マイケル・スピンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・スピンクス
Michael Spinks 1987.JPG
基本情報
通称 Jinx
階級 ライトヘビー級
身長 190cm
リーチ 193cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1956-07-13) 1956年7月13日(60歳)
出身地 ミズーリ州セントルイス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 31
KO勝ち 21
敗け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1976 モントリオール ミドル級

マイケル・スピンクスMichael Spinks、男性、1956年7月13日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーミズーリ州セントルイス出身。ゲットー、プルーイット・アイゴー育ち。

モントリオールオリンピックミドル級金メダリスト。元WBAWBCIBF統一世界ライトヘビー級王者。元IBF世界ヘビー級王者。

ライトヘビー級時代は「スピンクス・ジンクス」と称した右ストレートの強打で無敵を誇る。後にヘビー級に転じてラリー・ホームズを攻略。世界ライトヘビー級チャンピオンを経て世界ヘビー級チャンピオンとなった史上初のボクサーであり、「ヒストリー・メイカー」と呼ばれた。

兄は、元WBA・WBC統一世界ヘビー級王者のレオン・スピンクス。甥のコーリー・スピンクスは元WBA・WBC・IBF統一世界ウェルター級、及び元IBF世界スーパーウェルター級王者。

来歴[編集]

1977年、プロデビュー。

1981年7月18日、WBA世界ライトヘビー級王者エディ・ムスタファ・ムハマドに判定勝ちを収め、王座獲得に成功した。

1983年3月18日、WBCリングマガジン認定世界ライトヘビー級王者ドワイト・ブラックストンに15回(3-0)判定勝ちを収め、WBC王座とリングマガジン王座を吸収した。   1983年6月1日、USBA国際部(後のIBF)の初代世界ライトヘビー級王者に認定され[1]、3団体の統一王者となった。WBA王者時代から数えて、連続10度防衛に成功。 1985年、タイトルを返上した。

1985年9月21日、IBF・リングマガジン認定世界ヘビー級王者ラリー・ホームズと対戦。15回(3-0)判定勝ちで獲得し2階級制覇を達成した。ボクシング史上初めて、世界ヘビー級王座を獲得した元世界ライトヘビー級王者となり、ジョルジュ・カルパンチェビリー・コンアーチー・ムーアボブ・フォスターら、歴代の名王者が阻まれたヘビー級の壁を打ち破った。IBF王座は2度防衛後に返上した。

1987年6月15日、元世界ヘビー級1位ゲリー・クーニーと、リングマガジン王座とマイナー団体ユニバーサル・ボクシング協会(UBA)王座を掛けて、15回戦で戦い、5回TKO勝ちした。

1988年6月27日、WBA・WBC・IBF統一世界ヘビー級王者マイク・タイソンと対戦。当時、無敗対決となったが、初回KO負けを喫し、リングマガジン王座を奪われた。この試合がラストファイトとなり、引退した。

その他[編集]

兄のレオンが日本のプロレス団体FMWに登場した際、マイケルにも声が掛かったが、断っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

前王者
エディ・ムスタファ・ムハマド
第8代WBA世界ライトヘビー級王者

1981年7月18日 - 1985年(返上)

空位
次タイトル獲得者
マービン・ジョンソン
前王者
ドワイト・ブラックストン
第8代WBC世界ライトヘビー級王者

1983年3月18日 - 1985年(返上)

空位
次タイトル獲得者
J・B・ウィリアムソン
前王者
認定
初代IBF世界ライトヘビー級王者

1983年6月1日 - 1985年(返上)

空位
次タイトル獲得者
スロボタン・カッチャー
前王者
ラリー・ホームズ
第2代IBF世界ヘビー級王者

1985年9月22日 - 1987年2月(返上)

空位
次タイトル獲得者
トニー・タッカー