ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
Once Upon a Time in Hollywood
Once Upon A Time in Hollywood Logo.png
監督 クエンティン・タランティーノ
脚本 クエンティン・タランティーノ
製作 デヴィッド・ハイマン
シャノン・マッキントッシュ
クエンティン・タランティーノ
製作総指揮 ジョージア・カカンデス
ユ・ドン
ジェフリー・チャン
ナレーター カート・ラッセル
出演者 レオナルド・ディカプリオ
ブラッド・ピット
マーゴット・ロビー
エミール・ハーシュ
マーガレット・クアリー
ティモシー・オリファント
オースティン・バトラー
ダコタ・ファニング
ブルース・ダーン
アル・パチーノ
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 フレッド・ラスキン
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2019年7月26日
日本の旗 2019年8月30日
上映時間 161分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $90,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $344,639,032[2]
アメリカ合衆国の旗 $138,239,032[2]
テンプレートを表示

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(原題:Once Upon a Time in Hollywood)は、2019年アメリカ合衆国イギリススリラー映画

1969年にハリウッド女優シャロン・テートがカルト集団チャールズ・マンソン・ファミリーに殺害された事件を背景に、ハリウッド映画界を描いた作品。クエンティン・タランティーノが監督を務め、レオナルド・ディカプリオブラッド・ピットの初共演作品[3]

あらすじ[編集]

かつてテレビの西部劇スターとして名を馳せていた俳優リック・ダルトンは、カウンターカルチャーの影響で変容しつつあるハリウッドの中で時代の流れに取り残され、今やドラマの悪役や単発企画へのゲスト出演に甘んじていた。リックの親友で専属スタントマンのクリフ・ブースもリックと同様に時代の流れの煽りを食い、また過去に自身が起こした出演者とのトラブルもあって実質リックの世話係を務める毎日を送っていた。そんな中、シエロ・ドライブにあるリック邸の隣にまさに時代の寵児となりつつあった映画監督ロマン・ポランスキーと売り出し中の若手女優シャロン・テートの夫妻が引っ越してきていた。

1969年2月8日、リックは西部劇愛好家の映画プロデューサーマーヴィン・シュワーズからイタリアの西部劇映画への出演を勧められる。ハリウッドスターとしてのプライドから誘いを固辞するリックは、ハリウッド俳優としての限界を改めて突きつけられたとクリフに泣きつき、自身とは正反対に多くの友人に囲まれながら華やかで幸福な前途洋々の生活を送るポランスキー、シャロン夫妻を苦々しく見つめるのであった。

1969年2月9日、リックはクリフの運転で撮影現場へ向かう。リックから撮影中に家のアンテナを修理しておくように依頼されたクリフは屋根の上から、ポランスキー邸に向かう一台の車を目撃する。やがて車から降りた男に対して、ポランスキー邸に出入りしているシャロンの元恋人で友人のジェイ・セブリングが声をかけると、男は「“テリー”を探している」と言う。ジェイが「ここは1ヶ月前からポランスキーの家だ」と返すと男は去っていった。

若手俳優ジェームス・ステイシー主演のテレビ西部劇『対決ランサー牧場英語版』に悪役として起用されていたリックだったが、前夜の深酒の影響から何度も台詞を飛ばしてしまう。自己嫌悪に陥るリックを共演する子役のトルーディ・フレイザーが慰める。気合いを入れ直したリックは、悪役としての見せ場であるシーンの撮影でスターならではの怪演を見せつけるのだった。

その頃、シャロンは休日を1人で過ごしていた。ショッピングの帰り道、自身が出演した映画『サイレンサー第4弾/破壊部隊英語版』が上映されている映画館の前を通りがかり、自分の名がクレジットされたポスターを眺めて気を良くしたシャロンは、受付係に「この映画の出演者なの」と声をかける。怪訝な顔をされながらも何とか入場を許され、自身の演技に対する客のリアクションを見て満足気な表情を浮かべるシャロンだった。

一方、リック邸のアンテナ修理を終えた後、気ままにドライブしながらリックの迎えまでの時間を潰していたクリフは、ヒッチハイクをするヒッピーの少女プッシーキャットをピックアップする。プッシーは行き先を「スパーン映画牧場」と告げるも、クリフにとって馴染みの撮影所であった牧場について彼女が「仲間を暮らしている」と語ったことに違和感を感じた彼は、牧場主のジョージ・スパーンに挨拶するためという口実で牧場を訪れる。牧場に着くと、車から降り立ったクリフをヒッピーたちが取り囲む。ヒッピーを説得しジョージとの再会を果たしたクリフであったが、ジョージは両目を失明した上記憶も混濁している状態で軟禁されていた。牧場は「チャーリー」という人物を崇拝するヒッピー集団のコミュニティとなっていた。

半年後の1969年8月9日、リックは妻のフランチェスカ・カプッチとクリフと共にロサンゼルスへ向かう飛行機に搭乗していた。『対決ランサー牧場』への出演後、リックはイタリア映画への出演を承諾し、クリフと共におよそ半年間のイタリア生活を過ごしていたのだった。半年の間に出演した4作品はいずれもイタリア国内でヒットし、2人はある程度の成功を収めていた。ロサンゼルスに着いた2人は街のレストランで食事を共にし、深夜、泥酔してタクシーにてリック邸に帰宅した。

ポランスキーとの子を身ごもっていたシャロンは、大きく膨らんだお腹を抱えながらジェイら友人と共に街のレストランで食事を摂り、その後夫の留守を理由に彼らを自宅に招いた。

クリフが愛犬のブランディの散歩に出た後、リックが追加のマルガリータを作ろうとにキッチンに立った頃、4人の男女を乗せた一台の車がシエロ・ドライブに現れた。リック邸の前に停車した車のエンジン音に苛立ったリックは4人を恫喝し、その勢いに気圧された4人は足早にその場を後にした。チャールズからの命令により旧テリー・メルチャー英語版邸に住む人物(即ちシャロンら)の殺害を企てていた4人であったが、自分たちを恫喝した人物がリック・ダルトンであることに気づくと、「リック・ダルトンのような殺人を演じた西部劇スターこそが自分たちに殺人を教え込んだ張本人である」「殺しを教えた奴らを殺そう」と標的をリックに変更する。

マンソン・ファミリーがリック邸に押し入ると、ちょうど散歩から帰宅したクリフとブランディが彼らを迎えた。ファミリーのリーダー格の男テックスはクリフに銃を向け、奥の部屋で寝入っていたフランチェスカもナイフを突きつけられる。しかし、クリフがブランディに対して食事の合図を出すと、ブランディはテックスの腕に噛みつき、クリフも怯んだファミリーを容赦なく袋叩きにする。1人プールで酒と音楽に浸っていたリックだったが、クリフとブランディから攻撃を受け半狂乱になった女がプールに飛び込んでくる。手にした銃を四方八方に乱射する女に対し、リックは過去の出演作で使用した小道具の火炎放射器を取り出し女を焼いて制圧した。

やがて警察と救急隊が駆けつけ、ファミリーの遺体と負傷したクリフを搬送、リックとフランチェスカは事情聴取を受ける。クリフを見送りその場に佇むリック。騒ぎを聞きつけやってきたジェイがリックに声をかける。シャロンもリックの身を案じ、他の友人と共に自宅へ招き入れるのであった。

登場人物・キャスト[編集]

主な登場人物[編集]

リック・ダルトン
演 - レオナルド・ディカプリオ
本作の主人公。かつてテレビの西部劇ドラマ『賞金稼ぎの掟』で人気を博した俳優。映画スターへの道が切り開けず、キャリアの停滞に焦る毎日を過ごしている。イタリア映画への出演を提案されるも、質の低いイタリア西部劇への出演は「都落ち」であるとして提案をはねつける一方で、ハリウッドでは既に「過去のヒーロー」と見なされており、将来有望な若手俳優のかませ犬的配役に起用されることがほとんどとなっている。かつては『大脱走』でスティーブ・マックイーンが主役を降りる騒ぎがあった際、代役として3人のジョージ(ジョージ・チャキリスジョージ・ペパードジョージ・マハリス)と共に代役候補となったこともある。
ハリウッド俳優としての将来の不安からやや情緒不安定な様子が描かれる。街中に溢れるヒッピー文化への嫌悪感を隠さない。
クリフ・ブース
演 - ブラッド・ピット
本作の主人公。リックの親友で専属スタントマン兼世話係。戦争の帰還兵で[4][注釈 1]、ハリウッドからやや離れた郊外のトレーラーハウスピットブルのブランディと暮らしている。
リックの仕事減少に伴ってスタントマンとしての仕事が減っている上、過去に他の出演者と暴力沙汰の騒ぎを起こしたことや妻殺しの噂があることから、現場から避けられている節がある。
情緒不安定さが目立つリックとは対照的に常に飄々としており、あらゆる面からリックのフォローを務める。その一方で暴力を厭わないやや粗野な一面も度々垣間見せる。
シャロン・テート
演 - マーゴット・ロビー
本作のヒロイン。ハリウッドで売り出し中の若手女優。
純粋で無邪気な性格の26歳。夜な夜なナイトパーティに繰り出したり、自宅でも音楽をかけて躍るなど若者らしい振る舞いが目立つ。
自身が出演する映画を上映する映画館に出演者として訪れ無料で鑑賞した際には(知名度はまださほど高くはなく、受付係にはなかなか出演者であることを信じてもらえなかった)、自らの演技に対する観客たちの好意的なリアクションを前にして素直に喜ぶ様子を見せた。なお、この時上映されていた『サイレンサー第4弾/破壊部隊』の映像は実際のものが使用されてる。
ポランスキーとともにシエロ・ドライブに引越ししてきたが、隣人であるリックとは直接の面識はなかった模様。

ハリウッド関係者[編集]

ロマン・ポランスキー
演 - ラファル・ザビエルチャ英語版[6]
新進気鋭の映画監督でシャロンの夫。シャロンとともにシエロ・ドライブに引越してきたが、シャロンと同様隣人であるリックとは直接の面識はない。
撮影のために家を留守にしていることが多く、マンソン・ファミリーの襲撃の際も制作のためロンドンに滞在していた。
マーヴィン・シュワーズ英語版
演 - アル・パチーノ
西部劇をこよなく愛する映画プロデューサー。お気に入りの俳優の1人であるリックのキャリアを案じており、イタリア映画出演を提案・仲介する。
ジェームズ・ステイシー英語版
演 - ティモシー・オリファント
『対決ランサー牧場』で、主役のジョニー・マドリッド役を演じる若手俳優。
リックとの会話で、悪気は無いながらもリックを傷を抉るような質問をしてしまう。
トルーディ・フレイザー
演 - ジュリア・バターズ
『対決ランサー牧場』でリックと共演した子役俳優。8歳ながら俳優として高い意識とこだわりを持っており、リックに対しても大人びた態度を見せる。
小説の主人公と自らの境遇を重ね合わせて思わず涙ぐむリックを励ました他、一転悪役として真骨頂を見せたリックに「今までの人生で最高の演技」と絶賛した。
ウェイン・マウンダー英語版
演 - ルーク・ペリー
『対決ランサー牧場』で、スコット・ランサー役を演じ、リックと共演する俳優。
サム・ワナメイカー
演 - ニコラス・ハモンド
『対決ランサー牧場』の監督。ヒッピー的な役作りを拒むリックに対して、「過去の役を感じさせたくない」「主役の若手俳優を輝かせたい」と主張した。
その一方で、本番でリックが見せた怪演を手放しで絶賛した。
ブルース・リー
演 - マイク・モー英語版
若手カンフー俳優。シャロンのアクション指導も行なっている。
クリフが起こした騒動の相手。ある日の撮影前、俳優としての心得を説いた際にそれをせせら笑ったクリフに喧嘩を仕掛け、投げ飛ばされた際にジャネットの車を傷つけた。
ランディ
演 - カート・ラッセル
スタントマンのコーディネーター。クリフの妻殺しの噂を信じている他、前述のブルースとのいざこざからクリフの起用を避けている。
演じるラッセルは本作のナレーターも務めている。
ジャネット
演 - ゾーイ・ベル
ランディの妻。ランディ以上にクリフを毛嫌いしている。
ジェイ・セブリング英語版
演 - エミール・ハーシュ
シャロンの元婚約者で友人のヘアスタイリスト。スティーヴ・マックイーンのヘアメイクを担当する。
家を留守にするポランスキーに代わりシャロンの世話役を担っており、日常的にポランスキー邸に出入りしている。
スティーブ・マックイーン
演 - ダミアン・ルイス
シャロンの友人。『大脱走』などに出演する往年のハリウッド・スター。
本作では、リックと正反対にテレビスターから映画スターへの転向に成功した者として描かれる。
コニー・スティーヴンス英語版
演 - ドリーマ・ウォーカー
シャロンの友人で女優。
ジョアンナ・ペティット
演- ルーマー・ウィリス
シャロンの友人で女優。

マンソン・ファミリー[編集]

チャールズ・マンソン
演 - デイモン・ヘリマン
カリフォルニア州にて、「マンソン・ファミリー」の名で知られるカルトを率いて集団生活をしていた、カルト指導者。
プッシーキャット
演 - マーガレット・クアリー
クリフを気に入り、彼をスパーン映画牧場に招く。
テックス英語版
演 - オースティン・バトラー
スクィーキー英語版
演 - ダコタ・ファニング
ジプシー英語版
演 - レナ・ダナム
ケイティ英語版
演 - マディセン・ベイティ
セイディ英語版
演 - マイキー・マディソン
クレム英語版
演 - ジェームズ・ランドリー・ヘーベルト
リックの車のタイヤをパンクさせたことでクリフに殴られる。
フラワー・チャイルド英語版
演 - マヤ・ホーク
ルル英語版
演 - ビクトリア・ペドレッティ英語版
スネーク英語版
演 - シドニー・スウィーニー英語版
フロッギー
演 - ハーレイ・クイン・スミス
ジョージ・スパーン英語版
演 - ブルース・ダーン[注釈 2]
スパーン映画牧場の牧場主。盲目。

その他[編集]

フランチェスカ・カプッチ
演 - ロレンツァ・イッツォ
リックがイタリア滞在中に結婚したイタリア人女優。
ビリー・ブース
演 - レベッカ・ゲイハート
クリフの亡き妻。彼女の死について様々な噂が立っている。
ボブ・ギルバート
演 - スクート・マクネイリー
『対決ランサー牧場』に登場する人物。
エルネスト
演 - クリフトン・コリンズ・Jr
『対決ランサー牧場』に登場する人物。
バーテンダー
演 - マルコ・ロドリゲス英語版
『対決ランサー牧場』に登場する人物。
本屋の店主
演 - クルー・ギャラガー
シャロンが本を注文した店の主。
保安官
演 - マーティン・コーヴ
『賞金稼ぎの掟』に登場する人物。
ハケット保安官
演 - マイケル・マドセン
『賞金稼ぎの掟』に登場する人物。
ヒッピーの売人
演 - パーラ・ヘイニー=ジャーディン
クリフにLSD漬けのタバコを売る。
アグリー・オウル・フート
演 - ジェームズ・レマー
『賞金稼ぎの掟』に登場する人物。
ダフナ・ベン=コボ
演 - ダニエラ・ピック
イタリア人女優。
演じているダニエラ・ピックはタランティーノ監督の妻である。
野盗
演 - モーリス・コンプト英語版リュー・テンプルヴィンセント・ラレスカ英語版
『対決ランサー牧場』に登場する人物。
レッド・アップルのCM監督
声 - クエンティン・タランティーノ(クレジットなし)
リックが出演したCMの監督。声のみの出演。

公開[編集]

2019年5月21日、第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映された[11]。アメリカ合衆国では7月26日に公開された[12]。日本では8月30日に公開された[13]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

映画批評家レビュー集積サイト「Rotten Tomatoes」では、2019年8月31日現在、486件のレビューがあり、批評家支持率は85%、平均点は10点満点で7.81点となっている[14]。「Metacritic」には、61件のレビューがあり加重平均値は83/100となっている[15]

第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、観客から6分間のスタンディングオベーションを受けた[16] 。主要各賞の受賞はならなかったが、作中でクリフの飼い犬・ブランディを演じたアメリカン・ピット・ブル・テリアのサユリにパルム・ドッグ賞が与えられている[17]

興行収入[編集]

本作は2019年7月26日に米国公開を迎え、28日までの3日間で興行収入4,035万ドルを記録した。タランティーノ監督作品としては『イングロリアス・バスターズ』(2009)の3,805万ドルをしのぎ、歴代最高のオープニング興収スタートとなった[18]

日本では8月30日より全国320スクリーンで公開した。土日2日間で動員17万人、興収2億2600万円をあげ、6位となった。これは2016年に公開された前作『ヘイトフル・エイト』の興収比476.6%と大きく上回る成績である[19] 10月2日までに累計興収1,105,600,500円、観客動員数792,386人となり、11億円を突破した。タランティーノ監督作品の日本での興行収入としては、『キル・ビル』に次ぐ2位となった。

出演者のモデル[編集]

The Telegraph紙によると、リック・ダルトンのモデルがバート・レイノルズ、彼のスタントを務めていたハル・ニーダムがクリフ・ブースであると記されている[20]

注釈[編集]

  1. ^ タランティーノによると、第二次世界大戦の帰還兵である[4]。雑誌『ENGINE』によると、ベトナム戦争の帰還兵である[5]
  2. ^ 当初、この役はバート・レイノルズが演じる予定であったが、レイノルズが撮影開始前の2018年9月6日に死去したため、レイノルズの長年の友人であったダーンが代役をつとめることになった[7][8][9][10]

脚注[編集]

  1. ^ ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD (18)”. 全英映像等級審査機構 (2019年7月26日). 2019年7月26日閲覧。
  2. ^ a b c Once Upon a Time in Hollywood” (英語). Box Office Mojo. 2019年9月26日閲覧。
  3. ^ “ディカプリオとブラピが共演!タランティーノ新作『 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』”. シネマトゥデイ. (2018年3月1日). https://www.cinematoday.jp/news/N0098869 2018年9月2日閲覧。 
  4. ^ a b Sharf, Zack (2019年4月19日). “Quentin Tarantino Drops New Details About His "Once Upon a Time in Hollywood" Characters”. https://www.indiewire.com/2019/04/quentin-tarantino-details-once-upon-a-time-in-hollywood-characters-1202060562/ 2019年9月4日閲覧。 
  5. ^ 永野正雄 (2019年9月4日). “タランティーノが描く1969年のショウビズ界 『ワンス アポン ア タイム イン ハリウッド』”. ENGINE. 新潮社. 2019年9月14日閲覧。
  6. ^ “タランティーノ新作、ロマン・ポランスキー監督役決定”. シネマトゥデイ. (2018年9月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0103235 2018年9月2日閲覧。 
  7. ^ “Bruce Dern Replaces Burt Reynolds in 'Once Upon a Time in Hollywood'”. The Hollywood Reporter. (2018年9月27日). https://www.hollywoodreporter.com/news/bruce-dern-replaces-burt-reynolds-once-a-time-hollywood-1147538 2018年9月6日閲覧。 
  8. ^ Bruce Dern Replaces His Friend Burt Reynolds In Quentin Tarantino’s ‘Once Upon A Time In Hollywood’
  9. ^ “タランティーノ新作、故バート・レイノルズさん代役にブルース・ダーン”. 映画.com. (2018年10月1日). https://eiga.com/news/20181001/6/ 2018年10月5日閲覧。 
  10. ^ ブラピ×レオの話題作、死去したバート・レイノルズさんの代役が決定”. クランクイン! (2018年10月5日). 2018年10月5日閲覧。
  11. ^ タランティーノ最新作がカンヌでお披露目!ブラピが目を潤ませるひと幕も”. 映画.com (2019年5月23日). 2019年9月14日閲覧。
  12. ^ マーゴット・ロビー演じるシャロン・テートがキュート!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』本編映像公開”. シネマトゥデイ (2019年8月10日). 2019年9月14日閲覧。
  13. ^ 【独占インタビュー】タランティーノ監督、引退宣言の意外な理由は?”. 映画.com (2019年8月30日). 2019年9月14日閲覧。
  14. ^ ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD”. Rotten Tomatoes. 2019年8月31日閲覧。
  15. ^ Once Upon a Time... in Hollywood”. IMDb. 2019年8月31日閲覧。
  16. ^ Malkin, Marc (2019年5月22日). “Quentin Tarantino’s ‘Once Upon a Time in Hollywood’ Enters Oscar Race Following Cannes Premiere” (英語). Variety. 2019年8月31日閲覧。
  17. ^ Quentin Tarantino Collects Palm Dog Award for 'Once Upon a Time in Hollywood' Pit Bull” (英語). The Hollywood Reporter. 2019年8月31日閲覧。
  18. ^ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』タランティーノ史上最高の米オープニング成績に ─ 『イングロリアス・バスターズ』しのぐ”. THE RIVER. 2019年9月7日閲覧。
  19. ^ 【国内映画ランキング】上位4作品に変動なし 「天気の子」興収116億突破”. 映画.com. 2019年9月7日閲覧。
  20. ^ Martin Chilton (2019年8月16日). “Once Upon A Time in Hollywood's true hero: the wild, bone-breaking life of stunt legend Hal Needham” (英語). The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/films/0/stuntman-hal-needham-true-hero-upon-time-hollywood/ 2019年9月10日閲覧。 

外部リンク[編集]