きみに読む物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きみに読む物語
The Notebook
監督 ニック・カサヴェテス
脚本 ジャン・サルディ
ジェレミー・レヴェン
製作 マーク・ジョンソン
リン・ハリス
製作総指揮 トビー・エメリッヒ
アヴラム・ブッチ・カプラン
出演者 ライアン・ゴズリング
レイチェル・マクアダムス
音楽 アーロン・ジグマン
撮影 ロバート・フラッセ
編集 アラン・ハイム
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年6月25日
日本の旗 2005年2月5日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $29,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$81,001,787[1]
世界の旗$115,603,229[1]
テンプレートを表示

きみに読む物語』(原題: The Notebook)は、2004年に製作されたアメリカ映画1996年ニコラス・スパークスが発表した小説、及び原作を映画化。2005年度ゴールデン・サテライト賞助演女優賞:ジーナ・ローランズ。全米週末興行成績初登場第4位(2004年6月25日-27日)。[2]

あらすじ[編集]

認知症を患い過去を思い出せずにいるアルツハイマー症の老女と共に、療養施設へ入寮しているデュークは、ノートに書かれた物語を彼女へ読み聞かせている。

物語は、1940年のアメリカ南部シーブルックが舞台。青年ノアは別荘にやってきた16歳のアリーに一目惚れ。強引にデートに誘い、映画を見て語り合った後、仲良くなり、2人は付き合うようになる。初めてノアの家を訪ねていくとテラスで詩[3]を読んでおり、これは物語全体に関わってくる。父親はやさしく、夜にもかかわらずパンケーキを勧める。ノアは、いつか買い取って農場を始めたい古い屋敷にアリーを連れて行くが、彼女の両親が探しているといわれ中断。その後も二人の仲は認められず、ひと夏の出来事が終わった。

大学生になったアリーに毎日手紙を出したが、戦争が始まり、ノアは徴兵される。アリーは裕福な弁護士ロンと婚約する。軍隊から戻ったノアが父親が買い取ってくれた古い屋敷の改造にいそしむ。結婚式を直前にしてアリーはけじめをつけるためにノアに会いに行く。連絡がなかったというアリーに365通出したというが、母親によって没収されていたのだった。二人は激しく求め合う。

連れ戻しにきた母親が砂利工場で働く男を見せながら、「25年前に駆け落ちした人よ、あのまま彼と暮らしていたら」と説得する。アリーは納得するが、隠された手紙を見つけ、ノアの許に戻って行く。

湖を夕日が染める頃、「それ私たちね」と老女が気づく。しかし、記憶はわずかしかもたない。肩を震わせて泣くノア。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ノア・カルフーン ライアン・ゴズリング 内田夕夜
アリー・ハミルトン レイチェル・マクアダムス 坂本真綾
認知症の女性患者 ジーナ・ローランズ 有田麻里
デューク ジェームズ・ガーナー 勝部演之
アン(アリーの母) ジョアン・アレン 野沢由香里
ロン ジェームズ・マースデン 森川智之
フランク(ノアの父) サム・シェパード 納谷六朗
フィン ケヴィン・コナリー 河本邦弘
ジョン(アリーの父) デヴィッド・ソーントン 中村秀利
サラ ヘザー・ウォールクィスト
マーサ ジェミー・ブラウン
エスター(看護師) スターレッタ・デュポワ

その他[編集]

2008年5月にアメリカの映画専門サイトMovieFoneが発表した「Sexiest Movie Couples of All Time(歴代映画のセクシーなカップル)」において、ライアン・ゴズリングの演じたノアとレイチェル・マクアダムスの演じたアリーのカップルが第18位にランクインした。[4] また、2005年度のMTVムービー・アワードでは「ベスト・キス」に選ばれた。[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Notebook (2004)”. Box Office Mojo. 2010年1月20日閲覧。
  2. ^ [1]Box Office Mojo データベース 全米週末興行収入成績(2004年6月25日-27日付)
  3. ^ ウォルト・ホイットマンの詩「草の葉」の一部

    Beautiful dripping fragments—the negligent list of
    one after another, as I happen to call them to
    me, or think of them,
    The real poems, (what we call poems being merely
    pictures,)
    The poems of the privacy of the night, and of men
    like me,
    This poem, drooping shy and unseen, that I always

    carry, and that all men carry,
  4. ^ [2]MovieFone「Sexiest Movie Couples of All Time」2008年5月2日
  5. ^ [3]MTV Movie Awards 2005年 データベース

外部リンク[編集]