コナン・ザ・グレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コナン・ザ・グレート
Conan the Barbarian
監督 ジョン・ミリアス
脚本 ジョン・ミリアス
オリヴァー・ストーン
製作 バズ・フェイシャンズ
ラファエラ・デ・ラウレンティス
製作総指揮 D・コンスタンティン・コンテ
エドワード・R・プレスマン
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
音楽 ベイジル・ポールドゥリス
撮影 キャロル・ティモシー・オミーラ
編集 デューク・キャラハン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年5月14日
日本の旗 1982年7月17日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2000万ドル
興行収入 $39,565,475[1] アメリカ合衆国の旗
$68,851,475[1] 世界の旗
次作 キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2
テンプレートを表示

コナン・ザ・グレート』(原題: Conan the Barbarian )は、ロバート・E・ハワードの小説『英雄コナン』シリーズを原作とする1982年アメリカ映画

概要[編集]

世界的に有名なヒロイック・ファンタジー小説を、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化した作品。

プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティスは、当時のインデペンデンス系としては業界の最高峰に位置するとされていた。「俳優としての仕事を欲しかった無名時代のシュワルツェネッガーが「ボス」の部屋の隅に立っていた」という業界における有名な噂がある(ただし、この時点ですでにボディビルディングの頂点ミスター・オリンピア他の称号を得ており、またドキュメンタリー『鋼鉄の男』などのヒットもあったことから、完全に全く無名の素人というわけではない)。この『コナン・ザ・グレート』によって世界的に名前を売り、出世街道を驀進する以前の話である。

  • 製作予算2000万ドル(概算)
  • 全米収入3956万5475ドル[1]
  • 全世界収入6885万1475ドル[1](1982年)

1984年には、本作の続編にあたる『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2』(原題: Conan the Destroyer )も製作された。

剣豪として出演している山崎清は神道自然流日本空手道良武会アメリカ支部に所属する先生であり、出演以外にも本作の剣術指南を行っている。本作を機に続編となる『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2』、関連作品であるレッドソニアでも山下が剣術指南を行った。シュワルツェネッガーはその体格に見合うスタントマンやスタントダブルを見つけられなかったため、山下の剣術指南を受けて自らスタントやアクションを行い、幾針も縫う怪我を負いながらもコナンを演じきった。

ストーリー[編集]

有史時代を遡ることはるか昔。平和だった村にある日突然、鋼の秘密を狙う侵略者タルサ・ドゥームとその一党が襲いかかった。刀鍛冶の両親を目の前で殺害され、自らは奴隷の身となった少年コナンは悲惨な境遇の中、強靭な肉体を持つ青年へと成長を遂げる。ある日、赤毛の商人によって解放されたコナンは自由の身となり、旅の途中で盗賊のサボタイと出会い、蛇を神として崇める邪教の神殿にある財宝を盗みに入る。二人は先に盗みに入ろうとしていたヴァレリアと手を組み財宝を盗み出す。神殿から逃げようとしたコナンは、壁に掲げてある双頭の蛇の紋章が、両親を殺したタルサの紋章と同じことに気付く。

神殿から逃げ出して豪遊していたコナンたちは、街を治めるオズリック王の前に連れ出される。オズリックは邪教の王タルサの魔法にかかり、邪教の聖山に姿を消した娘ヤスミナを助け出して欲しいと懇願する。ヴァレリアとサボタイは危険な旅に反対するが、コナンは一人で邪教の聖山に向かう。しかし、聖山に辿り着いたコナンはタルサに捕まり拷問を受け、磔にされてしまう。コナンはヴァレリアとサボタイに助け出されたものの瀕死の重傷を負い、ヴァレリアは神々の墓守に魔法で助けて欲しいと懇願する。その夜、死神がコナンを連れ去ろうとし、ヴァレリアは「自分が報いを受ける」と神に誓い、死神は立ち去りコナンは一命を取り留める。

三人は聖山の洞窟に忍び込み、タルサの手下たちを倒してヤスミナを救い出して脱出するが、タルサの放った矢にヴァレリアが射抜かれてしまう。ヴァレリアはコナンに看取られて息を引き取り、コナンとサボタイは神々の墓所に戻り彼女を荼毘に付す。二人は墓守の魔法使いと共に戦いの準備を終え、二人を追って来たタルサの一団を迎え撃つ。コナンはレクサーに不意を突かれ殺されそうになるが、死者の世界から駆け付けたヴァレリアに助けられ、レクサーを倒す。手下を失ったタルサはヤスミナを殺そうとするが、サボタイに阻止され一人聖山に逃げ戻る。コナンは魔法が解けたヤスミナと共に聖山に向かい、信者たちに「世界の浄化」を呼びかけるタルサを殺し、両親の仇を討つ。タルサを失った信者たちの魔法も解け、コナンはヤスミナと共に聖山を後にする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ テレビ朝日
コナン アーノルド・シュワルツェネッガー 壤晴彦 玄田哲章
タルサ・ドゥーム ジェームズ・アール・ジョーンズ 石田太郎 坂口芳貞
オズリック王 マックス・フォン・シドー 宮沢元 黒沢良
ヴァレリア サンダール・バーグマン 小宮和枝 戸田恵子
レクサー ベン・デイヴィッドスン 秋元羊介 麦人
魔女 カサンドラ・ギャヴァ 藤夏子 高島雅羅
サボタイ ジェリー・ロペス
サブ・シモノ(声)[2]
池田秀一 中尾隆聖
魔法使い マコ岩松 内田稔 及川ヒロオ
ヤスミナ姫 ヴァレリー・クイネッセン 達依久子 深見梨加
コナンの父 ウィリアム・スミス 大久保正信 青野武
赤毛の商人 ルイス・バーブー 小島敏彦 峰恵研
剣豪 山崎清[3]
ナレーター マコ岩松 内田稔 阪脩
  • 日本テレビ版:初回放送1985年9月11日『水曜ロードショー
  • テレビ朝日版:初回放送1989年4月23日『日曜洋画劇場
    • ノーカット追録:初回放送2013年10月19日 WOWOWプライム『土曜吹替劇場』
シュワルツェネッガーの公認・専属吹替声優である玄田哲章が初めてシュワルツェネッガーを吹き替えた作品である[4]
※DVDには初回放送版が収録

スタッフ[編集]

受賞・ノミネート歴[編集]

カテゴリー 対象者 結果
第40回ゴールデングローブ賞 年間最優秀新人賞(女優) サンダール・バーグマン 受賞
第10回サターン賞 主演女優賞 サンダール・バーグマン 受賞
衣装賞 ジョン・ブルームフィールド ノミネート
ファンタジー作品賞 バズ・フェイシャンズ
ラファエラ・デ・ラウレンティス
ノミネート
メイクアップ賞 ジョーズ・アントニオ・サンチェズ ノミネート
作曲賞 ベイジル・ポールドゥリス ノミネート
第3回ラジー賞 最低男優賞 アーノルド・シュワルツェネッガー ノミネート

リブート[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Conan the Barbarian (1982)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月14日閲覧。
  2. ^ Sammon, Paul (April 1982a). "Conan the Barbarian". Cinefantastique (Illinois, United States: Frederick S. Clarke) 12 (2 and 3): p62. ISSN 0145-6032
  3. ^ http://blog.livedoor.jp/tsuwamono1/archives/52863717.html
  4. ^ 玄田哲章さんインタビュー|吹替の力”. 2016年7月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


[[[Category:架空の国家を舞台とした映画作品]]