ムナガラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムナガラー(M'nagalah)は、クトゥルフ神話に登場する架空の神性。別名「テティスの支配者」。

概説[編集]

オーベッド・マーシュの子孫の一部に伝わる伝承では[1]クトゥルーの右腕」とされ、かつて地球に大陸がゴンドワナ大陸一つであった頃、ただ一つの海であったテティス海の支配者だったという。

触手を備えた肉塊のような姿[2]をしており、女神カソグサの落とし仔に似ているとも言われる。

出典・言及作品[編集]

  1. ^ ジョゼフ・S・パルヴァー『Nightmare’s Disciple』ISBN-10: 1568821182
  2. ^ ラムジイ・キャンベル『The Tugging』(「COLD PRINT」 ISBN-10: 0747240590 所収)