フィッシャー・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィッシャー・キング
The Fisher King
監督 テリー・ギリアム
脚本 リチャード・ラグラヴェニーズ
製作 デブラ・ヒル
リンダ・オブスト
出演者 ロビン・ウィリアムズ
ジェフ・ブリッジス
アマンダ・プラマー
マーセデス・ルール
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 ロジャー・プラット
編集 レスリー・ウォーカー
配給 トライスター・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年9月20日
日本の旗 1992年4月11日
上映時間 137分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $24,000,000
興行収入 $41,895,491[1]
テンプレートを表示

フィッシャー・キング』(原題: The Fisher King)は、1991年アメリカ映画。監督はテリー・ギリアム

ストーリー[編集]

過激で挑発的なトークで人気を博していたDJ・ジャック(ジェフ・ブリッジス)は、あるとき放った不用意な発言によって悲惨な事件を引き起こしてしまう。

3年後、職も名声も失った彼はヒモ同然の身分に落ちぶれている。ある日、浮浪者狩りの若者たちに襲われたジャックは、奇妙な浮浪者パリー(ロビン・ウィリアムズ)に命を救われる。聖杯を探す使命をから与えられたと語るパリーは、ジャックに手助けを求める。最初は嫌がっていたジャックだったが、パリーの身の上を知るにつれ心境を変化させていく。

物語は、聖杯伝説の「漁夫王」(フィッシャー・キング)と聖杯のエピソードをモチーフに展開する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジャック・ルーカス ジェフ・ブリッジス 大塚明夫
パリー ロビン・ウィリアムズ 池田勝
リディア アマンダ・プラマー 島本須美
アン マーセデス・ルール 小宮和枝
ホームレスのキャバレーの歌手 マイケル・ジェッター 山寺宏一
ルー デヴィッド・ハイド・ピアース 小島敏彦
ビデオ屋の客 キャシー・ナジミー
傷痍軍人 トム・ウェイツ 村松康雄

受賞歴[編集]

トリビア[編集]

  • ノン・クレジットのカメオ出演でトム・ウェイツが傷痍軍人役で出演している(全くの端役ではなく、ジェフ・ブリッジズとのやりとりもある、そこそこ重要な役である)。
  • ギリアムはこの作品で初めて、脚本の執筆に携わらず監督のみを務めた。ギリアムは脚本の内容を遵守し、映画は脚本通りに制作された。しかし、通行人たちが突然社交ダンスを始める幻想的なシーンのみは、自身のアイディアであると語っている。
  • ギリアムが聖杯をモチーフにした作品としては、『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』に続く2本めの映画である。
  • 当初、ギリアムはジャック・ルーカス役にブルース・ウィリスを考えていて、実際にオファーもしたのだが、『ハドソン・ホーク』の撮影を理由に断られた。実は、ギリアムは『未来世紀ブラジル』の時にも、ブルース・ウィリスの起用を考えていたのだが、この時も実現しなかった。そして、その後、『12モンキーズ』において、ようやくブルース・ウィリスの起用を実現した。このことについて、後にギリアム自身は、「(ウィリスに)出てもらえなかった映画の出来栄えには結果的に満足している、ようやく出演が叶った映画は結果的にうまくいかなかった、まあ、そういうことだね」と自嘲的に語っている。
  • オープニングロゴは当初はトライスター・ピクチャーズではなく、コロンビア映画にするつもりだった。

挿入曲[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Fisher King (1991)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]