幸せのポートレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幸せのポートレート
The Family Stone
監督 トーマス・ベズーチャ
脚本 トーマス・ベズーチャ
製作 マイケル・ロンドン
製作総指揮 ジェニファー・オグデン
出演者 サラ・ジェシカ・パーカー
音楽 マイケル・ジアッチーノ
撮影 ジョナサン・ブラウン
編集 ジェフリー・フォード
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年12月16日
日本の旗 2006年7月15日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $18,000,000[1]
興行収入 $92,283,851[1]
テンプレートを表示

幸せのポートレート』(原題: The Family Stone)は、2005年製作のアメリカ映画である。トーマス・ベズーチャ監督・脚本。主演のサラ・ジェシカ・パーカーゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) にノミネートされた。

恋人の実家に招待されたキャリア・ウーマンが、“開けっ広げな家族”に戸惑いながらも愛を摸索していく姿を描く。

ストーリー[編集]

ニューヨークに暮らすメレディスは、恋人エヴェレットの招待で、クリスマスの休暇に初めて彼の実家へ赴いた。しかしキャリア・ウーマンのメレディスは、あまりに自由な彼の家族たちになかなか溶け込めないでいた。そんなメレディスを気にかけたのは、エヴェレットの弟ベンであった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Family Stone”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]