国際ボクシング名誉の殿堂博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国際ボクシング名誉の殿堂博物館内部の展示の一部

国際ボクシング名誉の殿堂博物館(こくさいぼくしんぐめいよのでんどうはくぶつかん International Boxing Hall of Fame)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州カナストータに所在する、ボクシングに多大な功績を残した人物を称える博物館である。

概要[編集]

カーメン・バシリオビリー・バッカスという2人の世界王者を生み出した田舎町カナストータで、二人を顕彰する記念イベントが開催された。

住民の1人であるボクシングファンの青年エド・ブロフィー(現・同博物館館長)が大成功を収めたこのイベントにヒントを得て殿堂博物館設立を提案。カナストータの住民達の賛同・協力を得て1990年に創設された。類似した施設にカリフォルニア州ロサンゼルスにある世界ボクシング殿堂があるが、規模の大きさではIBHOFが勝っている。

ボクサーは引退後5年で殿堂入りの資格を得て、殿堂入りメンバーは前年に発表される。例年6月の第2週に新たに殿堂入りした人々を迎えるセレモニーが盛大に行われ、多くの現役、元世界王者、関係者が現地を訪れ、ボクシングファンとの交流を行っている。セレモニーの他は、受賞者によるスピーチパレードゴルフ大会、レセプションなど20以上のイベントが催される。

日本人では1995年にファイティング原田、2008年にジョー小泉、2009年に本田明彦、2015年に大場政夫具志堅用高[1]が殿堂入りを果たしている(原田、小泉、本田の三者は世界ボクシング殿堂入りも果たしている)。

殿堂入り人物[編集]

モダーン部門[編集]

オールド・タイマー部門[編集]

パイオニア部門[編集]

非ボクサー部門[編集]

オブザーバー部門[編集]

故人部門[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]