アンドレ・ウォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレ・ウォード
Andre Ward.jpg
基本情報
通称 S.O.G. (Son of God、神の子)
階級 ライトヘビー級
身長 183cm
リーチ 180cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1984-02-23) 1984年2月23日(35歳)
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 32
KO勝ち 16
敗け 0
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
2004 アテネ ライトヘビー級

アンドレ・ウォードAndre Ward1984年2月23日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサーカリフォルニア州サンフランシスコ出身。アテネオリンピックライトヘビー級金メダリスト。元WBAWBC世界スーパーミドル級スーパー王者[要出典]。元WBA・IBFWBO世界ライトヘビー級スーパー王者[要出典]ESPNの解説を担当している。自身でアンドレ・ウォード・プロモーションズを主宰している。

人物[編集]

S.O.G(神の子)の異名を持つ、抜群のスピードとテクニックと試合の流れを的確に読む洞察力を兼ね備えた万能型のボクサー。早いジャブと巧みなクリンチとフットワークで対戦相手をかく乱して無敗のまま世界王者となり、Super Six World Boxing Classicでも優勝を果たした[1]

9歳のとき、アマチュアのヘビー級選手だった父に連れられてジムに行き、トレーナーのバージル・ハンターと出会ってボクシングを始めた。ハンターとは現役引退までコンビを組み、2002年に父が死去してからは父に代わるような存在となっている。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2001年、全米選手権にミドル級(75kg)で出場し優勝した[2]

2003年、全米選手権ライトヘビー級(81kg)に出場、準決勝でカーティス・スティーブンスを破り優勝した[3]

2004年、アテネオリンピック国内代表選考会に出場し優勝した[4]アメリカ合衆国代表としてアテネオリンピックボクシングライトヘビー級に出場し、金メダルを獲得した。アメリカボクシング界にとって1996年のアトランタオリンピック以来8年ぶりの金メダルとなった。

プロ時代[編集]

2004年12月18日、カリフォルニア州ロサンゼルスステイプルズ・センターでクリス・モリーナと対戦し、2回40秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[5]

2008年6月20日、ケイマン諸島ジョージタウン でジャーソン・ラベロとNABO北米スーパーミドル級王座決定戦を行い、8回2分37秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[6]

2009年2月6日、カリフォルニア州キングス郡リムーアタチパレス・ホテル・アンド・カジノでNABO王座の防衛戦とNABF北米スーパーミドル級王座決定戦をヘンリー・ブキャナンと行い、12回3-0(3者共120-108)の判定勝ちを収めNABO王座の初防衛に成功、NABF王座の獲得にも成功した[7]

2009年5月16日、カリフォルニア州オークランドオラクル・アリーナエディソン・ミランダコロンビア)と対戦し、12回3-0(119-109×2、116-112)の判定勝ちを収めNABO王座の2度目、NABF王座の初防衛に成功した[8]

2009年10月に開始された「Super Six World Boxing Classic」に20戦20勝で参加。

2009年11月21日、カリフォルニア州オークランドのオラクル・アリーナにてSuper Sixグループステージ1でWBA世界スーパーミドル級スーパー王者ミッケル・ケスラーデンマーク)と対戦し、10回にウォードのバッティングでケスラーが右目上をカットし、11回1分42秒3-0(97-93、98-92×2)の負傷判定勝ちを収め王座獲得に成功した[9][10]

2010年6月19日、カリフォルニア州オークランドのオラクル・アリーナにてSuper Sixグループステージ2でWBA世界スーパーミドル級4位のアラン・グリーン(アメリカ合衆国)と対戦し、3-0(3者共120-108)の判定勝ちを収め初防衛に成功した[11]

2010年11月27日、カリフォルニア州オークランドのオラクル・アリーナでWBA世界スーパーミドル級13位のサキオ・ビカオーストラリア)と対戦し、12回3-0(120-108、2者が118-110)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した[12][13]

2011年5月14日、カリフォルニア州カーソンホーム・デポ・センター・テニスコートにてSuper Six準決勝が行われ、元IBF世界ミドル級王者でWBA世界スーパーミドル級3位のアルツール・アブラハムドイツ)と対戦し、12回3-0(120-108、118-110、118-111)の判定勝ちを収めWBA世界スーパーミドル級スーパー王座の3度目の防衛に成功し、Super Sixの決勝進出を果たした[14]

2011年12月17日、ニュージャージー州アトランティックシティボードウォーク・ホールカール・フローチイギリス)とのWBA・WBC世界スーパーミドル級王座統一戦がSuper Six決勝のカードとして行われ、12回3-0(2者が115-113、118-110)の判定勝ちを収めSuper Six優勝を果たし、WBAスーパー王座の4度目の防衛に成功、WBC王座の獲得にも成功、リングマガジン世界スーパーミドル級王者にも認定された[15]。試合後に試合1週間前のスパーリング中に左手を痛めていたことを明かし、その後レントゲン撮影により左手の指を2箇所骨折していたことが判明した[16]

2012年1月30日、BWAA(アメリカ・ボクシング記者協会)の最優秀ボクサー・通称「シュガー・レイ・ロビンソン・トロフィー」に選ばれた[17]

2012年4月26日、左手の骨折により防衛戦を行えないため休養王座に認定された[18]

2012年9月8日、ニュージャージー州アトランティックシティのボードウォーク・ホールでWBC世界ライトヘビー級王者チャド・ドーソン(アメリカ合衆国)と対戦し、3回と4回にダウンを奪って試合の主導権を握り、最後はドーソンが試合をやめたいとレフェリーに告げ、10回2分45秒TKO勝ちを収めWBAスーパー王座の5度目の防衛、WBC王座の初防衛に成功した[19]

2013年2月23日、カリフォルニア州ロサンゼルスのギャレン・センターで元WBC・WBO世界ミドル級統一王者ケリー・パブリク(アメリカ合衆国)と対戦する予定だったが、ウォードが2012年11月のスパーリング中に右肩を負傷したために試合が中止となり手術を受けることになった[20][21]。この試合が中止となり「ウォードへの挑戦が、ウォードの右肩の負傷、手術でキャンセルされたことでリングへの情熱を失った。」としてパブリクは現役引退を表明した[22]

2013年4月16日、WBCがウォードは長期療養中のため指名戦を行えないとして名誉王座に認定した[23]

2013年5月20日、ウォードが指名試合をルール規定期間内に行うつもりでいたのにWBCにより王座を剥奪されたとして、WBCへの抗議の意思表示として名誉王座を返上した[24][25]

2013年6月、ウォードが契約の解消を求めて所属プロモーターのグーセン・チューター・プロモーションズを訴えていた問題で、カリフォルニア州アスレチックコミッションがプロモーター支持の判断を下した[26]

2013年11月16日、カリフォルニア州オンタリオシチズン・ビジネス・バンク ・アリーナにて、約1年2ヶ月ぶりの試合でWBA世界スーパーミドル級3位のエドウィン・ロドリゲス(ドミニカ共和国)と対戦予定だったが前日計量でロドリゲスに体重超過があったため、ウォードが勝てば王座防衛となるがロドリゲスが勝っても新王者になれないという条件で試合は行われ、12回3-0(118-106、117-107、116-108)の判定勝ちを収め、6度目の防衛に成功した[27]

2014年5月1日、ウォードが契約の解消を求めて所属プロモーターのグーセン・チューター・プロモーションズを訴えていた問題で、カリフォルニア州アスレチックコミッションは再びプロモーター支持の判断を下した[26]。同年8月14日、ウォードが今度はプロモーターに対して連邦裁判所で訴訟を起こすが、翌週にはプロモーターがウォードを名誉毀損で1000万ドルを請求して反訴し、両者ともに引かない泥沼化の様相を呈した[28]

2015年1月9日、契約問題で係争中だったプロモーターのグーセン・チューター・プロモーションズと和解して、ジェイ・Z率いる新興プロモーターのロック・ネイション・スポーツと契約した事を発表[29][30]

2015年2月20日、リング誌が最新ランキングを発表し、ウォードのリング誌認定王座を剥奪した[31]

2015年2月28日、WBAがWBA世界スーパーミドル級正規王者カール・フローチとの王座統一戦の交渉を30日以内に合意させ、120日以内に試合を行うよう指令を出した。対戦交渉が合意に至らない場合は入札になると明かした[32][33][34]

2015年5月8日、WBAがポウル・スミス戦をノンタイトル戦とする特別許可を与え、スミス戦後にカール・フローチがウォードの指名挑戦者となるが、ウォードがスミスに負けた場合はウォードの保持するWBA世界スーパー王座を剥奪することを発表した[35][36]

2015年6月20日、約1年7ヶ月ぶりの試合。オークランドのオラクル・アリーナでポウル・スミスとスーパーミドル級の規程体重である168ポンドを4ポンド上回る172ポンドのキャッチウェイトで試合を行う予定だったが、前日計量でスミスが176.4ポンド(80.01キロ)を計測し4.4ポンド(1.99キロ)の体重超過があった為、スミスはファイトマネーから45,000ドルの罰金を支払い、さらに試合当日の朝にも再度計量を行って増量を181ポンドまでに抑えることに同意したが試合当日の朝に行った計量でもスミスは184.4ポンドを計測してまたしても体重を超過し、さらに罰金を15,000ドル支払って試合が行われ、9回にスミス陣営からタオルが投入され、9回1分46秒TKO勝ちを収めWBAスーパー王座の剥奪を免れると共にWBA世界スーパーミドル級2位のカール・フローチがウォードの指名挑戦者となった[37][38][39]

2015年11月12日、ライトヘビー級に転向する為にWBA世界スーパーミドル級スーパー王座を返上した[40][41]

2015年11月5日、同月21日にマンダレイ・ベイ・イベント・センターにてミゲール・コットvsサウル・アルバレスの前座でライトヘビー級転向戦としてアレクサンデル・ブランドと対戦予定だったが、ウォードが右ひざを痛め中止になった[42]

2016年3月26日、オラクル・アリーナでIBF世界ライトヘビー級1位のスリバン・バレラとライトヘビー級進出戦並びにセルゲイ・コバレフへの挑戦権をかけて対戦。3回にテンプルに左フックを当ててダウンを奪い8回にローブロで減点されたものの、12回3-0(117-109、119-109、117-108)の判定勝ちを収めライトヘビー級進出を白星で飾るのと同時にコバレフへの挑戦権獲得に成功した[43][44][45]

2016年8月6日、オラクル・アリーナでWBA世界ライトヘビー級10位でWBO世界ライトヘビー級13位のアレクサンデル・ブランドとWBOインターコンチネンタルライトヘビー級王座決定戦を行い、12回3-0(3者共120-108)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[46][47][48]

2016年11月19日、T-モバイル・アリーナWBA・IBF・WBO世界ライトヘビー級スーパー王者[要出典]のセルゲイ・コバレフと対戦し、12回3-0(3者共114-113)の判定勝ちを収め2階級制覇を達成した[49][50][51]。2回にダウンを奪われその後も押されていたウォードが僅差で判定勝ちした事に関し、Boxing Scene.com(ボクシング・シーン・ドットコム)はHBOのコメンテイターとして長年活躍したラリー・マーチャントのコメントを掲載、クリンチばかりで有効打のなかったウォードは終盤相当巻き返さなければ勝ちは無いと思ったがそれが出来なかった、地元判定でなければコバレフが大差で勝利していただろうと評価、再戦条項が設けられていた試合だが再戦の価値無しと切って捨てた[52][53]

2016年12月8日、WBAはウォードを2016年11月度の月間MVPに選出した[54][55]

2017年1月17日、リングマガジンはアンドレ・ウォードを2016年度のリングマガジン カムバック・オブ・ザ・イヤーに選出した[56][57]

2017年6月17日、マンダレイ・ベイ・イベント・センターで元WBA・IBF・WBO世界ライトヘビー級スーパー王者[要出典]のセルゲイ・コバレフとダイレクトリマッチで再戦し、8回2分29秒TKO勝ちを収めWBAスーパー王座、IBF王座並びにWBO王座の初防衛に成功した[58][59][60][61]。同日、WBOはウォードをWBOの2017年6月度の月間MVPに選出した[62][63]。7月19日、WBAはウォードをWBAの2017年6月度の月間MVPに選出した[64][65][66]

2017年9月21日、自身のウェブサイト上で現役引退を表明した[67][68][69][70]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング: 120戦 115勝 5敗
  • プロボクシング: 32戦 32勝 (16KO) 無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2004年12月18日 勝利 2R 0:40 TKO クリス・モリーナ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 2005年2月10日 勝利 6R 判定3-0 ケニー・コスト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3 2005年4月7日 勝利 3R 2:56 反則 ロイ・アシュワース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4 2005年6月18日 勝利 3R 0:59 TKO ベン・アラゴン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
5 2005年8月18日 勝利 3R 3:00 TKO クリストファー・ホルト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6 2005年10月1日 勝利 1R 2:59 KO グレン・ラプランテ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7 2005年11月19日 勝利 6R 判定3-0 ダーネル・ブーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8 2006年2月23日 勝利 6R 判定3-0 ケンドール・グールド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9 2006年4月29日 勝利 6R 3:00 TKO アンディ・コール アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
10 2006年11月16日 勝利 6R 判定3-0 デリック・ファインドリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
11 2007年3月29日 勝利 3R 2:04 TKO フリオ・ジャン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
12 2007年5月17日 勝利 6R 2:47 TKO ダファイア・スミス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
13 2007年7月14日 勝利 3R 2:59 TKO フランシスコ・ディアス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
14 2007年11月16日 勝利 5R 1:56 TKO ロジャー・カントレル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
15 2008年3月20日 勝利 7R 2:51 TKO ルービン・ウィリアムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
16 2008年6月20日 勝利 8R 2:37 TKO ジャーソン・ラベロ ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 NABO北米スーパーミドル級王座決定戦
17 2008年12月13日 勝利 3R 2:46 TKO エステバン・カマウ メキシコの旗 メキシコ
18 2009年2月6日 勝利 12R 判定3-0 ヘンリー・ブキャナン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 NABO防衛1
NABF北米スーパーミドル級王座決定戦
19 2009年5月16日 勝利 12R 判定3-0 エディソン・ミランダ  コロンビア NABO防衛2・NABF防衛1
20 2009年9月12日 勝利 3R 2:16 KO シェルビー・パドウィル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
21 2009年11月21日 勝利 11R 1:42 負傷判定
3-0
ミッケル・ケスラー  デンマーク Super Six World Boxing Classicグループステージ1
WBAスーパー・世界スーパーミドル級タイトルマッチ
22 2010年6月19日 勝利 12R 判定3-0 アラン・グリーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Super Sixグループステージ2
WBA防衛1
23 2010年11月27日 勝利 12R 判定3-0 サキオ・ビカ オーストラリアの旗 オーストラリア WBA防衛2
24 2011年5月14日 勝利 12R 判定3-0 アルツール・アブラハム ドイツの旗 ドイツ Super Six準決勝
WBA防衛3
25 2011年12月17日 勝利 12R 判定3-0 カール・フローチ イギリスの旗 イギリス Super Six決勝
WBA・WBC世界スーパーミドル級王座統一戦
WBA防衛4
WBC・リングマガジン王座獲得
26 2012年9月8日 勝利 10R 2:45 TKO チャド・ドーソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛5・WBC防衛1
27 2013年11月16日 勝利 12R 判定3-0 エドウィン・ロドリゲス ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 WBA防衛6
28 2015年6月20日 勝利 9R 1:46 TKO ポウル・スミス イギリスの旗 イギリス
29 2016年3月26日 勝利 12R 判定3-0 サリバン・バレラ  キューバ IBF世界ライトヘビー級挑戦者決定戦
30 2016年8月6日 勝利 12R 判定3-0 アレクサンデル・ブランド  コロンビア WBOインターコンチネンタルライトヘビー級王座決定戦
31 2016年11月19日 勝利 12R 判定3-0 セルゲイ・コバレフ ロシアの旗 ロシア WBA・IBF・WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ
32 2017年6月17日 勝利 8R 2:29 TKO セルゲイ・コバレフ ロシアの旗 ロシア WBA・IBF・WBO防衛1
テンプレート

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

ペイ・パー・ビュー売上げ[編集]

日付 イベント 売上げ テレビ局
2016年11月19日 アンドレ・ウォード vs. セルゲイ・コバレフ 1 016_16万件[71] HBO
2017年6月17日 アンドレ・ウォード vs. セルゲイ・コバレフ 2 013_13万件[72] HBO

脚注[編集]

  1. ^ 「現代スーパーボクサー」【14】アンドレ・ウォード(米国) 時事ドットコム 2012年9月10日
  2. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 13-17 2001”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ 113.Unites States National Championships - Colorado Springs - March 24-28 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ US Olympic Trials Tunica February 17-21, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ WARD DEBUT GOLDEN OLYMPIC CHAMP KOS MOLINA IN 2ND NY Daily News 2004年12月19日
  6. ^ Ward wallops Ravelo to move one step closer to title shot ESPN.com 2008年6月21日
  7. ^ Ward dominates Buchanan! Fightnews.com 2009年2月6日
  8. ^ Ward schools Miranda! Fightnews.com 2009年5月16日
  9. ^ Andre Ward Shocks Kessler, for WBA 168 Title! WBA公式サイト 2009年11月23日
  10. ^ スーパー6に異変 ワードがケスレル攻略 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年11月23日
  11. ^ ウォード強し グリーンを完封 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年6月21日
  12. ^ Ward retains WBA title Fightnews.com 2010年11月27日
  13. ^ Ward retains WBA title WBA公式サイト 2010年11月29日
  14. ^ ウォード王座防衛 スーパー6ファイナルへ ボクシングニュース「Box-on!」 2011年5月17日
  15. ^ ウォード、スーパー6制す フロッチに3-0判定 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年12月19日
  16. ^ Andre Ward fought with broken hand”. ESPN.com (2011年12月23日). 2013年11月27日閲覧。
  17. ^ 米国記者協会MVPにウォード ボクシングニュース「Box-on!」 2012年2月1日
  18. ^ Dirrell-Sjekloca For WBC Title, Ward is Champion in Recess”. Boxing Scene.com (2012年4月26日). 2014年1月28日閲覧。
  19. ^ ワードが防衛!10回TKO/ボクシング 日刊スポーツ 2012年9月10日
  20. ^ Andre Ward-Kelly Pavlik fight to be canceled, Ward to have shoulder surgery - ESPN”. Espn.go.com (2012年12月27日). 2014年7月4日閲覧。
  21. ^ Andre Ward starts rehab after surgery”. ESPN.com (2013年1月15日). 2013年11月27日閲覧。
  22. ^ 元ミドル級王者パブリックが引退表明 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月20日
  23. ^ WBC Statement on Andre Ward”. Fightnews.com (2013年5月22日). 2014年1月28日閲覧。
  24. ^ ウォードがWBCへ抗議 名誉王座を返上 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年5月21日
  25. ^ Andre Ward tells the WBC to get lost, and hopefully he is the first of many”. Yahoo.Sports (2013年5月21日). 2014年1月28日閲覧。
  26. ^ a b Andre Ward contract declared valid”. ESPN.com (2014年5月1日). 2014年7月10日閲覧。
  27. ^ ウォードが14ヶ月ぶりに復活、ロドリゲスに完勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月17日
  28. ^ Goossen Files $10 Million Defamation Suit at Andre Ward”. Boxing Scene.com (2014年8月14日). 2014年8月15日閲覧。
  29. ^ Andre Ward joins Roc Nation Sports”. ESPN.com (2015年1月9日). 2015年1月10日閲覧。
  30. ^ ウォードがジェイZのプロモーションと契約 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月10日
  31. ^ リング誌がウォードの“王座”剥奪、PFPランクも除外 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月21日
  32. ^ WBA orders Ward vs Froch mandatory fight negotiations WBA公式サイト 2015年2月28日
  33. ^ Ward-Froch Rematch Ordered By WBA”. Boxing Scene.com (2015年2月28日). 2015年3月2日閲覧。
  34. ^ WBAがウォードvsフロッチをオーダー Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月2日
  35. ^ Froch stripped of WBA 168lb title”. Fightnews.com (2015年5月8日). 2015年5月8日閲覧。
  36. ^ Andre Ward granted a Special Permit to fight con Smith WBA公式サイト 2015年5月8日
  37. ^ Paul Smith blows weight for second time for Ward fight”. ESPN.com (2015年6月20日). 2015年6月21日閲覧。
  38. ^ Mega Gallery: Ward dominates and stops Smith WBA公式サイト 2015年6月21日
  39. ^ IBFミドル級はルミューが新王者、海外試合結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月21日
  40. ^ Andre Ward Vacates WBA Super Middleweight Title WBA公式サイト 2015年11月12日
  41. ^ ウォードがS・ミドル級王座返上、コバレフ挑戦を視野 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月13日
  42. ^ Swelling in knee forces Andre Ward out of Nov. 21 bout”. ESPN.com (2015年11月5日). 2015年11月19日閲覧。
  43. ^ コバレフ戦に前進、ウォードがバレラに快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月27日
  44. ^ Andre Ward Debuts at Light Heavyweight WBA公式サイト 2016年3月28日
  45. ^ ウォードvsバレラ104万件、IBFでH級挑戦者決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月30日
  46. ^ Ward dominates Brand in dull fight Fightnews.com 2016年8月6日
  47. ^ Ward Beats Brand, Ready for Kovalev WBA公式サイト 2016年8月7日
  48. ^ ウォードがブランドに判定勝ち、11月コバレフ戦へ Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月7日
  49. ^ Ward dropped, wins 114-113 decision on all cards Fightnews.com 2016年11月20日
  50. ^ Ward Ekes Out Decision over Kovalev WBA公式サイト 2016年11月20日
  51. ^ ウォードが戴冠、コバレフに僅差 L・ヘビー級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月20日
  52. ^ Larry Merchant Felt Andre Ward Got Gift Decision - Explains Why Boxing Scene.com 2016年11月20日
  53. ^ 名物コメンテーター「コバレフは地元判定に泣いた」「再戦の価値なし」 スポニチアネックス 2016年11月21日
  54. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年12月8日
  55. ^ 世界4団体最新ランキング、大石豊ら初ランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月21日
  56. ^ CARL FRAMPTON NAMED 2016 RING MAGAZINE FIGHTER OF THE YEAR The Ring 2017年1月17日
  57. ^ リング誌が年間表彰発表、MVPはフランプトン Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月18日
  58. ^ Andre Ward finishes Sergey Kovalev in eighth round, retains titles ESPN.com 2017年6月17日
  59. ^ Ward retains WBA Super Championship WBA公式サイト 2017年6月18日
  60. ^ ウォードがコバレフを8回TKO 因縁対決に決着 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月18日
  61. ^ Ward Kovalev II - Recap IBF公式サイト 2017年6月19日
  62. ^ WBO RANKING JUNE 2017 WBO公式サイト 2017年6月17日
  63. ^ 黒田雅之、赤穂亮、末吉大がWBOランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月24日
  64. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年7月19日
  65. ^ ダブル世界戦前座ネット無料配信、WBAランキング Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月20日
  66. ^ The WBA has published June ranking WBA公式サイト 2017年7月21日
  67. ^ MISSION ACCOMPLISHED Andre "S.O.G." Ward 2017年9月21日
  68. ^ Andre Ward Suddenly Retires Fightnews.com 2017年9月21日
  69. ^ Andre Ward announces his retirement from Boxing WBA公式サイト 2017年9月21日
  70. ^ 2階級で統一王者 アンドレ・ウォードが引退表明 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月22日
  71. ^ Andre Ward-Sergey Kovalev PPV Show Barely Cracked 160K Buys”. Boxing Scene.com (2016年11月28日). 2016年12月6日閲覧。
  72. ^ Ward-Kovalev Rematch Replay Peaked at 947K Viewers on HBO”. Boxing Scene.com (2017年6月28日). 2017年6月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前スーパー王者
ミッケル・ケスラー
WBA世界スーパーミドル級スーパー王者
2009年11月21日 - 2015年11月12日(返上)
次スーパー王者
返上により消滅
前王者
カール・フローチ
WBC世界スーパーミドル級王者

2011年12月17日 - 2013年4月16日(名誉王座認定)

空位
次タイトル獲得者
サキオ・ビカ
前スーパー王者
セルゲイ・コバレフ
WBA世界ライトヘビー級スーパー王者
2016年11月19日 - 2017年9月21日(返上)
次スーパー王者
返上により消滅
前王者
セルゲイ・コバレフ
IBF世界ライトヘビー級王者

2016年11月19日 - 2017年9月21日(返上)

空位
次タイトル獲得者
アルツール・ベテルビエフ
前王者
セルゲイ・コバレフ
WBO世界ライトヘビー級王者

2016年11月19日 - 2017年9月21日(返上)

空位
次タイトル獲得者
セルゲイ・コバレフ