カダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カダス(Kadath)とは、クトゥルフ神話に登場する架空の土地。「凍てつく荒野のカダス」と呼ばれ、他に「未知なる」、「忘れ去られた」とも称される。

概要[編集]

カダスの所在については、諸説ありネクロノミコンでは中央アジア高原モンゴル近くに位置するとされ、一方で南極にある未知の山脈に位置するという説もある[1]。また地球ではない別の惑星にあるという説。さらに銀の鍵の門という異次元の向こう側にあるという説。あるいは、夢の国(ドリームランド)にあるともされた。

小説『未知なるカダスを夢に求めて』では、ドリームランドのレン高原の遥か北にあり、山頂にインクアノクの石切り場から採石された縞瑪瑙で作られた城がそびえ立つ。この縞瑪瑙の城は、地球の神(大地の神とも)がナイアーラトテップの庇護の下で居城として使用しており、レン高原にほど近いインクアノクでは、それら地球の神の血を引く末裔が暮らしている。夢見人ランドルフ・カーターが目にした所によるとカダス山頂の城は、冒涜的なまでに巨大で全体が暗闇に包まれているという。

小説『蕃神』によれば大地の神々は、人間に見られることを嫌い次第に高い山々に移り住んだが、あらゆる場所が人間に踏破されると最後の秘境であるカダスに移住するようになった。それに加えて小説『未知なるカダスを夢に求めて』では、ナイアーラトテップは、魔王アザトースの意志を代行し、地球の神々を彼らの地球の玉座より遠ざけ、カダスに住まわせることでアザトースと共に外宇宙の闇に住む大いなる存在たちを地球に降ろす手助けを望んだ。地球の神々も自分たちの姿を見ようとする人間を避け、アザトースと地球での影響力を争うつもりもなく一部の神ノーデンスなどがナイアーラトテップと影響力を争っている。カダスを探すランドルフ・カーターは、ナイアーラトテップと敵対するノーンデスの助けを受けられると考えていた。だが、彼がカダスを探っていることを知ったナイアーラトテップは、ノーデンスの保護を受ける屍食鬼夜鬼などを蹴散らし、ただちに彼をカダスに連れ去っている。

レン高原[編集]

ラヴクラフトの小説でレン高原は、2度登場する。ひとつが中央アジア、モンゴル高原にあるという設定。もうひとつが夢の国ドリームランドにあるという設定である。ネクロノミコンによればアザトースが降臨する場所であると指摘されている。

解説[編集]

『蕃神』では、賢人バルザイは、神々の姿を見たために行方不明になり、『霧の高みの不思議な家』では、ノーンデスが自分の姿を見たトマス・オルニーという若者の魂を持ち去って、彼を生きた人形のようにしてしまった。『未知なるカダスを夢に求めて』のカーターの場合、ナイアーラトテップに引き合わされたために大地の神々の姿を見なかったため無事に戻ることが出来た。このようにラヴクラフトの作品では、神を見たものは、正気を失うか生きて帰らないことを条件に神々の土地に住むことを強制されることをテーマにしており、その中でカダスは、神々が人間から姿を隠す最後の土地であり、近づく者は、ナイアーラトテップにより排除される。

脚注[編集]

  1. ^ 「狂気の山脈にて」 『ラヴクラフト全集4』創元推理文庫。ISBN 4-488-52034-8

参考文献[編集]

  • H.P.ラヴクラフト『蕃神(1921年)』 - カダスについて言及される初めての作品
  • H.P.ラヴクラフト「未知なるカダスを夢に求めて」 『ラヴクラフト全集6』創元推理文庫。ISBN 4-488-52306-4
  • 『クトゥルフ神話TRPGラヴクラフトの幻夢境』エンターブレイン。ISBN 978-4-7577-4737-1