ネクロノミコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラヴクラフトのファンによる再現

ネクロノミコン (Necronomicon、邦訳題:死霊秘法) は、怪奇作家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの一連の作品に登場する架空の書物である。ラヴクラフトが創造したクトゥルフ神話の中で重要なアイテムとして登場し、クトゥルフ神話を書き継いだ他の作家たちも自作の中に登場させ、この書物の遍歴を追加している。

概要[編集]

アラビア人「アブドル・アルハズラット」(アブドゥル・アルハザードや、アブド・アル=アズラットと記される場合もある)が著わしたとされる架空の魔道書。『チャールズ・ウォードの奇怪な事件』では黒魔術師ジョセフ・カーウィンが(『イスラムの琴(カーヌーン)』の偽題で)所有した。また、『ダニッチの怪』では、不完全な英語版が異世界からの怪物を召喚させるために用いられ、逆にそれを撃滅するためにも用いられた。

ラヴクラフトがこの魔道書の表題をギリシャ語としつつも起源をアラビアとしたのは、『アルマゲスト』の表題の逸話から着想を得たものであり、ヨーロッパではローマ帝国崩壊後に原書が失われてしまったプトレマイオスによる同書がアラビアに伝わって保存され、発展し、ルネサンス期にアラビア科学として逆輸入された歴史的事実を踏まえたものであると、知人に宛てた手紙の中で説明している[1]。かくして本書は、失われた古代の知識という雰囲気を作り出すための道具立てとなった。

ネクロノミコンは架空の書物であり、本来はクトゥルフシリーズの中でのみ語られてきた存在であったが、現代においては魔道書物の代名詞的存在として様々なメディアでその名前を目にすることができる。

来歴[編集]

ラヴクラフトが作中に記した架空の来歴によれば、狂える詩人アブドル・アルハズラットにより、730年ダマスカスにおいて書かれた「アル・アジフAl Azif)」(もしくはキタブ・アル=アジフ:キタブは本/書の意)が原典であるとされる。アジフは、アラブ人が魔物の鳴き声と考えた夜の音(昆虫の鳴き声)をあらわした言葉であると定義されている[2][3](ただし、アラビア語にアジフという単語はない。類音語として、うなる音または轟音の意味をもつアジズがある)。「ネクロノミコン」の表題はギリシャ語への翻訳の際に与えられたものとされ、ギリシャ語のΝεκρός(Nekros 死体) - νόμος(nomos 掟) - εικών(eikon 表象) の合成語であり、「死者の掟の表象あるいは絵」の意とされる[1]

現存する版本の多くは17世紀版で、ハーバード大学ワイドナー図書館パリ国立図書館ミスカトニック大学付属図書館、ブエノスアイレス大学図書館などに所蔵が確認されている[2][3]

原本アル・アジフから写本や翻訳を重ねるうちに劣化欠損が進んでいる。ミスカトニック大学附属図書館には(版・内容の異なる)複数のネクロノミコンがある。そのため、手持ちのネクロノミコンに書かれていない分を補うために他のネクロノミコンを閲覧するというストーリーがある(例:ダニッチの怪)。

ネクロノミコンの歴史[編集]

以下はラヴクラフトが記した資料「ネクロノミコンの歴史」の中で言及されている来歴であり[2][3]、多くの作品中で事実として踏襲されている架空の歴史である。

ネクロノミコンの再現[編集]

ネクロノミコンは、熱心なラヴクラフトのファン達によってその再現が幾度か試みられている。

1946年、ニューヨークで古書店を営んでいたフィリップ・ダシュネスがラテン語版『ネクロノミコン』を販売目録に追加して375ドルの値をつけた。そのことをウィンフィールド・タウンリー・スコットが『プロヴィデンス・ジャーナル』の記事で取り上げたため、ダシュネスは冗談を謝罪している[8]

1973年には、アウルズウィック・プレスが[9]贋作と明言した上で『アル・アジフ』を出版。これは全ページをアラビア風文字[注 3]の無意味な羅列で埋め尽くしただけのもので、コレクターズアイテム以上のものではなかった。

1978年[10][注 4]、ジョージ・ヘイが、16世紀ジョン・ディー版からの翻訳というふれこみで『魔道書ネクロノミコン』を出版。序文をコリン・ウィルソンが書いている。この本には、実在しているジョン・ディーの暗号文書をコンピュータ解析によって解読したというものが載せられている。その内容は「驚くべき事に」、ジョン・ディーの時代より数百年後に描かれたラヴクラフトのクトゥルフ神話の内容と合致している。この「解読結果」が、作者や関係者のネクロノミコンに対する所見や「解読」に至るまでの経緯などと共に、「ネクロノミコン断章」と銘打たれて収められている。

それまでに出版された『ネクロノミコン』に不満を感じていたドナルド・タイスンは、2004年に『ネクロノミコン アルハザードの放浪』を出版。ラヴクラフトが作中において『ネクロノミコン』からの引用として記述した文章を全て盛り込み、より設定に忠実な再現を試みている。

他に『ネクロノミコン』のタイトルを持つ有名な書籍として、スイスのシュールレアリズム画家H・R・ギーガー1977年に出版した作品集があり、収録作の一つ「ネクロノームIV」に描かれた異形の怪物が後の『エイリアン[注 5]のベースとなった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 架空の人物[4]
  2. ^ 16-17世紀の実在の医師。クトゥルフ神話設定で彼が『ネクロノミコン』を翻訳したとされる時代とは4世紀もの隔たりがある[5]
  3. ^ 学研の『魔道書ネクロノミコン』におけるロバート・ターナーによる寄稿の中では「古代ドゥリア語の不可解な文字」として言及されている[9]
  4. ^ 学研の『魔道書ネクロノミコン』にも、THE NECRONOMICON Copyright 1978 by George Hayとあるが[11]、学研版には第二版への編集序言[12]が記載されており、1993年の第二版[13]からの翻訳という体裁になっている。
  5. ^ 『エイリアン』の原作者はラヴクラフトを信奉していたダン・オバノン

出典[編集]

  1. ^ a b ラヴクラフト & 大瀧 1987, pp. 348-349
  2. ^ a b c d ラヴクラフト & 大瀧 1987, pp. 311-322
  3. ^ a b c Wikisource reference Howard Phillips Lovecraft. History of the Necronomicon. - ウィキソース. 
  4. ^ Harms, Daniel and Gonce, John Wisdom III. (2003-07-01). Necronomicon Files: The Truth Behind Lovecraft's Legend. Weiser Books. p. 331 
  5. ^ Harms, Daniel and Gonce, John Wisdom III. (2003-07-01). Necronomicon Files: The Truth Behind Lovecraft's Legend. Weiser Books. p. 332 
  6. ^ ラヴクラフト & 大瀧 1987, p. 257
  7. ^ Wikisource reference Howard Phillips Lovecraft. The Dunwich Horror/Chapter V. - ウィキソース. 
  8. ^ Harms, Daniel and Gonce, John Wisdom III. (2003-07-01). Necronomicon Files: The Truth Behind Lovecraft's Legend. Weiser Books. pp. 32-33 
  9. ^ a b ヘイ & 大瀧 1994, p. 109
  10. ^ Colin Wilson et al. (1978-05). George Hay ed.. ed (英語). The Necronomicon. Spearman. ISBN 0-85978-026-0 
  11. ^ ヘイ & 大瀧 1994, p. 4
  12. ^ ヘイ & 大瀧 1994, pp. 6-8
  13. ^ Colin Wilson et al. (1993-10) [1978-05]. George Hay ed.. ed (英語). The Necronomicon (New edition ed.). Skoob Books. ISBN 1-871438-16-0 

文献資料[編集]