コナー・マクレガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コナー・マクレガー
Conor McGregor.jpg
2017年
生誕 Conor Anthony McGregor
(1988-07-14) 1988年7月14日(30歳)
アイルランドCrumlin, Dublin英語版
愛称 ザ・ノトーリアス (The Notorious)
ミスティック・マック
身長 5 ft 9 in (175 cm)[1]
体重 155 lb (70 kg)[1]
階級 フェザー級 (2008年 – 2015年)
ライト級 (2008年 – 2012年、2016年 – )
ウェルター級 (2016年)
リーチ 74 in (188 cm)[1]
スタイル ボクシング
スタンス サウスポー
チーム SBG Ireland英語版
トレーナー ジョン・カバナ英語版: ヘッド・コーチ[2]
Owen Roddy: ボクシング[3]
John Connor: S&C[4]
Ido Portal: 運動調整
Sergey Pikulskiy: レスリング
George Lockhart: 栄養管理[5]
ランク ブラジリアン柔術茶帯[6] ジョン・カバナ道場認定[7]
現役期間 2008年 –
プロボクシング記録
試合数 1
勝利 0
敗戦 1
ノックアウト 1
総合格闘技記録
試合数 25
勝利 21
ノックアウト 18
タップアウト 1
判定 2
敗戦 4
タップアウト 4
アマチュア記録
試合数 1
勝利 1
ノックアウト 1
敗戦 0
その他
総合格闘技記録 - SHERDOG

コナー・マクレガーConor McGregor1988年7月14日 - )は、アイルランド男性総合格闘家ダブリン州ダブリン出身。SBGアイルランド所属。元UFC世界ライト級王者。元UFC世界フェザー級王者。UFC世界ライト級ランキング3位。UFC史上3人目の二階級制覇王者。UFC史上初の二階級同時王者。UFC史上初のアイルランド人王者である。

マクレガー(右)とウラジミール・プーチン(左)

概要[編集]

パンチでの攻撃を主軸にアグレッシブにKOを狙う選手で、回転系などの多彩な蹴り技も習得しており、エキサイティングなファイトスタイルで試合を盛り上げ絶大な人気を誇る。試合以外でも、雄弁な喋りとパフォーマンスで人々を魅了し、メディアを巻き込んで話題をさらうすべに長けている。また、この喋りの上手さで対戦相手を煽って心理戦を仕掛け、相手を飲み込んで自分に有利な流れを作り出す。一方、破天荒な性格も持ち合わせたトラブルメーカーでもある。

来歴[編集]

子供の頃にルルド・セルティック・フットボールクラブでサッカーをプレイした。12歳の時に2度オリンピックに出場経験があるフィル・サトクリフのジムに入会してボクシングを始め、国内ユース王者になっている。16歳の時に総合格闘技に転向した[8][9]

2007年2月17日、18歳の時にアマチュア総合格闘技デビュー、キーラン・キャンベルにTKO勝利。

2008年からジョン・カヴァナーのストレイト・ブラスト・ジム(SBG)でトレーニングを始めた。

2008年3月8日、プロデビュー戦を判定で勝利。

2012年CWFCで2階級制覇を果たした。

UFC[編集]

2013年[編集]

2013年2月、UFC代表のダナ・ホワイトダブリン大学トリニティカレッジから表彰を受けるためダブリンを訪れた際に、マクレガーと会談してUFC契約に至った。

2013年4月6日、UFC初戦となったUFC on Fuel TV 9でマーカス・ブリメージと対戦し、左アッパーからのパウンドでTKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年8月17日、UFC Fight Night: Shogun vs. Sonnenマックス・ホロウェイと対戦し、判定勝ち。しかし試合中に膝の前十字靱帯断裂、内側側副靱帯損傷、半月板損傷の重傷を負い、手術を受け約1年間のブランクを強いられた[10]

2014年[編集]

2014年7月19日、母国アイルランドで開催されたUFC Fight Night: McGregor vs. Brandaoディエゴ・ブランダオンと対戦し、左ストレートからのパウンドでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。当初はコール・ミラーと対戦予定であったが負傷により相手が変更された。

2014年9月27日、UFC 178でフェザー級ランキング5位のダスティン・ポイエーと対戦し、左フックからのパウンドでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。マクレガーはトレーニング中に右手親指の靭帯を損傷しており、その怪我を押しての試合出場だった[11]

2015年[編集]

2015年1月18日、UFC Fight Night: McGregor vs. Siverでフェザー級ランキング10位のデニス・シヴァーと対戦し、左ストレートでダウンさせマウントパンチで2RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。シヴァーを倒した直後にオクタゴンを乗り越え、観戦席にいたフェザー級王者ジョゼ・アルドに詰め寄って対戦をアピールした。

2015年7月11日、UFC 189でUFC世界フェザー級王者ジョゼ・アルドに挑戦することになっていたが、6月23日にアルドが肋骨を負傷して欠場した為、代わりにフェザー級ランキング1位のチャド・メンデスと暫定王座決定戦を戦った[12]。メンデスのテイクダウンからのパウンドを凌ぎ、2Rに左ストレートでダウンを奪うとパウンドでTKO勝ちを収め、暫定王座の獲得に成功。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

アルドの試合18日前の負傷欠場により、急遽ストライカーのアルドから180度ファイトスタイルの違うグラップラーのメンデスへ相手が変更されたのにも拘らず、マクレガーは躊躇なく試合を受けたが、その事にメンデスは試合が止められた直後に「この試合を受けたあなたはレジェンドだ」とマクレガーに感謝の言葉を述べている。

また、オクタゴンでの勝利者インタビューでアルドについて聞かれた際にマクレガーは「俺の考えでは、アルドは逃げたと思っている。俺はこの試合前にアルドの肋骨の負傷よりもひどい怪我を負っていたんだ」と語っていたが、試合から2ヶ月経ったファンミーティングで、試合に向けてのトレーニング中に膝の前十字靱帯を80%断裂する重傷を負い、「ほとんど歩くことも蹴ることもできない状態の中、正直チャドには片足1本で勝ったようなものだ」と明かしている[13]

UFCフェザー級王座獲得[編集]
アルドとマクレガー

2015年12月12日、UFC 194のUFC世界フェザー級王座統一戦で正規王者ジョゼ・アルドと対戦し、UFCのタイトルマッチ史上最短記録となる1R開始13秒で左フックによりKO勝ちを収め、王座統一に成功した。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞。試合のファイトマネーは50万ドルで、PPVボーナスは推定1200万ドル(15億円)だと報じられた[14]。なお一部で批判が起こった13秒最短防衛記録更新Tシャツは、ロンダ・ラウジーが最短防衛記録を2度更新した時にもそれぞれ同じように記念Tシャツが発売されている。

「アルドはパワフルで速かったが、精度はパワーに勝り、タイミングはスピードに勝る。アイルランドのみんな、俺達はやってのけたんだ」とマクレガーは勝利者インタビューで語った。

2016年[編集]

2016年2月、スポーツ・イラストレイテッド誌の表紙を飾る[15]

2016年3月5日、UFC 196にて1階級上のライト級の王者であるハファエル・ドス・アンジョスのUFC世界ライト級王座に挑戦することが決定していたが、2月23日にドスアンジョスが足を骨折して欠場になりライト級王座挑戦が消滅。アンジョスの代替として他の選手へオファーが出されるも、ジョゼ・アルドは準備期間が短いとして断り[16]フランク・エドガーは足の付根の怪我を理由に断ったことで[17]、最終的にライト級ランキング5位のネイト・ディアスとウェルター級契約での対戦が決定する。試合は、2R途中までパンチで攻め立てネイトを出血させるなど有利に進めていたが、スタミナが切れはじめた所にネイトのパンチを受け形勢が逆転。苦し紛れのタックルに行くも潰され、ほどなくマウントを取られ、ブリッジからうつぶせになって逃れようとした際にリアネイキッドチョークで捕らえられ、タップで一本負け。自身の連勝は15連勝でストップし、UFCにおいて初の敗北を喫した。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。この試合のファイトマネーは100万ドルで、PPVボーナス、スポンサーフィー等を含まない公表されているファイトマネーのみで100万ドルを越えた初めてのUFCファイターになった[18]

2016年5月6日、イギリスのタブロイド紙ザ・サンが、マクレガーとフロイド・メイウェザー・ジュニアのボクシングルールによる試合がメイウェザーが1億ポンド、マクレガーが700万ポンドのファイトマネーの条件で契約間近で、メイウェザーが友人にマクレガーと対戦すると話していることを報じた[19][20]。この報道を受けて5月7日に、メイウェザーが「流れている噂は自分が出したもの。でも、噂ではないかもしれない。(実現するように)祈って欲しいね。ボクサーと総合格闘家の対戦は可能性があるよ。俺が試合をすれば、俺の数字は、もちろん、1億ドル以上だ。それぐらい要求してもいいだろう」とコメントを出し[21][22]、5月8日には、マクレガーが、「総合格闘技VSボクシング」と書き添えた自分とメイウェザーがにらみあう合成画像を、自身のツイッターへ投稿した[23]。さらにメイウェザーは、5月13日に放送されたボクシング中継の中で、「単なる噂じゃないんだ。今のところどうなるかわからない。でも、俺が本当に試合が実現すると思うかって?、絶対に実現するさ」「俺にとって厳しい試合になるのは間違いないだろう。どうなるかは今のところわからない、でもたくさん話題になっているんだ、試合を実現させたいね」「俺が主導権を握ってるんだ、ボクシングルールの試合になる」「試合会場は決まっていないし、ファイトマネーについてもまだ話し合っていない」「俺は長年に渡って自分自身を証明してきた。ゲンナジー・ゴロフキンから逃げも隠れもしない。俺はビジネスマンだ。もし俺がリングに復帰して試合をするなら、ビジネス的に、今俺が考えているただ一人の相手はコナー・マクレガーだけだ」と試合実現に強い意欲をみせた[24]。5月22日にマクレガーはESPNに出演して「噂をリークしたのは彼だ。彼が1億ドルなのに、俺が700万ドルだって?それでは(総合格闘技で稼いでいるファイトマネーより)減給になる。減給は受け入れられない。ボクシングは金を稼げるところだと思っていたけど、700万ドルとは全くくだらない。彼が1億ドルの話をするなら、俺だって1億ドルだ」「彼は俺を必要としているが、俺は彼を必要としていない。それが真実だ。彼は他に対戦相手がいるのか?他のやつと対戦すれば稼ぎが1億ドルから1500万ドルに落ちてしまうだろう。彼が話したいのであれば、話し合おう。しかし、主導権を握っているのは俺だ」「俺はルールは気にしない。彼の望むルールで決めればいい。彼が総合格闘技のルールで戦いたくないのは分かっている。彼が制限されたルールの試合で戦いたいのであれば、それで問題無しだ」と語った[25]。5月29日には、今度はメイウェザーが試合のプロモーションポスター風の合成画像を、自身のツイッターやインスタグラムへ投稿した[26][27]

2016年4月19日、ネイト・ディアスと7月9日のUFC 200で再戦することが決定していたが[28]、トレーニングを優先させたいマクレガーと、選手に義務付けられているプロモーションを兼ねた事前記者会見へ出席させたいUFCの間で意見が対立。マクレガーが事前記者会見を欠席すると、UFCはマクレガーをUFC 200から欠場させることを発表した[29]

2016年7月14日、ESPY賞の年間最優秀ファイターを受賞した[30]

2016年8月20日、UFC 202でライト級ランキング4位のネイト・ディアスと、適正体重のライト級ではなく、負けた試合と同じ条件でリベンジを果たしたいマクレガーの希望で、あえて第1戦と同じマクレガーにとって不利なウェルター級契約で再戦した。今回はパンチだけでなくネイト対策としてローキックを多用し、第1戦と同じく序盤はスタンドの打撃で圧倒するも、徐々にスタミナ切れを起こしディアスに捕まる展開が増えたが、5Rの死闘を戦い抜き2-0の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。また本試合でUFC歴代最高の300万ドルのファイトマネーを獲得、大会のペイ・パー・ビューの販売件数は165万件に達し、UFC 100と自身のUFC 196の販売記録を塗り替えUFC歴代最高記録を更新した[31]

  • 試合の反応
    • ビル・シモンズ 「これが試合だなんて信じられない、スポーツ映画のようだ。これまで見た試合の中で最高の試合の一つだ。なんて戦いだ。この試合に畏敬の念すら抱いているよ。私達ファンに3戦目を与えてくれ」[32][33][34]
    • スキップ・ベレイス 「アリ時代から見始めた昔からのハードコアなボクシングファンとして、ずっとUFCのことを疑問に思ってきた。しかし昨晩、初めて会場で生観戦して心を奪われてしまった」[35]
    • マイク・タイソン 「ネイト・ディアスは地球上で最もイカした男だ」[36]

尚、この試合はUFCが2018年に創立25周年を記念して行ったファン投票で25年間の最高試合(オールタイム・ザ・グレイテスト・ファイト)にも選ばれている[37][38]

試合で両足首を負傷した為、医師からトレーニングの再開許可を得るまで、10月5日までのトレーニング禁止及び最大6ヶ月間の試合出場停止のメディカルサスペンションを受けるが[39]、激闘となった試合からわずか2日後に軽目ながらトレーニングを再開した[40]

2016年10月10日、UFC 202の事前記者会見でマクレガーとネイト・ディアスが互いにペットボトルと飲料缶を投げ合った騒動の聴聞会がネバダ州アスレチックコミッションで開かれ、マクレガーに15万ドルの罰金(7万5千ドルは公共広告費に当てられる)と50時間の地域奉仕活動の処分が下される[41]。しかし最初に示された処分から最終的に下された処分へ変更された際の、横暴な審議過程と重すぎる処分に批判が集まり、処分を決定したネバダ州アスレチックコミッションのパット・ランドバルは以前からむやみに過剰な処分を下していると指摘されていたことと相重なって事実上の解任に追い込まれた[42]。12月7日にマクレガーは処分の見直しを求めてネバダ州アスレチックコミッションを裁判所へ提訴し異議申し立てを行った[43]。最終的に2017年3月22日にネバダ州アスレチックコミッションで再び聴聞会が開かれ、マクレガーの処分は罰金が15万ドルから2万5千ドルに、地域奉仕活動が50時間から25時間へ大幅に軽減され、和解に至った[44]

UFC二階級制覇[編集]

2016年11月12日、UFC 205で1階級上のUFC世界ライト級王者エディ・アルバレスに挑戦し、1Rから3度ダウンを奪うなど圧倒しつづけ、2Rに左ストレートから右フック、さらに左ストレートから右フックの4連続コンビネーションでダウンを奪い最後はパウンドでTKO勝ちを収めた。フェザー級に次いでライト級でも王座の獲得に成功し、ランディ・クートゥアBJ・ペンに続いて史上3人目となる二階級制覇を達成。二階級の王座を同時に保持したのはマクレガーがUFC史上初めてとなった。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

試合の会場となったマディソン・スクエア・ガーデンの入場料収入記録は1999年にボクシングで行われたヘビー級の試合レノックス・ルイスイベンダー・ホリフィールドの1350万ドルであったが、これを上回る1770万ドルを売り上げ、同会場の入場料収入最高記録を樹立した[45][46]。なお試合の前々日に行われた記者会見にマクレガーが赤いロールネックのセーターにグッチの白いミンクのファーコートを合わせた70年代風のファッションで現れたのは、同会場でモハメド・アリと伝説の試合を繰り広げたジョー・フレージャーの当時の服装をオマージュしたものである[47]

翌年の子供の出産予定に合わせ産休を取り、それまでは試合を控えることを発表した[48]

2016年11月26日、UFCがフェザー級王座をマクレガーが返上したと発表する[49]。しかし、マクレガーは返上に同意していない趣旨の発言をした[50]

2016年12月18日、アイルランドのスポーツ賞「RTÉスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる[51]。この際、マクレガーが同賞に相応しいかアイルランド国内で論争が起こり、アイルランド首相のエンダ・ケニーが「コナー・マクレガーは素晴らしいアスリートで、スポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーに相応しく、世界のスーパースターであり固有のカテゴリーで頂点に立つ人物です」と選考は適切であると述べてマクレガーを支持する表明をした[52]

2017年[編集]

2017年4月、TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出される[53][54]

2017年5月5日、出会ってから約10年間苦楽を共にしてきたディー・デブリンとの間に第一子を授かる[55][56]

ボクシング・メイウェザー戦[編集]

2017年8月26日、プロボクシングデビュー戦でフロイド・メイウェザー・ジュニアと対戦し、レフェリーストップにより10R1分5秒TKO負け。この試合のファイトマネーのみでメイウェザーは1億ドル、マクレガーは3000万ドルを稼ぎ[57]、雑誌『フォーブス』で発表された2018年のスポーツ選手長者番付ではメイウェザーが年収2億8500万ドルで1位、マクレガーは年収9900万ドルでメイウェザー、リオネル・メッシクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ4位にランクインした[58][59]。北米でのPPV販売件数は、2015年のフロイド・メイウェザー・ジュニア 対 マニー・パッキャオ戦に次いでボクシング史上2位となる430万件に上った[60]

2017年11月1日、マクレガーを4年以上に渡って追ったドキュメンタリー映画『Conor McGregor: Notorious』がアイルランドで公開され、アイルランド制作のドキュメンタリー映画として歴代最高興行収入を記録。2017年に公開されたアイルランド制作映画としても最高週末興行収入を記録した[61][62][63]

2018年[編集]

2018年4月7日、UFCはマクレガーが長期間試合を行わなかったとして、UFC 223でライト級王座を剥奪した[64]

2018年10月7日、約1年11ヶ月ぶりのMMA復帰戦となったUFC 229のUFC世界ライト級タイトルマッチで王者ハビブ・ヌルマゴメドフに挑戦。終始圧倒されリアネイキドチョークで4R一本負けを喫し、王座獲得に失敗した。試合後、ヌルマゴメドフがマクレガー陣営のディロン・ダニスに飛びかかったのをきっかけに、ヌルマゴメドフのセコンドと揉め事を起こし、乱闘騒ぎとなった。

2019年[編集]

2019年1月29日、ネバダ州アスレチック・コミッションで、事前にマクレガーとヌルマゴメドフがともに合意していたUFC 229で起こした乱闘に対する処分の和解案を承認するか、アスレチックコミッショナーによる投票が行われ、ヌルマゴメドフは出場停止9ヶ月(いじめ防止の公共広告に協力すれば出場停止期間を3ヶ月間短縮できる)と罰金50万ドルの和解案が満場一致で、マクレガーは出場停止6ヶ月と罰金5万ドルの和解案が4-1の投票で承認され、それぞれ処分が確定した[65]。ヌルマゴメドフのセコンドに就いて乱闘に加勢したズベイラ・ツフゴフとアブバカル・ヌルマゴメドフには出場停止1年と2万5000ドルの罰金が科せられた[66]。2月25日に同コミッションからディロン・ダニスに出場停止7ヶ月と7500ドルの罰金が科せられた[67]

なお、乱闘の発端となった、ヌルマゴメドフがオクタゴンを乗り越えてマクレガー陣営のディロン・ダニスに飛びかかったのは、ダニスがヌルマゴメドフに対して宗教的な発言をしたためと一部で報道されたが、ヌルマゴメドフ本人が、ダニスの声自体が観客の喧騒にかき消され聞こえなかったと否定し、因縁があったマクレガー陣営の他のセコンド達が“年寄りだった”ので、若いダニスを標的にしたのだと語っている[68]

2019年3月26日、SNSで総合格闘技からの引退を表明[69]

ファイトスタイル[編集]

伝統空手を思わせるような構えをし回転蹴りや横蹴り、そして代名詞ともいえるカウンターの左ストレートを主な武器としたファイターで、相手がパンチを出して接近してきたタイミングに合わせて後ろへ下がり左ストレートをカウンターで合わせるのが必勝スタイルである。通常サウスポーは対オーソドックスの場合、相手と正対することになり、左ストレートを放てば相手の顔の正面に当たりやすくなるためオーソドックスの相手を得意とする場合が多い。しかしサウスポー同士であると相手の右のガードや肩が邪魔になり、左ストレートを当てにくくなってしまうが、マクレガーはサウスポー相手でも問題なく左ストレートをヒットさせる。自分よりリーチの長い相手でも、ヘッドスリップからのカウンターやワンツーをヒットさせるなど、ボクシングスキルはボクサー顔負けの技術を誇っている。反面、広いスタンスで構えているために、ローキックへの対処が遅れ、ローキックを食らってバランスを崩したりするなど、足技に対する能力に不安が残るのと、スタミナ面に課題を残している。

人物・エピソード[編集]

  • 2017年に、Google検索ランキングで、アメリカで「最も検索されたアスリート」になった[70][71][72]。また同年は、ツイッターで「世界で5番目につぶやかれたアスリート」に[73]、イギリスで「最もつぶやかれたアスリート」にもなっている[74]。2016年のGoogle検索ランキングでは、イギリスで「最も検索された男性セレブリティ」と「最も検索されたアスリート」になっている[75]。2015年のGoogle検索ランキングでは、アイルランドで「最も検索されたアスリート」になり、さらに「最も検索された検索ワード」で3位、「最も検索された人物」で2位に入った[76]
  • 2017年にESPNの「世界で最も有名なアスリート100人」で25位に選出された。これは格闘家としてロンダ・ラウジー(16位)に次ぐ第2位で、アンデウソン・シウバ(39位)やマニー・パッキャオ(59位)らを上回った[77]。2018年には、18位に選出された。2019年には、5位に選出された。
  • 2017年にフォーブススポーツ選手長者番付において、3400万ドル(約37億円)を稼ぎ、24位にランクインした[78]。2018年には9900万ドル(約115億円)を稼ぎ、4位にランクインした。ビーツ・エレクトロニクスモンスターエナジーリーボックバーガーキングバド・ライトとスポンサー契約を交わしている。
  • ファッションセンスに定評があり、男性スタイル・ファッション誌「GQ」の2017年ベストドレッサー賞で俳優やミュージシャンに混ざって4位に選ばれている[79]
  • 2018年9月に自身のアイリッシュ・ウイスキーブランドを創立し、シングルモルトウイスキー「Proper No. Twelve」の販売を開始[80]。発売半年で20万ケース(240万本)を出荷し、数十億円を売り上げる成功を収めている[81][82]。なお1ケース販売するごとに5ドルをファーストレスポンダー(救急隊、消防隊、警察)の団体へ寄付する社会貢献活動を行っている[83]
  • 2019年5月にホームレス家庭のための家を8軒ダブリンで建設中であることを明らかにした[84]
  • 病気の子供を訪問したり、子供のための医学研究基金に寄付をするなどチャリティー活動に熱心で2018年2月にニューヨークで表彰を受けている[85]
  • 2019年3月11日にフロリダ州マイアミのホテルでマクレガーの写真を撮ろうとした男性の携帯電話を足で踏みつけ破壊してから持ち去ったとして逮捕される。その後、原告の被害者男性が、損害賠償を求め起こしていた民事訴訟をマクレガーと和解して取り下げ[86]、さらに、証言を宣誓していた当初の内容から変え、イギリスから訴訟手続きでフロリダ州へ再度来ることも拒否したため、2019年5月13日にフロリダ州検事補が訴えの信頼性に問題があるとしてマクレガーに対する刑事告訴を棄却した[87][88]
  • UFCに参戦する以前はアイルランドの社会福祉事務所から生活保護手当を受け取って暮らし、車はオペル・アストラに乗っていた[89][90][91]。生活保護は独立し仕事がなかったため受け取っていたものであり、出自は中流家庭の出身である。
  • 現在もアイルランド在住だが、ネバダ州ラスベガスに「マック・マンション」と呼ばれる、6つのベッドルーム、プール付きの邸宅を所有し[92]、車はロールス・ロイス・ファントム・ドロップヘッド・クーペランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターベントレー・コンチネンタルGTC等を所有している[89][93][94][95]UFC 205ではロールス・ロイス社からマクレガー仕様に特別カスタムメイドされたロールス・ロイス・ゴーストの贈呈を受けた[96]
  • ノートリアス・ウォークやマクレガー・ストラットと呼ばれる、誇示するようにふんぞり返り腕を大げさに振るって歩く独特のパフォーマンスが有名で、セルヒオ・ラモスポール・ポグバマルク・ガソルジュリアン・エデルマンシャキール・オニールジャスティン・ビーバーなどの各界著名人も真似をしている[97][98][99][100]
  • キング・アーサー」、「トリプルX:再起動」、「ザ・プレデター」などの映画出演依頼をトレーニングに支障をきたすとして断っている[101]
  • マクレガーから影響やインスピレーションを受けたと語る俳優も多く、ベン・アフレックは映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で演じたバットマンのアクションはマクレガーのファイトスタイルを参考にしたと語り[102][103]トム・ハーディはマクレガーを映画「ヴェノム」で演じたヴェノムのキャラクター構成のベースにしたと語り[104][105]チャーリー・ハナムはマクレガーの思想に影響を受けたと語っている[106]
  • 世界最高賞金の競馬レースであるペガサスワールドカップのプロモーションに起用される。マクレガーが13人目のジョッキーとしてペガサスワールドカップへ招待されるという設定の4回シリーズのCMなどが公開された[107]
  • 少年の頃にヒーローだった人物にチャック・リデルモハメド・アリブルース・リーを挙げている[108]
  • しばしば「アイルランドのモハメド・アリ」などと、モハメド・アリと比較される事があるが、マクレガー自身は「アリのような人になぞらえられる事は光栄だが、アリは特別な人なので比較しないで欲しい」と語っている[109][110]
  • 派手なパフォーマンスで人気のあったボクシング元世界王者のナジーム・ハメドは「俺が引退して以降ボクシングにいらだってることが一つあるんだ。俺のように興奮を掻き立てるボクサーが誰一人現れていないじゃないか。期待に応えているただ1人の男は、それはボクサーじゃない、コナー・マクレガーだよ」とイギリスのボクサーのエンターテイメント不足を嘆きつつ、自身に匹敵するただ1人のファイターはマクレガーのみであると、マクレガーがUFC王者になる前の2015年6月という早い時期から称賛している[111]
  • ボクシングのヘビー級統一王者タイソン・フューリーはマクレガーのトラッシュトークやアゴ髭は俺の真似をしているだけだとしており、UFC196でマクレガーが負けた際には「週末にUFCのトップファイター2人が負けたが、ホリー・ホルムはマクレガーより根性を見せた。アイルランドの戦う誇りはそう簡単にタップアウトしない、俺なら失神することを選んでいただろう。総合格闘技はくだらない、激しくタップアウトすれば済むのだから。ボクシングは究極の格闘スポーツ、2人のファイターが立って戦うんだ」とマクレガーと総合格闘技をけなした[112]
  • 「片手を背中で縛り、片足に重りを付けた状態でもマクレガーに勝てる」[113]と対戦要求をしていたプロボクサーのポール・マリナッジをメイウェザー戦に向けてのキャンプにスパーリングパートナーとして招集した。

マクレガーに対戦要求したボクサー[編集]

  • マニー・パッキャオ 『元気でいろよ、わが友よ。2018年に本当のボクシングマッチを』[114]
  • ワシル・ロマチェンコ 『マクレガーよ、ニンジャタートル・ロマチェンコがおまえをリングで待っているぞ。俺がおまえをテストしてやる』 [115][116]
  • ミゲル・アンヘル・ガルシア 『フロイドはカリフォルニアでは試合をしない。マクレガーがボクシングをやりたいのなら俺と対戦しよう』[117]
  • アミール・カーン 『UFCのトレーニングを開始した。俺は金網に入って総合格闘技ルールで戦う。そこが俺とメイウェザーの違うところだ。マクレガーは総合格闘技の世界で、自分はボクシング界で名のある選手。実現すれば、ビッグファイトになる。自分はまだ若く、格闘技のスキルを磨く時間はある。ファイターの血が流れているし、時間をかけてトレーニングすれば問題ない』[118][119]
  • クリス・ユーバンク・ジュニア 『俺は総合格闘技やグラップリングをやったことがある。子供の頃にしばらく柔術をやっていた。あとは蹴りの練習をすれば、すぐに総合格闘技に転向できるだろう』 [120]
  • マリオ・バロテッリ 『コナー・マクレガー、おまえは偉大な格闘家だが、ジョルジオ・ペトロシアンを倒さなければ、真のチャンピオンではない』[121]
  • オスカー・デ・ラ・ホーヤ 『コナー・マクレガーを2ラウンドで倒すことができる。マクレガー戦で現役復帰するつもりだ』[122]
  • イベンダー・ホリフィールド 『ダナ・ホワイト、メイウェザーに払うその2500万ドルを俺に送ってくれ。俺がマクレガーを終わらせてやる。さあやろうぜ』[123]

Bellator 187の騒動[編集]

2017年11月10日、地元ダブリンで開催されたBellator 187で、チームメイトのチャーリー・ウォードがジョン・レッドモンドに1ラウンド終了1秒前の1R4分59秒でパンチによるKO勝ちを収めると、マクレガーは直後にケージ内に入りウォードに抱きついて祝福するも、レフェリーはKOにつながったパンチがラウンド終了前のものか確認する作業とレッドモンドの状態を確認する必要があったためマクレガーをケージ内から出そうとすると、マクレガーはそれに激しく抵抗し、興奮してレフェリーを押す騒ぎを起こした[124][125][126]。後日マクレガーは「チームメイトの応援とレフェリーが試合を2ラウンドも続行させようとしたので感情を抑えきれなくなってしまった。しかしUFC王者、模範となるべき人物、公人として間違った振る舞いだった。心から謝罪をしたい」と謝罪をした[127][128]。これにレフェリーは、事態を確認する前にマクレガーがケージ内に入ってきたので、試合を続行させるかの決定はしていなかったと反論したが[129]、現場でマクレガーが「試合を止めろ」と叫んでいたことが確認されており、レッドモンドも「レフェリーは試合を2ラウンドも続行させるつもりだったが、マクレガーが起こした騒ぎのおかげで、試合を管轄したモヒガン・サン・コミッションが、レフェリーの決定を却下して、試合を続行させなかったのだと思う」とコメントしている[130]

選手バス襲撃事件[編集]

2018年4月3日、UFCの選手が宿泊するホテルのロビーで、ハビブ・ヌルマゴメドフが口論からマクレガーのチームメイトのアルテム・ロボフに詰め寄り、言葉で侮辱する。マクレガー一派とヌルマゴメドフのマネージャー、アリ・アブデルアジズを含んだヌルマゴメドフ一派は長い間対立し、問題がたびたび生じていた中での出来事だった[131]

2018年4月5日、UFC 223(4月7日開催)の事前会見を終えた選手達を乗せたバスが、会見が行われたバークレイズ・センターを出発しようとしていた所に、ヌルマゴメドフ一派への仕返しを狙いマクレガーが仲間を引き連れて突如現れて、バスに向かって台車を投げつけ窓ガラスを破損させた[132]。これにより、バスに乗っていたマイケル・キエーザレイ・ボーグは窓ガラスの破片で顔や体に切り傷を負いUFC 223の試合を欠場する[133]。マクレガーと仲間は現場から去るも、夜には警察署に出頭し、暴行及び器物損壊容疑で起訴された[134]。同年7月26日、マクレガーは司法取引を成立させ問われた罪の治安紊乱行為の罪状について不抗争の答弁をした結果、破壊したバスの弁償及び5日間の社会奉仕活動と怒りをコントロールするカウンセリングを1日から3日間受けるよう命じる、前科も執行猶予も付かない判決が下され刑事裁判は終了した[135][136][137]。同年9月12日、マイケル・キエーザが精神的かつ身体的苦痛を受けたとして賠償金を請求する民事訴訟を起こした[138]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
21 18 1 2 0 0 0
4 0 4 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ハビブ・ヌルマゴメドフ 4R 3:03 リアネイキドチョーク UFC 229: Khabib vs. McGregor
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2018年10月6日
エディ・アルバレス 2R 3:04 TKO(左フック→パウンド) UFC 205: Alvarez vs. McGregor
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2016年11月12日
ネイト・ディアス 5分5R終了判定2-0 UFC 202: Diaz vs. McGregor 2 2016年8月20日
× ネイト・ディアス 2R 4:12 リアネイキッドチョーク UFC 196: McGregor vs. Diaz 2016年3月5日
ジョゼ・アルド 1R 0:13 KO(左フック) UFC 194: Aldo vs. McGregor
【UFC世界フェザー級王座統一戦】
2015年12月12日
チャド・メンデス 2R 4:57 TKO(左ストレート→パウンド) UFC 189: Mendes vs. McGregor
【UFC世界フェザー級暫定王座決定戦】
2015年7月11日
デニス・シヴァー 2R 1:54 TKO(マウントパンチ) UFC Fight Night: McGregor vs. Siver 2015年1月18日
ダスティン・ポイエー 1R 1:46 TKO(左フック→パウンド) UFC 178: Johnson vs. Cariaso 2014年9月27日
ディエゴ・ブランダオン 1R 4:05 TKO(左ストレート→パウンド) UFC Fight Night: McGregor vs. Brandao 2014年7月19日
マックス・ホロウェイ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Shogun vs. Sonnen 2013年8月17日
マーカス・ブリメージ 1R 1:07 TKO(左アッパー→パウンド) UFC on Fuel TV 9: Mousasi vs. Latifi 2013年4月6日
イヴァン・ブッヒンゲル 1R 3:40 KO(パンチ) Cage Warriors 51
【CWFCライト級王座決定戦】
2012年12月31日
デイブ・ヒル 2R 4:10 チョークスリーパー Cage Warriors 47
【CWFCフェザー級王座決定戦】
2012年6月2日
スティーブ・オキーフ 1R 1:33 KO(肘打ち) Cage Warriors 45 2012年2月18日
アーロン・ジャンセン 1R 3:29 TKO(パンチ) Cage Warriors Fight Night 2 2011年9月8日
アルトゥル・ソヴィニスキ 2R 1:12 TKO(パンチ) CG 2: Clash of the Giants 2011年6月11日
パディ・ドハーティ 1R 0:04 KO(パンチ) Immortal Fighting Championship 4 2011年4月16日
マイク・ウッド 1R 0:16 KO(パンチ) CC 8: Fields vs. Redmond 2011年3月12日
ヒュー・ブレーディー 1R 2:31 TKO(パンチ) Chaos Fighting Championship 8 2011年2月12日
× ジョセフ・ダフィー 1R 0:38 肩固め Cage Warriors 39 2010年11月27日
コナー・ディロン 1R 4:22 TKO(コーナーストップ) Chaos Fighting Championship 7 2010年10月9日
スティーブン・ベイリー 1R 1:22 TKO(パンチ) K.O.: The Fight Before Christmas 2008年12月12日
× アルテミー・シテンコフ 1R 0:30 膝十字固め Cage of Truth 3 2008年6月28日
モ・テイラー 1R TKO(パンチ) Cage Rage Contenders: Ireland vs. Belgium 2008年5月3日
ゲイリー・モリス 2R TKO(パンチ) Cage of Truth 2 2008年3月8日
  • プロボクシング: 1戦0勝1敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2017年8月26日 敗北 10R TKO(レフェリーストップ) フロイド・メイウェザー・ジュニア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第4代CWFCフェザー級王座(2012年)
  • 第6代CWFCライト級王座(2012年)
  • UFC世界フェザー級暫定王座(2015年)
  • 第2代UFC世界フェザー級王座(2015年)
  • 第9代UFC世界ライト級王座(2016年)

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 茶帯
  • UFC
    • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)
    • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(1回)
    • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(6回)
    • UFC オールタイム・ザ・グレイテスト・ファイト(UFC創立25年間の最高試合、2018年/ネイト・ディアス第2戦)
  • ESPN
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2015年)
  • ESPY賞
    • 年間最優秀ファイター(2016年)
  • FOXスポーツ
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2015年)
    • ファイト・オブ・ザ・イヤー(2016年/ネイト・ディアス第2戦)
  • Bleacher Report
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2015年)
    • ファイト・オブ・ザ・イヤー(2016年/ネイト・ディアス第2戦)
  • SHERDOG
    • ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー(2014年)
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2015年)
    • ノックアウト・オブ・ザ・イヤー(2015年/ジョゼ・アルド戦)
    • ファイター・オブ・ザ・イヤー(2016年)
  • RTÉ
  • TIME誌

ペイ・パー・ビュー販売件数[編集]

開催年月日 イベント 販売件数 備考
2018年10/7_10月7日 UFC 229: ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. コナー・マクレガー 250_250万件
2017年08/26_8月26日 フロイド・メイウェザー・ジュニア vs. コナー・マクレガー 430_430万件 ボクシング
2016年11/12_11月12日 UFC 205: エディ・アルバレス vs. コナー・マクレガー 130_130万件
2016年08/20_8月20日 UFC 202: ネイト・ディアス vs. コナー・マクレガー 2 165_165万件
2016年03/05_3月5日 UFC 196: コナー・マクレガー vs. ネイト・ディアス 1 150_160万件
2015年12/12_12月12日 UFC 194: ジョゼ・アルド vs. コナー・マクレガー 120_120万件
2015年07/11_7月11日 UFC 189: チャド・メンデス vs. コナー・マクレガー 082_82万5千件

脚注[編集]

  1. ^ a b c UFC profile – Conor McGregor; accessed 4 November 2015.
  2. ^ “McGregor Plans On UFC Return This December”. SB Nation (MMAmania.com). https://www.mmamania.com/2017/6/23/15861580/john-kavanagh-says-conor-mcgregor-planning-on-ufc-return-this-december 2017年7月1日閲覧。 
  3. ^ “Conor McGregor's boxing coach: 'I have no doubt in my mind' he'll beat Floyd Mayweather”. SB Nation (MMAFighting.com). https://www.mmafighting.com/2017/6/19/15833010/conor-mcgregors-boxing-coach-i-have-no-doubt-in-my-mind-hell-beat-floyd-mayweather 2017年7月1日閲覧。 
  4. ^ Gibson, Paul (2016年11月10日). “How to look good while fighting, by Conor McGregor's strength coach”. The Guardian. https://www.theguardian.com/sport/the-balls-of-wrath/2016/nov/10/conor-mcgregor-carl-frampton-strength-conditioning-nutrition-ufc 2017年7月1日閲覧。 
  5. ^ “McGregor's nutritionist George Lockhart talks UFC 205 prep, Diaz fights”. SB Nation (BloodyElbow.com). https://www.bloodyelbow.com/2016/11/1/13483962/conor-mcgregor-nutritionist-george-lockhart-ufc-205-lightweight-weight-cut 2017年7月1日閲覧。 
  6. ^ Huni, Gile (2014年9月28日). “Conor McGregor Promoted To BJJ Brown Belt After KO Win Over Poirier”. BJJ Eastern Europe. http://www.bjjee.com/videos/conor-mcgregor-promoted-to-bjj-brown-belt-after-ko-win-over-poirier 
  7. ^ Murphy, Darragh. “WATCH: Conor McGregor's BJJ defended by third degree black belt Eddie Bravo”. SportsJOE.ie. 2019年4月28日閲覧。
  8. ^ The secret behind Conor McGregor’s striking skills Boxing News 2016年8月22日
  9. ^ McGregor: Sutcliffe taught me the fundamentals that I carry with me todayIrish.Boxing 2015年7月11日
  10. ^ UFC's Conor McGregor has ACL knee surgeryBloody Elbow 2016年9月10日
  11. ^ [1]Conor McGregor considered pulling out of UFC 178 because of torn thumb ligaments
  12. ^ 【UFC189】やはり──ジョゼ・アルド欠場。暫定王座決定戦でメンデス×マクレガー MMAPLANET
  13. ^ Conor McGregor reveals new details about extent of knee injury prior to UFC 189MMA FIGHTING 2016年9月10日
  14. ^ UFC 194: Conor McGregor earns $1.3 million per second in defeat of Jose Aldo シドニー・モーニング・ヘラルド 2015年12月14日
  15. ^ Conor McGregor featured on Sports Illustrated cover for first timeSports Illustrated 2016年5月1日
  16. ^ Coach: Jose Aldo not in shape, turned down offer to replace Rafael dos Anjos at UFC 196MMAFighting 2016年2月23日
  17. ^ Frankie Edgar 'pissed' at UFC, says the ‘C’ in UFC stands for ‘Conor’MMAFighting 2016年2月24日
  18. ^ Conor McGregor to net UFC's first $1M disclosed purse in Nate Diaz tilt ESPN 2016年3月5日
  19. ^ Floyd Mayweather and Conor McGregor on the verge of agreeing billion dollar mega-fight”. THE Sun (2016年5月6日). 2016年5月14日閲覧。
  20. ^ Floyd Mayweather and Conor McGregor on the verge of agreeing billion dollar mega-fight”. THE Sun (2016年5月6日). 2016年6月7日閲覧。
  21. ^ Floyd Mayweather: Rumors you've been hearing are rumors I started”. ESPN.com (2016年5月10日). 2016年6月7日閲覧。
  22. ^ Video: Floyd Mayweather on Conor McGregor bout: 'It may not be a rumor'”. Bloody Elbow (2016年5月8日). 2016年5月14日閲覧。
  23. ^ メイウェザー氏 UFC王者との対戦について言及「可能性はある」スポニチ 2016年5月12日
  24. ^ Floyd Mayweather says Conor McGregor fight will 'absolutely' happen”. SKY Sports (2016年5月14日). 2016年5月14日閲覧。
  25. ^ Conor McGregor on Floyd Mayweather: 'He needs me, I don't need him'”. MMA.FIGNTEING.com (2016年5月22日). 2016年6月7日閲覧。
  26. ^ @FloydMayweather”. メイウェザー公式ツイッターアカウント (2016年5月29日). 2016年6月7日閲覧。
  27. ^ Floyd Mayweather Posts Instagram Picture Hyping Potential Conor McGregor Fight”. Bleacher Report (2016年5月29日). 2016年6月7日閲覧。
  28. ^ Rematch between Conor McGregor and Nate Diaz official for UFC 200MMA Fighting 2018年3月30日
  29. ^ Dana White announces Conor McGregor's removal from UFC 200 main eventBloody Elbow 2018年4月19日
  30. ^ 2016 ESPY賞公式サイト
  31. ^ Diaz vs. McGregor 2 looks to have broken UFC pay-per-view recordMMA FIGHTING 2016年9月10日
  32. ^ ビル・シモンズ公式ツイッター 2016年9月10日
  33. ^ ビル・シモンズ公式ツイッター 2016年9月10日
  34. ^ ビル・シモンズ公式ツイッター 2016年9月10日
  35. ^ スキップ・ベレイス公式ツイッター 2016年9月10日
  36. ^ マイク・タイソン公式ツイッター 2016年9月10日
  37. ^ Conor McGregor vs. Nate Diaz II voted best fight in UFC historyThe Mac Life 2018年4月3日
  38. ^ The Greatest UFC fight of all-time - as voted on by YOU!UFC公式Twitter 2018年4月3日
  39. ^ UFC 202 medical suspensions: McGregor needs clearance on left foot to avoid six-month termMMA JUNKIE 2016年9月10日
  40. ^ Conor McGregor back training two days after UFC 202THE MACLIFE 2016年9月10日
  41. ^ Conor McGregor fined $150,000 for UFC 202 bottle-throwing incidentMMA FIGHTINEG 2016年12月28日
  42. ^ Pat Lundvall’s Nevada Athletic Commission appointment coming to an endMMA FIGHTING 2016年12月28日
  43. ^ Conor McGregor challenging Nevada commission sanctions in courtMMA FIGHTING 2016年12月28日
  44. ^ Conor McGregor's penalty reduced for bottle-throwing incident at UFC 202 press conferenceMMA Fighting 2017年3月22日
  45. ^ Dana White says UFC 205 has already broken MSG gate recordMMA FIGHTING 2016年12月28日
  46. ^ This Week In MMA Biz: UFC 205's Record Numbers (Updated), Conor McGregor's Challenge And Moreフォーブス 2016年11月14日
  47. ^ Is Conor McGregor's new coat made from 54 mink skins, like the one 'The Notorious' seemingly drew inspiration from?JOE.co.uk 2016年12月28日
  48. ^ Conor McGregor Out for 10 Months, per Dana WhiteFOX Sports 2016年12月14日
  49. ^ Conor McGregor gives up UFC featherweight title but keeps lightweight beltThe Guardian 2017年1月17日
  50. ^ Conor McGregor: I'm still the featherweight champYahoo.com 2017年1月17日
  51. ^ McGregor crowned RTÉ Sportsperson of the Year RTÉ 2016年12月28日
  52. ^ Kenny: I admire Conor McGregor - but my own fight was to form CoalitionIndependent.ie 2016年12月25日
  53. ^ The 100 Most Influential PeopleTIME誌 2017年4月26日
  54. ^ 「最も影響力のある100人」、スポーツ界からはネイマールら7人AFP 2017年4月26日
  55. ^ DEE DEVLIN CONOR MCGREGOR’S GIRLFRIENDFabwags 2016年7月29日
  56. ^ Who is Conor McGregor's girlfriend? Meet Dee Devlin who has supported star from days of absolutely nothingDaily Mirror 2017年12月5日
  57. ^ メイウェザーvsマクレガーのファイトマネーが公開。メイウェザーは110億円、マクレガーは33億円、ここにPPVボーナスなどが加わる。Queel 2017年8月28日
  58. ^ The World's Highest Paid Athletes 2018Forbes
  59. ^ スポーツ長者番付首位にメイウェザー氏返り咲き 1試合で313億円!デイリースポーツ 2018年6月6日
  60. ^ メイウェザー対マクレガーのスーパーファイト、PPV購入数でボクシング史上2位にAFPBB News 2017年12月16日
  61. ^ Conor McGregor: Notorious now highest-grossing Irish-made documentary of all time at Irish box officeIndependent.ie 2017年11月13日
  62. ^ ‘Conor McGregor: Notorious’ Grosses Highest Opening Weekend of 2017IFTN 2017年11月9日
  63. ^ Conor McGregor: Notorious (2017)IMDb 2017年
  64. ^ Conor McGregor Officially Stripped of UFC Title Following UFC 223Bleacher Report 2018年4月8日
  65. ^ Khabib Nurmagomedov, Conor McGregor suspended for UFC 229 brawlMMA.Junkie 2019年1月29日
  66. ^ Zubaira Tukhugov, Abubakar Nurmagomedov issued one-year suspensions, fines for roles in UFC 229 brawlMMA.Fighting 2019年1月29日
  67. ^ Dillon Danis receives seven-month suspension, $7,500 fine for role in UFC 229 post-fight brawlMMA Fighting 2019年2月25日
  68. ^ Khabib Nurmagomedov says he attacked Dillon Danis at UFC 229 because Conor McGregor’s other coaches were ‘too old’MMA.Fighting 2019年1月24日
  69. ^ MMA fighters react to Conor McGregor's retirement tweetESPN 2019年3月26日
  70. ^ Google and FameDana Rebecca 2018年1月
  71. ^ CON IS ON Conor McGregor beats off the likes of Tom Brady and Floyd Mayweather to be the most searched for athlete on Google of 2017The Sun 2018年2月3日
  72. ^ These Were The UK’s Most-Searched People in 2017 2018年1月22日
  73. ^ Twitter's most popular tweets and accounts of 2017 2017年12月5日
  74. ^ Conor McGregor edges Floyd Mayweather, Neymar and Cristiano Ronaldo to win Twitter awardThe EXPRESS 2017年12月5日
  75. ^ Top Google searches of 2016 revealed - and despite everything going on in the world, football topped the listThe Mirror 2016年12月14日
  76. ^ The top Google searches of 2015 SiliconRepublic 2015年12月22日
  77. ^ World Fame 100ESPN 2017年5月30日
  78. ^ Forbes Lists of the World's Best Paid Athletesフォーブス 2017年6月13日
  79. ^ GQ's 50 best-dressed men 2017GQ 2016年11月22日
  80. ^ Conor McGregor brags after report of Proper No. Twelve contribution to record U.S. whiskey salesMMA Junkie 2019年4月25日
  81. ^ Report | Massive sales numbers revealed for Proper No. TwelveBJPEN.com 2019年4月25日
  82. ^ Morning Report: Conor McGregor on Irish Whiskey sales surpassing $1B in U.S.: ‘Was there ever any doubt I’d turn whiskey to a billi? I turned ‘human cock fighting’ to 4.2.’MMA Fighting 2019年4月26日
  83. ^ What whiskey 'unicorn' Conor McGregor is actually like, according to his Proper No. Twelve business partnerBusinessinsider 2019年5月1日
  84. ^ Conor McGregor reveals he is building houses for the homeless in DublinDublinLive 2019年5月17日
  85. ^ Conor McGregor honored in NYC for charitable work with children’s hospitalsBJPENN 2018年2月1日
  86. ^ Civil suit against Conor McGregor over alleged phone smashing incident has been droppedMMA Fighiting 2019年4月9日
  87. ^ Charges dropped vs. McGregor in phone incidentESPN 2019年5月13日
  88. ^ Conor McGregor charges dropped over cell phone smashing incidentMMA Fighting 2019年5月13日
  89. ^ a b Conor McGregor reveals why he needs two £400,000 Rolls Royces Daily Star 2016年5月16日
  90. ^ UFC Victory Under His Belt, Popular Irishman Conor McGregor is Now Shipping Up to Boston MMA Weekly 2014年12月10日
  91. ^ ゴング格闘技2015年1月号
  92. ^ UFC 189:マック・マンションへようこそ UFC公式サイト 2015年7月8日
  93. ^ UFC champ Conor McGregor's playboy lifestyle revealedDaily Star 2016年4月20日
  94. ^ Conor McGregor’s Car CollectionduPont REGISTRY 2016年1月26日
  95. ^ Conor McGregor's new toysDriven Magazine 2016年3月10日
  96. ^ Conor McGregor gifted custom 'Notorious' Rolls-Royce for UFC 205MMA.FIGHTING 2016年12月28日
  97. ^ Sergio Ramos Channels Inner Conor McGregor, Does The Billi StrutSPORTbible 2018年8月16日
  98. ^ Is McGregor’s ‘Billy Strut’ Becoming Sports #1 Celebration? (Videos)BSO 2016年12月28日
  99. ^ McGregor mania continues as Justin Bieber pulls off 'billy strut' while training with NeymarSunday World 2016年12月28日
  100. ^ マクレガーニュースアカウント 2019年2月20日
  101. ^ Conor McGregor turned down another movie role to focus on his fight careerFOX SPORTS 2017年5月16日
  102. ^ Ben Affleck Says His Batman’s Fighting Is ‘UFC Influenced, Conor McGregor Style’UPROXX 2016年3月23日
  103. ^ Ben Affleck: McGregor fighting style is seeping into moviesThe Mac Life 2017年1月13日
  104. ^ TOM HARDY BASED 'VENOM' CHARACTER ON CONOR MCGREGORMaxim 2018年10月1日
  105. ^ Tom Hardy says Conor McGregor inspired his 'Venom' characterUSA TODAY 2018年9月26日
  106. ^ 映画「キング・アーサー」の主人公役はコナー・マクレガーに影響を受けていた!クイール 2017年5月12日
  107. ^ UFC champ Conor McGregor is now a horse jockey, with Jon Lovitz as his trainerMMA JUNKIE 2017年1月4日
  108. ^ Conor McGregor tells us three things you may not have known about himIndependent Sport 2015年5月18日
  109. ^ マグレガーはモハメド・アリのUFC版? UFC
  110. ^ Conor McGregor doesn’t want to be compared to 'special' Muhammad Ali MMA Fighting 2015年1月13日
  111. ^ Prince Naseem Hamed Talks Conor McGregor, Floyd Mayweather, Amir Khan, MoreBleacher Report 2016年7月10日
  112. ^ Heavyweight boxing world champion Tyson Fury sledges beaten UFC superstar Conor McGregorFOX SPORTS Australia 2016年9月10日
  113. ^ PAULIE MALIGNAGGI ABSOLUTELY CLOWNS CONOR MCGREGOR: "WHO DA FOOK IS HE GOING TO SCARE IN BOXING"FightHype.com 2016年12月11日
  114. ^ 「本当のボクシングマッチ」を、パッキャオがSNS上でマクレガーを挑発
  115. ^ Hi-Tech Lomachenko
  116. ^ コナー・マクレガー対ニンジャ・タートルズ!?現役最高ボクサーの一人、ロマチェンコが対戦要求
  117. ^ VIDEO MIKEY GARCIA INFORMS CONOR MCGREGOR: "FLOYD DON'T FIGHT HERE IN CALI...LET'S DO IT"
  118. ^ Amir Khan hypes up shock Conor McGregor clash as he begins UFC training
  119. ^ アミール・カーン UFC王者との対戦に意欲「ビッグファイトになる」
  120. ^ Chris Eubank taunts Conor McGregor and proposes a fight....with his son!
  121. ^ バロテッリ、総合格闘家王者を挑発「俺の友を倒さなければ真のチャンピオンではない」
  122. ^ デラホーヤ氏 マクレガー相手に現役復帰?ブックメーカーがオッズ発表
  123. ^ Manny Pacquiao, Evander Holyfield latest boxers willing to fight Conor McGregor
  124. ^ THE MAC STRIFE Conor McGregor appears to admit giving MMA official a ‘clatter’ during ring invasion as new footage from outside Dublin’s 3Arena surfacesIrish Sun 2017年11月11日
  125. ^ Conor McGregor enters Bellator ring, confronts refereeESPN 2017年11月12日
  126. ^ Conor McGregor storms cage to celebrate with teammate, confronts referee Marc Goddard at Bellator 187MMA Fighting 2017年11月10日
  127. ^ ABC president Mike Mazzulli says UFC pulled Conor McGregor from UFC 219; McGregor’s agent denies itMMA Fighting 2017年11月14日
  128. ^ Conor McGregor apologizes for Bellator 187 fiasco, blasts ref's 'horrendous decision'MMAJunkie 2017年11月14日
  129. ^ Ref Marc Goddard responds to Conor McGregor, clarifies Bellator 187 melee facts in Facebook postMMAJunkie 2017年11月14日
  130. ^ John Redmond says Conor McGregor ‘overshadowed’ his Bellator bout, influenced stoppage vs. Charlie WardMMA Fighting 2017年11月12日
  131. ^ Video: Khabib Nurmagomedov and Artem Lobov in altercation in Brooklyn hotel 2018年4月4日
  132. ^ Watch Conor McGregor throw a dolly through UFC 223 fighter bus windowMMA Fighting 2018年4月5日
  133. ^ Michael Chiesa vs. Anthony Pettis scratched from UFC 223 after Conor McGregor incidentMMA Fighting 2018年4月5日
  134. ^ Conor McGregor appears in court charged in connection with bus incidentThe Journal.ie 2018年4月6日
  135. ^ Conor McGregor avoids jail time with plea deal for Brooklyn meleeThe Guardian 2018年7月26日
  136. ^ Conor McGregor sentenced for UFC 223 bus attackMMA Fighting 2018年7月26日
  137. ^ Source: Case closed on McGregor's bus incidentESPN 2019年3月9日
  138. ^ Conor McGregor: UFC fighter Michael Chiesa to sue Irishman over bus attackBBC 2018年9月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
UFC世界フェザー級暫定王者

2015年7月11日 - 2015年12月12日

次王者
王座廃止
前王者
ジョゼ・アルド
第2代UFC世界フェザー級王者

2015年12月12日 - 2016年11月26日

空位
次タイトル獲得者
ジョゼ・アルド
前王者
エディ・アルバレス
第9代UFC世界ライト級王者

2016年11月12日 - 現在

次王者
N/A
受賞
先代:
マイケル・コンラン
RTÉスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤー
2016
次代: