拡張半保護されたページ

クリード チャンプを継ぐ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クリード チャンプを継ぐ男
Creed
Creed Movie Logo.svg
監督 ライアン・クーグラー
脚本 ライアン・クーグラー
アーロン・コヴィントン英語版
原案 ライアン・クーグラー
製作 シルヴェスター・スタローン
アーウィン・ウィンクラー
チャールズ・ウィンクラー英語版
ロバート・チャートフ
ウィリアム・チャートフ
出演者 マイケル・B・ジョーダン
シルヴェスター・スタローン
テッサ・トンプソン
フィリシア・ラシャド英語版
アンソニー・ベリュー
音楽 ルートヴィッヒ・ヨーランソン
撮影 マリス・アルベルチ英語版
編集 クローディア・S・カステロ
マイケル・P・ショーヴァー
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
ニュー・ライン・シネマ
チャートフ=ウィンクラー・プロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年11月25日
日本の旗 2015年12月23日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $173,567,581[1]
日本の旗 4億200万円[2]
前作 ロッキー・ザ・ファイナル
次作 クリード 炎の宿敵
テンプレートを表示

クリード チャンプを継ぐ男』(クリード チャンプをつぐおとこ、原題: Creed)は、2015年製作のアメリカ合衆国のスポーツ映画。監督はライアン・クーグラー、主演はマイケル・B・ジョーダンシルヴェスター・スタローン。日本では2015年12月23日公開。『ロッキー』シリーズの一作で初のスピンオフ作品であり、『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりの続編である。

ロッキーのライバルであったアポロ・クリードの遺児、アドニス・クリードを主人公としており、題名(原題)は主人公の姓でもあるが、「クリード (creed)」にはまた、英語で信条、信念の意味もある。

あらすじ

ロサンゼルスの孤児院にいた、まっすぐだが気の短い少年、アドニス(ドニー)・ジョンソンは、亡き母を侮辱した少年と喧嘩になり、反省室に入れられてしまう。そんな彼を訪ねてきたのは、かつてのボクシング世界ヘビー級王者、アポロ・クリードの妻であるメアリー・アンだった。メアリーはドニーに、彼がアポロの隠し子であることを告げ、ドニーを養子として引き取る。彼女の愛情を受けて育ったドニーは、やがて立派な青年へと成長する。証券会社で働く彼をメアリーは誇りに思うが、ドニーの心はボクシングにあった。亡き父の活躍に憧れ、Youtubeで父とそのライバル、ロッキー・バルボアの試合を観たドニーは、ボクサーになることを夢見ていた。試合で死んだアポロの二の舞になることを恐れるメアリーは反対するが、ドニーの決意は固かった。

それまでの生活を捨ててボクサーとなると決めたドニーは、父のいたデルフォイ・ジムを訪ねるが、裕福な育ちな上にアマチュアの試合経験しかないという理由で、ドニーは入門を断られる。仕方なくドニーはフィラデルフィアへ向かい、かつての父のライバル、ロッキーに師事を請おうと考える。引っ越したアパートで、ドニーは進行性の難聴を患うビアンカと出会い、不幸をものともせず前向きに生きる彼女に次第に惹かれていく。一方、フェラデルフィアで暮す老いたロッキーは、最愛の妻エイドリアンや親友ポーリーを見送り、生きる気力もなく毎日を過ごしていた。自身のレストランを訪れたドニーから、彼がアポロの子であることを聞かされ動揺するが、すでにボクシングからは距離を置いていたロッキーはドニーの頼みを断る。ドニーはやむなくクリードの名を隠して、かつてのミッキーのジムに通い始めるが、息子のレオばかり鍛えるトレーナーのピートに不満を募らせる。再びロッキーを訪ね、個人用の練習メニューの作成を頼むドニー。ひたむきな彼に根負けし、ようやくロッキーはドニーのトレーナーとなることを承知する。

ロッキーの指導の下で次第に力をつけるドニーに、ピートはレオとの試合を申し込む。はじめての試合に備えてドニーはロッキーの家に住み込み、一層過酷なトレーニングに励む。ドニーはやがて、以前とは比べ物にならない実力者へ成長していく。初試合、17試合無敗の記録を誇る気鋭の若手レオとの戦いに、緊張から序盤は圧倒されるものの、調子を持ち直して2ラウンドKOでレオを倒す。ロッキーやビアンカと喜び合うドニーであったが、嫉妬したピートのリークで、翌日には隠していたクリードの名が知られてしまい、アポロの息子として一躍有名になる。

折りしも、ボクシングヘビー級トップリーグでは、不敗のチャンピオンだが銃の不法所持で収監が決まったリッキー・コンランが、収監前最後の対戦相手を探していた。ドニーのことを知ったコンランのマネージャー、トミーは興行収益を目当てに、明らかに格下のドニーへの対戦依頼を出す。トミーの狙いが「クリードの名」にあると察するロッキーは断ろうとするが、クリードの名を背負うことを決意したドニーの意を受けて、コンランとの対決を決める。

現役チャンピオンに勝つため、さらに過酷なトレーニングに励むロッキーとドニー。しかし練習中にロッキーが倒れ、検査の結果癌が見つかる。妻エイドリアンの死を思い出し、治療を拒絶するロッキーは、説得を試みるドニーに心無い言葉をかけ、2人は仲違いしてしまう。自分の中の葛藤と向き合ったドニーはロッキーと和解し、ドニーはチャンピオンと、ロッキーは癌と戦い抜くことを誓い合う。ロッキーの闘病と並行してトレーニングを積むドニーは、遂にコンランとの対決の日を迎える。

試合当日、王者コンランに対し、親の七光りと見做されるドニーは、完全なアウェイでブーイングを受けながら入場する。余裕の笑みを浮かべるコンランは、リーチの差を活かしたジャブでドニーを寄せ付けず、第1ラウンドは下馬評通りコンランの優勢に終わる。しかし、ロッキーのアドバイスを受けたドニーは次第に調子を取り戻し、巧みにチャンピオンの懐に潜り込み、激しい乱打戦に持ち込む。かつてのアポロやロッキーを彷彿とさせる猛攻でチャンピオンに食らいつくドニー、コンランもさすがの底力を見せて反撃し、第14ラウンド、コンランの強烈なストレートにたまらずダウンするドニー。しかし失神した彼の視界にアポロの姿がよぎった途端、朦朧とした意識が覚醒する。不屈の精神で立ち上がったドニーは試合を続行する。最終ラウンド、闘争心を剥き出しにして最後の攻勢に出るドニーに対し、コンランも安全策を捨てて真正面から迎え撃ち、2人の攻防はいよいよ激しさを増していく。試合終了間近、相手の攻撃を逆手に取ったドニーは遂にコンランをコーナーに追い詰める。渾身の一撃がコンランを捉え、とうとう不敗のチャンピオンをダウンに追い込む。それでもコンランはなんとか立ち上がり、試合終了のゴングがなる。結果は2対1の判定でコンランが勝利となるが、あと30秒あればドニーが勝っていたほどの善戦に、コンランもドニーを次のチャンピオンと称える。観客席では次第に「クリード」コールが起こり、ロッキーに促されて応えるドニーに大歓声が上がる。インタビューを受けたドニーは養母メアリーに感謝を伝え、自分を支えてくれたビアンカとロッキーを家族だと言う。ロッキーも戦うことを思い出させてくれたとドニーに感謝し、3人は抱き合う。アポロについて尋ねられたドニーは、「何も恨んでいないよ、クリードを誇りに思う」と応える。

早朝のフィラデルフィア美術館の階段を、ロッキーとドニーが駆け昇る。2人は街の景色を眺めながら、互いの絆の深さを確かめあう。

キャスト

フィラデルフィア美術館にて本作のプロモーションをおこなう主要キャスト陣。左からシルヴェスター・スタローンテッサ・トンプソンマイケル・B・ジョーダン(2015年11月)

※括弧内は日本語吹替[3]

製作

2013年7月24日、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーは『ロッキー』シリーズのスピンオフ作品の製作に当たって、ライアン・クーグラーを監督に、クーグラーとアーロン・コヴィントン英語版を脚本に起用すると発表した[4]。また、アポロの息子、アドニス・ジョンソン役にはマイケル・B・ジョーダンが起用され、ロッキー・バルボアはオリジナルシリーズ同様にシルヴェスター・スタローンが演じるとも発表された[5]2014年4月25日、クーグラーが『ハリウッド・レポーター』でのインタビューで、ジョーダンとスタローンを主演に起用することに同意したと述べた[6]。同年11月10日、現役ボクサーのアンソニー・ベリューアンドレ・ウォードが本作に出演すると報じられた[7]。12月16日、ヒロイン役にテッサ・トンプソンが起用されたとの報道があった[8]2015年1月8日、フィリシア・ラシャド英語版の出演が決まった[9]。同月21日、グレアム・マクタヴィッシュが自身のTwitterで本作に出演すると発表した[10]

撮影

2015年1月19日、イギリスリバプールで本作の主要撮影が始まった[11]。冒頭のシーンを撮り終えたあと、撮影地はフィラデルフィアに移った[12]。2月上旬、トレーニングシーンの撮影に当たって、フィラデルフィアの空き店舗がボクシングジムに改装された[13]。13日、地元のヴィクトール・カフェでの撮影が行われた[14]。16日、そのカフェをエイドリアンのレストランに改装して、別のシーンの撮影が行われた[15]。2月下旬にはサン・センター・スタジオ英語版での撮影が行われた[16]

公開

2015年2月3日、ワーナー・ブラザースは本作の北米公開日を同年11月25日にすると発表した[17]

興行収入

2015年11月29日、本作は全米3404館で公開され、公開初週末に2963万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった[18]

ホームメディア

日本国内では、Blu-rayDVDがワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントより、2016年4月20日から販売開始された。また、同年6月22日には、4K画質のUltra HD Blu-ray規格のソフトも販売された。

  • クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ&DVDセット(2枚組・初回限定生産・2016年4月20日発売)
  • クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ・スチールブック仕様(初回限定生産・2016年4月20日発売)
  • クリード チャンプを継ぐ男 4K ULTRA HD&Blu-ray セット(2枚組・2016年6月22日発売)
  • クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ(廉価版・2016年10月19日発売)
  • クリード チャンプを継ぐ男 DVD(廉価版・2016年10月19日発売)

評価

批評家からの評価

本作は批評家から絶賛された。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには171件のレビューがあり、批評家支持率は93%、平均点は10点満点で7.9点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「『クリード チャンプを継ぐ男』は『ロッキー』シリーズに驚異の7ラウンド目をもたらした。シリーズの伝統を踏まえつつも斬新な演出がなされており、そこで新たなボクサーの物語が展開されている。」となっている[19]。また、Metacriticには40件のレビューがあり、加重平均値は82/100となっている[20]。なお、本作のシネマスコアはAとなっている[21]

米『タイム』誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第8位に挙げている[22]

シルヴェスター・スタローンはゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の常連としても知られているが、第36回ラジー賞では、ラジー賞での評価を覆した者に送られる名誉挽回賞を受賞した[23]

受賞

映画賞 対象 結果
2015年 ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[24] 助演男優賞 シルヴェスター・スタローン 受賞
作品賞トップ10 入賞
ボストン・オンライン映画批評家協会賞[25] 作品トップ10 2位
主演男優賞 マイケル・B・ジョーダン 受賞
助演男優賞 シルヴェスター・スタローン 受賞
第41回ロサンゼルス映画批評家協会賞[26] 新人賞 ライアン・クーグラー 受賞
第19回オンライン映画批評家協会賞 主演男優賞 マイケル・B・ジョーダン ノミネート
助演男優賞 シルヴェスター・スタローン ノミネート
2016年 第50回全米映画批評家協会賞[27] 主演男優賞 マイケル・B・ジョーダン 1位
助演男優賞 シルヴェスター・スタローン 3位
第73回ゴールデングローブ賞[28][29] 助演男優賞 シルヴェスター・スタローン 受賞
第47回NAACP賞映画部門[30][31] 主演男優賞 マイケル・B・ジョーダン 受賞
助演女優賞 フィリシア・ラシャド 受賞
テッサ・トンプソン ノミネート
作品賞 ノミネート
第20回サテライト賞[32] 助演男優賞 シルヴェスター・スタローン ノミネート
第36回ラジー賞[33] 名誉挽回賞 シルヴェスター・スタローン 受賞
第88回アカデミー賞[34] 助演男優賞 シルヴェスター・スタローン ノミネート
MTVムービー・アワード 2016 [35] 最優秀映画賞 ノミネート
最優秀男優賞 マイケル・B・ジョーダン ノミネート
第41回報知映画賞[36] 作品賞・海外 受賞

出典

  1. ^ a b Creed (2015)” (英語). Box Office Mojo. 2018年10月7日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43
  3. ^ クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ&DVD”. 2016年2月22日閲覧。
  4. ^ ‘Fruitvale Station’ Duo Ryan Coogler And Michael B. Jordan Team With Sly Stallone On MGM ‘Rocky’ Spinoff ‘Creed’”. 2015年10月22日閲覧。
  5. ^ BREAKING NEWS re: Creed Movie - Michael B. Jordan and Sylvester Stallones - SPOILER ALERT”. 2015年10月22日閲覧。
  6. ^ Sundance London: Ryan Coogler Talks 'Rocky' Spinoff 'Creed'”. 2015年10月22日閲覧。
  7. ^ Boxers Andre Ward and Tony Bellew in Talks to Join MGM's 'Rocky' Spinoff 'Creed' (Exclusive)”. 2015年10月22日閲覧。
  8. ^ ‘Dear White People’s Tessa Thompson Lands ‘Creed’ Lead”. 2015年10月22日閲覧。
  9. ^ Phylicia Rashad to Play Apollo Creed’s Widow in ‘Rocky’ Spinoff ‘Creed’”. 2015年10月22日閲覧。
  10. ^ Graham McTavish 認証済みアカウント”. 2015年10月22日閲覧。
  11. ^ Rocky spin-off Creed to shoot tonight at Goodison Park during Everton v West Brom game”. 2015年10月22日閲覧。
  12. ^ Posing with the champ! Tourists get selfie with Sylvester Stallone after running up Philadelphia's 'Rocky' steps”. 2015年10月22日閲覧。
  13. ^ The new ‘Rocky’ movie ‘Creed’ will be filming at a Boxing Gym in Philly this week”. 2015年10月22日閲覧。
  14. ^ The new ‘Rocky’ movie ‘Creed’ filming at The Victor Cafe in Philly”. 2015年10月22日閲覧。
  15. ^ See Philadelphia’s Victor Cafe transformed into Adrien’s for ‘Creed’”. 2015年10月22日閲覧。
  16. ^ Filming for the new ‘Rocky’ movie ‘Creed’ moves to Aston, PA this week”. 2015年10月22日閲覧。
  17. ^ ‘Point Break’ Moved From Summer To Christmas; ‘Creed’ Coming For Thanksgiving”. 2015年10月22日閲覧。
  18. ^ “[http://www.boxofficemojo.com/weekend/chart/?yr=2015&wknd=48&p=.htm November 27-29, 2015 Weekend]”. 2015年12月9日閲覧。
  19. ^ Creed (2015)”. 2015年12月9日閲覧。
  20. ^ Creed”. 2015年12月9日閲覧。
  21. ^ Thanksgiving Box Office +12% Over 2014, Boosted By ‘Mockingjay 2’, ‘Good Dinosaur’ & ‘Creed’ – Sunday AM Final Update”. 2015年12月9日閲覧。
  22. ^ 米タイム誌が選ぶ2015年の映画トップ10”. 映画.com (2016年1月2日). 2016年1月6日閲覧。
  23. ^ アカデミー賞前夜に最低映画決定、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が5冠”. 映画ナタリー (2016年2月28日). 2016年2月29日閲覧。
  24. ^ 作品賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』!ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表”. シネマトゥデイ (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  25. ^ 2015 BOFCA Awards”. 2015年12月6日閲覧。
  26. ^ LA批評家協会賞は「マッドマックス」が最多3冠 作品賞は「スポットライト」”. 映画.com (2015年12月7日). 2015年12月8日閲覧。
  27. ^ Awards for 2015 films by NSFC on January 3, 2016”. 全米映画批評家協会 (2016年1月3日). 2016年1月6日閲覧。
  28. ^ ゴールデングローブ賞「キャロル」が最多ノミネート、坂本龍一は作曲賞候補に”. 映画ナタリー (2015年12月11日). 2015年12月11日閲覧。
  29. ^ ゴールデングローブ賞結果発表、「レヴェナント:蘇えりし者」が最多3部門制す”. 映画ナタリー (2016年1月12日). 2016年1月12日閲覧。
  30. ^ NAACP賞ノミネーション発表!『クリード チャンプを継ぐ男』が最多6ノミネート”. シネマトゥデイ (2015年12月30日). 2016年1月6日閲覧。
  31. ^ 『ストレイト・アウタ・コンプトン』が作品賞!最多受賞は『クリード チャンプを継ぐ男』 全米有色人種地位向上協会賞”. シネマトゥデイ (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  32. ^ サテライト賞ノミネート発表”. 映画.com (2015年12月3日). 2015年12月8日閲覧。
  33. ^ Razzie Awards 2016 Winners Announced Comingsoon.net, Retrieved February 28, 2016
  34. ^ アカデミー賞ノミネーション発表、「レヴェナント」12部門、「マッドマックス」10部門”. 映画ナタリー (2016年1月15日). 2016年1月15日閲覧。
  35. ^ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』最多11部門!MTVムービーアワードノミネーション発表”. シネマトゥデイ (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  36. ^ “【報知映画賞】宮沢りえ、史上初となる3度目主演女優賞に…各賞を発表”. スポーツ報知. (2016年11月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161128-OHT1T50169.html 2016年11月29日閲覧。 

外部リンク