インスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Second Life上に再現されたインスマス

インスマスInnsmouthインスマウスとも表記)は、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトなどの作品に登場する架空の

概要[編集]

ラブクラフトの小説『インスマスの影(The Shadow Over Innsmouth)(1936年)』に初出した。ラヴクラフトの複数の作品に登場し、他の作家によって書かれたクトゥルフ神話作品にも多く登場する。

アメリカ合衆国マサチューセッツ州エセックス郡に属すマニューゼット川の河口にある港町である。アーカムからニューベリーポートに向かう街道の途中に位置する。またキングスポートに向かう街道もある。町の周囲は、湿地帯に囲まれ交通手段は、バスのみで鉄道は、廃止されている。約1マイル半(約2.4km)沖には、悪魔の岩礁と呼ばれる岩礁がある。

作中での描写[編集]

1643年に建設され、漁業や中国やインドなどの貿易の中継地として繁栄した。北岸の古い高級住宅地がその名残りである。1812年米英戦争が起こって不景気になるとガラス細工をポリネシアの島民と金製品で交換した交易商人オーベッド・マーシュ船長がマニューゼット川を動力に精錬工場を経営し始める。川の上流北岸に工業地区ができ、周辺の軽工業の中心地となった。ところが1846年に発生した謎の伝染病により一夜にして住民の半数以上が死亡する。1861年南北戦争や漁場の荒廃なども重なり1920年代までに衰退した。

もとは、バプテスト教会フリーメイソンなどの宗教があったが、1840年にオーベッド船長がカナカイ族の酋長ワラキーから教わったダゴン秘密教団という宗教団体が勢力を広げ、元のフリーメイソン会館「ニュー・チャーチ・グリーン」を寺院・集会場として使用していた[1]。教団を主宰するオーベッド船長のマーシュ家と彼の部下で船員幹部だったウェイト家、ギルマン家、エリオット家、フィリップス家が町を牛耳るようになった。

この町の住民は、青白いに似た独特の容貌を持ち周辺の住民から忌み嫌われている。これを通称「インスマス面(インスマスづら)」という。顔以外にも目が大きくまばたきが少ない、ガニ股、ピョコピョコ跳ねるように歩く姿などが特徴に挙げられる。近隣のアーカムの住民を含め訪れる者は、稀である[2]。またインスマスを訪れ行方不明となる商人や役人も後をたたない[3]

1927年合衆国政府による「密造酒の取り締まり」とされる住民一斉検挙が海軍FBIの共同作戦で行われ、更に荒廃が進み、半ばゴーストタウン化している。この一斉検挙の際に何故か沖の悪魔の岩礁に向かって海軍潜水艦から魚雷が打ち込まれた[4]。岩礁に爆雷が投下されたとする作品もある。

「永劫の探求」においては、登場人物のひとりアンドルー・フェランとエイベル・キーンによって襲撃され、町を支配していた深きものどもの長、エイハブ・マーシュが倒されている。

現実の地理との類推[編集]

現実のエセックス郡の他の地名と見比べた場合、マニューゼット川河口のファルコン岬(Falcon Point)にインスマスはあるが、これは実在ではイプスウィッチ川河口のグレートネック(Great neck)のイプスウィッチ(Ipswich)の位置にあると思われる。ただしアーカムとセイラムのように地形が似ている訳ではない。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ラヴクラフト全集1「インスマウスの影」p.39
  2. ^ ラヴクラフト全集3「戸口にあらわれたもの」p.111
  3. ^ ラヴクラフト全集1「インスマウスの影」p.23
  4. ^ ラヴクラフト全集1「インスマウスの影」p.11

参考文献[編集]

関連項目[編集]