ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
Nebraska
監督 アレクサンダー・ペイン
脚本 ボブ・ネルソン
製作 アルバート・バーガー
ロン・イェルザ
製作総指揮 ダグ・マンコフ
ジョージ・パーラ
ジュリー・M・トンプソン
出演者 ブルース・ダーン
ウィル・フォーテ
ジューン・スキッブ
ステイシー・キーチ
ボブ・オデンカーク
音楽 マーク・オートン
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 ケヴィン・テント
製作会社 フィルムネーション・エンターテインメント英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・ヴァンテージ
日本の旗ロングライド
公開 フランスの旗 2013年5月23日CIFF
アメリカ合衆国の旗 2013年11月15日
日本の旗 2014年2月28日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(ネブラスカ ふたつのこころをつなぐたび、原題: Nebraska )は、2013年アメリカ合衆国ドラメディ映画。出演はブルース・ダーンウィル・フォーテ、監督はアレクサンダー・ペインが務めた[1]第66回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門でパルム・ドールを争い[2]、ブルース・ダーンが男優賞を獲得した[3]。アメリカ合衆国では2013年11月15日に公開された[4]。日本での公開は2014年2月28日。

プロット[編集]

インチキな通知文を信じ込み、当っていない賞金を手に入れるために父子がモンタナ州からネブラスカ州リンカーンを目指す[1]。その道中に立ち寄った父の故郷で、昔の共同経営者だった父の友人や親戚、知人と出会う[5]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え声優

製作[編集]

脚本[編集]

アバウト・シュミット』の製作中、アレクサンダー・ペインはボブ・ネルソンの脚本をプロデューサーのアルバート・バーガーとロン・イェルザから渡され、監督に推薦された。彼は自分が監督することを希望したが、当時プリプロダクション中であった『サイドウェイ』から2本連続でロードムービーを撮ることには難色を示し、『ファミリー・ツリー』が完了するまで保留となった。本作は脚本執筆プロセスにペインが関与しなかった初めての作品であり、撮影開始前に少々手直しするだけに留まった[6]

キャスティング[編集]

最初に脚本を読んだ後、ペインは高齢の父親のウディ・グラント役にはブルース・ダーンを考えた。キャスティングが始まった際にペインは50人以上の俳優と会った[7]。これはパラマウント映画側がジーン・ハックマンロバート・デ・ニーロロバート・デュヴァルジャック・ニコルソンロバート・フォスターといった大物スターを望んでいたからである[8]。ハックマンが引退したために面会が失敗に終わると、ペインは当初の構想に戻ってダーンをキャスティングした[9]

第66回カンヌ国際映画祭でのキャストと監督。

息子のデヴィッド・グラント役も同様に著名なハリウッドの俳優が希望された。ブライアン・クランストンはこの役のために脚本を読んだが、ペインは彼には合わないと考えた[10]。他にポール・ラッドケイシー・アフレックなどが候補に上がり[11]、さらにマシュー・モディーンも自分が候補であることを話した[12]。知名度の高い俳優になると噂されていたにもかかわらず、最終的にウィル・フォーテがペインによって選ばれた[9]

撮影[編集]

本作は白黒で撮影された[5]。ペインは「象徴的、典型的な外観」を生みだすために白黒で撮影することに決めた。白黒での撮影は配給のパラマウント・ヴァンテージの要望とは反するものであった。撮影はアリ・アレクサ英語版デジタル・カメラ[13]パナビジョンCシリーズ・アナモルフィック・レンズを使って行われた[14]

撮影は2011年にネブラスカ州で始まった。その後モンタナ州ビリングスワイオミング州バッファロー英語版サウスダコタ州ラピッドシティに移り[1][5]、35日後に完了した。

音楽[編集]

映画音楽ティン・ハット英語版のメンバーであるマーク・オートンが作曲した[15]。スコアにはまた、2005年に再結成した他のティン・ハットの3人のオリジナル・メンバーが演奏したものが含まれている[16]。サウンドトラック盤は2013年11月19日にミラン・レコーズ英語版より発売される[17]

テレビ放映[編集]

2014年8月10日に、パラマウント映画傘下のテレビ局 Epix で本作がカラー化されて放送されることになった。しかし、監督のアレクサンダー・ベインや製作を担当したロン・イェルザアルバート・バーガーらは本作のカラー化を事前に知らされていなかった。ベインらは「カラー化された本作が放送されないことを望む」と述べている[18][19]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは210件の批評家レビューで支持率は91%、平均点は8/10となった[20]Metacriticでは45件のレビューで加重平均値は86/100となっている[21]

受賞とノミネート[編集]

賞・映画祭 部門 候補 結果
カンヌ国際映画祭[22] パルム・ドール アレクサンダー・ペイン ノミネート
男優賞 ブルース・ダーン 受賞
アカデミー賞[23] 作品賞 アルバート・バーガー、ロン・イェルザ ノミネート
監督賞 アレクサンダー・ペイン ノミネート
主演男優賞 ブルース・ダーン ノミネート
助演女優賞 ジューン・スキッブ ノミネート
脚本賞 ボブ・ネルソン ノミネート
撮影賞 フェドン・パパマイケル ノミネート
全米映画俳優組合賞 主演男優賞 ブルース・ダーン ノミネート
助演女優賞 ジューン・スキッブ ノミネート
ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) アルバート・バーガー、ロン・イェルザ ノミネート
監督賞 アレクサンダー・ペイン ノミネート
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ブルース・ダーン ノミネート
助演女優賞 ジューン・スキッブ ノミネート
脚本賞 ボブ・ネルソン ノミネート
全米映画批評家協会賞[24] 撮影賞 フェドン・パパマイケル 3位
ハンブルグ国際映画祭 アート映画賞 アレクサンダー・ペイン ノミネート
ニューヨーク映画祭 作品賞 アレクサンダー・ペイン ノミネート
インディペンデント・スピリット賞[25] 作品賞 アルバート・バーガー、ロン・イェルザ ノミネート
監督賞 アレクサンダー・ペイン ノミネート
主演男優賞 ブルース・ダーン ノミネート
助演男優賞 ウィル・フォーテ ノミネート
助演女優賞 ジューン・スキッブ ノミネート
第一回脚本賞 ボブ・ネルソン 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[26] 主演男優賞 ブルース・ダーン 受賞
助演男優賞 ウィル・フォーテ 受賞
ボストン映画批評家協会賞[27] 助演女優賞 ジューン・スキッブ 受賞
アンサンブル・キャスト賞 受賞
デトロイト映画批評家協会賞[28] 助演女優賞 ジューン・スキッブ ノミネート
サンフランシスコ映画批評家協会賞[29] 作品賞 ノミネート
主演男優賞 ブルース・ダーン ノミネート
助演男優賞 ウィル・フォーテ ノミネート
助演女優賞 ジューン・スキッブ ノミネート
脚本賞 ボブ・ネルソン ノミネート
撮影賞 フェドン・パパマイケル ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞[30][31] 作品賞 アルバート・バーガー、ロン・イェルザ ノミネート
監督賞 アレクサンダー・ペイン ノミネート
主演男優賞 ブルース・ダーン ノミネート
助演男優賞 ウィル・フォーテ 次点
助演女優賞 ジューン・スキッブ 次点
脚本賞 ボブ・ネルソン ノミネート
ダブリン映画批評家協会賞[32] 主演男優賞 ブルース・ダーン 受賞
トロント映画批評家協会賞[33] 助演女優賞 ジューン・スキッブ 次点
セントラルオハイオ映画批評家協会賞[34] 作品賞 ノミネート
監督賞 アレクサンダー・ペイン ノミネート
アンサンブル演技賞 ノミネート
助演女優賞 ジューン・スキッブ ノミネート
脚本賞 ボブ・ネルソン ノミネート
作曲賞 マーク・オートン ノミネート
バンクーバー映画批評家協会賞[35] 助演女優賞 ジューン・スキッブ ノミネート
アイオワ映画批評家協会賞[36] 作品賞 2位
主演男優賞 ブルース・ダーン 3位
助演女優賞 ジューン・スキッブ 2位
ノースカロライナ映画批評家協会賞[37] 監督賞 アレクサンダー・ペイン ノミネート
主演男優賞 ブルース・ダーン ノミネート
助演女優賞 ジューン・スキッブ ノミネート
脚本賞 ボブ・ネルソン ノミネート
インターネット映画批評家協会賞[38] 男優賞 ブルース・ダーン 受賞
サテライト賞[39] 主演男優賞 ブルース・ダーン ノミネート
助演女優賞 ジューン・スキッブ 受賞
キャスト賞 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Alexander Payne’s ‘Nebraska’ wraps filming in Montana, headed to Wyoming and South Dakota next” (2012年12月3日). 2013年11月12日閲覧。
  2. ^ 2013 Official Selection”. Cannes (2013年4月18日). 2013年4月18日閲覧。
  3. ^ Cannes Film Festival: Awards 2013”. Cannes (2013年5月26日). 2013年5月26日閲覧。
  4. ^ Ford, Rebecca (2013年9月17日). “Alexander Payne's 'Nebraska' Trailer: Bruce Dern, Will Forte Hit the Road (Video)”. The Hollywood Reporter. 2013年10月4日閲覧。
  5. ^ a b c Webb, Gaci (2012年11月30日). “'Nebraska' filming attracts local actors, gawkers”. Billings Gazette. http://billingsgazette.com/entertainment/enjoy/nebraska-filming-attracts-local-actors-gawkers/article_1859efb1-8324-57df-9b64-cf6f4aed6578.html 2012年12月3日閲覧。 
  6. ^ Goodsell, Luke (2013年10月9日). “Interview: Alexander Payne on Nebraska”. Rotten Tomatoes. Flixter. 2013年10月10日閲覧。
  7. ^ Ryan, Mike (2013年10月10日). “Alexander Payne On 'Nebraska' & Why He's Not Making Fun Of People From The Midwest”. The Huffington Post. AOL. 2013年10月11日閲覧。
  8. ^ Brodesser-Akner, Claude (2011年10月11日). “Paramount Demands a Budget Cut and a Big Star for Alexander Payne’s Black-and-White Movie”. Vulture. New York. 2013年10月11日閲覧。
  9. ^ a b Biga, Leo (2012年10月26日). “Alexander Payne’s ‘Nebraska’ Comes Home to Roost: The State’s Cinema Prodigal Son is Back Filming Again in his Home State after Long Absence”. WordPress. 2013年10月11日閲覧。
  10. ^ Ng, Philiana (2012年3月14日). “Alexander Payne Says Bryan Cranston Not Right for Upcoming Project 'Nebraska'”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2013年10月11日閲覧。
  11. ^ Davis, Edward (2012年8月6日). “Bruce Dern & Will Forte Confirmed For Alexander Payne's 'Nebraska,' Shooting Starts In October”. The Playlist. IndieWire. 2013年10月11日閲覧。
  12. ^ Bennington, Ron (2012年5月11日). “Matthew Modine: Directed by the Best”. The Interrobang. Sirius XM Radio. 2013年10月11日閲覧。
  13. ^ Another great Cannes for ARRI cameras”. ARRI Group. 2013年6月8日閲覧。
  14. ^ Payne’s 'Nebraska' a Blend of Old and New as He Brings Indiewood Back to the State and Reconnects with Tried and True Crew on His First Black and White Film” (2013年1月6日). 2013年6月8日閲覧。
  15. ^ Alexander Payne’s ‘Nebraska’ to Feature Music by Tin Hat’s Mark Orton”. Film Music Reporter (2013年5月8日). 2013年10月11日閲覧。
  16. ^ McQuiston, James (2013年10月3日). “Mark Orton Weaves Panoramic, Americana-Packed Score for Upcoming Alexander Payne Film Nebraska”. NeuFutur Magazine. WordPress. 2013年10月11日閲覧。
  17. ^ Milan Records to Release Soundtrack for Alexander Payne’s ‘Nebraska’”. Film Music Reporter (2013年9月18日). 2013年10月11日閲覧。
  18. ^ https://twitter.com/oscarnoyukue/status/497236485427302400
  19. ^ Color Version of 'Nebraska' to Show on Epix that Alexander Payne Hoped Would Never Be Seen”. 2014年8月8日閲覧。
  20. ^ Nebraska”. Rotten Tomatoes. 2014年3月19日閲覧。
  21. ^ Nebraska”. Metacritic. 2014年3月19日閲覧。
  22. ^ AWARDS - 66th Festival de Cannes Awards”. Cannes Film Festival (2013年5月26日). 2013年10月11日閲覧。
  23. ^ “[http://oscar.go.com/nominees The Nominees]”. 2014年1月17日閲覧。
  24. ^ 2013 Awards: “Inside Llewyn Davis,” Oscar Isaac, Cate Blanchett”. 2014年1月5日閲覧。
  25. ^ '12 Years a Slave' Leads 2014 Spirit Award Nominations”. 2014年1月11日閲覧。
  26. ^ NATIONAL BOARD OF REVIEW ANNOUNCES 2013 AWARD WINNERS”. 2014年1月11日閲覧。
  27. ^ 2013 Winners”. 2014年3月19日閲覧。
  28. ^ The 2013 Detroit Film Critics Society Awards”. 2014年3月19日閲覧。
  29. ^ 2013 SAN FRANCISCO FILM CRITICS CIRCLE AWARDS”. 2014年3月19日閲覧。
  30. ^ St. Louis Film Critics Awards Nominees For 2013 Announced”. 2014年3月19日閲覧。
  31. ^ 2013 WINNERS OF THE ST. LOUIS FILM CRITICS AWARDS ANNOUNCED!”. 2014年3月19日閲覧。
  32. ^ 2013 Dublin Film Critics' Circle Award winners”. 2014年3月19日閲覧。
  33. ^ TFCA Announces 2013 Awards”. 2014年3月19日閲覧。
  34. ^ AWARDS: 2013”. 2014年1月3日閲覧。
  35. ^ And the 2014 VFCC Nominees Are …”. 2014年2月24日閲覧。
  36. ^ 2013 Iowa Film Critics' Association Awards”. 2014年1月12日閲覧。
  37. ^ 2013 Awards Nominees”. 2014年1月6日閲覧。
  38. ^ 2013 Internet Film Critic Society Winners”. 2014年3月19日閲覧。
  39. ^ 2013 Nominations”. 2014年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]