闇に囁くもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

闇に囁くもの』(やみにささやくもの The Whisperer in Darkness)とは、アメリカ合衆国小説家ハワード・フィリップ・ラヴクラフトの小説である。1930年2月から9月に執筆され、1931年8月にパルプ雑誌『ウィアード・テイルズ』に発表された。

後発作品に登場する地球外生命体ミ=ゴが登場する。またクトゥルフなどにも言及されるため、クトゥルフ神話の一つとして位置づけられている。これまでの『クトゥルフの呼び声』や『ダンウィッチの怪』では、せいぜい太古の支配者、異次元の魔性という程度で、詳しい説明はなされていなかった謎の怪物的生命体が、本作においてはその宇宙からの来歴など詳しく書かれるものとなっており、従来の作品よりSF作品的傾向が強まっている。この地球外生命体の来歴、実態を詳らかに描く傾向は、続く『狂気の山脈にて』や、『時間からの影』にて、さらに顕著になっており、そのような意味で、ラヴクラフトの作品世界のひとつ転換期に当たる作品だとも評されている[1]。なお、これら地球外生命体の具体的な展開については、ラヴクラフトの膨大な文通においてのやりとりによるところが大きいとも言われている[2]

あらすじ[編集]

「私」(マサチューセッツ州ミスカトニック大学文学部教授ウィルマース(Albert N. Wilmarth))は、バーモント州の奥深くに怪物の伝説があることに興味を持ち、その伝説を収集していたが、バーモント州の洪水で川に浮かんでいた奇妙な物体に関して、年寄りを中心に当地の住民が伝説の怪物と結びつけていることについては批判的であった。そんな持論を新聞上に発表していた「私」のもとにバーモント州に住むエイクリー(Henry Wentworth Akeley)なる民俗学者から手紙が届く。それによれば、エイクリーが先祖代々住んでいる土地は、太古、宇宙からやってきた怪物が拠点としている場所であり、それらを研究しているエイクリーは、物的証拠も得ているが、同時に何者かに付けねらわれてもいると述べる。「私」とエイクリーは意見交換の文通を始めるが、そのうち、手紙や電報、郵送した証拠品などが、相手の元につかないこと、偽の電報が届くことが再三起こる。そのうちにエイクリーの身はいよいよ危機にさらされ、手紙の調子も恐怖とおびえが目立ち始め、「私」に対してもこの研究から身を引いたほうがよいという忠告が混じってくる。しかしそんなある日、エイクリーは突然、怪物たちと和解したというおだやかな手紙を送ってくる。のみならずその手紙には「私」を家に招待したいとの旨が書かれている。今まで送った証拠品も忘れず持ってきて欲しいとも。手紙が突然肉筆ではなくタイプ打ちに変わっていたことからも、疑いの混じる思いで「私」は、バーモント州の山奥深いエイクリー宅に赴く。当地の駅ではノイスなる妙になれなれしい男が出迎え、エイクリー宅まで車で運んでくれる。そこで初めて会ったエイクリーは病気のため毛布をまとってソファーに座っていた。エイクリーは異星生物の力で脳を摘出し、宇宙旅行に同行することができるといい、「私」をも誘う。しかしその日の深夜、泊まったエイクリー邸で「私」が、エイクリーの座っていたソファーに見たものは、毛布とエイクリーそっくりの頭と手であった。

登場人物[編集]

  • アルバート・N・ウィルマース - ミスカトニック大学の教授。
  • ヘンリー・ウェントワース・エイクリー - 後述
  • ジョージ・グッドナイフ・エイクリー (George Goodenough Akeley) - エイクリーの息子。サンディエゴ在住で1971年に死去している。
  • ノイス (Noyes) - 謎の人物。

ヘンリー・ウェントワース・エイクリー[編集]

バーモント州在住の民俗学者。バーモント大学に在籍し、数学、天文学、生物学、人類民俗学の研究で活躍した。

1901年に妻は、息子ジョージが生まれた後に死んでしまう。エイクリーは、大学を引退した後、1721年に先祖がアメリカに初めて移住した地元に戻った。この地元でエイクリー家は、名士として知られていた。彼は、2階建ての農家に住み、地元の奇妙な伝承を研究し始めた。やがて地元の洪水で見つかった物体に興味を持ち、これに関する手紙をウィルマースに送って親交を結び、文通を開始した。それ以降、バーモントの山岳地帯で出没する謎の怪生物「ユゴスよりのもの」を調査し始める。

  • 1927年11月 - 地元の洪水で発見された物体を「ユゴスよりのもの」の死骸と考えるようになる。
  • 1928年5月 - 地元新聞や彼の見解をウィルマースに手紙で送る。
  • 1928年6月 - 「ユゴスよりのもの」の声を録音用の蝋管で収録する。
  • 1928年7月 - マウント・ヒル山で磨滅しかかった象形文字の刻まれた黒い石を発見し、ウィルマースに郵送する。しかしウィルマースが受け取る前に輸送中に紛失する。
  • 1928年8月 - 身の危険を感じ、護身用に犬を飼う。この犬も何者かによって殺される。
  • 1928年9月 - 「ユゴスよりのもの」を敵視し、調査して来たのは、間違いだった。何の問題ないという内容の手紙が送られる。
  • 同年9月12日 - ウィルマースを招待する手紙が届く。
  • 同年9月13日 - ウィルマースがエイクリーを訪ねたが見つからず行方不明になる。

解説[編集]

1928年にラヴクラフトは、アーサー・グッドナイフ (Arthur Goodenough) とバーモント州を訪れた。この時、バート・G・エイクリー (Bert G. Akley) という農家と出会ったと言われている。ロバート・プライスは、エイクリーに変装した人物がニャルラトホテプではないかと推察し、その根拠に「ユゴスよりのもの」たちの会話内容を指摘した。

リチャード・A・ルポフ (Richard A. Lupoff) は、『エリザベス・エイクリーの場合(Documents in the Case of Elizabeth Akeley 、1982年)』を執筆した。エリザベスは、エイクリーの孫娘である。他にウィルバー・エイクリー (Wilbur Akeley) 、フレッド・エイクリー (Fred Akeley) という人物が他のクトゥルフ神話作品で登場する。

クトゥルフ神話との関連[編集]

本作には、クトゥルフ神話に関連する語が登場する。以下にまず主要なものを列記する。

ヨグ=ソトトクトゥルフツァトゥグア 、ユゴス (Yog-Sothoth) 、ルルイエ、ニャルラトホテプ、アザトースハスター

次の以下は、解説を含めて挙げる。

  • イアン (Yian) - 「Yian-Ho」のこと。つまり「ユゴスよりのもの」ではない雪男のミ=ゴの別名。
  • レン - レン高原。
  • ハリ湖 (the Lake of Hali) - ハスターに関連する地名。
  • 黄の印 (the Yellow Sign) - ハスターに関連する用語。
  • ベツムーラ (Bethmoora) - ダンセイニの作品に登場するエルフの王国。
  • レムリアのカトゥロス (L’mur-Kathulos) - ロバート・E・ハワードの小説に登場するキャラクター。ラヴクラフトは、カトゥロスをクトゥルフ神話のキャラクターにしようかハワードと相談していた。
  • ブラン (Bran) - ハワードの作品に登場する「ブラン・マック・モーン (Bran Mak Morn) 」のこと。
  • マグナム・インノミナンダム (the Magnum Innominandum) - ラテン語の「名伏しがたきもの (the great not-to-be-named)」。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ リン・カーター『クトゥルー神話全書』東京創元社
  2. ^ リン・カーター『クトゥルー神話全書』東京創元社

関連項目[編集]