山口圭司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口 圭司
基本情報
本名 山口 圭司
階級 ライトフライ級
身長 171㎝
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1974-02-17) 1974年2月17日(43歳)
出身地 北海道函館市
スタイル 左ボクサータイプ
プロボクシング戦績
総試合数 38
勝ち 29
KO勝ち 11
敗け 8
引き分け 1
テンプレートを表示

山口 圭司(やまぐち けいじ、1974年2月17日 - )は、日本の元プロボクサー北海道函館市出身。元WBA世界ライトフライ級王者。左ボクサータイプ(コンバーテッドサウスポー)。入場曲はヨーロッパの「The FINAL COUTDOWN」。現在、大阪環状線天満駅前で、函館barハメドのマスターをしている。

人物[編集]

中学生の頃、井岡弘樹に憧れ函館大有斗高校入学と同時に市内にあった桜井ボクシングジムでボクシングを始める。同校時代は全国高等学校ボクシング選抜大会インターハイ国民体育大会の三冠を達成。プロ入り後も懐の深い長身のアウトボクサーとして、ライトフライ級からバンタム級で活躍した。函館市民栄誉賞受賞者。

高校三冠王となり、有名私大やプロボクシングジムからの引く手あまただった。当初レパード玉熊から誘われ国際ボクシングスポーツジムに入門予定であったが、その後、憧れの井岡に直接誘われたのが決め手となり、自身と同じ全日本高校王者から18歳でプロボクサーとなった具志堅用高協栄ジムOBで後に白井・具志堅スポーツジム会長)及び友利正三迫ジムOB)の勧めもありグリーンツダボクシングクラブへ。その時の契約金は、当時としては日本プロボクシング史上最高の1,000万円(上原康恒古口哲新垣諭三谷大和と並ぶ)であった。

憧れのボクサーはナジーム・ハメドだと言う山口は、卓越したスピードを持つ優秀なアウトボクサーであったが、長身ボクサーゆえの減量苦が付きまとった。

引退後は地元パチンコ店のイメージキャラクターにもなった。

来歴[編集]

1992年5月17日、プロデビュー。ちなみに、当時のWBA世界ライトフライ級王者はジムの先輩である井岡弘樹。その1か月後の6月15日、井岡の世界戦前座でデビュー2戦目を迎える。その後も井岡の世界戦前座に2度登場。

1994年9月19日、14戦目で日本王座初挑戦。座嘉比勝則と空位の日本ライトフライ級王座を争い、10回判定勝ち。王座獲得に成功。以後、3度の防衛を果たし、1995年7月に王座返上。

1995年9月5日、世界初挑戦。WBA世界ライトフライ級王者・崔煕庸韓国)に挑むも、12回判定負け(1-2)で王座獲得ならず(40日前に急遽決まった世界戦であり、短期間で18kgの減量を強いられた)[1]

1996年5月21日、世界再挑戦。1月に崔を降してWBA世界ライトフライ級王座を獲得したカルロス・ムリーリョパナマ)に挑む。強打の王者相手に怯むことなく、アウトボクシングで攻略。12回判定勝ち(2-1)を収め、ちょうど20戦目で世界王者となった[1]

1996年8月13日、初防衛戦。前王者ムリーリョと再戦し、前回以上の差を付けての12回判定勝ちで返り討ち[1]

1996年12月3日、2度目の防衛戦。1位ピチット・チョーシリワットタイ)との指名試合を迎える。初回こそ静かな立ち上がりであったが、続く2回、挑戦者の右フックをまともに浴び、痛烈なダウン。立ち上がったものの、レフェリーに試合を止められTKO負け。半年余りで世界王座から陥落した[1]。試合後、減量苦を理由にフライ級への転向を表明。

1997年11月22日、フライ級での世界挑戦。WBA世界フライ級王者ホセ・ボニージャベネズエラ)に挑む。2月に先輩・井岡の挑戦を退けた小柄な王者相手に序盤は優勢に試合を進めるも、迎えた6回、左の相打ちでダウンを奪われる。辛くも立ち上がり試合続行に応じたが、王者のさらなる追撃を浴びたところでレフェリーストップ。TKO負けで2階級制覇を阻まれる[1]。その後、フライ級でも減量が苦しくなったことからスーパーフライ級転向を表明。日本王座から出直すことになる。

1998年10月25日、日本スーパーフライ級王者名護明彦に挑戦するも、10回判定負けを喫し王座獲得ならず。日本人選手相手に喫した初の敗戦であった。

1999年、グリーンツダジムを離れ、元世界スーパーフェザー級王者小林弘が会長を務めるTAIKOH小林ジムに移籍。

1999年9月5日、2年ぶりの世界挑戦。WBC世界スーパーフライ級王者・曺仁柱(韓国)に挑むも、最終12回に2度のダウンを奪われた末の判定負けを喫し、またしても2階級制覇ならず[1]

2000年、TAIKOH小林ジムを離れ、新日本木村ジムへ移籍。

2000年10月10日、移籍初戦で有永政幸(後の日本ならびに東洋太平洋スーパーフライ級王者)と対戦するも、4回TKO負け。この敗戦で世界戦線から完全に脱落。なお、この試合は東洋太平洋バンタム級王座挑戦に向けての前哨戦と位置付けられていたが、KO負けで挑戦は取り止めとなった。

2001年5月5日、フィリピン首都マニラでWBCインターナショナルスーパーフライ級王座挑戦。元WBC世界スーパーフライ級王者ジェリー・ペニャロサフィリピン)に挑むも、初回TKO負け。

2002年、TAIKOH小林ジムに復帰し、4月8日、元日本バンタム級王者・瀬川設男とノンタイトル戦を戦うが3回TKO負け。これで3戦連続KO負けとなり、結局この試合を最後に現役引退。11月、グリーンツダジム時代の後輩・本田秀伸の世界初挑戦の興行で引退式を行った。

引退後は先輩・井岡が開設した「井岡ボクシングジム」→「井岡弘樹ジム(井岡ボクシングトレーニングジム)」のチーフトレーナーに着任後、現在、天神橋筋商店街、真ん中のJR天満駅側の『函館Bar Hamed』でマスターをしている。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年、70-72、115、145頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
カルロス・ムリーリョ
WBA世界ライトフライ級王者

1996年5月21日 - 1996年12月3日

次王者
ピチット・チョーシリワット