恋愛適齢期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恋愛適齢期
Something's Gotta Give
監督 ナンシー・マイヤーズ
脚本 ナンシー・マイヤーズ
製作 ナンシー・マイヤーズ
ブルース・ブロック
出演者 ジャック・ニコルソン
ダイアン・キートン
キアヌ・リーブス
フランシス・マクドーマンド
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 ジョー・ハッシング
製作会社 コロンビア映画
ワーナー・ブラザーズ
Waverly Films
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年12月12日
日本の旗 2004年3月27日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $124,728,738[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$266,728,738[1] 世界の旗
テンプレートを表示

恋愛適齢期』(原題: Something's Gotta Give)は、2003年12月12日にアメリカで公開、日本では翌年3月27日公開のアメリカ映画である。熟年男女の恋愛をテーマにしたロマンチック・コメディ映画作品である。

ストーリー[編集]

音楽業界で活躍する63歳のハリー・サンボーン(ジャック・ニコルソン)は、30歳未満の女性が恋愛対象の結婚経験ゼロの裕福な独身プレイボーイ。現在は、一度の結婚経験のある独身の54歳の人気劇作家エリカ・バリー(ダイアン・キートン)の娘マリン(アマンダ・ピート)と付き合っていた。そんなある日、ハリーはエリカの所有する海辺の別荘でマリンと過ごすために訪れるのだが、そこで突然の心臓発作に見舞われてしまう。何とか一命は取り留めたものの、医師(キアヌ・リーブス)の指示で、エリカやエリカの妹ゾーイ(フランシス・マクドーマンド)の世話になりながら、療養の為、そのまま別荘にしばらく滞在させられる破目になる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ハリー・サンボーン ジャック・ニコルソン 勝部演之
エリカ・ジェーン・バリー ダイアン・キートン 松岡洋子
ジュリアン・マーサー キアヌ・リーブス 山野井仁
ゾーイ・バリー フランシス・マクドーマンド 藤生聖子
マリン・バリー アマンダ・ピート 加藤ゆう子
レオ・ホフマン ジョン・ファヴロー 桜井敏治
デイビッド・クライン ポール・マイケル・グレイザー 有本欽隆
マルチネス医師 レイチェル・ティコティン 田村聖子
クリステン ケイディー・ストリックランド

制作[編集]

監督ナンシー・マイヤーズが、脚本も手がけるにあたってダイアン・キートンが演じることを前提に、ハリーというキャラクターもジャック・ニコルソンを意識して書いたといわれている。

原題は、1954年のジョージア州の作詞・作曲家ジョニー・マーサーの作品「Something's Gotta Give」より借りている。ジョニー・マーサーにちなんで、キアヌ・リーブス演じる医師の名はジュリアン・マーサーとなっている。なお、マリリン・モンローの死の直前(1962年)に撮影された未完成映画のタイトルは『Something's Got to Give』で、本作品のタイトルと同じではない。

アメリカにおける映画宣伝用ポスターではジャック・ニコルソンとダイアン・キートンの二人の姿だけのポスターであったが、日本国内公開時にはキアヌ・リーヴスの姿も入ったポスターが用いられ観客動員力向上が試みられた。

出典[編集]

  1. ^ a b c Something's Gotta Give (2003)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]