ジョジョ・ラビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョジョ・ラビット
Jojo Rabbit
監督 タイカ・ワイティティ
脚本 タイカ・ワイティティ
原作 クリスティン・ルーネンズ英語版
Caging Skies
製作 カーシュー・ニール英語版
タイカ・ワイティティ
チェルシー・ウィンスタンリー英語版
製作総指揮 ケヴァン・ヴァン・トンプソン
出演者 ローマン・グリフィン・デイヴィス
トーマシン・マッケンジー
タイカ・ワイティティ
レベル・ウィルソン
スティーブン・マーチャント英語版
アルフィー・アレン
サム・ロックウェル
スカーレット・ヨハンソン
音楽 マイケル・ジアッチーノ
撮影 ミハイ・マライメア・Jr
編集 トム・イーグルス
製作会社 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開 カナダの旗 2019年9月8日トロント国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2019年10月18日
日本の旗 2020年1月17日[1]
上映時間 108分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $44,574,637[3]
アメリカ合衆国の旗 $24,574,637[3]
テンプレートを表示

ジョジョ・ラビット』(Jojo Rabbit)は、2019年アメリカ合衆国コメディ映画。監督はタイカ・ワイティティ。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス。共演はトーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソンスティーブン・マーチャント英語版アルフィー・アレンサム・ロックウェルスカーレット・ヨハンソンら。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦中、孤独なドイツ人少年のジョジョは周囲からいじめられており、イマジナリーフレンドアドルフ・ヒトラーのみが救いだった。ある日、母親が屋根裏にユダヤ人の少女を匿っているのを発見したことから、政治的な考えが変わり、ヒトラーのナショナリズムに向き合うことになる。

キャスト[編集]

製作[編集]

2018年3月、タイカ・ワイティティが監督を務めるだけでなく、「主人公のイマジナリーフレンドアドルフ・ヒトラー」として映画に出演することも明らかになった。ワイティティは役について「孤独な少年のヒーローの最高のバージョンであり、彼の父親のような存在。」と語った[5]。同年同月、スカーレット・ヨハンソンが「密かに反ナチスである主人公の母親としてキャストに加わった[6]。同年4月、サム・ロックウェルが「ヒトラーユースキャンプを運営するナチスのキャプテン」としてキャストに加わった[7]。同年5月、レベル・ウィルソンが「ヒトラーユースキャンプに若い男を呼び込むために雇われた粗野なインストラクター」として、新人のローマン・グリフィン・デイヴィスが主人公として、トーマシン・マッケンジーが「ヨハンソン演じる母親が自宅に隠しているユダヤ人の少女」としてそれぞれキャストに加わった[8][9]。同年6月、アルフィー・アレンが「ロックウェル演じるキャプテン・クレンツェンドルフの副官フィンケル」として、スティーブン・マーチャント英語版が「ゲシュタポのエージェントのキャプテン・ディアッツ」としてそれぞれキャストに加わった[10][11]

撮影[編集]

主要な撮影は、2018年5月28日に開始した[9]。2019年2月に再撮影が行われた[12]

公開[編集]

本作は、2019年9月の第44回トロント国際映画祭で世界初上映され[13]、同年同月19日のファンタスティック・フェスト英語版でも上映された[14]

評価[編集]

本作は批評家から好意的な評価を受けている。Rotten Tomatoesでは78個の批評家レビューのうち78%が支持評価を下し、平均評価は10点中7.51点となった。サイトの批評家の見解は「『ジョジョ・ラビット』の不謹慎なユーモアと真面目なアイデアの融合は、間違いなくどんな人からも好かれるようなものではない。だが、この反ヘイト風刺劇は、度が過ぎていると言ってよいほど大胆である」となっている[15]MetacriticのMetascoreは22個の批評家レビューに基づき、加重平均値は100点中53点となった。サイトは本作の評価を「賛否両論または平均的」と示している[16]

受賞/ノミネート[編集]

初上映されたトロント国際映画祭で観客賞を受賞。アメリカの主な映画賞では、脚本家組合の脚色賞、衣装デザイナー組合賞(時代劇映画部門)を受賞している。ゴールデングローブ賞では作品賞と主演男優賞にノミネートされた。第92回アカデミー賞では作品賞を含む6部門(作品、助演女優、脚色、編集、美術、衣装デザイン)にノミネートされ、うちアカデミー脚色賞を受賞した。

出典[編集]

  1. ^ ワイティティ監督『ジョジョ・ラビット』来年1月17日に日本公開!スカヨハら豪華キャストずらり”. シネマトゥデイ (2019年9月30日). 2019年11月2日閲覧。
  2. ^ Jojo Rabbit”. Toronto International Film Festival. 2019年7月23日閲覧。
  3. ^ a b Jojo Rabbit” (英語). Box Office Mojo. 2020年1月25日閲覧。
  4. ^ 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイト イントロダクション” (日本語). 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイト. 2020年1月28日閲覧。
  5. ^ 'Jojo Rabbit': Taika Waititi to Play Imaginary Hitler in 'Thor: Ragnarok' Director's New Film (Exclusive)”. thewrap.com (2018年3月14日). 2018年5月7日閲覧。
  6. ^ Kroll, Justin (2018年3月29日). “Scarlett Johansson to Star in Taika Waititi’s ‘Jojo Rabbit’ for Fox Searchlight (EXCLUSIVE)”. variety.com. 2018年3月29日閲覧。
  7. ^ Sam Rockwell Joining Scarlett Johansson in Taika Waititi's 'Jojo Rabbit' (Exclusive)”. hollywoodreporter.com. 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ Rebel Wilson Joins Taika Waititi’s WWII Satire ‘Jojo Rabbit’ As Frightful Fraulein” (2018年5月22日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b Taika Waititi’s WWII Pic ‘Jojo Rabbit’ Adds Thomasin McKenzie” (2018年5月31日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ ‘Game Of Thrones’ Alfie Allen Joins ‘JoJo Rabbit’ & ‘How To Build A Girl’”. Deadline (2018年6月15日). 2018年6月15日閲覧。
  11. ^ Stephen Merchant To Play Gestapo Agent In Taika Waititi’s WWII Satire ‘Jojo Rabbit’” (2018年6月19日). 2019年8月16日閲覧。
  12. ^ Taika Waititi is Finishing 'Jojo Rabbit' Reshoots, Movie Will Be Released This Fall [TCA 2019]”. /Film (2019年2月4日). 2019年8月16日閲覧。
  13. ^ Lang, Brent (2019年7月23日). “Toronto Film Festival: ‘Joker,’ ‘Ford v Ferrari,’ ‘Hustlers’ Among Big Premieres”. Variety. 2019年7月23日閲覧。
  14. ^ Couch, Aaron (2019年7月30日). “Taika Waititi's 'Jojo Rabbit' to Premiere at Fantastic Fest”. The Hollywood Reporter. 2019年7月30日閲覧。
  15. ^ Jojo Rabbit (2019)”. Rotten Tomatoes. 2019年9月29日閲覧。
  16. ^ Jojo Rabbit (2019)”. Metacritic. CBS Interactive. 2019年9月29日閲覧。

外部リンク[編集]