世界にひとつのプレイブック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界にひとつのプレイブック
Silver Linings Playbook
監督 デヴィッド・O・ラッセル
脚本 デヴィッド・O・ラッセル
原作 マシュー・クイック英語版
製作 ブルース・コーエン
ドナ・ジグリオッティ
ジョナサン・ゴードン
製作総指揮 ブラッドレイ・クーパー
ジョージ・パーラ
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 ブラッドレイ・クーパー
ジェニファー・ローレンス
ロバート・デ・ニーロ
ジャッキー・ウィーヴァー
クリス・タッカー
音楽 ダニー・エルフマン[1]
撮影 マサノブ・タカヤナギ
編集 ジェイ・キャシディ
クリスピン・ストラザーズ
製作会社 ワインスタイン・カンパニー
Mirage Enterprises
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 ギャガ
公開 カナダの旗 2012年9月8日TIFF
アメリカ合衆国の旗 2012年11月21日
日本の旗 2013年2月22日
上映時間 122分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $21,000,000[3]
興行収入 $159,357,638[3]
2億6400万円[4] 日本の旗
テンプレートを表示

世界にひとつのプレイブック』(せかいにひとつのプレイブック、Silver Linings Playbook)は、デヴィッド・O・ラッセル監督によるアメリカ合衆国のコメディ・ドラマ映画である[5]マシュー・クイック英語版の同名小説を原作とし、ラッセルが脚本を執筆した。出演はブラッドレイ・クーパージェニファー・ローレンスロバート・デ・ニーロジャッキー・ウィーヴァージュリア・スタイルズクリス・タッカーらである。

2012年9月8日に第37回トロント国際映画祭でプレミア上映され、アメリカ合衆国では2012年11月21日に一般公開された[6]第85回アカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされ、ローレンスが主演女優賞を受賞した[7]

ストーリー[編集]

躁うつ病のパットは、8ヶ月で精神病院を退院した。高校教師だったパットは、妻であるニッキの浮気相手を殴って入院を命じられたのだ。失職し、離婚したために両親の家に同居するパット。毎日のように騒ぎを起こしても、パットは自分が正常だと信じ、復縁のため元妻に連絡を取ろうとし続けた。

友人ロニーの義妹ティファニーと知り合うパット。夫と死別したティファニーは、ショックで混乱し、セックス中毒セラピー治療を受ける身だった。ダンスが得意なティファニーは、自分を取り戻すためにダンスコンテストへの出場を決意し、初心者のパットをパートナーに選んだ。ティファニーは、本気でパットに好意を持ち始めていたのだ。

元妻との連絡の橋渡しを条件に、ダンスの特訓を始めるパット。そんな時、アメフトノミ屋をやっているパットの父親が、全財産を賭けて負けてしまった。それを知ったティファニーは、損失を取り戻すために、ダンスコンテストの自分たちの得点を対象にして、起死回生の賭けをセッティングした。

ダンスコンテストの日、会場に元妻ニッキを連れて来るロニー夫妻。それを知り、取り乱すティファニー。それでもティファニーとパットは息の合ったダンスで賭けの得点をクリアした。ティファニーの気持ちに気付いたパットは、すでに元妻への未練を断ち切っていたのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

ワインスタイン・カンパニーは原作本が出版される前に権利を買い取り、シドニー・ポラックアンソニー・ミンゲラが存命の頃から計画を進めていた[15]。ポラックはストーリーが面白くてロマンチックでなだけでなく、感情的で厄介なのでトリッキーだと言ってラッセルに原作本を渡した。ラッセルは5年間で20回脚本を書き直したと見積もっている。ラッセルは物語が家族の関係を描き、また息子が双極性障害とOCDを患っているという接点があるために引き込まれた[16][17]

撮影は33日間かけて行われた[16]

キャスティング[編集]

ラッセルは当初、ヴィンス・ヴォーンズーイー・デシャネル主演で本作に取り掛かろうとしたが、先に『ザ・ファイター』に移った[17][16][18]マーク・ウォールバーグは『ザ・ファイター』に続いて本作でもラッセルと共同する予定であったが、製作の遅れがスケジュールの重複を引き起こしたために降板した[19]

アン・ハサウェイはティファニー・マクスウェル役にキャスティングされていたが、『ダークナイト ライジング』とのスケジュール競合のために降板した[8]。他に、エリザベス・バンクスキルスティン・ダンストアンジェリーナ・ジョリーブレイク・ライヴリールーニー・マーラレイチェル・マクアダムスアンドレア・ライズブローオリヴィア・ワイルドが検討されていた[19][20][18][17][21]

当初ラッセルはローレンスがこの役に適しているとは考えておらず、オーディションは形式だけのものであった[17][18]。彼はローレンス(撮影時21歳)はクーパー(37歳)の相手役としては若すぎると考えていたが、オーディション後に改めた[15][22]

音楽[編集]

サウンドトラック盤[編集]

「世界にひとつのプレイブック」オリジナル・サウンドトラック
多数のアーティストサウンドトラック
リリース
ジャンル サウンドトラック
時間
レーベル Sony / EAN
「世界にひとつのプレイブック」オリジナル・サウンドトラック収録のシングル
  1. シルヴァー・ライニング英語版
    リリース: 2012年11月16日
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
Allmusic 4/5stars[23]

サウンドトラック盤である『「世界にひとつのプレイブック」オリジナル・サウンドトラック』(Silver Linings Playbook: Original Motion Picture Soundtrack)は、アメリカ合衆国ではソニー・ミュージックエンタテインメントより2012年11月16日にデジタル・ダウンロード形式で発売された[24]。日本では2013年1月9日に発売された[25]

サウンドトラックからのリードシングルである「シルヴァー・ライニング英語版」はイギリスのシングルチャートで最高100位となった[26]

# タイトル 作詞 作曲・編曲 歌手 時間
1. 「シルヴァー・ライニング・タイトル」     ダニー・エルフマン
2. マイ・シェリー・アモール     スティーヴィー・ワンダー
3. 「オールウェイズ・オールライト」     アラバマ・シェイクス
4. アンスクエア・ダンス英語版     デイヴ・ブルーベック・カルテット
5. 「バッファロー」     Alt-J featuring Mountain Man
6. 「ムーン・オブ・マナクーラ」     Les Paul & Mary Ford
7. 「モンスター・マッシュ」     CrabCorps
8. グッドナイト・ムーン英語版     Ambrosia Parsley & The Elegant Too
9. 「ナウ・アイム・ア・フール」     イーグルス・オブ・デスメタル
10. 「ウォーキング・ホーム」     ダニー・エルフマン
11. 北国の少女     ボブ・ディラン with ジョニー・キャッシュ
12. シルヴァー・ライニング英語版     ジェシー・J
13. 「ヘイ・ビッグ・ブラザー」     レア・アース英語版
14. マリア英語版(Bernstein Plays Brubeck Plays Bernstein)     デイヴ・ブルーベック・カルテット
合計時間:

スコア盤[編集]

Silver Linings Playbook
ダニー・エルフマン映画音楽
リリース
ジャンル クラシック
時間
レーベル ソニー・ミュージック
ダニー・エルフマン 年表
フランケンウィニー
(2012年)
世界にひとつのプレイブック
(2012年)
ヒッチコック
(2012年)
テンプレートを表示

ダニー・エルフマンによるスコア盤がソニー・ミュージックエンタテインメントより2012年11月16日にデジタル・ダウンロード形式で発売された。

# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「Silver Lining Titles」    
2. 「Running Off」    
3. 「Simple」    
4. 「With a Beat」    
5. 「Tiny Guitars」    
6. 「Walking Home」    
7. 「Silver Lining Wild-Track」    
8. 「The Book」    
9. 「Happy Ending」    
10. 「Goof Track」    
合計時間:

公開[編集]

ワールド・プレミアは2012年9月8日に第37回トロント国際映画祭で行われ[27]、観客賞を受賞した[28]。アメリカでは2012年11月21日に公開された[27]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

第37回トロント国際映画祭でプレミア上映され、批評家から高評価された。Rotten Tomatoesでは227件のレビューがあり支持率は92%、平均値は8.1/10である[29]Metacriticでの加重偏差値は45件で81/100となっている[30]

興行収入[編集]

アメリカ合衆国とカナダでは16劇場で公開され、初週末に44万3003ドルを売り上げた[31]。翌週末には367劇場に拡大され、約440万ドルを売り上げて9位に浮上した[32]。12月30日までに745劇場に増え、北米累計興行収入は約2730万ドルに達した[33]。2013年1月18日には2523劇場に拡大されてその週末に約1270万ドルを売り上げ、北米累計興行収入は約5670万ドルに達した[34]。2013年2月には北米累計興行収入は1億ドルを突破した[35]

受賞とノミネート[編集]

第85回アカデミー賞では作品賞を含む8部門でノミネートされた。演技部門全てにノミネートされるのは1981年の『レッズ』以来である。また、主要5部門(作品・監督・主演男優・主演女優・脚色)すべてにノミネートされるのは2004年の『ミリオンダラー・ベイビー』以来である[36]

部門 候補 結果
アカデミー賞[7] 作品賞 ブルース・コーエンドナ・ジグリオッティジョナサン・ゴードン ノミネート
主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー ノミネート
主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 受賞
助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ ノミネート
助演女優賞 ジャッキー・ウィーヴァー ノミネート
監督賞 デヴィッド・O・ラッセル ノミネート
脚色賞 ノミネート
編集賞 ジェイ・キャシディ、クリスピン・ストラザーズ ノミネート
アメリカン・フィルム・インスティチュート[37] ムービー・オブ・ザ・イヤー 受賞
英国アカデミー賞 主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー ノミネート
主演女優賞 ジェニファー・ローレンス ノミネート
脚色賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞
放送映画批評家協会賞[38] 作品賞 ノミネート
主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー ノミネート
主演女優賞 ジェニファー・ローレンス ノミネート
助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ ノミネート
キャスト賞 受賞
監督賞 デヴィッド・O・ラッセル ノミネート
脚色賞 ノミネート
コメディ映画賞 受賞
コメディ男優賞 ブラッドレイ・クーパー 受賞
コメディ女優賞 ジェニファー・ローレンス 受賞
デトロイト映画批評家協会賞[39] 作品賞 受賞
監督賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞
主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー ノミネート
主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 受賞
助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ 受賞
アンサンブル賞 ノミネート
脚本賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞
ゴールデングローブ賞[40] 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) ノミネート
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ブラッドレイ・クーパー ノミネート
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ジェニファー・ローレンス 受賞
脚本賞 デヴィッド・O・ラッセル ノミネート
ゴッサム・インディペンデント映画賞[41] アンサンブル賞 ノミネート
インディペンデント・スピリット賞[42][43] 作品賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞
監督賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞
主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 受賞
主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー ノミネート
脚本賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[44] 主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー 受賞
脚色賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 受賞
サンディエゴ映画批評家協会賞[45] 作品賞 ノミネート
監督賞 デヴィッド・O・ラッセル ノミネート
主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー ノミネート
主演女優賞 ジェニファー・ローレンス ノミネート
脚色賞 デヴィッド・O・ラッセル ノミネート
アンサンブル演技賞 ノミネート
全米製作者組合賞 劇場映画賞 ブルース・コーエン、ドナ・ジグリオッティ、ジョナサン・ゴードン ノミネート
サテライト賞[46] 映画作品賞 受賞
映画主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー 受賞
映画主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 受賞
映画助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ ノミネート
監督賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞
脚色賞 ノミネート
編集賞 ジェイ・キャシディ 受賞
全米映画俳優組合賞[47] 主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー ノミネート
主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 受賞
助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ ノミネート
キャスト賞 ブラッドレイ・クーパー、ロバート・デ・ニーロ、アヌパム・カー、
ジェニファー・ローレンス、クリス・タッカー、ジャッキー・ウィーヴァー
ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞[48] 主演男優賞 ブラッドレイ・クーパー ノミネート
主演女優賞 ジェニファー・ローレンス ノミネート
脚本賞 デヴィッド・O・ラッセル ノミネート
トロント国際映画祭[28][49] 観客賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞[50] 作品賞 ノミネート
主演女優賞 ジェニファー・ローレンス ノミネート
脚色賞 デヴィッド・O・ラッセル 受賞

ソフト化[編集]

日本版の発売元はGAGA、販売元は東宝。

  • コレクターズエディション(ブルーレイ版1枚組、DVD版2枚組 本編122分、特典映像102分)2013年8月23日発売
    • 初回限定生産アウターケース付
    • 映像特典
      • 未公開シーン集(別エンディングも含め17シーン)
      • メイキング
      • キャスト・スタッフによるQ&A
      • ダンス・リハーサル
      • パットとティファニーのように踊ってみよう!
      • ブラッドリー・クーパー、カメラマンに挑戦
      • 予告編

参考文献[編集]

  1. ^ “Danny Elfman to Score 'Hitchcock' Biopic and Gus Van Sant's 'Promised Land'”. FilmMusicReporter.com. http://filmmusicreporter.com/2012/09/11/danny-elfman-to-score-hitchcock-biopic-and-gus-van-sants-promised-land 2012年9月26日閲覧。 
  2. ^ “Silver Linings Playbook”. BBFC. (2012年11月11日). http://www.bbfc.co.uk/AFF292856 2012年12月27日閲覧。 
  3. ^ a b Silver Linings Playbook”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年2月26日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報」2014年2月下旬決算特別号 210頁
  5. ^ Connelly, Brendon (2009年3月28日). “David O. Russell to Direct Silver Linings Playbook”. /Film. 2011年10月23日閲覧。
  6. ^ Release dates for 'Silver Linings Playbook'”. IMDb. Amazon.com. 2012年9月27日閲覧。
  7. ^ a b Nominees for the 85th Academy Awards”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年2月26日閲覧。
  8. ^ a b Wales, George (2011年8月2日). “Bradley Cooper joining The Silver Linings Playbook?”. TotalFilm.com. 2011年10月23日閲覧。
  9. ^ a b Anderton, Ethan (2011年8月2日). “Bradley Cooper Back on 'Silver Linings Playbook' with Robert De Niro”. FirstShowing.net. 2011年10月23日閲覧。
  10. ^ a b Fleming, Mike (2011年8月1日). “Bradley Cooper Back In 'Silver Linings Playbook' Talks, Robert De Niro Too”. Deadline.com. 2011年10月23日閲覧。
  11. ^ Jennifer Lawrence to Star in 'The Silver Linings Playbook'”. Zimbio.com (2011年11月21日). 2011年10月23日閲覧。
  12. ^ Oscar-Nominated 'Animal Kingdom' Actress in Talks to Join 'Silver Lining Playbook'”. The Hollywood Reporter (2011年9月26日). 2011年11月19日閲覧。
  13. ^ Klein, Michael (2011年10月23日). “Bollywood star steps out at Tashan”. Philly.com. 2011年10月23日閲覧。
  14. ^ Dew, Blake (2011年10月6日). “Julia Stiles Joins David O. Russell's 'Silver Linings Playbook'”. WeGotThisCovered.com. 2011年10月23日閲覧。
  15. ^ a b Melena Ryzik (2012年11月9日). “Shooting the Sass Easily as an Arrow”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2012/11/11/movies/jennifer-lawrence-in-silver-linings-playbook.html 2013年2月19日閲覧。 
  16. ^ a b c Mike Ryan (2012年11月28日). “David O. Russell, Silver Linings Playbook Director, On Reinventing Bradley Cooper And Robert De Niro”. The Huffington Post. 2013年2月19日閲覧。
  17. ^ a b c d Chris Willman (2012年11月30日). “Silver Linings David O. Russell on how Jennifer Lawrence skyped her way to Oscar front-runner”. Chicago Tribune. 2013年2月19日閲覧。
  18. ^ a b c Angelina Jolie Wanted Jennifer Lawrence's Silver Linings Playbook Role”. StarPulse.com (2012年12月6日). 2013年2月19日閲覧。
  19. ^ a b Bradley Cooper Replaces Mark Wahlberg in the Silver Linings Playbook; Robert De Niro in Talks”. Collider.com (2011年8月1日). 2013年2月19日閲覧。
  20. ^ How Jennifer Lawrence stole her Silver Linings Playbook role”. Yahoo.com (2012年9月10日). 2013年2月19日閲覧。
  21. ^ Jennifer Vineyard (2012年12月20日). “Party Lines Slideshow: David O. Russell Tells Us Who Else Auditioned for Silver Linings Playbook”. Vulture.com. 2013年2月19日閲覧。
  22. ^ "Silver Linings Playbook: Jennifer Lawrence Wins Her Role via Skype, Learns to Dance Like an Amateur". The Hollywood Reporter. Retrieved December 10, 2012.
  23. ^ http://www.allmusic.com/album/silver-linings-playbook-original-motion-picture-soundtrack-mw0002431883
  24. ^ Silver Linings Playbook”. itunes (2012年12月1日). 2012年11月28日閲覧。
  25. ^ 「世界にひとつのプレイブック」オリジナル・サウンドトラック”. レコチョク. 2013年2月19日閲覧。
  26. ^ Official UK Top 100 Singles”. The Official Charts Company (2012年11月16日). 2012年12月27日閲覧。
  27. ^ a b Aldrich, Ryland. “CANNES 2012: WEINSTEINS SHOW OFF DJANGO UNCHAINED, THE MASTER, & THE SILVER LINING PLAYBOOK”. TwitchFilm.com. 2012年6月21日閲覧。
  28. ^ a b Whipp, Glenn. “'Silver Linings Playbook' wins People's Choice at Toronto festival”. LATimes.com. 2012年9月16日閲覧。
  29. ^ Silver Linings Playbook”. Rotten Tomatoes. Flixter. 2013年2月19日閲覧。
  30. ^ Silver Linings Playbook”. Metacritic. CBS Interactive. 2012年12月6日閲覧。
  31. ^ Ray Subers (2012年11月18日). “Weekend Report: 'Breaking Dawn' Ends 'Twilight' Franchise on Strong Note”. Box Office Mojo. IMDB. 2013年2月19日閲覧。
  32. ^ Ray Subers (2012年11月25日). “Weekend Report: 'Twilight,' Bond Dominate Fruitful Thanksgiving”. 2013年2月19日閲覧。
  33. ^ Ray Subers (2012年12月30日). “Weekend Report: 'Hobbit' Holds Off 'Django' on Final Weekend of 2012”. Box Office Mojo. 2013年2月19日閲覧。
  34. ^ Ray Subers (2013年1月21日). “Weekend Report: 'Mama' Haunts First Place Over MLK Weekend”. 2013年2月19日閲覧。
  35. ^ Pamela McClintock (2013年2月17日). “Box Office Milestone: 'Silver Linings Playbook' Hitting $100 Million in North America”. Hollywood Reporter. 2013年2月19日閲覧。
  36. ^ “Oscars: Silver Linings surprise contender, while Lincoln dominates”. BBC News. (2013年1月10日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-20972967 2013年1月10日閲覧。 
  37. ^ Knegt, Peter (2012年12月10日). “American Film Institute Announces 2012 AFI Awards: 'Django,' 'Dark Knight' In; 'Flight,' 'The Master' Out”. IndieWire.com (A SnagFilms Co). http://www.indiewire.com/article/american-film-institute-announces-2012-afi-awards-django-dark-knight-in-flight-the-master-out 2012年12月11日閲覧。 
  38. ^ Dobbins, Amanda (2012年12月11日). “Critics Choice Nominations Favor Lincoln, Hathaway, Lawrence”. Vulture.com (New York Media LLC). http://www.vulture.com/2012/12/critics-choice-nominations-favor-lincoln.html?mid=imdb 2012年12月11日閲覧。 
  39. ^ Knegt, Peter (2012年12月11日). “'The Impossible' and 'Take This Waltz' Among Unique Detroit Film Critics Nods”. IndieWire.com (A SnagFilms Co). http://www.indiewire.com/article/the-impossible-and-take-this-waltz-among-unique-detroit-film-critics-nods 2012年12月11日閲覧。 
  40. ^ Knegt, Peter (2012年12月13日). “'Lincoln,' 'Django Unchained' Lead 2013 Golden Globe Nominations”. IndieWire.com (A SnagFilms Co). http://www.indiewire.com/article/2013-golden-globe-nominations-in-progress 2012年12月13日閲覧。 
  41. ^ Knegt, Peter (2012年10月18日). “Gotham Awards Announce 2012 Nominations”. IndieWire.com (A SnagFilms Co). http://www.indiewire.com/article/gotham-awards-announce-2012-nominations 2012年11月9日閲覧。 
  42. ^ “Spirit Award 2013 Nominees Announced”. CineMovie.tv (A La Brava Entertainment). (2012年11月28日). http://cinemovie.tv/blogs/spirit-award-2013-nominees-announced-see-complete-list 2012年11月28日閲覧。 
  43. ^ Independent Spirit Awards 2013: Winners List”. ハリウッド・リポーター (2013年2月23日). 2013年2月26日閲覧。
  44. ^ Knegt, Peter (2012年12月5日). “'Zero Dark Thirty' Leads National Board of Review Winners”. IndieWire (A SnagFilms Co). http://www.indiewire.com/article/national-board-of-review-announcing-2012-awards-in-progress# 2012年12月5日閲覧。 
  45. ^ Knegt, Peter (2012年12月10日). “'The Master' Tops San Diego Critics Nominations”. IndieWire (A SnagFilms Co). http://www.indiewire.com/article/the-master-tops-san-diego-critics-nominations 2012年12月11日閲覧。 
  46. ^ Lodge, Guy (2012年12月3日). “Satellite Award noms run the gamut from Silver Linings Playbook to Skyfall. HitFix.com. http://www.hitfix.com/in-contention/satellite-award-noms-run-the-gamut-from-silver-linings-playbook-to-skyfall 2012年12月4日閲覧。 
  47. ^ Knegt, Peter (2012年12月12日). Silver Linings, Lincoln, Les Mis Lead SAG Award Nominations”. IndieWire (A SnagFilms Co). http://www.indiewire.com/article/silver-linings-lincoln-lead-sag-award-nominations 2012年12月12日閲覧。 
  48. ^ Knegt, Peter (2012年12月11日). “St. Louis Critics Announce 2012 Award Nominees”. IndieWire (A SnagFilms Co). http://www.indiewire.com/article/st-louis-critics-announce-2012-award-nominees 2012年12月11日閲覧。 
  49. ^ Ellwood, Gregory (2012年9月16日). Silver Linings Playbook beats Argo for Toronto Film Festival People's Choice Award”. HitFix.com (HitFix Entertainment News). http://www.hitfix.com/awards-campaign/silver-linings-playbook-beats-argo-for-toronto-film-festival-peoples-choice-award 2012年11月9日閲覧。 
  50. ^ Knegt, Peter (2012年12月9日). “Washington Film Critics Go For 'Zero Dark Thirty,' Day-Lewis, Chastain”. IndieWire (A SnagFilms Co). http://www.indiewire.com/article/washington-film-critics-go-for-lincoln-les-miserables 2012年12月11日閲覧。 

外部リンク[編集]