Dr.パルナサスの鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dr.パルナサスの鏡
The Imaginarium of Doctor Parnassus
監督 テリー・ギリアム
脚本 テリー・ギリアム
チャールズ・マッケオン
製作 ウィリアム・ヴィンス
エイミー・ギリアム
サミュエル・ハディダ
テリー・ギリアム
製作総指揮 ディヴ・ヴァロウ
ヴィクター・ハディダ
出演者 ヒース・レジャー
ジョニー・デップ
ジュード・ロウ
コリン・ファレル
音楽 マイケル・ダナ
ジェフ・ダナ
撮影 ニコラ・ペコリーニ
編集 ミック・オーズリー
配給 イギリスの旗 ライオンズゲート
日本の旗 ショウゲート
公開 イギリスの旗 2009年10月16日
日本の旗 2010年1月23日
上映時間 124分
製作国 イギリスの旗 イギリス
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $61,808,775[1]世界の旗
$7,689,607[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

Dr.パルナサスの鏡』(The Imaginarium of Doctor Parnassus)は、2009年公開のファンタジー映画。監督はテリー・ギリアムPG12指定。

第62回カンヌ国際映画祭上映作品。

あらすじ[編集]

1000年生きたと称するパルナサス博士は、下僕である侏儒のパーシー、若い団員であるアントン、そして自分の娘のヴァレンティーナの4人で旅を続けながら、サーカスのような興行「パルナサス博士のイマジナリウム」の公演を行っていた。それは鏡の中に客を誘い、人の心の中の欲望の世界を見せるというもの。博士は鏡の中でどちらが客を誘惑できるか、悪魔と賭けをしていたのだった。そして、かつて悪魔との賭けにより不死の命を手に入れたパルナサス博士だったが、賭けの代償にヴァレンティーナを16歳の誕生日に悪魔に引き渡さねばならなくなっていた。そんな折、一行は橋の上から吊るされた若者トニーを救い上げる。助けられた謎の男トニーは一行の仲間になり、商才を発揮して見世物を繁盛させる。だが、悪魔との賭けのタイムリミットは目前に迫っていた。それぞれの思惑が交錯するなか、悪魔と一行は鏡の中の世界でヴァレンティーナを巡る駆け引きを繰り広げる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
DVD
トニー・シェパード ヒース・レジャー 森川智之
鏡の向こうのトニー#1 ジョニー・デップ
鏡の向こうのトニー#2 ジュード・ロウ
鏡の向こうのトニー#3 コリン・ファレル
パルナサス博士 クリストファー・プラマー 石田太郎
Mr.ニック トム・ウェイツ 坂口芳貞
ヴァレンティナ リリー・コール 小島幸子
アントン アンドリュー・ガーフィールド 佐藤拓也
パーシー ヴァーン・J・トロイヤー 多田野曜平
プレジデント ピーター・ストーメア
サリー パロマ・フェイス 高橋里枝

製作の背景[編集]

2007年12月にロンドンで撮影開始。撮影中にトニーを演じるヒース・レジャーが急逝、撮影が中断し一時完成が危ぶまれたが、彼と親交のあったジョニー・デップジュード・ロウコリン・ファレルの3人が別世界にトリップしたトニーを演じることが決まり、撮影が再開された。なお、ヒース・レジャーの出演しているシーンはそのまま使われている。3人は、本作の出演料全額をヒースの遺児である娘マチルダ(当時2歳)に寄贈した。

ヒース・レジャーの代役をテリー・ギリアム監督が探していることを知ったトム・クルーズは自分から出演を申し込んだが、テリー・ギリアム監督は「ヒースをよく理解している本当の友だちに演じてほしい」と断っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Imaginarium of Doctor Parnassus (2009)”. Box Office Mojo. 2011年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]