無名都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

無名都市(むめいとし、The Nameless City)は、クトゥルフ神話に登場する架空の土地。

初出はハワード・フィリップス・ラヴクラフト著『無名都市』(The Nameless City, 1921年)。

作品と用語の両方について解説する。

作品「無名都市」[編集]

1921年1月に執筆され、同人誌『ウルヴァーリン』11月号に掲載された[1]。さらに同人誌『ファンシフル・テイルズ』創刊号(1936年秋季号)に掲載された後に、作者没後に『ウィアード・テイルズ』1938年11月号に掲載された[1]

ネクロノミコン」の二行聯句が引用され[注 1]、著者であるアブドゥル・アルハザードの名前も初登場する。クトゥルフ神話の歴史上における記念碑的作品である[2]。また『サルナスの滅亡』に登場したサルナスやイブの都についても言及があり、これらの都市が目覚めの世界なのかドリームランドなのかを曖昧にしている。

あらすじ[編集]

「わたし」は未踏の砂漠に乗り込み、無名都市にたどり着く。伝説で知られていたその都市に近づいたわたしは、呪われた都であると理解する。砂に塞がれかけていた洞窟を発見し、中に入るとそこは神殿であった。岩を掘り抜いて造られた人工の部屋は、やけに天井が低く、膝をついても頭が閊えるほどである。

さらに不気味な風の源を辿り、別の地下神殿を発見する。新たな神殿はより広く、直立することができたが、石や祭壇などは先の神殿同様に丈が低い。風の出所は、さらなる地下通路のようである。わたしは天井の低い通路を降りてゆくと、上面ガラス張りの木製の箱が立ち並ぶ通路へと出る。黄金に輝く木箱の中には、怪生物のミイラが、豪奢な衣装をまとい納められている。また壁には歴史絵が描かれており、どうやらこの生物は、無名都市の古代人たちにとって、高貴で聖なる存在であったようである。絵の中で八つ裂きにされていた人物は、無名都市と敵対した、円柱都市アイレムの民であろうか。都市の天井の低さは、崇拝する爬虫類の神性に敬意を払ったものだろうが、これでは信者たちが這いまわらざるを得ないため、おそらく信者たちは、爬虫類の行動を模倣していたのであろうと、わたしは結論付ける。

猛る風に呑まれたわたしは、地の底の深淵へと落ちる。わたしが見たものは、匍匐する爬虫類どもの群れであった。無名都市の神が爬虫類というのは誤りで、無名都市の住人こそが爬虫類なのである。肉体を捨てて地の底の異界に向かった彼らは、今でも夜ごとに悪霊として現れ、朝日とともに消えるのだ。

収録[編集]

  • 創元推理文庫『ラヴクラフト全集3』大瀧啓裕訳「無名都市」
  • 国書刊行会『定本ラヴクラフト全集1』波津博明訳「廃都」
  • 国書刊行会『真ク・リトル・リトル神話大系1』波津博明訳「廃都」
  • 国書刊行会『新編真ク・リトル・リトル神話大系1』波津博明訳「廃都」
  • 新潮文庫『クトゥルー神話傑作選3 アウトサイダー』南條竹則訳 「無名都市」

関連項目[編集]

  • 魔犬 - 次作品。アルハザードが、ネクロノミコンの著者であると同定される[1]

用語「無名都市」[編集]

アブドゥル・アルハザードが幻視して見つけた、はるか昔の都市。古代人は、この地を「虚空」を意味する「ロバ・エル・カリイエ」の名で呼んでいたという。イラククウェート付近にある砂漠の中に存在する。

非人類の「這って歩くワニのような爬虫類種族」が住んでいた。都市の天井が非常に低いのは、人間ではなく彼らの身長を基準としているからである。住人のミイラや宝が隠されている。

「クトゥルフの呼び声」時代にはクトゥルフ教団の拠点であったが、勢力図が変化して「永劫の探究」時代には旧支配者ハスターの支配地になっている。同作ではラバン・シュリュズベリイ博士が対クトゥルフ戦のアジトとして利用し、宇宙の彼方のセラエノに魂だけで旅立つ際には、無防備な抜け殻の肉体をこの場所に保管した。

アルハザードの末路には諸説あり、非主流説の一つが、邪神の知恵を著書に記した罰で無名都市に連れ去られて拷問死したというもの。シュリュズベリイはアルハザードの霊を降霊させ、対クトゥルフの情報を引き出している。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

【凡例】

  • 全集:創元推理文庫『ラヴクラフト全集』、全7巻+別巻上下
  • クト:青心社文庫『暗黒神話大系クトゥルー』、全13巻
  • 真ク:国書刊行会『真ク・リトル・リトル神話大系』、全10巻
  • 新ク:国書刊行会『新編真ク・リトル・リトル神話大系』、全7巻
  • 事典四:学研『クトゥルー神話事典第四版』(東雅夫編、2013年版)
[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ネクロノミコンの名前はまだ出てこない。
  2. ^ ダーレス『永劫の探究』4部など。ラヴクラフトの『無名都市』を読めばわかるように、無名都市とアイレムは別物である。

出典[編集]

  1. ^ a b c 全集3「作品解題・無名都市」323-325ページ。
  2. ^ 事典四、321ページ。