アレクサンダー・ペイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンダー・ペイン
Alexander Payne
Alexander Payne
本名 Constantine Alexander Payne
生年月日 (1961-02-10) 1961年2月10日(56歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ネブラスカ州オマハ
配偶者 サンドラ・オー (2003-2006)

アレクサンダー・ペインAlexander Payne, 本名: Constantine Alexander Payne, 1961年2月10日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家ネブラスカ州オマハ出身。アカデミー脚色賞最多受賞者のひとり。アカデミー賞に3部門で7回ノミネートされている。

概要[編集]

1961年にオマハギリシャ系の両親のもと、3人兄弟の末っ子として生まれる。ダンディー・ハッピー・ホロー歴史地区で育ち、近所にはウォーレン・バフェットがいた。幼い頃から映画撮影に興味を示し、14歳の時には8mmカメラの扱いに慣れていた。クレイトン・プレップ・スクールでは学内新聞のコラムを書き、卒業アルバムの編集員を務めた。スタンフォード大学ではスペイン語と歴史を二重専攻し、学位のためスペインとコロンビアに滞在。1990年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校フィルムスクールで芸術修士を修めた。

ロサンゼルスでルームメイトになったジム・テイラーとタッグを組み脚本を執筆。テイラーとは時に2つのキーボードを1つのモニターに接続して共同執筆していた。

2004年の『サイドウェイ』でアカデミー脚色賞をテイラーと共同受賞。同映画に出ていた女優サンドラ・オーと2003年に結婚したが、2005年に別居状態であることが明らかになり、翌年離婚した。

2011年の『ファミリー・ツリー』で再びアカデミー脚色賞を受賞した。

2012年にはカンヌ国際映画祭の審査員に選ばれ、翌年には『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』がパルム・ドールにノミネートされた。

特徴[編集]

アメリカ社会の家族・夫婦関係をテーマにし、風刺やブラック・ユーモアを混ぜる作風が特徴。

1970年代の映画や、サイレントコメディーに影響を受け、リアルな描写を重視し、脇役には本職の教師や警官など非俳優を使うこともある。美術館やラシュモア山など有名な観光名所を毎作取り入れ、電話モノローグを象徴的に使うことでも知られる。

フィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]