ジョージ・フォアマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョージ・フォアマン
George Foreman logo.png
George Foreman 071516.jpg
ラスベガスの講演にて(2016年)
基本情報
本名 ジョージ・エドワード・フォアマン
通称 ビッグ・ジョージ
階級 ヘビー級
身長 192cm[1]
リーチ 201cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1949-01-10) 1949年1月10日(74歳)
出身地 テキサス州マーシャル
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 81
勝ち 76
KO勝ち 68
敗け 5
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1968 メキシコシティ ヘビー級

ジョージ・エドワード・フォアマンGeorge Edward Foreman1949年1月10日 - )は、アメリカ合衆国牧師、実業家、元プロボクサーテキサス州マーシャル出身。1968年メキシコシティーオリンピックヘビー級金メダルを獲得。プロ転向後も統一世界ヘビー級王座を獲得し、1度は引退するも10年後に復帰すると45歳9カ月のときにヘビー級王座に返り咲いた。

来歴[編集]

生い立ちとアマチュア時代[編集]

貧しい黒人家庭で、7人兄弟の5番目の子供として生まれる。少年期は喧嘩・飲酒・窃盗に明け暮れる不良少年で、15歳で学校を中退している。16歳の頃、偶然テレビで目にした「君にもセカンドチャンスがある!」という広告にひかれ、リンドン・ジョンソン大統領が貧民救済策として創設した職業部隊 (Job Corpsに加入、General Educational Developmentを習得し、大工とレンガ職人の職業訓練を受けた。当初はジム・ブラウンに憧れアメリカンフットボールをやっていたが、アメリカンフットボールを諦めてボクシングを始めた[2]

アマチュアボクシングを始めてから2年足らずで国内選考会を勝ち抜き、メキシコ五輪ボクシングヘビー級米国代表選手に選ばれる。1968年10月、ソビエト連邦代表のイオナス・チェプリスをKOで破り金メダルを獲得する。

プロデビューからヘビー級チャンピオンへ[編集]

五輪後はトレーナーのディック・サドラーと契約し、元ヘビー級チャンピオンのソニー・リストンのスパーリングパートナーを務める。1969年6月23日、プロデビュー戦でドン・ウィルドヘイムを3RKOし初勝利。この年13連勝(11KO)、翌年12連勝(11KO)。ただし、対戦相手は無名選手が多く、作られた戦績という見方もされていた。

全盛期時代(1973年)

1973年1月22日にジャマイカキングストン、37戦全勝(34KO)という戦績を引っ提げ、WBAWBC統一ヘビー級タイトルマッチに初挑戦。29戦全勝(25KO)のチャンピオン、ジョー・フレージャーから1Rに3度、2Rにも3度のダウンを奪い、2RTKOで王座を獲得する。当時最強といわれたフレージャーを叩き潰す試合内容は「キングストンの惨劇」と呼ばれた。

1973年9月1日、東京日本武道館でホセ・ローマン (Jose "King" Romanを1RKOで下し初防衛。1974年3月26日、ベネズエラカラカスで「モハメド・アリの顎を砕いた男」ケン・ノートンを2RTKOで下し2度目の防衛。

アリ戦の敗戦と転身[編集]

フォアマン対アリ戦(1974年)

1974年10月30日、ザイールキンシャサで、元王者モハメド・アリと3度目の防衛戦を行う。序盤から圧倒的に攻め続けながら、ロープ際でロープに体を預けて防御するアリの戦法(ロープ・ア・ドープ)にはまり体力を消耗(フォアマンはアリ陣営によってロープが緩められていたと主張している)。8Rに逆転KOされ王座から陥落し、41戦目でのキャリア初黒星となった(キンシャサの奇跡)。

1975年4月26日、カナダメープルリーフ・ガーデンズで一晩に5人のプロボクサーとエキシビションで対戦した。モハメド・アリがテレビ解説を務めたが、フォアマンはリングサイドのアリに向かって再戦を要求した。

アリに敗北を喫してから1年以上休養した1976年1月24日、ロン・ライル (Ron LyleとNABFヘビー級決定戦を行い、ダウンの応酬の末5RKO勝利する。その後、フレージャーとの再戦(5RTKO)を含めて4連勝する。1977年3月17日、勝てばアリへの再挑戦権を得る試合にこぎつける。場所はプエルトリコサンファン、相手は格下のジミー・ヤング (Jimmy Youngだった。一方的にヤングを攻めたが、試合中盤に失速し、最終ラウンドにダウンを喫して判定負け。

ヤング戦の試合後ロッカールームで昏倒し、イエス・キリストの存在を感じる神秘的な体験をしたことを契機に、キリスト教に目覚める。28歳でボクサーを引退し、キリスト教の牧師に転身する。

リング復帰と王座返り咲き[編集]

引退後はヒューストンの自宅近くに教会と「ジョージ・フォアマン青少年センター」を開設。しかし、施設維持費のほか、4度の離婚の慰謝料・12人の子供の養育費、雇っていた会計士の横領事件などによって資金難となり、38歳のときに10年ぶりに現役復帰を決意する。1987年3月9日、スチーブ・ゾースキーを4RKOし復帰戦を飾る。

現役復帰を発表した時は、10年のブランクに加え、体型も明らかに肥満していたため、多くの人々は「正気か」と嘲笑したが[2]、復帰後24連勝してヘビー級タイトル戦線に再浮上する(マイク・タイソンとの対決も期待されたが実現せず)。1991年4月19日、'The Battle of Ages'(世代の対決)と題された一戦でイベンダー・ホリフィールドの持つWBA・WBC・IBF世界ヘビー級王座に挑戦。14歳年下の王者を相手に激しい打ち合いを展開し、判定負けするも多くの人々を驚かせた。

1993年6月7日、トミー・モリソンと空位だったWBO世界ヘビー級王座を争うが、大差の判定負け。その後1年以上ブランクが続き、引退も囁かれる。

世界ヘビー級王者返り咲きの頃(1994年)

1994年11月5日、WBA・IBF世界ヘビー級王者マイケル・モーラーに逆指名され、復帰後3度目のタイトルマッチに臨む。劣勢の中で10Rに逆転の右ストレートでモーラーをKOし、20年ぶりにヘビー級タイトルへの返り咲きを果たした。45歳9カ月での戴冠はボブ・フィッシモンズ(ライトヘビー級)の40歳3カ月を上回る最年長王座獲得記録となった(2011年にバーナード・ホプキンス(ライトヘビー級)が46歳4カ月で更新)。

1995年3月、WBAから指名されたトニー・タッカーとの対戦を拒否し、WBAタイトルを剥奪される。同年4月、アクセル・シュルツを物議を醸す疑惑の判定で破り、IBF王座防衛とともにWBU世界ヘビー級タイトルを獲得。同年7月、IBFから指令されたシュルツとの再戦を拒否し、IBFタイトルも剥奪される。

1996年11月3日、東京ベイNKホールでクロウフォード・グリムスリーと対戦し(JBC非公認試合・日本IBF協力)、WBU王座防衛とともにIBA世界ヘビー級タイトルを獲得。1997年4月26日、ルー・サバレーセを破りWBU王座を防衛するがこれも返上する。

1997年11月22日、WBC世界ヘビー級王者レノックス・ルイスへの挑戦権をかけてシャノン・ブリッグスと対戦し、12R判定負け。これが現役最後の試合となり、1999年にラリー・ホームズとの対戦が実現しかけるが交渉が決裂し実現しなかった。

2004年2月、55歳のとき現役復帰するためにトレーニングを始めたことを発表し、トレバー・バービックとの対戦が噂されるが、妻に反対され実現せず。

現在はテキサス州のヒューストンにあるキリスト教会、THE CHURCH OF THE LORD JESUS CHRISTで牧師をしている。また、バーベキューグリル「ジョージ・フォアマン・グリル (George Foreman Grill」に名前の使用権を許可すると共に製品の宣伝広報を務めヒットさせ、TVドラマやCMに出演するなど、成功を収めている。

エピソード[編集]

  • フォアマンは5度結婚しており、1971年から1974年まではエイドリアン・カルホーンと、1977年から1979年まではシンシア・ルイスと、1981年から1982年まではシャロン・グッドソンと、1982年から1985年まではアンドレア・スケイテと結婚し、1985年に現在の妻であるメアリー・ジョーン・マーテリーと結婚した。
  • フォアマンには5男7女の12人の子供がいる[3]。娘のフリーダ・フォアマンフィンランド語版と次男のジョージ・フォアマン3世英語版はプロボクサーだった。
  • ボクシングで稼いだ金を更生施設の設立につぎ込むなど、社会奉仕活動を積極的に行う人柄が人々から慕われ、体格と人間的な器の大きさを讃えて「ビッグ・ジョージ」という愛称を持つ[2]
  • 最初の王者だった頃は不愛想で、周囲に殺気を放つような人物だった。引退後、キリスト教牧師となり、その宣教を通して心の平穏を得ると、柔らかな表情とユーモアのあるコメントでファンに愛されるキャラクターとなった。また、100kg前後だった体型が復帰後は太り120kgまで増加し、頭髪もアフロヘアーからスキンヘッドとなったため、外見のイメージも一変した。
  • 1968年のメキシコ五輪で金メダルを獲得した時、フォアマンは星条旗の小旗を振って喜びを表した。しかし、当時のアメリカでは黒人差別への抗議活動がスポーツ分野にも及んでおり、男子200m走の表彰式では金・銅メダルのトミー・スミスと銅メダルのジョン・カーロスが黒い手袋をつけた拳を掲げるデモンストレーション(ブラックパワー・サリュート)を行い、大会から追放された。フォアマンの行為は偽善愛国者と誤解され、同胞の黒人から非難されてしまった[4]
  • 7人兄弟の次男(上から5番目)であるが、フォアマンのみ異父を持つ。本人はこの事実をアリ戦の敗戦後に知った。
  • フォアマンが現役復帰して成功した秘訣を健康的な食事によるものと語っていたことに目をつけた調理器具メーカーのサルトンから依頼され、宣伝広報に就任して発売したバーベキューグリル「ジョージ・フォアマン・グリル」が大ヒットした。

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング: 26戦 22勝 4敗
  • プロボクシング: 81戦 76勝 68KO 5敗

獲得タイトル[編集]

  • 全米AAU・ボクシング競技ヘビー級優勝(1968年)
  • 第19回メキシコシティーオリンピック・ボクシング競技ヘビー級優勝(1968年)
  • NABF北米ヘビー級王座
  • パンアメリカンヘビー級王座
  • IBA世界ヘビー級王座
  • WBU世界ヘビー級王座
  • WBA世界ヘビー級王座(1度目は防衛2度、2度目は防衛0度)
  • WBC世界ヘビー級王座(防衛2度)
  • IBF世界ヘビー級王座(防衛1度)

著書[編集]

  • ジョージ・フォアマン著/ジョエル・エンジェル協力 安部譲二訳『敗れざる者 - ジョージ・フォアマン自伝』、原題:"The Autobiography of George Foreman"、角川春樹事務所、1996年、ISBN 978-4894560062

脚注[編集]

  1. ^ 『ボクシングヘビー級最強伝説』 ベースボール・マガジン社、2009年5月29日、105、109頁
  2. ^ a b c “チャンピオンは諦めない。フォアマンが挑む子どもたちの心”. 日経ビジネス. (2009年9月10日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090903/204002/ 2014年1月25日閲覧。 
  3. ^ “「『やればできる』と急かすのは、僕は嫌いです」 ~ジョージ・フォアマンの息子、再生教育を語る”. 日経ビジネス. (2009年5月26日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090915/204779/ 2014年1月25日閲覧。 
  4. ^ 原功 『ボクシング名勝負の真実 世界編』、ネコ・パブリッシング、2006年、194-195頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ジョー・フレージャー
WBA世界ヘビー級王者

1973年1月22日 - 1974年10月30日

次王者
モハメド・アリ
前王者
ジョー・フレージャー
WBC世界ヘビー級王者

1973年1月22日 - 1974年10月30日

次王者
モハメド・アリ
前王者
マイケル・モーラー
WBA世界ヘビー級王者

1994年11月5日 - 1995年3月4日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ブルース・セルドン
前王者
マイケル・モーラー
IBF世界ヘビー級王者

1994年11月5日 - 1995年12月9日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
マイケル・モーラー