再会の時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
再会の時
The Big Chill
監督 ローレンス・カスダン
脚本 ローレンス・カスダン
バーバラ・ベネデック
製作 マイケル・シャンバーグ
製作総指揮 ローレンス・カスダン
マーシャ・ナサティア
出演者 トム・ベレンジャー
グレン・クローズ
ジェフ・ゴールドブラム
ウィリアム・ハート
ケヴィン・クライン
メグ・ティリー
音楽 メグ・カスダン
撮影 ジョン・ベイリー
編集 キャロル・リトルトン
製作会社 カーソン・プロダクションズ
コロンビア映画
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年9月28日
日本の旗 1984年7月13日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $56,399,659[1]
テンプレートを表示

再会の時』(さいかいのとき、原題:The Big Chill) は、1983年アメリカ映画ローレンス・カスダン監督。

あらすじ[編集]

ハロルド・クーパー(ケヴィン・クライン)と妻のサラ(グレン・クローズ)はミシガン大学の同窓生で、現在はリッチモンドで暮らしている。ハロルドが子供を風呂であやしていると電話がかかり、サウスカロライナ州にある彼らの別荘で、友人のアレックスがバスタブで手首を切って自殺をしたことを知らされる。

アレックスの葬儀でハロルドとサラは大学時代の友人たちと15年振りに会う。有名なテレビ俳優であるサム(トム・ベレンジャー)、アトランタ弁護士をしているメグ(メアリー・ケイ・プレイス)、ピープル誌の記者のマイケル(ジェフ・ゴールドブラム)、ベトナム帰還兵でかつてラジオ番組のホストを務めていたニック(ウィリアム・ハート)、広告会社の重役を夫にもつカレン(ジョベス・ウィリアムズ)らだ。葬儀にはアレックスの恋人のクロエ(メグ・ティリー)も参列しており、カレンはオルガンでローリング・ストーンズの「無情の世界You Can't Always Get What You Want)」を弾く。

別荘に戻ると、ハロルドは友人たちに向かって週末をここで過ごさないかと誘う。カレンの夫のリチャード(ドン・ギャロウェイ)はカレンを残して去り、8人の共同生活が始まる。

キャスト[編集]

エピソード[編集]

  • 自殺した友人アレックスは、当時まだデビュー間もなかったケビン・コスナーが演じているが出演(顔が映る)シーンは全てカットされた。
  • クロエ役のメグ・ティリーは俳優になる前はプロのダンサーであった[2]。そのキャリアがクロエがバレエの体技を行うシーンで生かされている。

受賞・ノミネート[編集]

部門 候補 結果
アカデミー賞 作品賞 マイケル・シャンバーグ ノミネート
助演女優賞 グレン・クローズ
脚本賞 ローレンス・カスダン
バーバラ・ベネデック
ゴールデングローブ賞 作品賞(ミュージカル・コメディ部門) -- ノミネート
脚本賞 ローレンス・カスダン
バーバラ・ベネデック
英国アカデミー賞 オリジナル脚本賞 ローレンス・カスダン
バーバラ・ベネデック
ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ The Big Chill (1983)” (英語). Box Office Mojo . Amazon.com. 2011年7月13日閲覧。
  2. ^ Meg Tilly Biography”. Turner Classic Movies. 2016年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]