コンテンツにスキップ

アメリカン・フィクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメリカン・フィクション
American Fiction
監督 コード・ジェファーソン
脚本 コード・ジェファーソン
原作 パーシバル・エベレット英語版
Erasure
製作 ベン・ルクレア
ニコス・カラミギオス
コード・ジェファーソン
ジャーメイン・ジョンソン
出演者 ジェフリー・ライト
トレイシー・エリス・ロス
ジョン・オーティス
エリカ・アレクサンダー英語版
アダム・ブロディ
レスリー・アガムズ英語版
キース・デイヴィッド
イッサ・レイ英語版
スターリング・K・ブラウン
音楽 ローラ・カープマン英語版
撮影 クリスティナ・ダンラップ
編集 ヒルダ・ラスラ
製作会社 オライオン・ピクチャーズ
MRC
Tーストリート・プロダクションズ英語版
オールモスト・インフィニット
スリー・アーツ・エンターテインメント英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 Amazon MGMスタジオ・ディストリビューション
日本の旗 Amazon Prime Video
公開 カナダの旗 2023年9月8日トロント国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2023年12月15日
日本の旗 2024年2月27日[1]
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

アメリカン・フィクション』(原題: American Fiction)は、パーシヴァル・エヴェレット英語版2001年の小説『イレイジャー(原題)』を原作に、コード・ジェファーソン(長編監督処女作)が脚本・監督を務めた2023年製作のアメリカ合衆国コメディドラマ映画

出演はジェフリー・ライトトレイシー・エリス・ロスエリカ・アレクサンダー英語版レスリー・アガムズ英語版スターリング・K・ブラウンマイラ・ルクレシア・テイラー英語版ジョン・オーティスイッサ・レイ英語版アダム・ブロディ

2023年9月8日第48回トロント国際映画祭で特別封切され、観客賞を受賞。同年12月15日Amazon MGMスタジオ・ディストリビューションを通じてオライオン・ピクチャーズより劇場公開された[2]。日本国内では劇場公開されず、Amazon Prime Video2024年2月27日から独占配信公開された[1]

ストーリー

[編集]

出演者と登場人物

[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語版制作スタッフ 演出:高橋剛、翻訳:おぐちゆり、制作:ブロードメディア

作品

[編集]

2022年11月10日、ジェフリー・ライトがパーシバル・エベレットの小説『イレイジャー(原題)』を原作としてコード・ジェファーソンが脚本・監督を務めるタイトル未定の映画に出演することが報じられた[3][4]

Tーストリート・プロダクションズとメディア・ライツ・キャピタルが製作を担当する。2022年12月2日、エリカ・アレクサンダー、レスリー・アガムズ、スターリング・K・ブラウン、マイラ・ルクレシア・テイラー、ジョン・オーティス、イッサ・レイ、アダム・ブロディらも出演することが発表された。[5] 映画は12月初旬にボストンで製作を終えた。同月、オライオン・ピクチャーズがこの映画の世界配給権を獲得した[6]。2023年7月、タイトルは『アメリカン・フィクション(原題)』と公表された[7]

公開

[編集]

映画の世界初上映は、2023年9月8日第48回トロント国際映画祭で行われた[7] 。米国では同年12月15日に劇場公開[2]。日本国内ではAmazon Prime Video2024年2月27日から独占配信公開[1]

評価

[編集]

批評家の反応

[編集]

映画評論サイト『Rotten Tomatoes』では、24人の批評家のレビューのうち96%が好意的で、平均評価は8.2/10[8]。加重平均を用いるレビュー収集サイト『Metacritic』では、12人の批評家による評価で100点満点中83点を付け、「普遍的な称賛」を示している[9]

受賞

[編集]

トロント国際映画祭では観客賞を受賞し、オライオン・ピクチャーズメトロ・ゴールドウィン・メイヤーの作品としては初の受賞となった[10]

脚注

[編集]
  1. ^ a b c 「アメリカン・フィクション」 Prime Videoで独占配信、2月27日から”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2024年1月30日). 2024年1月30日閲覧。
  2. ^ a b Here Are the Most Anticipated Movies of Fall 2023”. 2023年9月18日閲覧。
  3. ^ Kroll (2022年11月10日). “Jeffrey Wright To Star In MRC And T-Street's Untitled Cord Jefferson Film”. 2023年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2023年1月10日閲覧。
  4. ^ Cord Jefferson's adaptation of Percival Everett's novel Erasure; David Treuer on an Indigenous history of the US”. www.bookforum.com. 2023年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ2023年1月10日閲覧。
  5. ^ Jackson (2022年12月2日). “Tracee Ellis Ross, Erika Alexander, Sterling K. Brown, Issa Rae Join Jeffrey Wright in Cord Jefferson's Directorial Debut for MGM's Orion Pictures”. 2022年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ2023年1月10日閲覧。
  6. ^ Galuppo (2022年12月2日). “Orion Pictures Lands 'Watchmen' Writer Cord Jefferson's Directorial Debut”. The Hollywood Reporter. 2022年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ2023年1月10日閲覧。
  7. ^ a b Lang (2023年7月24日). “Toronto Film Festival 2023 Lineup Includes Alexander Payne, Richard Linklater, Anna Kendrick, George C. Wolfe and Ethan Hawke Movies” (英語). Variety. 2023年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ2023年7月24日閲覧。
  8. ^ American Fiction”. rotten tomatoes. 2023年9月17日閲覧。
  9. ^ American Fiction”. metacritic. 2023年9月14日閲覧。
  10. ^ ‘American Fiction’ Wins Toronto Film Festival’s Audience Award”. TheWrap. 2023年9月17日閲覧。

外部リンク

[編集]