旧支配者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

旧支配者(きゅうしはいしゃ、Great Old One)は、小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの作品をもとにオーガスト・ダーレスが体系化したクトゥルフ神話、およびその設定を共有し書き継いだ作家たちの作品群に登場する、かつて太古の地上を支配していたと設定されている架空の神々。古き神々(ふるきかみがみ)、古き者ども(ふるきものども)とも訳される。

概要[編集]

当初のラヴクラフト作品においては、これらは善悪で把握できる存在としては描かれていなかったが(ラヴクラフト神話を参照)、ラヴクラフトの死後、その設定を引き継いだダーレスにより、善の旧神と対立する邪神のカテゴリとして設定された。

ダーレスによる設定では、旧支配者はそれぞれ、四大元素(火、水、土、風)のいずれかに属し、旧支配者同士の対立も存在する。現在は活動が制限されているが、星辰の移り変わりによるものとも、旧神との戦いに敗れて幽閉されたためともいう。いずれにせよ、眷属や信者が主の復活を画策しており、仮に旧支配者が復活すれば、人類の文明など、あっけなく滅ぼされてしまうだろうとされている。

これらの神性をまとめて旧支配者と呼んだのはダーレスであり、ラヴクラフト自身はクトゥルフ以外に旧支配者の名をまったく挙げていない。したがってラヴクラフトの作品のみに準拠する限り、ヨグ=ソトースハスターナイアーラトテップが旧支配者であるという証拠は存在しない。

なお、英語の“Great Old Ones”という語は、ラヴクラフト自身の著作による小説作品「クトゥルフの呼び声」で言及されている呼び名であるが[1]、これを日本語訳で旧支配者としたのは、後にダーレスによって創作された「これらの神性が、かつて宇宙を支配していたが失権した」という設定を踏まえた意訳であり、ラヴクラフトの意図に基づく正確な訳とは言えない面もある。今日、英語ではGreat Old OnesOld Onesthe ancient onesだが、他にelder godsthe elder godsElder GodsThe Elder Gods等の名でも呼ばれたことがある。

主な旧支配者[編集]

以下に、主な旧支配者の名前を挙げる。ただし、人間には正確な発音は不可能なものと設定されており、これらはあくまで仮のものとされる。日本語訳ではカタカナ表記の統一されていないものが多い。括弧内は主な表記。

脚注[編集]

  1. ^ Wikisource reference Howard Phillips Lovecraft. The Call of Cthulhu/Chapter II. - ウィキソース. 
  2. ^ 「コスの印(The Sign of Koth)」は『未知なるカダスを夢に求めて』や『チャールズ・デクスター・ウォードの事件』に登場する。

関連項目[編集]