ヒッチコック (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒッチコック
Hitchcock
監督 サーシャ・ガヴァシ
脚本 ジョン・マクラフリン
原作 スティーヴン・レベロ英語版
アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ英語版
製作 アイヴァン・ライトマン
トム・ポロック
ジョー・メジャック英語版
アラン・バーネット
トム・セイヤー
製作総指揮 アリ・ベル
リチャード・ミドルトン
出演者 アンソニー・ホプキンス
ヘレン・ミレン
スカーレット・ヨハンソン
ジェシカ・ビール
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 ジェフ・クローネンウェス
編集 パメラ・マーティン
製作会社 モンテシート・ピクチャー・カンパニー英語版
コールド・スプリング・ピクチャーズ
フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年11月23日
日本の旗 2013年4月5日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $23,570,541[1]
テンプレートを表示

ヒッチコック』(Hitchcock)は、サーシャ・ガヴァシが監督し、スティーヴン・レベロ英語版ノンフィクション本『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ英語版』を原作とした2012年のアメリカ合衆国の映画である。

アルフレッド・ヒッチコック監督による1960年の映画 『サイコ』の製作の舞台裏を描く作品である。

ストーリー[編集]

エド・ゲインの農場。いきなり弟が兄を撲殺する。予告編[2]のように紅茶を飲むヒッチコックが出てきて、この事件がなかったら映画も作らなかっただろうという。

北北西に進路を取れ』が公開されてヒットしているが、批評家の評価は高くない。次回作の原作を探し始めたヒッチコックの目に留まったのは、エド・ゲイン事件にヒントを得たロバート・ブロックのスリラー小説『サイコ』で、ラストを知られないように本を買い占める。しかし、パラマウント映画社もエージェントも出資に難色を示したことから、屋敷を担保に入れて自費で製作するハメになる。妻のアルマは「30分で殺すのよ」と忠告。脚本はステファノが担当。

シャワー中の殺害シーンの問題や「アメリカ映画史でトイレの映像は必要なかった、ましてや流すなんて」と言われ、前代未聞の演出はヘイズ・コードを振りかざす映倫との不毛な論争を招き、アメリカでは上映できないとまでいわれる。ゲイの噂のあるアンソニー・パーキンスが呼ばれるが、ノーマン役が自分と重なりすぎていて自分も母が異常に好きで父親を殺したかったが、5歳の時に心臓発作で亡くなり、罪の意識を感じているといわれる。「グレース・ケリーが演じたら何でも許される」と嘆くと「既に王妃よ」とアルマが言い返し、ジャネット・リーを推薦する。リーは安物香水とランバンのMy Sinを使い分ける二重生活がマリオンの本質だと答え、胸が大きいのでシャワーのシーンを心配するが、カットの編集でつなぐと説得される。

憔悴したヒッチコックの目には殺人鬼エド・ゲインの幻が見えるようになる。撮影が始まり、ラストを話さないように宣誓させる。最後の10ページはアルマに任せてあるというが、優秀な脚本家で30年間ヒッチコックを支えてきたアルマは知人の脚本家ウィットフィールドに乞われて彼の別荘で『ドブロヴニク』の脚本の共同製作を始め、隠れ家に連れて行ったりして、ヒッチコックは妻の裏切りに静かに憤る。ヴェラ・マイルズとは『めまい』でヒロインに抜擢したら撮影2週間前に妊娠して、それ以来疎遠になっていて「女は分からない」と述懐。撮影がイメージどおりに進まず、高熱で倒れて遅れ、苛立ち、アルマの浮気を疑って大喧嘩となる。アルマはウィットフィールドが浮気している現場を目撃。映画会社にせかされて上映したパイロットフィルムが散々の評判で「ヒッチコック劇場」で2部に分けて放送したら、とまでいわれたことから、駄作を覚悟する。

嘆いても仕方がないとアルマが再編集を手伝う。音楽はいらないというが、バーナード・ハーマンが作曲して恐怖が増す。最初のベッドシーンも再撮影。2館だけで先行上映が決まり、上映後は誰も入れなくする。「予想通りの勝利」といわれる。アルマが「あなたの最大のヒット作になる」というと、ヒッチコックは「私たちの」と言い直し、「サスペンスの巨匠だから」という。

「こうして自宅とプールを失うことはなかった、次回作で実力が試されるといわれるが、まだ思い浮かばないが、ヒントはまもなく降りてくる」というヒッチコックの肩にカラスが舞い降りる。

アカデミー賞とは無縁だったものの、1979年に生涯貢献賞を取り、「この賞を人生の伴侶アルマと分かち合います」とスピーチした。

キャスト[編集]

※日本公開時、日本語吹き替え版が上映されないにもかかわらず、ヒッチコックの声を吹き替えてきた熊倉一雄を起用したTV予告編が流された[3]

製作[編集]

2005年、アーツ&エンターテインメント・ネットワーク英語版スティーヴン・レベロ英語版の書籍『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ英語版』を原作としたテレビ映画またはミニシリーズを製作することが報じられた[4]。その後、メジャー映画の企画となった。2007年、アイヴァン・ライトマンとトム・ポロックが所有するモンテシート・ピクチャー・カンパニー英語版が、オリジナル版『サイコ』の配給会社であるパラマウント映画とファーストルック契約を結んだ。しかしながらパラマウントでの企画の4年後、製作はフォックス・サーチライト・ピクチャーズに移った[5]

2011年11月20日、サーシャ・ガヴァシが監督として交渉中であることが発表された。またそれに立ちアンソニー・ホプキンスアルフレッド・ヒッチコックヘレン・ミレンアルマ・レヴィル役で契約した[5]

2012年3月に多数のキャストが発表された。2012年3月1日、スカーレット・ヨハンソンジェームズ・ダーシーが『サイコ』の主演俳優のジャネット・リーアンソニー・パーキンスを演じることが発表された[6]。さらにジェシカ・ビールヴェラ・マイルズ役に決まった[7]。さらにトニ・コレットが監督のアシスタント、ダニー・ヒューストンが脚本家のホイットフィールド・クック、マイケル・スタールバーグがスタジオ社長のルー・ワッサーマンマイケル・ウィンコットが殺人鬼エド・ゲインラルフ・マッチオが脚本家のジョセフ・ステファノリチャード・ポートナウパラマウント映画社長のバーニー・バラバン英語版ウォレス・ランガムがデザイナーのソール・バス役に決まったと発表された[8][9]

主要撮影は2012年4月13日にロサンゼルスで開始され、タイトルは『Hitchcock』に変更された[10]。1960年6月16日の『サイコ』のニューヨーク・プレミア時に設定したシーンの撮影後の5月31日に完了した[11]

2012年9月12日、ダニー・エルフマンが音楽を作曲することが発表した[12]。エルフマンは1998年のガス・ヴァン・サント監督によるリメイク版『サイコ』の音楽を手がけた際、バーナード・ハーマンのものを再構成した[13]

公開[編集]

2012年9月20日、フォックス・サーチライトはオスカー・シーズンに合わせて公開日を2012年11月23日にすることを発表した[14]

参考文献[編集]

  1. ^ Hitchcock” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年4月25日閲覧。
  2. ^ 『サイコ』の予告編は映画のダイジェストだけでなく、猟奇事件が起きた現場の前でヒッチコックが説明するという趣向になっている。
  3. ^ http://www.color-g.jp/news/2013/03/news-top/news/hitchcock-13/
  4. ^ Martin, Denise (2005年7月13日). “A&E looks into 'Live'”. Variety. 2012年9月17日閲覧。
  5. ^ a b Kit, Borys (2011年12月7日). “Helen Mirren Circling 'Alfred Hitchcock' as Project Moves From Paramount to Fox Searchlight (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2012年9月17日閲覧。
  6. ^ Trumbore, Dave (2012年3月1日). “Scarlett Johansson and James D’Arcy Join ALFRED HITCHCOCK AND THE MAKING OF PSYCHO”. Collider.com. 2012年9月17日閲覧。
  7. ^ Donnelly, Matt (2012年3月21日). “Jessica Biel nabs coveted 'Hitchcock' role as Vera Miles”. Los Angeles Times. 2012年9月17日閲覧。
  8. ^ Gallagher, Brian (2012年3月21日). “Toni Collette and Danny Huston Join Alfred Hitchcock and the Making of Psycho”. Movieweb. 2012年9月17日閲覧。
  9. ^ Original Karate Kid Ralph Macchio Joins Alfred Hitchock & The Making of Psycho” (2012年4月18日). 2012年9月17日閲覧。
  10. ^ Savage, Sophia (2012年4月12日). “Gervasi's 'Hitchcock' Shortens Title & Calls Itself A Love Story; Shoots April 13 in LA with Hopkins, Mirren & Johansson”. Indiewire. 2012年9月17日閲覧。
  11. ^ Horgan, Richard (2012年6月4日). “UCLA Prof, Students Visit Sacha Gervasi’s Hitchcock Set”. Mediabistro. 2012年9月17日閲覧。
  12. ^ Trumbore, Dave. “Danny Elfman to Score Gus Van Sant’s PROMISED LAND and Sacha Gervasi’s HITCHCOCK, Both of Which May Debut Early to Qualify for 2012 Oscars”. Collider. 2012年9月12日閲覧。
  13. ^ Browne, David (1999年1月8日). “Psycho: Music From and Inspired by the Motion Picture”. Entertainment Weekly. 2012年9月20日閲覧。
  14. ^ Rosen, Christopher (2012年9月20日). “'Hitchcock' Release Date: Anthony Hopkins Drama Set For Nov. 23, 2012”. Huffington Post. 2012年9月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]