ダニッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ダニッチ (Dunwich) あるいはダンウィッチは、怪奇小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの作品に登場する架空の村。

概要[編集]

作中では、アメリカ合衆国マサチューセッツ州北部の丘陵地帯に位置する寒村と描写されている。

キングスポートからドーム状の丘の間を蛇のように流れるミスカトニック河と並走するアイルズベリイ街道を西の上流に向かって遡り、頂上に環状列石が残るラウンド山の斜面と河の間に廃屋同然の家が建ち並んでいるとされる。18世紀までインディアンが土着の儀式を執り行い地響きのような音が聞こえたと伝えられる。1692年にセイラム魔女事件が起こり、ビショップ家、ウェイトリー家などが移り住んで来た。外部との交流は少なく、少数の村人が代々近親婚を重ねつつ退廃的な生活を送っていた。周囲30マイルの村落で最も古い建物である1700年以前のビショップ家の地下室の煙突がある一方、ダニッチで最も新しい建物は、1806年の滝に作られた水車の廃墟となっている。

1928年に起きた怪事件の後、ダニッチへの道標はアイルズベリイ街道から取り払われた。その顛末は、ラヴクラフトの作品『ダニッチの怪』で語られている。

センティネル丘の祭壇[編集]

環状列石に囲まれたテーブル状の平石からなる遺跡。ここから物語が始まり、終わった場所。ダニッチのラウンド山の頂にある。付近の谷底は、悪魔の舞踏園と呼ばれ、植物が生えず悪臭が立ち込めていて何かが突進してくるような一定のリズムで大きな物音が響いている。ダニッチでもっとも古い建物でインディアンが作ったと信じられている。遺跡から大量の人骨が発見され、原住民のインディアン、ポクムタック族の埋葬地だったという俗説の裏付けといわれているが学者によれば白人の骨であるらしい。

夜鷹ウィップアーウィル[編集]

ダニッチ土着の風説で恐れられる夜に活動する夜鷹の一種。暖かい夜に人の死期を察知して夜に鳴き、集まって臨終で死者の魂を捕まえようとするといわれている。死者の魂を捕まえることに成功すると群れが一際大声で朝まで鳴き続けるが、失敗して魂を逃すと気が付かない内に静かになって飛び去ってしまう。

オズボーン雑貨店[編集]

ダニッチにある商店。小説『ダニッチの怪』の中で度々、描写がある。

ウェイトリー家[編集]

ダニッチの中心から4マイル、最も近い家からも1.5マイル離れた山腹の斜面に建った大きな農家だが使われていない部屋が数多くある。セイラム事件でミスカトニックに移住したウェイトリー家の分家の一つ。1928年の事件で一家は、全滅した。1913年、1923年、1927年に大規模な改築を行い天井や壁、1階と2階の床などを取り外して家屋に大きな空間を作り、窓を木板で塞いだ。代わりに一家は、納屋を修理して書物など家具類も徐々に移し、最終的にそちらで暮らしていたようである。毎月のように牛を購入していたが10~12頭より増えることはなく痩せ衰えて傷と皮膚の爛れた牛が転げ落ちそうな斜面で草を食べている様子を近所の住民が見ており、動物虐待防止協会に苦情を入れるという意見まで起こった。

発音とカナ表記[編集]

イギリスサフォーク州に実在するDunwichen:Dunwich参照)、オーストラリアノースストラドブローク島に実在するDunwichen:Dunwich, Queensland参照)はイギリス英語式で[ˈdʌnɪ] と発音されることから、日本においてはダニッチ表記となる。

ラブクラフト作品においては、アメリカ英語式に[ˈdʌnwɪ]en:Dunwich (Lovecraft)参照)と発音されることもあるから、こちらに従えばダンウィッチ表記を用いる。なお、アメリカにおいてもマサチューセッツ州を含むニューイングランドではイギリス英語式の発音になることがある。

日本の小説家菊地秀行はアメリカにおいてクトゥルフ神話ファンの集まりに参加した際に、「ダニッチ」発音を繰り返していたら、明示的に2語に分け「ダン・ウィッチ」と訂正された体験をした旨を自作のクトゥルフ神話小説『邪神金融道』の後書きにて記している。

八つ目村[編集]

小説『ダニッチの怪』の翻案作品である水木しげるの漫画『地底の足音』に登場する集落でダニッチに相当する。

登場作品[編集]

関連項目[編集]