クリード チャンプを継ぐ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリード チャンプを継ぐ男
Creed
監督 ライアン・クーグラー
脚本 ライアン・クーグラー
アーロン・コヴィントン
原案 ライアン・クーグラー
製作 シルヴェスター・スタローン
アーウィン・ウィンクラー
チャールズ・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
ウィリアム・チャートフ
出演者 マイケル・B・ジョーダン
シルヴェスター・スタローン
音楽 ルートヴィッヒ・ヨーランソン
撮影 マリス・アルベルチ
編集 クローディア・S・カステロ
マイケル・P・ショーヴァー
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗2015年11月25日
日本の旗2015年12月23日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 3500万ドル[1]
興行収入 日本の旗 4億200万円[2]
前作 ロッキー・ザ・ファイナル
テンプレートを表示

クリード チャンプを継ぐ男』(原題: Creed)は、2015年アメリカ合衆国で公開された映画。監督はライアン・クーグラー、主演はマイケル・B・ジョーダンシルヴェスター・スタローン。日本では2015年12月23日公開。『ロッキー』シリーズの一作で初のスピンオフ作品であり、『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりの続編である。

「クリード」には、英語で信条、信念の意味もある。

あらすじ[編集]

伝説的なチャンピオンボクサー、アポロ・クリードの非嫡出子であるアドニス・"ドニー"・ジョンソンは、アポロの正妻メアリー・アンに引き取られ不自由の無い生活を送り立派な青年に成長していた。しかし、亡き父の活躍を聞いて育ち、Youtubeで父と盟友ロッキーの戦いを見るドニーはボクサーになることを夢見ており、今の生活を投げ打ってボクサーとなることを決意する。ところがメキシコの野試合で経験を積んでいるとはいえ、しょせん素人相手で裕福な出のドニーは父のデルフォイジムではまともに相手にされない。

ドニーはフィラデルフィアへ向かいアポロの息子と明かした上でロッキーに師事を請うが、今はボクシングからは距離を置くロッキーに断られる。ドニーはクリードの名を隠してかつてのミッキーのジムに通い始めるが、練習内容に不満を持ち、やはりロッキーに個人用の練習メニューの作成を頼む。ひたむきなドニーに対し、やがてロッキーは彼のトレーナーとなることを承知する。ロッキー指導の下、基本を身に着けつつあるドニーの元に、ジムトレーナーのピートから期待の有望株レオとの試合の申し込みが入る。ロッキーの元に住み込み、更に過酷なトレーニングを行ったドニーは2ラウンドKOでレオを倒す。ロッキーや恋人のビアンカと喜び合うドニーであったが、翌日には隠していたクリードの名がばれ、アポロの息子として一躍有名になってしまう。

不敗のボクシングチャンピオンだが、銃の不法所持で間もなく収監されることが決まっているリッキー・コンランは、最後の対戦相手を探していた。ドニーを知ったコンランのマネージャー、トミーは興行収益のために、明らかに格下のドニーへの対戦依頼を出す。トミーの狙いが「クリードの名」にあることを熟知するロッキーは断るが、やがてクリードの名を背負うことを決意したドニーの意を受けて、コンランとの対決を許諾する。

現役チャンピオンに勝つため、さらに過酷なトレーニングをするロッキーとドニーであったが、その矢先にロッキーに癌が見つかる。治療を拒絶するロッキーと、受けさせたいドニーは喧嘩するが、やがてロッキーはドニーに謝り、病と闘う決心をする。ロッキーの闘病と平行してトレーニングを積むドニーは、コンランとの対決の日を迎える。

完全なアウェイでブーイングを受けながら入場するドニーに対し、コンランはチャンピオンの余裕で迎え撃つ。下馬評通り、コンラン優勢で進むが、ドニーのパンチがクリーンヒットして勝負は一転して激しい乱打戦となり、ラウンドを重ねていく。勝利の目も見えた矢先にダウンを取られるも不屈の精神で立ち上がったドニーは、最終ラウンドでコンランを追い詰める。そして終了間近、ドニーの拳がコンランを捉え、ついに不敗のチャンピオンをダウンさせるがコンランは立ち上がって逃げ切り、結果は2対1の判定でコンランが勝利する。しかし、あと30秒あればドニーが勝っていた勝負であり、コンランは次のチャンピオンはお前だと称え、観客達も名勝負だったとドニーに喝采を送る。そしてインタビューでドニーはロッキーを家族であると言い、ロッキーもドニーに感謝の言葉を送る。

早朝のフィラデルフィア美術館の階段をロッキーとドニーが昇り上がる。2人は街の景色を眺めながら互いの絆を深さを確かめ合う。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[3]

製作[編集]

2013年7月24日、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーは『ロッキー』シリーズのスピンオフ作品の製作に当たって、ライアン・クーグラーを監督に、クーグラーとアーロン・コヴィントンを脚本に起用すると発表した[4]。また、アポロの息子、アドニス・ジョンソン役にはマイケル・B・ジョーダンが起用され、ロッキー・バルボアはオリジナルシリーズ同様にシルヴェスター・スタローンが演じるとも発表された[5]2014年4月25日、クーグラーが『ハリウッド・レポーター』でのインタビューで、ジョーダンとスタローンを主演に起用することに同意したと述べた[6]。同年11月10日、現役ボクサーのアンソニー・ベリューアンドレ・ウォードが本作に出演すると報じられた[7]。12月16日、ヒロイン役にテッサ・トンプソンが起用されたとの報道があった[8]2015年1月8日、フィリシア・ラシャドの出演が決まった[9]。同月21日、グレアム・マクタヴィッシュが自身のTwitterで本作に出演すると発表した[10]

撮影[編集]

2015年1月19日、イギリスリバプールで本作の主要撮影が始まった[11]。冒頭のシーンを撮り終えた後、ロケ地はフィラデルフィアに移った[12]。2月上旬、トレーニングシーンの撮影に当たって、フィラデルフィアの空き店舗がボクシングジムに改装された[13]。13日、地元のヴィクトール・カフェでの撮影が行われた[14]。16日、そのカフェをエイドリアンのレストランに改装して、別のシーンの撮影が行われた[15]。2月下旬にはサン・センター・スタジオでの撮影が行われた[16]

公開[編集]

2015年2月3日、ワーナー・ブラザースは本作の北米公開日を同年11月25日にすると発表した[17]

興行収入[編集]

2015年11月29日、本作は全米3404館で公開され、公開初週末に2963万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった[18]

ホームメディア[編集]

日本国内では、Blu-rayDVDがワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントより、2016年4月20日から販売開始された。
また、同年6月22日には、4K画質のUltra HD Blu-ray規格のソフトも販売された。

  • クリード チャンプを継ぐ男ブルーレイ&DVDセット(2枚組・初回限定生産・2016年4月20日発売)
  • クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ・スチールブック仕様 (初回限定生産・2016年4月20日発売)
  • クリード チャンプを継ぐ男 4K ULTRA HD&Blu-ray セット (2枚組・2016年6月22日発売)
  • クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ(廉価版・2016年10月19日発売)
  • クリード チャンプを継ぐ男 DVD(廉価版・2016年10月19日発売)

評価[編集]

批評家からの評価[編集]

本作は批評家から絶賛された。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには171件のレビューがあり、批評家支持率は93%、平均点は10点満点で7.9点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「『クリード チャンプを継ぐ男』は『ロッキー』シリーズに驚異の7ラウンド目をもたらした。シリーズの伝統を踏まえつつも斬新な演出がなされており、そこで新たなボクサーの物語が展開されている。」となっている[19]。また、Metacriticには40件のレビューがあり、加重平均値は82/100となっている[20]。なお、本作のシネマスコアはAとなっている[21]

タイム誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第8位に挙げている[22]

シルヴェスター・スタローンは、ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の常連としても知られているが、第36回ラジー賞では、ラジー賞での評価を覆した者に送られる名誉挽回賞を受賞した[23]

受賞[編集]

映画賞 対象 結果
2015年 ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[24] 助演男優賞 シルヴェスター・スタローン 受賞
作品賞トップ10 入賞
ボストン・オンライン映画批評家協会賞[25] 作品トップ10 2位
主演男優賞 マイケル・B・ジョーダン 受賞
助演男優賞 シルヴェスター・スタローン 受賞
第41回ロサンゼルス映画批評家協会賞[26] 新人賞 ライアン・クーグラー 受賞
第19回オンライン映画批評家協会賞 主演男優賞 マイケル・B・ジョーダン ノミネート
助演男優賞 シルヴェスター・スタローン ノミネート
2016年 第50回全米映画批評家協会賞[27] 主演男優賞 マイケル・B・ジョーダン 1位
助演男優賞 シルヴェスター・スタローン 3位
第73回ゴールデングローブ賞[28][29] 助演男優賞 シルヴェスター・スタローン 受賞
第47回NAACP賞映画部門[30][31] 主演男優賞 マイケル・B・ジョーダン 受賞
助演女優賞 フィリシア・ラシャド 受賞
テッサ・トンプソン ノミネート
作品賞 ノミネート
第20回サテライト賞[32] 助演男優賞 シルヴェスター・スタローン ノミネート
第36回ラジー賞[33] 名誉挽回賞 シルヴェスター・スタローン 受賞
第88回アカデミー賞[34] 助演男優賞 シルヴェスター・スタローン ノミネート
MTVムービー・アワード 2016 [35] 最優秀映画賞 ノミネート
最優秀男優賞 マイケル・B・ジョーダン ノミネート
第41回報知映画賞[36] 作品賞・海外 受賞

出典[編集]

  1. ^ http://www.imdb.com/title/tt3076658/business?ref_=tt_dt_bus
  2. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43
  3. ^ クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ&DVD”. 2016年2月22日閲覧。
  4. ^ ‘Fruitvale Station’ Duo Ryan Coogler And Michael B. Jordan Team With Sly Stallone On MGM ‘Rocky’ Spinoff ‘Creed’”. 2015年10月22日閲覧。
  5. ^ BREAKING NEWS re: Creed Movie - Michael B. Jordan and Sylvester Stallones - SPOILER ALERT”. 2015年10月22日閲覧。
  6. ^ Sundance London: Ryan Coogler Talks 'Rocky' Spinoff 'Creed'”. 2015年10月22日閲覧。
  7. ^ Boxers Andre Ward and Tony Bellew in Talks to Join MGM's 'Rocky' Spinoff 'Creed' (Exclusive)”. 2015年10月22日閲覧。
  8. ^ ‘Dear White People’s Tessa Thompson Lands ‘Creed’ Lead”. 2015年10月22日閲覧。
  9. ^ Phylicia Rashad to Play Apollo Creed’s Widow in ‘Rocky’ Spinoff ‘Creed’”. 2015年10月22日閲覧。
  10. ^ Graham McTavish 認証済みアカウント”. 2015年10月22日閲覧。
  11. ^ Rocky spin-off Creed to shoot tonight at Goodison Park during Everton v West Brom game”. 2015年10月22日閲覧。
  12. ^ Posing with the champ! Tourists get selfie with Sylvester Stallone after running up Philadelphia's 'Rocky' steps”. 2015年10月22日閲覧。
  13. ^ The new ‘Rocky’ movie ‘Creed’ will be filming at a Boxing Gym in Philly this week”. 2015年10月22日閲覧。
  14. ^ The new ‘Rocky’ movie ‘Creed’ filming at The Victor Cafe in Philly”. 2015年10月22日閲覧。
  15. ^ See Philadelphia’s Victor Cafe transformed into Adrien’s for ‘Creed’”. 2015年10月22日閲覧。
  16. ^ Filming for the new ‘Rocky’ movie ‘Creed’ moves to Aston, PA this week”. 2015年10月22日閲覧。
  17. ^ ‘Point Break’ Moved From Summer To Christmas; ‘Creed’ Coming For Thanksgiving”. 2015年10月22日閲覧。
  18. ^ “[http://www.boxofficemojo.com/weekend/chart/?yr=2015&wknd=48&p=.htm November 27-29, 2015 Weekend]”. 2015年12月9日閲覧。
  19. ^ Creed (2015)”. 2015年12月9日閲覧。
  20. ^ Creed”. 2015年12月9日閲覧。
  21. ^ Thanksgiving Box Office +12% Over 2014, Boosted By ‘Mockingjay 2’, ‘Good Dinosaur’ & ‘Creed’ – Sunday AM Final Update”. 2015年12月9日閲覧。
  22. ^ 米タイム誌が選ぶ2015年の映画トップ10”. 映画.com (2016年1月2日). 2016年1月6日閲覧。
  23. ^ アカデミー賞前夜に最低映画決定、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が5冠”. 映画ナタリー (2016年2月28日). 2016年2月29日閲覧。
  24. ^ 作品賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』!ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表”. シネマトゥデイ (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  25. ^ 2015 BOFCA Awards”. 2015年12月6日閲覧。
  26. ^ LA批評家協会賞は「マッドマックス」が最多3冠 作品賞は「スポットライト」”. 映画.com (2015年12月7日). 2015年12月8日閲覧。
  27. ^ Awards for 2015 films by NSFC on January 3, 2016”. 全米映画批評家協会 (2016年1月3日). 2016年1月6日閲覧。
  28. ^ ゴールデングローブ賞「キャロル」が最多ノミネート、坂本龍一は作曲賞候補に”. 映画ナタリー (2015年12月11日). 2015年12月11日閲覧。
  29. ^ ゴールデングローブ賞結果発表、「レヴェナント:蘇えりし者」が最多3部門制す”. 映画ナタリー (2016年1月12日). 2016年1月12日閲覧。
  30. ^ NAACP賞ノミネーション発表!『クリード チャンプを継ぐ男』が最多6ノミネート”. シネマトゥデイ (2015年12月30日). 2016年1月6日閲覧。
  31. ^ 『ストレイト・アウタ・コンプトン』が作品賞!最多受賞は『クリード チャンプを継ぐ男』 全米有色人種地位向上協会賞”. シネマトゥデイ (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  32. ^ サテライト賞ノミネート発表”. 映画.com (2015年12月3日). 2015年12月8日閲覧。
  33. ^ Razzie Awards 2016 Winners Announced Comingsoon.net, Retrieved February 28, 2016
  34. ^ アカデミー賞ノミネーション発表、「レヴェナント」12部門、「マッドマックス」10部門”. 映画ナタリー (2016年1月15日). 2016年1月15日閲覧。
  35. ^ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』最多11部門!MTVムービーアワードノミネーション発表”. シネマトゥデイ (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  36. ^ “【報知映画賞】宮沢りえ、史上初となる3度目主演女優賞に…各賞を発表”. スポーツ報知. (2016年11月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161128-OHT1T50169.html 2016年11月29日閲覧。 

外部リンク[編集]