ローマン・マルチネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローマン・マルチネス
Roman Martinez.jpg
2009年3月13日、公開計量にて
基本情報
通称 Rocky
階級 スーパーフェザー級
身長 173cm
リーチ 170cm
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 (1983-01-31) 1983年1月31日(33歳)
出身地 ベガ・バハ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 29
KO勝ち 17
敗け 2
引き分け 3
テンプレートを表示

ローマン・マルチネスRoman Martinez、男性、1983年1月31日 - )は、プエルトリコプロボクサー。 ベガ・バハ出身。第16代・第19代・第22代WBO世界スーパーフェザー級王者。限界説が出る中で逆境を跳ね返しWBO世界スーパーフェザー級王座を3度獲得した選手。卓越した技巧で相手の強打を殺すのが巧い選手だが、その反面ボディ打ちに弱く終盤にかけて失速または逆転負けを喫している。トレーナーはラウル・トーレス。フェリックス・トリニダードの従妹のフレディー・トリニダードがアシスタントトレーナーを務める。

来歴[編集]

2001年12月22日、プロデビュー。

2006年11月17日、WBOラテンアメリカスーパーフェザー級王座を獲得。

2007年2月2日、WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座決定戦でフランシスコ・ロレンソ(ドミニカ共和国)と対戦し、2-1(115-113、115-113、113-115)の僅差判定勝ちで王座を獲得した。

2007年8月25日、NABO北米スーパーフェザー級王座を獲得。

2009年3月14日、イギリスマンチェスターでWBO世界スーパーフェザー級王者ニッキー・クック(イギリス)に挑戦し、4回TKO勝ちで無敗のまま王座を獲得した。以後、2度防衛。

2010年9月14日、イギリスのスコットランドリッキー・バーンズと対戦し、初回にダウンを奪うもプロ初黒星となる12回判定負けを喫しWBO世界スーパーフェザー級王座の3度目の防衛に失敗、王座から陥落した。

2012年9月15日、ラスベガストーマス&マック・センターフリオ・セサール・チャベス・ジュニアセルヒオ・マルチネスの前座で、エイドリアン・ブローナーの王座を剥奪伴いミゲル・ベルトランとWBO世界スーパーフェザー級王座決定戦を行い、12回判定勝ちを収め王座返り咲きに成功した[1]

2013年1月19日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターミゲル・アンヘル・ガルシアオルランド・サリドの前座で、ファン・カルロス・ブルゴスと対戦し、12回1-1(116-112、111-117,114-114)の判定で引き分けたがWBO世界スーパーフェザー級王座の初防衛に成功した[2]

2013年4月6日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナにてランキング1位ディエゴ・マグダレノと指名試合を行い、またしても終盤に失速したが3回にコンビネーションでダウンを奪い12回2-1(115-112、114-113、111-116)の判定勝ちを収めWBO世界スーパーフェザー級王座の2度目の防衛に成功した[3]

2013年11月9日、テキサス州コーパスクリスティアメリカン・バンク・センターにて元WBO世界フェザー級王者でWBO世界スーパーフェザー級1位のミゲル・アンヘル・ガルシアと2試合連続となる指名試合を行い2回にガルシアからプロ初のダウンを奪ったが、8回にマルチネスが右ボディでダウンを奪い返されるとレフェリーがそのままカウントアウトで試合終了。プロ初のKO負けとなる8回56秒KO負けを喫しWBO世界スーパーフェザー級王座の3度目の防衛に失敗、王座から陥落した[4]

2014年4月12日、MGMグランド・ガーデン・アリーナマニー・パッキャオVSティモシー・ブラッドリー第2戦目の前座でレイムンド・ベルトランNABO北米ライト級王座決定戦を行う予定だったが、試合一週間前に病気に罹り試合出場を断念することとなった[5]

2015年4月11日、プエルトリコ・サンフアンコリセオ・デ・プエルトリコ・ホセ・ミゲル・アグレロットでWBO世界スーパーフェザー級王者オルランド・サリドと対戦し、2回にダウンを奪った後にローブローの減点が追い風になり12回3-0(114-111、115-110、116-109)の判定勝ちで1年5ヵ月ぶりの王座返り咲きに成功した[6]

2015年7月29日、ボクシングマネージャー兼アドバイザーのアル・ヘイモンと契約[7]

2015年9月12日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでフロイド・メイウェザー・ジュニアVSアンドレ・ベルトの前座でWBO世界スーパーフェザー級3位のオルランド・サリドとダイレクトリマッチを行い、12回1-1(115-113、113-115、114-114)の判定で引き分けたがWBO世界スーパーフェザー級王座の初防衛に成功した[8]

一時プエルトリコでサリドと第3戦が決まりかけたが、サリド陣営がプエルトリコでの開催に難色を示し撤退する代わりに同国人のミゲール・ベルチェットを持ち駒にする話になって交渉がまとまらず入札になった。2016年1月12日に入札が実施され、サリドとベルチェットを擁するサンフェル・プロモーションズが25万1000ドルを提示。ヘイモンに近いオールスター・ボクシングが20万1500ドルを提示した為サンフェル・プロモーションズが開催権を落札した[9]。但しマルチネス陣営のプエルトリコ・ベスト・ボクシング・プロモーションズは入札に参加しなかった。

2016年3月23日、ユカタン州メリダのポリフォルム・サムナ・アリーナでWBO世界スーパーフェザー級1位の指名挑戦者のミゲール・ベルチェットと対戦予定だったが[10]、マルチネスが左手を負傷し中止になった[11]

2016年6月11日、マディソン・スクエア・ガーデン・シアターでプエルトリコ・デーのメインとしてWBO世界フェザー級王者ワシル・ロマチェンコと対戦。序盤からいきなり巧みなコンビネーションでのボディ打ちで失速し何度もストップ寸前まで追い詰められた。最後は左アッパーから右フック一撃で失神させられカウンテッドアウトで試合終了。5回1分9秒KO負けを喫しWBO世界スーパーフェザー級の2度目の防衛に失敗、王座から陥落した[12][13]

2016年6月13日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のロマチェンコ戦に敗れ王座から陥落したマルチネスをWBO世界スーパーフェザー級13位にランクインした[14][15]

獲得タイトル[編集]

  • WBOラテンアメリカスーパーフェザー級王座
  • WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座
  • NABO北米スーパーフェザー級王座
  • 第16代WBO世界スーパーフェザー級王座(防衛2)
  • 第19代WBO世界スーパーフェザー級王座(防衛2)
  • 第22代WBO世界スーパーフェザー級王座(防衛1)

脚注[編集]

  1. ^ ロッキー・マルティネス僅差で王座奪回 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月18日
  2. ^ マルティネス×ブルゴスは不可解なドロー ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月20日
  3. ^ マルティネスまたも王座死守 WBO・S・フェザー級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月7日
  4. ^ ダウン挽回 マイキー、ロッキー沈める Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月10日
  5. ^ Roman Martinez (illness) out of fight”. ESPN.com (2014年4月5日). 2014年4月6日閲覧。
  6. ^ マルティネス王座に復帰、サリドに3-0勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月12日
  7. ^ Rocky Martinez, McJoe Arroyo Ink With Al Haymon”. Boxing Scene.com (2015年7月29日). 2015年7月30日閲覧。
  8. ^ マルティネス&ジャック、両王者が辛くも初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2015年9月13日
  9. ^ マルティネス防衛戦、相手はベルチェットかサリドか Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月13日
  10. ^ マルティネス防衛戦決定、バルガスvsサリド浮上 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月13日
  11. ^ Roman Martinez out of Miguel Berchelt bout with hand injury”. ESPN.com (2016年3月5日). 2016年3月10日閲覧。
  12. ^ Lomachenko KOs Martinez in five to win WBO super featherweight world title Fightnews.com 2016年6月11日
  13. ^ ロマチェンコ痛烈KO勝ち、井上超す最速2階級制覇 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月12日
  14. ^ WBO RANKING JUNE 2016 WBO公式サイト 2016年6月13日
  15. ^ 大橋ジム韓国遠征ネット配信、好川菜々新婚さん出演 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ニッキー・クック
第16代WBO世界スーパーフェザー級王者

2009年3月14日 - 2010年9月14日

次王者
リッキー・バーンズ
空位
前タイトル保持者
エイドリアン・ブローナー
第19代WBO世界スーパーフェザー級王者

2012年9月15日 - 2013年11月9日

次王者
ミゲル・アンヘル・ガルシア
前王者
オルランド・サリド
第22代WBO世界スーパーフェザー級王者

2015年4月11日 - 2016年6月11日

次王者
ワシル・ロマチェンコ