アーカム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アーカムの架空の地図

アーカムArkham)は、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトなどの作品に登場する架空の都市。

概要[編集]

ラブクラフトの小説で、しばしば登場し、物語の舞台となった中心地である。ミスカトニック大学の所在地でもある。他の作家によって書かれたクトゥルフ神話作品にも登場する。

ラブクラフトの死後、彼のストックした作品を発表するため、彼の崇拝者オーガスト・ダーレスとドナルド・ウォンドレイ(Donald Wandrei)が創設したクトゥルフ神話の出版社「アーカムハウス(Arkham House)」の名前は、この地名が由来となっている。

解説[編集]

アーカムは、1920年12月12日に執筆されたラブクラフトの小説『家のなかの絵(The Picture in the House)』で初めて名前だけが言及された。この作品は、文芸雑誌「National Amateur」の1919年7月号で発表された。両者の年が食い違っているがこれは、発刊が1921年に行われているためである。物語の舞台として本格的に登場したのは『死体蘇生者ハーバート・ウェスト』が初めてである。

マサチューセッツ州セイレムがモデルとされ、ラヴクラフトが描いたアーカムの地図は、セイレムの地形とよく対応している。ただしセイラムは、アーカムの南西にあり、フィクション上の処置として置き換えられている訳ではない[注釈 1]。このためセイラム(同名の架空の都市の可能性もあるが)もラブクラフトの作中で言及される。実在のセイレムは、1692年セイレム魔女裁判によって広く知られ、アーカムにおいても過去に同様の事件が起こり、20世紀に至っても街に暗い影を落としているとされる。

年表・歴史[編集]

  • 1692年、入植がはじまる。セイラムからエドマンド・カーターなど魔術師が移り住んでくる。(小説『ランドルフ・カーターの陳述』など)
  • 18世紀、西インド諸島との貿易で繁栄する。
  • 1765年、ミスカトニック大学が創立する。
  • 1880年、ミスカトニック大学に医学部が創立される。
  • 19世紀、工業地帯として産業転換する。
  • 1882年、隕石が落下する。(小説『宇宙からの色』)
  • 1888年、洪水が起こる。
  • 1905年、腸チフスが流行し住民が激減する。(小説『死体蘇生者ハーバート・ウェスト』)
  • 1928年8月、ミスカトニック大学附属図書館にウィルバーが侵入し死亡する。(小説『ダニッチの怪』)
  • 1928年10月、ランドルフ・カーターが郊外で失踪する。

セイラム魔女事件の年に住民が入植し始めた。このため隠し部屋を備えた家が建てられたり魔女狩りが横行したりしていた。カーター家、ウェイトリー家などラブクラフトの登場人物の先祖は、この頃にアーカムに移住している経歴を持つ。ミスカトニック大学の前身は、この頃に移り住んだ有識者の集会「セイラム・アカデミー」だったとも言われる。

位置・地理[編集]

はじめアメリカ合衆国ニューイングランド地方の何処か、ミスカトニック渓谷にあると設定され、後の作品でマサチューセッツ州に属すとされた。作中の描写からは、エセックス郡ボストンの北部にあると推察される。他のラブクラフトの創出した架空の地名インスマスの南、ミスカトニック川の上流にあるダニッチの東で下流に位置している。南東あるいは、南のミスカトニック川、河口にキングスポートがある。至ボストン - マサチューセッツ鉄道が通っており2時間足らずでボストンに到着することが出来る。

正確な地理は、不明ながら現実の地理と照らし合わせるとゴードン大学(Gordon College)のある位置に推定されている。

ミスカトニック川(Miskatonic river)[編集]

北西から南東に向かって流れ、アーカムを南北に突っ切っている。中州がある。市のラウンドマークでありミスカトニック大学も名前の由来となっている。

絞首刑人の丘(Hangman's Hill)[編集]

アーカムの西にある丘。セイラムにあるアン・ピューディエイターら、魔女の疑いをかけられた人々が絞首刑に処されたギャロウズ・ヒルに対応する位置にあり、アーカムがセイラムをモデルとした街であると指摘される特徴のひとつ。

ミスカトニック大学(Miskatonic University)[編集]

ラブクラフトの小説『死体蘇生者ハーバート・ウェスト』において初めて言及された。

1765年創立。市の名士ジェレマイア・オーン(Jeremiah Orne)船長の遺言により蔵書を寄稿した大学(college)から発展した。1861年の南北戦争後に総合大学(University)になり、大学付属図書館、聖メアリー・ティーチング大学病院、マサチューセッツ州の歴史を展示する民俗資料館、博物館、運動場、既婚者寮もある。多くの蔵書、ネクロノミコンをはじめとした稀覯本の収集、地質学、医学、人類学、考古学の研究機関を備え、アイビーリーグにも参加し、1930年には、南極探検隊を組織して派遣するなど各方面で活躍している名門大学である。

アーカム・アサイレム(Arkham Sanitarium)[編集]

ラブクラフトの小説『The Thing on the Doorstep』に登場した施設。同じ名前の施設がバットマンにも登場するが別物である。マサチューセッツ州ダンバースにあるダンバース州立病院(Danvers State Hospital)がモデルとされ、こちらも『ピックマンのモデル』、『インスマスの影』などに登場する。

登場作品[編集]

H・P・ラヴクラフト作品
『家のなかの絵(1920年)』
『死体蘇生者ハーバート・ウェスト(1922年)』
『名伏しがたいもの(1923年)』
『銀の鍵(1926年)』
『宇宙からの色(1927年)』
『ダニッチの怪(1928年)』
『闇に囁くもの(1930年)』
『狂気山脈にて(1931年)』
『インスマスの影(1931年)』
魔女の家の夢(1932年)』
『銀の鍵の門を越えて(1933年)』
『戸口にあらわれたもの(1933年)』
『時間からの影(1935年)』
『アルハザードのランプ』
その他の著者の作品
『アーカムそして星の世界へ』(フリッツ・ライバー

注釈[編集]

  1. ^ ジャージー州のゴッサムやメトロポリスがニューヨークと入れ替わっているように

関連項目[編集]

  • キングスポート - モデルは、マサチューセッツ州マーブルヘッド。(小説『「霧の高みの不思議な家」』)
  • インスマス - ニューベリポートとアーカムの中間に位置する。(小説『インスマスの影』)
  • ダニッチ - ミスカトニック川上流、西の山岳部に位置する。(小説『ダニッチの怪』)
  • アーカム・アサイラム - バットマンに登場する地名。本項が名前のモチーフとなっているがゴッサムシティにあり無関係。