ラズロ・パップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いパップ・ラースローと表記することもあります。
獲得メダル

ラズロ・パップ、1955年
 ハンガリー
ボクシング
オリンピック
1948 ロンドン ミドル級
1952 ヘルシンキ ライトミドル級
1956 メルボルン ライトミドル級

ラズロ・パップLászló Papp1926年3月25日 - 2003年10月16日)は、ハンガリーの元アマチュア男子ボクサー、元男子プロボクサーである。ブダペスト出身。サウスポー

1957年以前のアマチュア時代、1948年のロンドンオリンピック、1952年のヘルシンキオリンピック、1956年のメルボルンオリンピックで優勝し、ボクシング競技において3大会連続で金メダルを獲得した初めての選手となった。

戦績[編集]

アマチュア時代[編集]

パップは、ロンドンオリンピックのミドル級、ヘルシンキオリンピックとメルボルンオリンピックのライトミドル級に出場して、いずれも金メダルを獲得した。1949年にオスロで行われたミドル級、1951年にミラノで行われたライトミドル級のヨーロッパ大会のチャンピオンでもあった。アマチュア時代に55度の1ラウンドKOを記録した。

プロ時代[編集]

パップは1957年にプロに転向し、手の負傷はあったものの、すぐにミドル級のランクを上げた。しかし、ハンガリーは当時は社会主義国家であり、プロボクシングの興業は認められていなかった。パップはウィーンでトレーニングを行い、試合を行った。このような不利にもかかわらず、彼はタイガー・ジョーンズクリス・クリステンセンらヨーロッパのミドル級のトップ選手を次々に破った。クリステンセンとの試合後、アメリカ合衆国のランディ・サンディにも勝利した。1964年、パップは既に世界戦への挑戦に調印していたが、ハンガリー政府は彼にビザを発行せず、試合を行わせなかった。

結局、パップは無敗のまま引退を余儀なくされた。成績は29戦27勝(15KO)2引分無敗だった。

死去[編集]

2003年にブダペストで死去した。

名誉[編集]

パップは2001年に国際ボクシング名誉の殿堂博物館に選ばれた。1989年、世界ボクシング評議会ホセ・スライマン会長はパップを"Best amateur and professional boxer of all time"として表彰し、WBCの名誉チャンピオンを授けた。

ブダペストにあるコンサートやアイスホッケーハンガリー代表のホームリンクとして知られる多目的ビルは、彼の名前を取ってパップ・ラズロ・ブダペスト・スポーツアリーナと呼ばれている。

外部リンク[編集]