者のミラン・メリンドと対戦し、12回1-2(115-113、110-117、112-115)の判定負けを喫し2階級制覇に失敗した[37][38]

2017年10月19日、IBFがメリンドとブドラーに再戦を指令した。ブドラー陣営は、レフェリーが12ラウンドに下したブドラーのノックダウン裁定は間違い、12ラウンドの途中にメリンドのセコンドがメリンドの傷口にアドレナリンを塗ったのはルール違反、117-111でメリンドの勝ちと採点したジャッジは極端すぎると、IBFに提訴していた[39]

戦績[編集]

  • プロボクシング:34戦 31勝 (10KO) 3敗

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Marali wins vacant IBO belt! Fightnews.com 2009年4月3日
  2. ^ Budler retains IBO Africa title Fightnews.com 2009年9月30日
  3. ^ Dlamini wins vacant IBO 135 belt Fightnews.com 2009年11月1日
  4. ^ Budler takes IBO belt Fightnews.com 2010年2月28日
  5. ^ Budler retains IBO belt Fightnews.com 2010年6月20日
  6. ^ Gideon Buthelezi Decisions Hekkie Budler, Wins IBF Crown Boxing Scene.com 2011年1月28日
  7. ^ Budler overpowers Landero Fightnews.com 2011年9月25日
  8. ^ Liebenberg wins in the ninth round Fightnews.com 2012年9月23日
  9. ^ Hekkie Budler retains IBO strawweight belt Fightnews.com 2013年2月17日
  10. ^ Brilliant Budler beats Joyi by split decision Fightnews.com 2013年6月15日
  11. ^ Budler wins on fourth round stoppage; Oosthuizen retains IBO super middleweight belt Fightnews.com 2013年11月10日
  12. ^ Budler Wants To Be Installed as Full WBA Champion Boxing Scene.com 2014年1月2日
  13. ^ 宮崎返上のWBAタイトル、バドラーが正規昇格を要望 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月3日
  14. ^ Budler wins in first round Fightnews.com 2014年3月2日
  15. ^ Budler wins in first round WBA公式サイト 2014年3月2日
  16. ^ バドラー、KOでWBAミニマム級2度目の防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月22日
  17. ^ Murray beats Spada to set up Golovkin showdown Fightnews.com 2014年10月25日
  18. ^ カバジェロIBFバンタム級戴冠、バドラー防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月26日
  19. ^ Budler still WBA Mini Flyweight champion WBA公式サイト 2014年10月27日
  20. ^ ゴロフキンvsマーレイ、モナコ決戦あすゴング Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月21日
  21. ^ Budler still WBA 105b champ; outpoints Silvestre Fightnews.com 2015年2月21日
  22. ^ Photos: Hekkie Budler retained his 105 lbs title with a great demonstration WBA公式サイト 2015年2月22日
  23. ^ バドラー3-0判定勝利、WBAミニマム級防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月22日
  24. ^ Hekkie Budler Hangs Tough to Retain Title WBA公式サイト 2015年9月19日
  25. ^ Budler still WBA 105b champ; outpoints Silvestre Fightnews.com 2015年9月21日
  26. ^ ブラッドリーに新トレーナー、岳たかはし連勝止まる Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月22日
  27. ^ Hekkie Budler now a super champion Fightnews.com 2016年1月23日
  28. ^ Hekkie Budler Named WBA Super Champion WBA公式サイト 2016年1月26日
  29. ^ WBAミニマム級王者バドラーがスーパー王者昇格 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月27日
  30. ^ Shocker: Rojas upsets Budler to win WBA and IBO belts Fightnews.com 2016年3月19日
  31. ^ Shocker! Rojas Defeats Budler WBA公式サイト 2016年3月19日
  32. ^ Hekkie Budler: No Excuses WBA公式サイト 2016年3月28日
  33. ^ ロハスが賭け率36-1覆す、WBAミニマム級新王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月20日
  34. ^ Lerena beats Nielsen in poor fight Fightnews.com 2016年10月23日
  35. ^ 11.5復帰戦のパッキャオLA入り、レミュー判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース)2016年10月23日
  36. ^ Hekkie Budler Captures IBO Crown With Stoppage of Joey Canoy Boxing Scene.com 2017年2月4日
  37. ^ Melindo edges Budler to retain IBF jr fly title Fightnews.com 2017年9月16日
  38. ^ メリンド流血初防衛、マグダレノが11.11防衛戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月17日
  39. ^ Milan Melindo vs. Hekkie Budler Rematch Ordered By The IBF”. Boxing Scene.com (2017年10月19日). 2017年11月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ウーゴ・エルナン・ベルチェリ
WBA世界ミニマム級暫定王者
2013年11月9日 - 2014年3月1日
次暫定王者
正規王座決定戦により消滅
空位
前タイトル保持者
宮崎亮
WBA世界ミニマム級王者

2014年3月1日 - 2016年1月22日

空位
次タイトル獲得者
バイロン・ロハス
前スーパー王者
N/A
WBA世界ミニマム級スーパー王者
2016年1月22日 - 2016年3月19日
次スーパー王者
バイロン・ロハス戦での敗戦により消滅