2004年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2004年の映画では、2004年(平成16年)の映画分野の動向についてまとめる。

できごと[編集]

日本の映画興行[編集]

  • 入場料金(大人)
    • 1,800円[1] - 一般入場料金は13年間据え置かれている[2]
    • 1,800円(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[3] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[4]
  • 入場者数 1億7009万人[5]
  • 興行収入 2109億1400万円[5]
配給会社別年間興行収入
配給会社 番組数 年間興行収入 前年対比 備考
松竹 25 205億0406万円 221.6% 松竹歴代1位の年間興行収入。共同配給の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』を計上しているため。
東宝 26 542億5622万円 128.6% 東宝歴代2位の年間興行収入
東映 13 095億7816万円 095.5%
出典:「2004年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2005年平成17年)2月下旬号、キネマ旬報社2005年、 152 - 153頁。

各国ランキング[編集]

日本興行収入ランキング[編集]

2004年日本興行収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 興行収入
1. ラストサムライ アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース ¥13,700,000,000
2. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 ワーナー・ブラザース ¥13,500,000,000
3. ファインディング・ニモ アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ ¥11,000,000,000
4. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 ニュージーランドの旗アメリカ合衆国の旗 ヘラルド/松竹 ¥10,320,000,000
5. 世界の中心で、愛をさけぶ 日本の旗 東宝 ¥8,500,000,000
6. スパイダーマン2 アメリカ合衆国の旗 SPE ¥6,700,000,000
7. デイ・アフター・トゥモロー アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス ¥5,200,000,000
8. いま、会いにゆきます 日本の旗 東宝 ¥4,800,000,000
9. 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス 日本の旗 東宝 ¥4,380,000,000
10. トロイ アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース ¥4,300,000,000
出典:2004年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟

全世界興行収入ランキング[編集]

2004年全世界興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1 シュレック2 ドリームワークス $919,838,758
2 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ワーナー・ブラザース $795,634,069
3 スパイダーマン2 コロムビア $783,766,341
4 Mr.インクレディブル ディズニー / ピクサー $631,442,092
5 パッション ニューマーケット $611,899,420
6 デイ・アフター・トゥモロー 20世紀FOX $544,272,402
7 ミート・ザ・ペアレンツ2 ユニバーサル $516,642,939
8 トロイ ワーナー・ブラザース $497,409,852
9 シャーク・テイル ドリームワークス $367,275,019
10 オーシャンズ12 ワーナー・ブラザース $362,744,280
出典:2004 Worldwide Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月27日閲覧。

北米興行収入ランキング[編集]

2004年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1 シュレック2 ドリームワークス $441,226,247
2 スパイダーマン2 コロンビア映画 $373,585,825
3 パッション ニューマーケット・フィルムズ $370,274,604
4 ミート・ザ・ペアレンツ2 ユニバーサル・スタジオ $279,261,160
5 Mr.インクレディブル ブエナ・ビスタ $261,441,092
6 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ワーナー・ブラザース $249,541,069
7 デイ・アフター・トゥモロー 20世紀FOX $186,740,799
8 ボーン・スプレマシー ユニバーサル・スタジオ $176,241,941
9 ナショナル・トレジャー ブエナ・ビスタ $173,008,894
10 ポーラー・エクスプレス ワーナー・ブラザース $162,775,358
※『ポーラー・エクスプレス』のIMAXなどでのリバイバル公開分を含む最終興行収入は、$183,373,735。
出典:2004 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2016年1月9日閲覧。

イギリス興行収入ランキング[編集]

  1. シュレック2
  2. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  3. ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
  4. Mr.インクレディブル
  5. スパイダーマン2
  6. デイ・アフター・トゥモロー
  7. シャーク・テイル
  8. アイ,ロボット
  9. トロイ
  10. スクービー・ドゥー2 モンスターパニック
出典:2004 United Kingdom Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2016年1月10日閲覧。

オーストラリア興行収入ランキング[編集]

  1. シュレック2
  2. ミート・ザ・ペアレンツ2
  3. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  4. Mr.インクレディブル
  5. スパイダーマン2
  6. トロイ
  7. ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
  8. デイ・アフター・トゥモロー
  9. オーシャンズ12
  10. 恋愛適齢期
出典:2004 Australia Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2016年1月11日閲覧。

フランス興行収入ランキング[編集]

2004年フランス興行収入トップ5
順位 題名 配給 興行収入
1. シュレック2 UIP $50,966,511
2. コーラス Pathé $48,765,590
3. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ワーナー・ブラザース $46,969,203
4. Mr.インクレディブル BVI $40,313,982
5. ロング・エンゲージメント ゴーモン $31,380,114
出典:2004 France Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月27日閲覧。

ドイツ興行収入ランキング[編集]

2004年ドイツ興行収入トップ5
順位 題名 配給 興行収入
1. (T)Raumschiff Surprise – Periode 1 (de:(T)Raumschiff Surprise – Periode 1) Constantin $62,059,389
2. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ワーナー・ブラザース $48,684,339
3. 7 Zwerge – Männer allein im Wald (de:7 Zwerge – Männer allein im Wald) UIP $48,064,132
4. ヒトラー 〜最期の12日間〜 Constantin $39,061,389
5. トロイ ワーナー・ブラザース $35,184,418
出典:2004 Germany Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月27日閲覧。

日本公開映画[編集]

2004年の日本公開映画を参照。

受賞[編集]

死去[編集]

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 1日 玉川伊佐男 日本の旗 81 俳優[6]
4日 ブライアン・ギブソン イギリスの旗 59 映画監督[7]
7日 イングリッド・チューリン スウェーデンの旗 77 女優[8]
17日 ノーブル・ウィリンガム アメリカ合衆国の旗 72 俳優[8]
レイ・スターク アメリカ合衆国の旗 88 映画プロデューサー[8]
22日 アン・ミラー アメリカ合衆国の旗 80 女優・ダンサー[8]
24日 青木富夫 日本の旗 80 俳優[9]
29日 O・W・フィッシャー オーストリアの旗 88 俳優[10]
2月 4日 手塚しげお 日本の旗 62 俳優・歌手[8]
6日 ジョン・ヘンチ アメリカ合衆国の旗 95 美術監督[11]
10日 小原宏裕 日本の旗 68 映画監督[8]
11日 高木均 日本の旗 78 俳優[8]
18日 ジャン・ルーシュ フランスの旗 86 ドキュメンタリー映画監督・人類学者[12]
24日 ジョン・ランドルフ アメリカ合衆国の旗 88 俳優[8]
3月 2日 マーセデス・マッケンブリッジ アメリカ合衆国の旗 87 女優[8]
6日 フランシス・ディー英語版 アメリカ合衆国の旗 94 女優[8]
7日 ポール・ウィンフィールド アメリカ合衆国の旗 64 俳優[8]
8日 ロバート・パストレリ アメリカ合衆国の旗 49 俳優[13]
14日 ルネ・ラルー フランスの旗 74 アニメーション作家・映画監督[14][15]
15日 神山卓三 日本の旗 72 声優[8]
20日 いかりや長介 日本の旗 72 コメディアン・俳優[8]
24日 三ツ矢歌子 日本の旗 67 女優[8]
25日 下川辰平 日本の旗 75 俳優[8]
26日 ジャン・スターリング英語版 アメリカ合衆国の旗 82 女優[8]
28日 ピーター・ユスティノフ イギリスの旗 82 俳優・脚本家[8]
うしおそうじ 日本の旗 82 漫画家・アニメプロデューサー・特撮プロデューサー[8]
4月 1日 中谷一郎 日本の旗 73 俳優[8]
キャリー・スノッドグレス アメリカ合衆国の旗 58 女優[8]
7日 芦屋雁之助 日本の旗 72 俳優[8]
11日 斎藤高順 日本の旗 79 作曲家・元警視庁音楽隊長[8]
14日 牧港篤三 日本の旗 91 沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会代表[8]
5月 15日 三橋達也 日本の旗 80 俳優[8]
16日 南とめ 日本の旗 93 映画編集者[8]
6月 4日 ニーノ・マンフレディ イタリアの旗 83 俳優[8]
5日 ロナルド・レーガン アメリカ合衆国の旗 93 俳優・第40代米大統領[8]
9日 滝口康彦 日本の旗 90 作家[8]
14日 湯浅憲明 日本の旗 70 映画監督[8]
22日 篠田昇 日本の旗 52 撮影監督[8]
28日 野沢尚 日本の旗 44 脚本家・小説家[8]
7月 1日 マーロン・ブランド アメリカ合衆国の旗 80 俳優[8]
8日 ジャン・ルフェーブル英語版 フランスの旗 84 俳優[8]
9日 カルロ・ディ・パルマ イタリアの旗 79 撮影監督[8]
17日 パット・ローチ イギリスの旗 67 プロレスラー・俳優[16]
21日 ジェリー・ゴールドスミス アメリカ合衆国の旗 75 作曲家[16]
22日 セルジュ・レジアニ フランスの旗 82 俳優[17][注 1]
23日 ピエロ・ピッチオー二 イタリアの旗 82 作曲家[16]
25日 下條正巳 日本の旗 88 俳優[16]
28日 ジャクソン・ベック アメリカ合衆国の旗 92 声優[16]
31日 ラウラ・ベッティ英語版 イタリアの旗 70 女優[16]
ヴァージニア・グレイ アメリカ合衆国の旗 87 女優[16]
8月 4日 渡辺文雄 日本の旗 74 俳優[18][注 2]
6日 ジョゼフ=マリー・ロ・デュカ イタリアの旗 74 著述家、『カイエ・デュ・シネマ』の設立者のひとり[要出典]
8日 フェイ・レイ カナダの旗アメリカ合衆国の旗 96 女優[16]
9日 デイヴィッド・ラクシン アメリカ合衆国の旗 92 作曲家[19]
18日 エルマー・バーンスタイン アメリカ合衆国の旗 82 作曲家[16]
22日 ダニエル・ペトリ英語版 カナダの旗アメリカ合衆国の旗 83 映画監督[16]
江角英明 日本の旗 68 俳優[16]
9月 8日 フランク・トーマス アメリカ合衆国の旗 91 アニメーター[16]
水上勉 日本の旗 85 作家[16]
18日 ラス・メイヤー アメリカ合衆国の旗 82 映画監督[16]
10月 3日 ジャネット・リー アメリカ合衆国の旗 77 女優[16]
10日 クリストファー・リーヴ アメリカ合衆国の旗 52 俳優[16]
30日 南條範夫 日本の旗 95 作家・経済学者[16]
11月 2日 テオ・ファン・ゴッホ オランダの旗 47 映画監督[16]
11日 荻島眞一 日本の旗 58 俳優[16]
13日 カルロ・ルスティケッリ イタリアの旗 87 作曲家[16]
18日 市川春代 日本の旗 91 女優[16]
26日 島田正吾 日本の旗 98 俳優[16]
フィリップ・ド・ブロカ フランスの旗 71 映画監督[16]
29日 ジョン・ドリュー・バリモア アメリカ合衆国の旗 72 俳優[16]
12月 6日 山路ふみ子 日本の旗 92 女優[16]
14日 フェルナンド・ポー・ジュニア英語版 フィリピンの旗 65 俳優[16]
28日 ジェリー・オーバック アメリカ合衆国の旗 69 俳優[16]
主な出典:「2004年 映画界物故人」、『キネマ旬報2005年平成17年)2月下旬号、キネマ旬報社2005年、 190 - 191頁。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ キネマ旬報では死亡日は7月22日 - 23日となっている[16]
  2. ^ キネマ旬報では死亡日は8月2日となっている[16]

出典[編集]

  1. ^ 斉藤 2009, p. 135.
  2. ^ 「2004年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2005年平成17年)2月下旬号、キネマ旬報社2005年、 154頁。
  3. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  4. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  6. ^ Isao Tamagawa Biography”. iMDB. 2017年4月19日閲覧。(英語)
  7. ^ Bardach, Ann Louise (2004年1月7日). “Brian Gibson”. The Guardian. 2017年5月24日閲覧。(英語)
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 映画界物故人 2004, p. 190.
  9. ^ 青木富夫 のプロフィール”. allcinema. 2017年4月20日閲覧。
  10. ^ O.W. Fischer Biography”. iMDB. 2017年4月19日閲覧。(英語)
  11. ^ ジョン・ヘンチ - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE(キネノート). 2017年4月20日閲覧。
  12. ^ Jean Rouch - BiFi (フランス語)
  13. ^ Robert Pastorelli Biography”. iMDB. 2017年4月20日閲覧。(英語)
  14. ^ ルネ・ラルー(Rene Laloux) のプロフィール”. allcinema. 2017年4月20日閲覧。
  15. ^ René Laloux Biography”. iMDB. 2017年4月20日閲覧。(英語)
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 映画界物故人 2004, p. 191.
  17. ^ セルジュ・レジアニ(Serge Reggiani) のプロフィール”. allcinema. 2017年4月22日閲覧。
  18. ^ 渡辺文雄 のプロフィール”. allcinema. 2017年5月23日閲覧。
  19. ^ David Raksin - Biography”. IMDb. 2017年5月23日閲覧。(英語)

参考文献[編集]