ルルイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルルイエの位置

ルルイエR'lyeh)は ハワード・フィリップス・ラヴクラフトなどの作品に登場する架空の地名。ル・リエーラ・イラーとも表記されるが、ラヴクラフトがどのような発音を考えていたか、他のクトゥルフ神話の固有名詞同様、不明である。

概要[編集]

ルルイエは、1925年3月23日のラブクラフトの小説『クトゥルーの呼び声』において初めて言及された架空の都市である。これ以降、クトゥルフ神話と呼ばれる共通の世界観を持つフィクション作品にも登場する。

現在は、海底に沈んでいるが、やがて地上に浮上するとされている。その時、ルルイエに封印されるクトルゥフが復活し、地上を支配するとされている。

太平洋南緯47度9分 西経126度43分の海底に位置し、ニュージーランド南米大陸南極大陸の中間付近、現実にはポイント・ネモ(太平洋到達不能点)(到達不能極#海上の到達不能極#太平洋到達不能極)に程近い絶海の海域である。ただし作家によってルルイエの位置は、自由に設定しても良い。例えばダーレスは、49°51'S 128°34'Wにルルイエを置いた。

概説[編集]

The nightmare corpse-city of R'lyeh…was built in measureless eons behind history by the vast, loathsome shapes that seeped down from the dark stars. There lay great Cthulhu and his hordes, hidden in green slimy vaults.

H. P. Lovecraft, "The Call of Cthulhu" (1928)

作中では、異常極まりない非ユークリッド幾何学的な外形を持つ多くの建造物からなっている、と描写されている。死せるクトゥルフ(クトゥルー)が封じられ、夢見ながら再浮上を待つ場所であり、クトゥルフ神話の中核をなす要素のひとつである。星辰が正しい位置についたとき、クトゥルーは目覚め、ルルイエは再び浮上すると伝えられている。 また、この地名を冠した架空の書籍として『ルルイエ異本』がある。ただし、その内容はクトゥルフ神話作品でもほとんど語られていないため詳細は、不明である。

登場作品[編集]

クトゥルフ神話系統の作品[編集]

  • 『クトゥルーの呼び声』(ハワード・フィリップス・ラヴクラフト)
  • 『アルハザードのランプ』(同)
  • 『永劫の探求』(オーガスト・ダーレス

それ以外[編集]