鄒市明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鄒市明
基本情報
本名 鄒市明
階級 フライ級
身長 164cm
リーチ 164cm
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
誕生日 1981年3月18日(35歳)
出身地 貴州省遵義市
プロボクシング戦績
総試合数 10
勝ち 9
KO勝ち 2
敗け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
男子 ボクシング
オリンピック
2004 アテネ ライトフライ級
2008 北京 ライトフライ級
2012 ロンドン ライトフライ級
世界ボクシング選手権
2003 バンコク ライトフライ級
2005 綿陽 ライトフライ級
2007 シカゴ ライトフライ級
アジア大会
2006 ドーハ ライトフライ級
2010 広州 ライトフライ級

鄒 市明(すうしめい、ゾウ・シミン、中国語: 邹市明英語: Zou Shiming、男性、1981年5月18日 - )は、中華人民共和国のプロボクサー。第16代WBO世界フライ級王者。貴州省遵義市出身。ボブ・アラムトップランク所属。トレーナーは多くの世界王者を育てたフレディ・ローチ

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2003年タイバンコクで開催された2003年世界ボクシング選手権大会にライトフライ級(48kg)で出場1回戦でヤン・バルテルミを下すが決勝で敗れ銀メダルを獲得した [1]

2004年ギリシャアテネで開催されたアテネオリンピックにライトフライ級(48kg)で出場するが準決勝でヤン・バルテルミに敗れ銅メダルを獲得 [2]世界学生選手権では優勝を果たした。

2005年中華人民共和国綿陽市で開催された2005年世界ボクシング選手権大会にライトフライ級(48kg)で出場し準々決勝でヤン・バルテルミを破り金メダルを獲得 [3]。2006年のアジア大会で金メダル獲得。

2007年、キングスカップに出場するが準決勝でアムナット・ルエンロンに敗北[4]。アメリカのシカゴで開催された2007年世界ボクシング選手権大会にライトフライ級(48kg)で出場し2連覇を達成した[5]

2008年中華人民共和国北京で開催された北京オリンピックにライトフライ級(48kg)で出場し金メダルを獲得[6]

2009年にプロ転向の意向を示していることが報道された[7]

2011年アゼルバイジャン共和国バクーで開催された2011年世界ボクシング選手権大会にライトフライ級(48kg)で出場し金メダルを獲得[8]

2012年イギリスロンドンで開催されたロンドンオリンピックにライトフライ級(48kg)で出場し金メダルを獲得[9]

2013年1月、ボブ・アラムのトップランク社と契約し、プロ転向を表明[10]

プロ時代[編集]

2013年4月6日、プロデビュー戦でマカオベネチアン・リゾート・ホテルコタイ・アリーナで行われたフィストオブゴールドと銘打った興行のメインイベンターとして登場。エレアサル・バレンスエラ(メキシコ)を相手にライトフライ級4回戦を行い、ジャッジ3者ともにフルマーク(40-36)を付け4回判定勝利[11]。なおこの試合で得たファイトマネーはデビュー戦を行ったプロボクサーとしては破格の額30万ドル(約2900万円)と報道された[12]

2013年7月26日、ザ・ベネチアン・マカオ内コタイ・アリーナでフィストオブゴールド2と銘打った興行でメインイベンターとして登場。フライ級契約6回戦でヘスス・オルテガ(メキシコ)とデビュー2戦目を行い、3者ともに59-56の判定勝ちを収めた[13]

2013年11月23日、ザ・ベネチアン・マカオ内コタイ・アリーナにてマニー・パッキャオVSブランドン・リオスをメインイベントにしたクラッシュインコタイと銘打った興行の前座でホアン・トスカーノとフライ級契約6回戦を行い、3-0(60-52、2者が60-54)の判定勝ちを収めた[14]

2014年2月22日、ザ・ベネチアン・マカオ内コタイ・アリーナにてリング・オブ・ゴールドと銘を打った興行で、初の8回戦を行いヨクトーン・ゴーキャットジムと対戦。7回に左フックでダウンを奪うが、直後にヨークトンの右ストレートが当たり痛烈なダウンを奪われるもスリップの判定に救われ、その後は立て直して右フックで倒し最後は左フックでヨークトンは失神。3ダウンルール適用でプロ初のKO勝利となる7回2分9秒TKO勝ちを収めた[15]。なおこの興行の前座には村田諒太エゴー・メコンチェフが出場し金メダリスト3人の共演となった。

試合後、ボブ・アラムは雛の次戦を7月に行うと発表。順調にいけば11月にコタイ・アリーナで世界初挑戦をするプランがあることを発表した。

2014年7月19日、ザ・ベネチアン・マカオ内コタイ・アリーナでWBOインターナショナルフライ級王座決定戦で世界挑戦を3回経験しているルイス・デ・ラ・ロサと対戦し、10回3-0(97-93、2者が99-91)の判定勝ちを収め、11月に行われる予定の世界挑戦に向けたテストをクリアした。

2014年11月22日、ザ・ベネチアン・マカオ内コタイ・アリーナにてマニー・パッキャオVSクリス・アルギエリの前座でWBO世界フライ級3位でWBOオリエンタルフライ級王者クワンピチット・13・リエン・エクスプレスと初の12回戦でWBO世界フライ級世界王者ファン・フランシスコ・エストラーダへの挑戦権をかけて対戦し、12回3-0(2者が119-106、120-103)の判定勝ちを収めWBOインターナショナル王座の初防衛に成功した[16]

2015年3月7日、コタイ・アリーナでIBF世界フライ級王者アムナット・ルエンロンと対戦するが、12回0-3(3者とも111-116)の判定負けでプロ初黒星を喫し王座獲得に失敗した[17]

2016年1月30日、肩の負傷が癒え復帰。上海の上海オリエタルスポーツセンターでナタン・サンタナ・カウティンホとWBOインターナショナルフライ級王座決定戦で対戦し8回2分17秒TKO勝ちを収めWBOインターナショナル王座返り咲きに成功した[18]。試合後アラムは「もう1度鄒の試合を見てから適切な世界挑戦時期を判断するよ」と話した。プランではもう1度夏までに1戦挟んでから秋頃か年末あたりに再挑戦させることを明らかにした。

2016年6月11日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターで念願のアメリカデビュー戦[19]ローマン・マルチネスvsワシル・ロマチェンコの前座でジョセフ・アジャタイと対戦し10回3-0(3者共に100-89)の判定勝ちを収め、ニューヨークデビューを飾るのと同時にWBOインターナショナル王座の初防衛戦に成功した[20]

2016年11月5日、トーマス&マック・センターでマニー・パッキャオVSジェシー・バルガスの前座でファン・フランシスコ・エストラーダの返上に伴いWBO世界フライ級3位のクワンピチット・13・リエン・エクスプレスとWBO世界フライ級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が120-107、119-108)の判定勝ちを収め2年ぶりの再戦を制し、王座獲得に成功した[21][22]

戦績[編集]

  • プロボクシング:10戦 9勝 (2KO) 1敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2013年4月6日 4R 判定3-0 エレアサル・バレンスエラ メキシコの旗 メキシコ プロデビュー戦
2 2013年7月26日 6R 判定3-0 ヘスス・オルテガ メキシコの旗 メキシコ
3 2013年11月23日 6R 判定3-0 ホアン・トスカーノ メキシコの旗 メキシコ
4 2014年2月22日 7R 2:09 TKO ヨクトーン・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ
5 2014年7月19日 10R 判定3-0 ルイス・デ・ラ・ロサ コロンビアの旗 コロンビア WBOインターナショナルフライ級王座決定戦・獲得
6 2014年11月22日 12R 判定3-0 クワンピチット・13・リエン・エクスプレス タイ王国の旗 タイ WBOインターナショナル王座防衛1
7 2015年3月7日 12R 判定0-3 アムナット・ルエンロン タイ王国の旗 タイ IBF世界フライ級タイトルマッチ
8 2016年1月30日 8R 2:17 TKO ナタン・サンタナ・カウティンホ ブラジルの旗 ブラジル WBOインターナショナルフライ級王座決定戦
9 2016年6月11日 10R 判定3-0 ジョセフ・アジャタイ ハンガリーの旗 ハンガリー WBOインターナショナル王座防衛1
10 2016年11月5日 12R 判定3-0 クワンピチット・13・リエン・エクスプレス タイ王国の旗 タイ WBO世界フライ級王座決定戦

獲得タイトル[編集]

  • WBOインターナショナルフライ級王座
  • 第16代WBO世界フライ級王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ 12.World Championships - Bangkok, Thailand - July 6-12 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月5日閲覧。
  2. ^ 28.Olympic Games Athens, Greece August 14-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月5日閲覧。
  3. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月5日閲覧。
  4. ^ 29.King's Cup - Bangkok, Thailand - April 5-10 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月18日閲覧。
  5. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月25日閲覧。
  6. ^ 29.Olympic Games - Beijing, China - August 9-24 2008”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月18日閲覧。
  7. ^ 北京五輪金の中国人ボクサーがプロ転向へ
  8. ^ 16.AIBA World Championships - Baku, Azerbaijan - September 26 - October 8 2011”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月18日閲覧。
  9. ^ 30.Olympic Games - London, Great Britain - July 28 - August 12 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月18日閲覧。
  10. ^ 五輪連覇の鄒市明がトップランクと契約 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月21日
  11. ^ 鄒市明、プロ初戦で判定勝ち/BOX サンケイスポーツ 2013年4月7日
  12. ^ プロ転向のボクシング五輪金メダリスト 、デビュー戦で白星 AFPBB News 2013年4月7日
  13. ^ 冨山、ダウンの応酬で惜敗 ゾウはプロ2戦目飾る ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月28日
  14. ^ グラドビッチがV2、ゾウは3連続判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月24日
  15. ^ 金メダルの威力 ゾウ、メコンツェフともKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月23日
  16. ^ ゾウが世界前哨戦に勝利、ロマチェンコ初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月23日
  17. ^ ゾウの世界初挑戦失敗、アムナットが3-0判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月8日
  18. ^ 村田諒太が2回KO勝ち、ゾウは再起成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月30日
  19. ^ Zou to make American debut on Martinez-Lomachenko card ESPN.com 2016年4月21日
  20. ^ Shiming, Rodriguez, Diaz, Reed win in NYC Fightnews.com 2016年6月11日
  21. ^ Shiming beats Phaprom for WBO flyweight title Fightnews.com 2016年11月5日
  22. ^ ドネア王座陥落、ゾウがWBOフライ級王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ファン・フランシスコ・エストラーダ
第16代WBO世界フライ級王者

2016年11月6日 - 現在

次王者
N/A