木村翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村 翔
基本情報
本名 木村 翔
階級 フライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1988-11-24) 1988年11月24日(28歳)
出身地 埼玉県熊谷市
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 18
勝ち 15
KO勝ち 8
敗け 1
引き分け 2
テンプレートを表示

木村 翔(きむら しょう、男性、1988年11月24日 - )は、日本プロボクサー。現WBO世界フライ級王者。青木ボクシングジム所属。

来歴[編集]

埼玉県熊谷市出身。埼玉県立本庄北高等学校(現在は埼玉県立本庄高等学校と統合されたことにより廃校)中退[1]

中学校3年から熊谷市のコサカジムでボクシングを始める。高校時代には一時期ボクシングを辞めていたが23歳で再開、プロ入りを目指す際にコサカジム会長から青木ジムに紹介され入門する[2]

2013年4月22日、後楽園ホールで王子翔介と50kg契約4回戦を行い、初回1分15秒KO負けを喫しデビュー戦を白星で飾れなかった。

2014年9月26日、後楽園ホールで行われた第71回東日本新人王戦のライトフライ級準決勝で小久保聡と対戦し、4回1-0(39-38、38-38が2者)の判定で引き分けたが規定により決勝進出を逃した[3]

2015年5月26日、後楽園ホールで行われた「DANGAN」B級トーナメントライトフライ級決勝で金子智之と対戦し、4回3-0(48-47、49-46が2者)の判定勝ちを収め「DANGAN」B級トーナメント優勝を果たした[4]

2015年9月17日、後楽園ホールで行われた「DANGAN139」で成塚亮とライトフライ級8回戦を行い、6回終了TKO勝ちを収めた[5]

2015年12月1日、OPBFは最新ランキングを発表し、木村をOPBF東洋太平洋ライトフライ級13位にランクインした[6][7]

2016年2月29日、後楽園ホールで行われた「スヴェンソン・エキサイトボクシング」で寺次孝有希とライトフライ級8回戦を行い、3回2分21秒TKO勝ちを収めた[8]

2016年4月21日、JBCは最新ランキングを発表し、木村を日本ライトフライ級13位にランクインした[9][10]

2016年5月12日、後楽園ホールで行われた「DAGAN160」で内野々大叶と49.5kg契約8回戦を行い、5回1分45秒TKO勝ちを収めた[11]

2016年11月23日、住吉スポーツセンターで日本フライ級12位の坂本真宏WBOアジア太平洋フライ級王座決定戦を行い、12回2-0(116-112が2者、114-114)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[12]

2017年1月10日、WBOは最新ランキングを発表し、上述の坂本戦を制しWBOアジア太平洋王座を獲得した木村をWBO世界フライ級7位にランクインした[13][14]

2017年2月23日、JBCは最新ランキングを発表し木村を日本フライ級9位にランクインした[15][16]

2017年5月13日、香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターで行われた「DEF FHIGT NIGHT」でサックシット・チャイヨンジムと対戦し、2回2分11秒KO勝ちを収めた[17]

2017年6月8日、同年7月11日に元WBA世界ミニマム級王者のクワンタイ・シッモーセンとWBOアジア太平洋フライ級王座の初防衛戦を行うことが決定した[18]

2017年6月27日、同年7月28日に上海でWBO世界フライ級王者の鄒市明と対戦することが決定した為、同年7月11日に予定されていたクワンタイ戦は中止となった[19]

2017年7月17日、WBOは最新ランキングを発表し、木村をWBO世界フライ級6位にランクインした[20]

2017年7月28日、上海オリエンタルスポーツセンターでWBO世界フライ級王者の鄒市明と対戦し、11回2分28秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[1][2][21][22]

2017年8月11日、WBOは最新ランキングを発表し、上述の鄒戦を制し王座を獲得した木村をWBO世界フライ級王者としてランクインした[23][24]

戦績[編集]

プロボクシング:18戦15勝 (8KO) 1敗 2分

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2013年4月22日 敗北 1R 1:15 KO 王子翔介 日本の旗 日本
E&Jカシアス
プロデビュー戦
2 2013年7月24日 勝利 4R 判定2-1 小久保聡 日本の旗 日本
三迫
3 2013年11月24日 勝利 4R 判定3-0 入江遼 日本の旗 日本
(スターロード)
4 2014年1月29日 勝利 4R 判定 ルンギャット・シットサイトーン タイ王国の旗 タイ
5 2014年4月4日 勝利 4R 判定3-0 下沖克徳 日本の旗 日本
角海老宝石
6 2014年7月1日 勝利 4R 判定3-0 工藤優雅 日本の旗 日本
マナベ
7 2014年9月26日 引分 4R 判定1-0 小久保聡 日本の旗 日本
(三迫)
8 2015年2月18日 引分 6R 判定0-1 青山功 日本の旗 日本
セレス
9 2015年5月26日 勝利 5R 判定3-0 金子智之 日本の旗 日本
国際
10 2015年7月25日 勝利 2R 0:51 TKO サーイチョン・オーウワンスワン タイ王国の旗 タイ
11 2015年9月17日 勝利 6R 終了 TKO 成塚亮 日本の旗 日本
ワタナベ
12 2015年11月30日 勝利 1R 1:22 TKO 荘田直紀 日本の旗 日本
(ミサイル工藤)
13 2016年2月29日 勝利 3R 2:21 TKO 寺次孝有希 日本の旗 日本
(ミサイル工藤)
14 2016年5月12日 勝利 5R 1:45 TKO 内野々大叶 日本の旗 日本
(ウエスタン延岡)
15 2016年7月6日 勝利 1R 2:35 KO プラーブプラーム・シットサイトーン タイ王国の旗 タイ
16 2016年11月23日 勝利 12R 判定2-0 坂本真宏 日本の旗 日本
六島
WBOアジア太平洋フライ級王座決定戦
17 2017年5月13日 勝利 2R 2:11 KO サックシット・チャイヨンジム タイ王国の旗 タイ
18 2017年7月28日 勝利 11R 2:28 TKO 鄒市明 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 WBO世界フライ級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • WBOアジア太平洋フライ級王座(防衛0=返上)
  • WBO世界フライ級王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ a b “木村翔、敵地中国で世界初挑戦TKO勝ち…デビュー戦1回KO負け、生活費は酒店で稼ぐ”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年7月29日). http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20170729-OHT1T50104.html 2017年7月29日閲覧。 
  2. ^ a b “木村翔が金星新王者! 敵地で中国スター選手から奪取”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年7月29日). https://www.nikkansports.com/battle/news/1863878.html 2017年7月29日閲覧。 
  3. ^ 東日本新人王準決勝26日の結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月26日
  4. ^ DANGAN-B級トーナメント決勝、カーニバル表彰式 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月26日
  5. ^ 堀川謙一が日本L・フライ級新王者、小野心を7回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月17日
  6. ^ OPBF Male October Ratings 2015 OPBF公式サイト 2015年12月1日
  7. ^ 井上兄弟がホリプロと契約、OPBFランクに4選手 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月1日
  8. ^ 溜田剛士がKO勝ち、タイトル挑戦アピール Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月29日
  9. ^ 2016年4月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年4月21日
  10. ^ 最新日本ランキング 村中優はB級11位、李明浩引退 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月21日
  11. ^ 江藤光喜が3-0判定勝ち、世界挑戦失敗から再起 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月12日
  12. ^ 向井寛史&木村翔がWBOアジアP王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月23日
  13. ^ WBO RANKING JANUARY 2017 WBO公式サイト 2017年1月10日
  14. ^ ヘビー級の藤本京太郎らWBOランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月25日
  15. ^ 2017年2月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年2月23日
  16. ^ 2月の日本ランキング更新、久我と麻生が新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月23日
  17. ^ 田中恒成の防衛戦TBS生中継、香港DEF日本選手結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月14日
  18. ^ 荒川&木村翔7.11防衛戦、溜田剛士が大橋ジム移籍 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月8日
  19. ^ 木村翔がゾウ・シミンに挑戦、7.28WBOフライ級 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月27日
  20. ^ WBO RANKING JULY 2017 WBO公式サイト2017年7月17日
  21. ^ Kimura dethrones Shiming with shock TKO Fightnews.com 2017年7月28日
  22. ^ 木村翔がゾウを11回TKO! WBOフライ級王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月28日
  23. ^ WBO RANKING AUGUST 2017 WBO公式サイト 2017年8月11日
  24. ^ 比嘉大吾&野木トレーナー、マラソン小出氏から祝福 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
鄒市明
WBO世界フライ級王者

2017年7月28日 - 現在

次王者
N/A