中村秀利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかむら ひでとし
中村 秀利
プロフィール
本名 中村 秀利[1]
愛称 ひでさん[2]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都[3]
生年月日 (1954-07-12) 1954年7月12日
没年月日 (2014-12-24) 2014年12月24日(60歳没)
血液型 A型[4]
職業 声優俳優ナレーター
事務所 81プロデュース(最終所属)[3]
配偶者 あり[5]
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 168 cm / 59 kg
声優活動
活動期間 1977年 - 2014年
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
俳優活動
ジャンル 舞台
デビュー作 『シャンテ』[6]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

中村 秀利(なかむら ひでとし、1954年7月12日[7] - 2014年12月24日)は、日本声優俳優ナレーター東京都出身[3]81プロデュースに所属していた[3]

経歴[編集]

野沢那智が主宰する劇団薔薇座出身である[8]向上高等学校[9]中退後、中村自身はこれといった職業はなかったが、子供の頃によく見ていた映画の影響で[4]、映画が好きだったことや、歌が好きだったこともあり、役者を目指して17歳で演劇学校に入学し、学校仲間に勧められた野沢那智がラジオパーソナリティを務めたTBSラジオ番組『パックインミュージック』を聴いて野沢に会ってみたいと思い、18歳の時に新劇の雑誌で野沢が主宰する劇団薔薇座の記事を見つけて入団し、『シャンテ』で初舞台を踏み[6]、舞台俳優としての活動を始める[10]。同じく劇団薔薇座出身の鈴木清信椎橋重らとともに1993年に劇団「フェドー劇場」を立ち上げ、舞台活動を行っていた[2][8]

後に81プロデュースに所属し、以降はアニメ吹き替えナレーションと幅広く活動していた。

2014年12月24日、クモ膜下出血により死去[11][12]。60歳没。

人物[編集]

声質はハイバリトン[13]

NHK教育テレビ『つくってあそぼ』のゴロリや、海外ドラマ『CSI:ニューヨーク』のマック・テイラーの声優で知られている。師匠であった野沢那智の死後は、野沢が長らく吹き替えを担当していたブルース・ウィリスの吹き替えを担当することが多くなり、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』ではジョン・マクレーン役を引き継いだ。また、『バットマン リターンズ』のWOWOW放映時には野沢の代役としてマックス・シュレックの吹き替えを追加録音部分で担当した。

特技は歌唱、ギター[1]。叔父は日本舞踊を教えていた。中村は幼い頃は歌手志望であり、中学時代からギターを弾いていたが、中村は音楽は好きだったが、音楽は難しいと思い、その後は音楽の道へと進むことは考えていなかった[10]。趣味・好きな事は犬の散歩、料理を作る事[4]

好きな言葉は「一生一度」[4]

後任[編集]

中村の没後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 作品 後任の初出演
野川雅史 トニー・グレイザー 戦姫絶唱シンフォギア 戦姫絶唱シンフォギアGX
大塚芳忠 ビッグ・ジム アンダー・ザ・ドーム シーズン3
佐久田脩 レオン・ヴァンス NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班 NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
河西健吾 ギド・ルシオン・デビルーク To LOVEる -とらぶる- To LOVEる -とらぶる- ダークネス
花田光 フィリップ・ストロー クローザー Major Crimes 〜重大犯罪課
井上和彦 ルシファー スーパーナチュラル シーズン11
佐藤せつじ セルジュ ビバリーヒルズ・コップ3テレビ朝日 WOWOW追加収録
仲野裕 ペペ・ル・ピュー ルーニー・テューンズ・ショー シーズン2『問題ない心の問題』
相沢まさき[注 1] 大竹 幽☆遊☆白書 『幽☆遊☆白書 のるかそるか』
露崎亘 ヨシロー・ハン ネメシス 完声版追加録音部分

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1977年
1978年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年

劇場アニメ[編集]

1979年
1983年
1987年
1990年
1993年
1994年
1995年
1998年
2000年
2002年
2005年
2007年
2009年
  • CANAAN(合衆国大統領)
2013年

OVA[編集]

1988年
  • 吸血姫美夕(藍子の父)
  • 秘伝忍法帳 白獅子五番勝負 五重島の戦い(雷王黒獅子)
  • 竜世紀
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1999年
2004年
2006年
2011年

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

2015年以降の出演作品は生前の収録音声を引用したライブラリ出演。

1990年
  • ソル・ビアンカ(ジクムント68世、ジクムント69世、アクワイヤー、マカリスター、メラニオン)
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2012年
2013年
2014年
2015年
2017年

ドラマCD[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • FMラジオ 恋する音楽小説「ローリング20'S」(1999年)
  • 銀河鉄道999(2001年、機械伯爵)

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

ウィレム・デフォー
ブルース・ウィリス
ランベール・ウィルソン

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

パチンコ・パチスロ[編集]

特撮[編集]

ナレーション[編集]

ボイスオーバー[編集]

人形劇[編集]

舞台[編集]

  • 若きウェルテルの悩み(1988年、客演) - 有藤敏生〈アルベルト〉
  • 劇団軌跡 プロデュース公演vol.1(2002年、声の出演)
  • フェドー劇場公演
    • オールウェイズ(2000年、原作) - 波風達也
    • 失われた時を求めて(2001年、原作)
    • ミューズ・ウォーリアーズ!〜新・女神伝説〜(2004年、原作)
    • オールウェイズ・リターンズ(2006年、原作・演出)
    • ハートフル・ミューズ(2009年、原作・演出)
    • 社長の大災難!!(2010年、原作・演出)
    • オールウェイズ〜again(2011年、原作・演出)
    • 甘い丘(2011年、演出)※番外公演
    • 耳に蚤〜疑いのとりこ〜(ジョルジュ・フェドー原作 2013年、演出)
    • 星の降る頃に(2013年)
    • アトリエ公演(2014年、原作・脚色・演出)

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 中村の存命中にも『それいけ!アンパンマン』でカステラ男爵役を引き継いだ。
  2. ^ 『無印』(1998年)、『ジオンの系譜』(2000年)、『アクシズの脅威V』(2006年)
  3. ^ 『ZERO』(1999年)、『F』(2000年)、『F.I.F』(2000年)、『DA』(2000年)、『NEO』(2002年)、『SEED』(2004年)、『PORTABLE』(2006年)、『SPIRITS』(2007年)、『WARS』(2009年)、『WORLD』(2011年)、『OVER WORLD』(2012年)、『GENESIS』(2016年)、『CROSSRAYS』(2019年)
  4. ^ 『99 EVOLUTION』(2000年)、『2000』(2000年)、『2001』(2001年)、『2002』(2002年)

出典[編集]

  1. ^ a b c 『日本タレント名鑑(2014年版)』VIPタイムズ社、2014年1月30日、277頁。ISBN 978-4-904674-05-5
  2. ^ a b フェドー劇場 (2013年2月18日). “中村秀利 役者紹介”. フェドー劇場. サイバーエージェント. 2020年3月14日閲覧。
  3. ^ a b c d 中村秀利 - 81プロデュースの公式サイト
  4. ^ a b c d 中村秀利”. 劇団員・プロフィール. フェドー劇場. 2007年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月14日閲覧。
  5. ^ “「つくってあそぼ」ゴロリ役、声優の中村秀利氏が死去”. 産経ニュース. (2014年12月25日). http://www.sankei.com/entertainments/news/141225/ent1412250010-n1.html 2015年4月18日閲覧。 
  6. ^ a b 『新劇便覧'84』テアトロ、1983年、157頁。
  7. ^ 中村秀利(なかむらひでとし)の解説”. goo人名事典. 2020年1月14日閲覧。
  8. ^ a b 由来”. フェドー劇場. 2011年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月14日閲覧。
  9. ^ 『日本タレント名鑑(2005年版)』VIPタイムズ社、2005年4月1日、265頁。ISBN 978-4-9901242-3-6
  10. ^ a b りかBAR 中村秀利様がご来店(22m21s〜) - YouTube
  11. ^ 訃報 81プロデュース 2014年12月25日閲覧
  12. ^ 御礼”. フェドー劇場 (2014年12月31日). 2014年12月31日閲覧。
  13. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、80頁。ISBN 978-4-09-526302-1
  14. ^ 2stageには未出演。
  15. ^ デルトラクエスト”. メディア芸術データベース. 2016年9月24日閲覧。
  16. ^ 『ジョジョ ASB』発売前夜イベントで展示された出演声優のサイン色紙86枚を総まとめ!”. ファミ通.com (2013年8月29日). 2013年12月4日閲覧。
  17. ^ ダイ・ハード/ラスト・デイ”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  18. ^ チャーリーとチョコレート工場”. 金曜ロードSHOW!. 2016年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]