ボブ・フォスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボブ・フォスター
Bob Foster 1972.jpg
基本情報
階級 ヘビー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1938-04-27) 1938年4月27日
出身地 ニューメキシコ州アルバカーキ
死没日 (2015-11-21) 2015年11月21日(77歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 65
勝ち 56
KO勝ち 46
敗け 8
引き分け 1
テンプレートを表示

ボブ・フォスターBob Foster1938年4月27日 - 2015年11月21日)は、アメリカ合衆国男性プロボクサー。元WBAWBC世界ライトヘビー級王者。ライトヘビー級の世界王座を14度も防衛している(在位中WBAの王座は一度は剥奪されたが、統一戦に勝って再統一している)。

来歴[編集]

プロデビュー[編集]

1961年3月27日、プロデビュー。

ライトヘビー級最強時代[編集]

1968年5月24日、ナイジェリアの英雄ディック・タイガーの持つWBAWBC世界ライトヘビー級王座に挑戦したボブ・フォスターは、4Rカウンターのフック一撃でKO勝ち。王座奪取に成功すると、ここから快進撃が始まる。1970年6月27日、マーク・テスマンを相手に4度目の防衛を達成するまでに11戦をこなすが、その全てをKO勝利で飾るなど向かうところ敵無しだった。

ヘビー級の高き壁[編集]

ライトヘビー級で無敵を誇ったボブ・フォスターは、今度はヘビー級王座に的を絞った。当時はクルーザー級が無く、ライトヘビー級の一階級上の階級がヘビー級である。元々長身でヘビー級の選手だったボブ・フォスターにとっては当然の選択と言える。しかし、当時のヘビー級は、ビリー・コンアーチー・ムーアといったライトヘビー級の名王者達がヘビー級に挑み跳ね返されており、「ライトヘビー級の選手はヘビー級の王者にはなれない」というジンクスがあった。

1970年11月18日、ヘビー級王者ジョー・フレージャーに挑むも2回KO負けを喫した。

1972年11月21日、NABF北米ヘビー級王者モハメド・アリに挑むも8回KO負けを喫し、ついにヘビー級のタイトルには届かなかった。

1974年6月17日、15回引き分けでライトヘビー級王座の14度目の防衛に成功すると王座を返上。ノンタイトル戦を何度かこなした後引退した。

最終戦績は65戦56勝(46KO)8敗1分。世界戦戦績は16戦14勝(11KO)1敗1分。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ディック・タイガー
WBA世界ライトヘビー級王者

1968年5月24日 - 1970年9月9日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ビセンテ・ポール・ロンドン
前王者
ビセンテ・ポール・ロンドン
WBA世界ライトヘビー級王者

1972年4月7日 - 1974年9月(返上)

空位
次タイトル獲得者
ビクトル・ガリンデス
前王者
ディック・タイガー
WBC世界ライトヘビー級王者

1968年5月24日 - 1974年8月9日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ジョン・コンテ