アリシア・Y

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アリシア・Y
ジャンル クトゥルフ神話
漫画
作者 後藤寿庵
出版社 茜新社
掲載誌 キャンディータイム海賊版(富士美出版
巻数 全1巻
話数 13話+外伝2話
テンプレート - ノート

アリシア・Y』 (ALICIA.Y) は、後藤寿庵による日本漫画作品。『キャンディータイム海賊版』(富士美出版)にて連載された。なお、『月刊COMICロリポップ』(笠倉出版社)に掲載された予告編では「封印者」というタイトルだった。

2006年に出版された『クトゥルー神話 ダークナビゲーション』(ぶんか社)において、ミスカトニック大学在学中を描いた新作読切『アリシア・Y外伝 ロバート・ゴドラムの研究』が掲載された。

茜新社より刊行された単行本全1巻は絶版になっており、2010年6月27日よりDLsite.comにて後藤の運営するサークル「千堂屋」から電子書籍の形式で販売されていた(単行本収録分に加えて外伝も収録)が、こちらも2013年以降は販売が終了。2015年には絶版マンガ図書館での公開の他、同年1月7日よりAmazon Kindleで販売が行われており、両媒体共に書下ろし短編『アリシア・Y 20周年おまけ漫画』を併録している。

ストーリー[編集]

1999年ロンドン、海底神殿の入り口を探し求めて連続殺人を繰り返すインスマスの半魚人達の前に一人の少女アリシア・Y・アーミティッジが姿を現し、新たな被害者を増やさんとしていた半魚人達を一瞬にして屠り去る。一方、イギリスの空港に到着したアリシアの友人、響さつきをナイアールが出迎えるが、直後に航空機が空港に衝突する。

登場人物[編集]

アリシアと協力者[編集]

アリシア・Y・アーミティッジ
主人公。外見は14 - 15歳の少女だが、実年齢は8歳。年齢を偽ってミスカトニック大学に4歳で入学、6歳で卒業している。一人称は「ボク」。
H.P.ラヴクラフトの小説『ダニッチの怪』においてミスカトニック大学の図書館長ヘンリー・アーミッティジ教授らに計画を阻止されたウェイトリー一族の末裔が、復讐の為に魔術を用いてアーミティッジの子孫の女性にヨグ・ソトースの娘を産ませた、神と人の混血であり、ミドルネームの「Y」は“ヨグ”の意。本来の名はアリシア・Y・ウェイトリーだったが、幼少期の辛い記憶から名を捨てて、現在の姓を名乗っている。
作者の別作品『シャーリィ・ホームズ』(成人向け漫画)の最終回にも登場しており、ナイアールと肉体関係を持ったことを明言している。
ナイアール
褐色の肌の美青年。その正体は這い寄る混沌ナイアーラトテップ。アリシアと行動を供にする際には黒猫の姿をとることもある。最終決戦時には燃える三眼の姿をとるが・・・
響 さつき(ひびき さつき)
小説家の女性。アリシアのミスカトニック大学在籍時代の友人。アリシアのことを「AYAちゃん」と呼ぶ。
犬丸 大丞(いぬまる だいすけ)
日本出身のジャーナリスト。妻子持ちで、息子の名は「龍一」。満月の夜に狼男に変貌する力を持つ。12世紀生まれ。
神々が眠りについた際、何者にもその眠りを妨げぬように力を与えられた種族“封印守護者”の出自だが、本人はそれを知らない。クトゥルーの邪神よりも奥さんの方がよっぽど怖いらしい。
電子書籍版の後書きによると、元々は作者の後藤が少年誌の新人賞に応募した伝奇ラブコメ作品からの導入キャラクターであるとのこと。
ランドルフ・カーター
『ランドルフ・カーターの陳述』を始めとするH.P.ラヴクラフトの作品群の登場人物。ナイアールに協力を求められ、敵の策略によって封印されたアリシアを銀の鍵の力で救出した。
その正体は自らを夢の国の住人「ランドルフ・カーター」とすることで神の知を得たが、それを図書館として利用するに留めたラヴクラフト本人。

敵対者[編集]

ジョン・ディー
ルネサンス期における英国最大の数学者にして魔道士。アブドゥル・アルハザードの「ネクロノミコン」を英訳した際に得た知識で不死となり、アザトースの守護を得、神の知を得るためにクトゥルー復活を図る。
エロール
ジョン・ディーの作り上げたホムンクルス。グールを率いて響と犬丸を襲ったが、狼男と化した犬丸の前に敗退する。
インスマスの半魚人
第1話に登場。集団で連続殺人を繰り返していたが、アリシアに屠られ、生き残ったリーダー格もジョン・ディーに始末された。
グール
第3話に登場。エロールに率いられて犬丸とさつきを襲った。

神々[編集]

クトゥルー
ナイアールからは「水の王」と呼ばれる神性。ジョン・ディーによって復活させられる。
ヨグ・ソトース
始まりもなく終わりもない、無限大を秘めた無限小が無限に連なる世界が真の姿とされる存在。その本質は無限情報を秘めた光集積体とされ、クトゥルー、ハスター、アザトースらのみならず、宇宙さえもヨグ・ソトースの大海に浮かんだ微小な泡に過ぎないとされている。

書籍情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]