アブドル・アルハズラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アブドル・アルハズラット (Abdul Alhazred) は、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの一連の小説に登場する奇書「ネクロノミコン」の著者とされる架空の人物。アブドゥル・アルハザードとも(どちらかというとこの表記の方が一般的である)。鬼神論者または妖術師である。

概要[編集]

伝説の円柱都市アイレムを見た[1]アラビア南部の砂漠にある無名都市の廃墟の地下で人類より古い種族の秘密の年代記を発見した[1]、など信じ難い言動が多かったため、狂えるアラブ人アラビアの狂える詩人と呼ばれることもある。

ラヴクラフトの記した資料『ネクロノミコンの歴史』では、アルハズラットの生涯についての説明がある[1]。それによると、ウマイヤ朝の時代にイエメンサナアで活躍したとされ、ムスリムであったがイスラームクルアーンの教えには関心を持っておらず、ヨグ=ソトースクトゥルフ等の旧支配者を信奉していた。その最期については諸説あるが、一般的には738年、ダマスクスの路上で白昼、衆人環視の中、見えない怪物に貪り食われたと伝えられているという。

後に、ラヴクラフトの友人であったオーガスト・ダーレスが中心となって体系化されたクトゥルフ神話に、ネクロノミコンとともに度々言及される。

なお、子孫のアラン・ハッサードはアーカム・デイリー・ニュースの記者として深きものども旧支配者絡みの事件に度々関わり、ワトスン役の友人フランクリンの手によって小説の形で公表されている[2]

ラヴクラフト本人の説明によれば、この「アブドル・アルハズラット」と言う名前はラヴクラフトが5歳の時、アラビアンナイトを読んでアラブ人になりたがった頃に使っていた名前であり[3]、命名者についての記憶は定かではないが、誰か大人の人につけてもらった名前であるとしている[3]。この命名者については、叔父にせがんで付けてもらったとも、またはフィリップス家の弁護士アルバート・ベイカー(Albert Baker)とも、あるいはラヴクラフト自身ともいわれている。

備考[編集]

アブドル(アブドゥル、Abdul)という名前はアラビア語またはイスラム教圏で一般的な男性名。元々はアラビア語で「Abd al(عبد ال)」といい、「(神の)下僕」という意味を持つ。

「神の下僕」というと日本人には仰々しく感じられるが、命名コンセプトとしては欧米語圏における「Christian(クリスチャンキリスト教徒=神の子キリストを信奉する者)」に等しく、ごくありふれた名前である。派生した名も多く、例えばアブダラー(Abdullah)という名前であれば「アラーの下僕」、アブドゥル=アジーズ(Abdul Aziz)という名前であれば「偉大なるものの下僕」、アブドゥル=ラウーフ(Abdul Rauf)という名前であれば「慈悲深きものの下僕」といった意味となる(アッラーフの99の美名も参照のこと)。

英語圏ではアルハズラッド(Alhazred)という単語は、アラビア語語源のハザード(hazard 「偶然、危機、障害」;サイコロを意味するアラビア語アッザハル(az-zahr الزّهر)から)や警戒色(red)を想起させるらしい。また語源的解釈として、アラビア語で「~の近くの場所、~の側、~の居場所」を表すハドラ(ḥaḍrah حضرة 、日本語の「御前さま」「御屋形さま」のように「わたしは~の近く/居場所にいる」と遠まわしに告げることで対象への敬意を表す)や、同じ語源のペルシア語およびトルコ語宗教指導者に用いられる敬称ハズラット/ハズレット(hazrat حضرت / hazret)、あるいはアラビア語で「柵をめぐらす事、禁止する事」という意味のハズラ(ḥaẓraحظر )などと関連付けられることもある。

だが先に述べたように、この名前はラヴクラフトの筆名の1つである。アブドルはアラビア語から、アルハズラッドは分家筋の家名ハザード(Hazard)を「オール・ハズ・レッド (all has read 、皆が読んだ)」という言葉にひっかけてアラビア語風にもじった一種の言葉遊びである。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c Lovecraft, Howard P 「資料:『ネクロノミコン』の歴史」『ラヴクラウト全集』5、大瀧啓裕訳、東京創元社創元推理文庫〉、1987年7月10日(原著1938年)、第9版、311-322頁。ISBN 4-488-52305-6
  2. ^ Franklyn Searight「Lair of the Dreamer」(Hippocampus Pr) ISBN 097938060X
  3. ^ a b Lovecraft, Howard P 「作品解題 ネクロノミコンの歴史」『ラヴクラウト全集』5、大瀧啓裕訳、東京創元社創元推理文庫〉、1987年7月10日(原著1937年2月)、第9版、348頁。ISBN 4-488-52305-6

関連項目[編集]