ロバート・ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロバート・ブロック
Robert Bloch
Robert Bloch with His Award.jpg
ペンネーム Scoot Grimm
誕生 1917年4月5日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
死没 (1994-09-23) 1994年9月23日(77歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 作家、短編小説家
ジャンル サイエンス・フィクションホラー小説犯罪小説
主な受賞歴 ヒューゴー賞、ブラム・ストーカー賞、世界幻想文学大賞
デビュー作 『The Feast in the Abbey』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ロバート・アルバート・ブロックRobert Albert Bloch1917年4月5日 - 1994年9月23日)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの小説家SF作家ホラー小説作家、脚本家および映画原作者。アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『サイコ』の原作者として有名である。

生涯[編集]

父ラファエル・(レイ)・ブロックは銀行員、母ステラ・ローブは社会活動家だった。両親ともにドイツ・ユダヤ系アメリカ人である。5歳の時、シカゴ郊外のメイウッドに引っ越し、10歳までそこで生活していた。8歳の時、ロン・チェイニー・シニアの映画『オペラ座の怪人(1925年)』に感銘を受け、ホラー作品、映画に興味を抱いた。

1929年、父親が銀行員の職を失いウィスコンシン州ミルウォーキーに移住する。ロバートは、リンカーン高等学校に通い親友ハロルド・ガウアーに出会った。1934年6月に同高校を卒業している。

10歳の頃に初めて読んだというパルプ雑誌『ウィアード・テイルズ』の熱烈なファンで、同誌に掲載されたハワード・フィリップス・ラヴクラフトの作品に感銘を受ける。初めて読んだラヴクラフトの作品は、『ピックマンのモデル』だったとしている。1933年頃にラヴクラフトにファンレターを送り、彼から小説を執筆することを薦められ1935年、同誌に "The Feast in the Abbey" を発表し17歳にしてデビューする。またラヴクラフトの作家仲間、ラヴクラフトのスクールの一員となった。

27歳年上のハワード・フィリップス・ラヴクラフトとの親交は厚く、お互いの作品(『妖蛆の秘密』および『闇をさまようもの』)のなかでお互いをモデルにした登場人物を殺しあうほど仲が良かった。クトゥルフ神話の魔導書『妖蛆の秘密』と『屍食教典儀』の創造者である。1937年にラヴクラフトが死去すると20代だったロバートは、大きなショックを受けたらしく「私の一部が彼と共に死んだ。だが現実からは何も失われていない。世間は、彼を無視し彼の作品の多くがコレクションされていない。プロヴィデンスは、何も失っていないように思える。("Part of me died with him, I guess, not only because he was not a god, he was mortal, that is true, but because he had so little recognition in his own lifetime. There were no novels or collections published, no great realization, even here in Providence, of what was lost.")」と述べ、ラヴクラフトの死を悲しんでいるのが自分たち、彼の崇拝者だけに留まっていることを複雑に感じていた。

ラヴクラフトの死後、ロバートは、ウィアード・テイルズからSF雑誌『アメージング・ストーリーズ』にも作品を提出するようになり1938年8月、小説『天文台の秘密(The Secret of the Observatory)』が初めて掲載された。

1939年、ミルウォーキー市長に立候補したカール・ザイドラーの部下、弁護士ジェームズ・ドリトルから連絡を受け、親友ハロルド・ガウアーと共に彼の広告や演説のスピーチなどを作成したといわれている。しかしザイドラーが当選すると彼は、関知していないとして報酬を支払わなかった。これらは、ロバートの自伝『Once Around the Bloch』で書かれている。

1940年10月2日、最初の妻マリオン・ホルコムと結婚する。

ロバートは、徐々にラヴクラフトとは、異なった彼の作風を確立していった。彼が好んでモチーフとするジャック・ザ・リパーは、ウィアード・テイルズ、1943年7月号の小説『Yours Truly, Jack the Ripper』に初めて見られた。1954年9月号を最後にウィアード・テイルズは、廃刊になってしまう。ロバートも活動の場を他の雑誌に移し、作風が変化していく。

1959年、代表作『サイコ』が執筆される。ロバートは、キャラクターの造形をエド・ゲインをもとにしたといわれている。ロバートは、連続殺人鬼第2次世界大戦を暗示しつつ「本当の恐怖は、物陰でなく人間の頭の中にある。」と語った。ヒッチコックの映画は、彼の小説をもとにしているものの後のシリーズは、関係なくロバートが提出した台本もスタジオに拒絶された。

1960年代に入るとハリウッドに移住した。作家の組合がストライキを宣言したりテレビや映画の脚本を任されるようになると小説の執筆に余裕がなくなるようになった。1963年には、妻と離婚した。1964年1月18日、ネリー・ザリスコことエリナー・アレクサンダーと結婚した。彼女は、化粧品のファッションモデルで前の夫で作家・プロデューサーのジョン・アレクサンダーが死別したためにロバートと再婚した。この2度目の結婚は、ロバートが死ぬまで続いた。エリナーも2007年に死去し、ロバートと一緒に埋葬された。

1994年9月23日に77歳で癌との闘病生活の後、カリフォルニア州ロサンゼルスで没し、遺灰はウエストウッド・メモリアルパークの納骨堂に納められた。

作風[編集]

ロバートの初期作品は、ラヴクラフトの影響、コズミックホラーを取り入れたホラー作品が中心だが、後期になると犯罪小説や心理的なアプローチの作品が多い。クトゥルフ神話作品や短編ホラー小説を多数執筆し、数多くのアンソロジーに収載されている。神話作品としては短編『妖蛆の秘密』『無人の家で発見された手記』『暗黒のファラオの神殿』や長編『アーカム計画』などが代表作である。

短編、映像脚本等で切り裂きジャックをモチーフにした作品をたびたび執筆している。

パルプ時代を知る作家らしく、歯切れ良く読みやすい文体と、視覚的に映える残酷な描写が特徴(未来世界を描いた長編SF『都市国家ハリウッド』でも、クライマックスに人体を切り刻む描写を入れてしまうぐらいである)。そのせいか脚本などで協力した映画は、『サイコ』以外は、英国アミカスプロ作品などのB級ホラー作品がほとんどである。

1959年 、『地獄行き列車』(That Hell-Bound Train)でヒューゴー賞 短編小説部門を受賞。

コリアー・ヤングの筆名で、テレビドラマ『鬼警部アイアンサイド』の原作(文芸プロット)も提供している。

ラヴクラフトの殺害許可証[編集]

ロバートとラヴクラフトにまつわるエピソードで知られる。はじめロバートは、『妖蛆の秘密』でラヴクラフトをモデルとした若い作家に慕われる怪奇作家を殺害する展開を思い付き、本人に許可を求めた。ラヴクラフトは、これを承知してロバートに殺害許可証を送った。後日、ファンから「次は、ラヴクラフトがロバートを殺害したらどうだろう。」というファンレターが届き、『闇をさまようもの(1936年12月)』の中でロバートをモデルとしたロバート・ハリソン・ブレークという若い怪奇作家がニャルラトホテプによって殺害された。しかしこの翌年、本当にラヴクラフトが死去してしまう。

日本語訳作品リスト[編集]

長編[編集]

短編集[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]