ゴル=ゴロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゴル=ゴロス(Gol-goroth)は、ロバート・E・ハワードの作品に登場する架空の怪物。クトゥルフ神話の神として、旧支配者の一柱に数えられる。

概要[編集]

ハワードが『ウィアード・テイルズ』1931年10月号に発表した「バル=サゴスの神々」に登場する怪物で、バル=サゴスで崇拝されていた神々の中ではもっとも強大であるという[1]。ハワードの作品ではゴル=ゴロスの姿は明らかにされていないが、「黒の碑」に登場する魔物もゴル=ゴロスであるというロバート・M・プライスの説が広まったため、今日ではヒキガエルのような姿をしていると見なされることが多い。リン・カーターの作品には怪鳥の姿で登場するが、これはグロス=ゴルカと混同したものであるとプライスは指摘している[2]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『The Gods of Bal Sagoth』(「The Gods of Bal-Sagoth」ISBN 0441295258)所収
  2. ^ 『The Xothic Legend Cycle (ISBN 156882078X)』P179