ロールス・ロイス・ファントム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファントムPhantom )は、ロールス・ロイス・ブランドの高級乗用車。歴史上、以下の二者に大別される。

  1. イギリスのロールス・ロイス(Rolls-Royce LtdRolls-Royce Motors )が、1929年から1991年までの間ファントムIファントムIIファントムIIIファントムIVファントムVファントムVIの6世代に渡り製造・販売していた高級サルーン。
  2. ドイツの自動車会社BMWが設立したロールス・ロイス・モーター・カーズが、2003年から製造・販売している乗用車。本項で解説される。
ファントムVI(1970年)

概要[編集]

1998年ヴィッカースが所有していたロールス・ロイス(Rolls-Royce Motors )を買収したBMWは、1998年新たな自動車会社ロールス・ロイス・モーター・カーズを設立、同社として初めての乗用車として開発され、2003年から発売されたモデルが「ファントム」である。

「ファントム」は、ロールス・ロイスの最上級サルーンに使われてきた名称であり、このロールス・ロイス・モーターカーズによる「ファントム」にも、パルテノン神殿をモチーフとしたともされる大型のラジエーターグリルを始めとする特徴的なデザインが引き継がれた。また、かつてのロールスロイス車にも見られたコーチドア(観音開き)が採用されている。車室内インテリアのメタル仕上げ部分には、従来の「サテン・クロム」と呼ばれるやや光沢の控えめなクロムに加えて、より透明感のある光沢に仕上げたブルー・クロムが用いられている。

市販車はV型12気筒エンジンが搭載されているが、試作段階では9リットルV型16気筒エンジンが搭載される計画であった。しかしながら、オーバースペックという理由で却下され、3基試作されたエンジンは、ロールス・ロイスによってしばらく保管されていた。その内の1基をMr.ビーンで有名なローワン・アトキンソンがロールス・ロイスに直接交渉し、快諾の上、所有するファントムに載せ換えた。

ホイールベースの短い「SWB」(Short Wheel Base )と、ホイールベース延長型の「EWB」(Extended Wheel Base )という2モデルが存在する。

2016年2月23日、メーカーにより、年内に生産を終えることが発表された[1]

車種[編集]

ロールス・ロイス ファントム 2003

SWB[編集]

仕様[編集]

  • 乗車定員:インディヴィデュアルシート4名/ラウンジシート5名
  • 全長/全幅/全高:5,835mm/1,990mm/1,655mm
  • ホイールベース:3,570mm
  • 車両重量:2,600kg
  • エンジン形式:60V型12気筒DOHC48バルブ
  • 総排気量:6,749cc
  • 最高出力:338kW(460PS)/5,350rpm
  • トランスミッション形式:電子制御6速AT
  • タイヤサイズ:前/後 265x790R540A (111V)
  • 価格:4,725万円から(税別、平成22年3月現在)

EWB[編集]

仕様[編集]

  • 乗車定員:4名
  • 全長/全幅/全高:6,085mm/1,990mm/1,655mm
  • ホイールベース:3,820mm
  • 車両重量:2,770kg
  • エンジン形式:60度V型12気筒DOHC48バルブ
  • 総排気量:6,749cc
  • 最高出力:338kW(460PS)/5,350rpm
  • トランスミッション形式:電子制御6速AT
  • タイヤサイズ:前/後 265x790R540A (111V)
  • 価格:5,480万円から(税別、平成22年3月現在)

ドロップヘッド・クーペ[編集]

ロールス・ロイス ファントム・ドロップヘッド・クーペ 2007

特徴的なコンバーチブルとなっている。リアフードカバーはチーク材のデッキを使用。ボンネットはスチール製で機械で均一に仕上げた上に手作業で磨き上げられている。

仕様[編集]

  • 乗車定員:4名
  • 全長/全幅/全高:5,605mm/1,985mm/1,580mm
  • ホイールベース:3,320mm
  • 車両重量:2,680kg
  • エンジン形式:60度V型12気筒DOHC48バルブ
  • 総排気量:6,749cc
  • 最高出力:338kW(460PS)/5,350rpm
  • トランスミッション形式:電子制御6速AT
  • タイヤサイズ:前/後 265x790R540A (111V)
  • 価格: 5,428.5万円から(税別、平成22年3月現在)

ホテルによる使用[編集]

香港の高級ホテルザ・ペニンシュラ香港」では、ロールス・ロイスを1970年代よりホテル専用の送迎車として所有しており、現在は14台の緑色のファントムEWBをホテル-香港国際空港間の送迎などに利用している。なおこれは単一の企業が所有するファントムとしては最大の台数であり、同ホテルは「世界最大のファントム・フリートである」と称している。2014年には同じ中華人民共和国マカオで「ルイ13世ホテル」(La Villa Du Comte)が過去最多となる30台の真紅のファントムEWBを注文し、記録を塗り替えた。

またロンドンを代表する高級ホテルの1つであるリッツ・ロンドンでも、自店とヒースロー空港ガトウィック空港との間の送迎などに「リッツ・ブルー」に塗られたファントムEWBを利用している。

正規ディーラー[編集]

出典[編集]

  1. ^ ロールスロイス ファントム 現行型、年内に生産終了へ…13年の歴史に幕”. Response.jp (2016年2月25日). 2015年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]