ツァトゥグァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Tsathoggua、Ruud Dirven画

ツァトゥグァあるいはツァトゥグア (Tsathoggua) は、クトゥルフ神話に登場する架空の神性。クラーク・アシュトン・スミスによって創作された。異称としてサドグイ(Sadogui)、サドゴワア(Sadogowah)、ゾタクア(Zhothaqquah)などが知られる[注 1]

概要[編集]

もともとは古代の邪教の神として創造されたのだが、クトゥルフ神話が体系化されたことで、他の邪神たちと同じように旧支配者にカテゴリされるようになった。

初出作品は、クラーク・アシュトン・スミスが『ウィアード・テイルズ』1931年11月号に発表した短編『サタムプラ・ゼイロスの物語[1]である。

  • スミスと交流があったハワード・フィリップス・ラヴクラフトが、スミスの作品が発表されるよりも前に、1930年に執筆し、ウィアード・テイルズ1931年8月号に発表した『闇に囁くもの』にて名前と由来について言及されている[2]
  • スミスのツァトゥグァを気に入ったラヴクラフトは、自分の作品に取り入れて描写したのだが、あまりスミスの原設定を重視せず、自由に書いている。そのためスミスのツァトゥグァとラヴクラフトのツァトゥグァは全然違う。

地球誕生直後に、サイクラノーシュ(土星)から地球に飛来した。スミスが執筆した古代の大陸であるハイパーボリアを舞台とする作品では、大陸西部にあるヴーアミタドレス山の地下洞窟に棲むと描写されていた。ラヴクラフトの『闇に囁くもの』では地下世界クン=ヤンのさらなる地底にある「暗闇のンカイ」から到来したという説明である[2]。設定上ハイパーボリアは海に沈んでいるので、ツァトゥグァの居場所についての説明には変動がある。

フランシス・T・レイニーリン・カーターは、ツァトゥグァを四大霊の地の霊と分類している[3][4]。また旧神に逆らったことで、先述の居場所に幽閉されているということになっている。

創造者スミスが多用した神性であるが、ツァトゥグァ自身をはっきりと登場させた作品は『七つの呪い』のみ。同作品にいわく「空腹にさいなまれているときすら、その場から立ちあがることはなさらず、聖なる怠惰のままじっと生贄を待ちつづける」[5][注 2]

クトゥルフ神話TRPGでは、邪悪揃いの神話存在たちの中では「さほど悪意のない[6](邪心の少ない[7]/邪悪でない[8])」方と説明されている。

登場・関連作品[編集]

創造者スミスの作品数は6、内訳はハイパーボリアが5、アヴェロワーニュ英語版が1。しかしスミスはオーガスト・ダーレスからの質問に1937年4月13日付の書簡で回答し、ツァトゥグァが関与する作品として5編を挙げている[9]。スミス自身が挙げた5編には『アウースル・ウトックアンの不運』が含まれていない。またスミスの未発表草稿『サドクアの神託』は、アヴェロワーニュシリーズ最古のローマ占領時代を舞台としており、サドクア(ツァトゥグァ)崇拝が構想されていた[10][11]

容姿[編集]

  • ツァトゥグァは巨大な腹部とヒキガエルに似た頭部を持ち、口からは舌を突き出し、半ばまぶたが閉じられた眠たげな目をしている。体色は黒く、体表は短く柔らかな毛で覆われ、コウモリナマケモノの両者の姿を連想させるとされる。[1][5]
  • 『闇に囁くもの』では「一定した形のない蟇蛙のような生き物」と表現されている[2]
  • クトゥルフ神話TRPG』では、コウモリのような耳と体毛を持つとしている[6]。(先述のスミスとラヴクラフト双方の設定を踏まえて)本質は無定形であり、自由に姿を変えることが可能であるとされることもある[6]

体の大きさは、クトゥルフなど他の旧支配者ほど巨大な描写はされていない。『クトゥルフ神話TRPG』のデータでは、「ホッキョクグマイタチザメと同程度」のサイズに設定されている[12]

創造者のスミスは、小説以外に彫刻も手がけており、自らツァトゥグァの像(邪神像)を造っている[13]

眷属・カルト[編集]

不定形生物
黒いタールのような不定形の姿をした生物。作者・作品によって説明がバラバラなので、順に解説する。
  • スミスの『サタムプラ・ゼイロスの物語』に登場。コモリオムのツァトゥグァ神殿に潜んでおり、やって来た盗賊2人に襲い掛かった[1]
  • ラヴクラフトの『墳丘の怪』に登場。地の底のンカイでツァトゥグァを崇拝する[14]。ラヴクラフトはこの種族を「惑星キタミールからやって来た生物」と表現した[15]
  • クトゥルフ神話TRPG』では「無形の落とし子(Formless Spawn)」と名付けられている。位置づけは「下級の奉仕種族」とされ、ツァトゥグァと密接な関係にあるとされる。[16][17]
ヒキガエルの怪物
上位眷属。ヒキガエルに形容されるも、蹄、触手、翼などを備えるともされる。(容姿が似ていたために、半ば後付けで)ツァトゥグァの侍臣とされた怪物たち。
TRPGでは「ツァトゥグァの末裔(Scions of Tsathoggua)」と名付けられている。位置づけは「上級の奉仕種族」とされ、Spawnよりも上位のScionという名称。TRPG解説書では、ロバート・E・ハワードの『屋根の上に』の怪物の描写が引用され、ゴル=ゴロスやオサダゴワとの関係も示唆される。[18][17]
ヴーアミ族
ハイパーボリアの原始獣人。ツァトゥグァを崇拝する種族。詳細は個別記事を参照。

古代の大陸ハイパーボリアでは、野人ヴーアミ族が信仰し、ハイパーボリア人は邪教とみなした。ハイパーボリアではゾタクアの異称でも呼ばれた。魔道士エイボンはゾタクアに帰依し、魔術の知識を授かっていた。[19]

地下世界クン=ヤン(無明のンカイ、赤いヨス、青いツァス)でも信仰があった。ンカイで不定形生物たちが崇拝し、ヨスの種族も崇拝した。人間が沈んだ大陸からツァスに移住してきて、ヨス人の信仰を引き継ぐが、ンカイのおぞましさを知りツァトゥグァ神を破棄する。[14][注 3]

系図[編集]

ツァトゥグァには詳細な系図が設定されている。

スミスがロバート・バーロウに宛てた1934年6月16日付の書簡によると、宇宙の中心にある原初の混沌たるアザトースが分裂によってサクサクルースを産み、サクサクルースがギズグス、フジウルクォイグムンズハー、トゥルー(クトゥルフの異称)の三神を産んだとしている。ギズグスがイクナグンニスススズが産んだズスティルゼムグニとの間にツァトゥグァをもうけた。フジウルクォイグムンズハーとクトゥルフがツァトゥグァの叔父[20]

一方、ラヴクラフトがジェームズ・F・モートンに宛てた1933年4月27日付の書簡では、スミスのものと異なる系図が想定されている。同書簡では、アザトースの子孫に双子神ナグとイェブがおり、ナグがクトゥルフを、イェブがツァトゥグァを産んだとしている[21]

後にリン・カーターがクトゥルフ神話を体系化するが、ツァトッグァ(とヴルトゥーム)については系図が2つできる[22]

  1. ヨグ=ソトースの異母の子たちが、クトゥルフ/ハスター/ツァトゥグァ/ヴルトゥーム。
  2. アザトース→サクサクルース→ギズグス(雄性)→ツァトゥグァ。ツァトゥグァとヴルトゥームは同母異父の兄弟。ヨグ=ソトースの異母の子たちが、クトゥルフ/ハスター/ヴルトゥーム。

クトゥルフ神話TRPGでは(神々の系図自体に疑問符をつけつつも)スミスの系図が採用されている[17]

親族[編集]

スミスの設定によるツァトゥグァの親族を以下に示す。

サクサクルース(CxaxukluthもしくはKsaksa-Kluth)
アザトースが分裂生殖によって産み落とした両性具有の神であり、ツァトゥグァの父方の祖父母にあたる。ギズグス、フジウルクォイグムンズハー、トゥルー(クトゥルフ)の三神を産んだ。
ギズグス(GhisguthもしくはGhizghuth、Ghisghuth)
ツァトゥグァの父。ズスティルゼムグニとの間にツァトゥグァをもうけた。
フジウルクォイグムンズハー(Hziulquoigmnzhah)
ツァトゥグァの父方の叔父。ギズグスとトゥルーの兄弟。親であるサクサクルースの同族食いの習慣を好まず、幼少時にヤークシュ(海王星)に渡り、その後サイクラノーシュ(土星)に移った。
短い脚と長い腕を持ち、頭が体の下部からさかさまにぶら下がっているが、それ以外の部分はツァトゥグァに似た姿をしているという。『魔道士エイボン』に登場する[注 2]
トゥルー(クトゥルフ、クトゥルト)
ツァトゥグァの父方の叔父。ギズグスとフジウルクォイグムンズハーの兄弟。トゥルー、クトゥルトはスミス風の表記。後述。
イクナグンニスススズ(Ycnagnnisssz)
ツァトゥグァの母方の祖父(または祖母)にあたる。暗黒星ゾスからやってきて、分裂生殖によりズスティルゼムグニを産んだ。
ズスティルゼムグニ(Zstylzhemgni)
ツァトゥグァの母。ギズグスの妻。
シャタク(Shatak)
ツァトゥグァの妻。ヤークシュ(海王星)でツァトゥグァとの間にズヴィルポグアをもうけた。
ズヴィルポグア(Zvilpoggua)
ツァトゥグァとシャタクの間に生まれた子供。後述。
スファトリクルルプ(Sfatlicllp)
ツァトゥグァの孫。ズヴィルポグアの娘。ヴーアミ族の男との間に不死身のクニガティン・ザウムアタマウスの遺言の敵役)をもうけた。

親族(非スミス)[編集]

クトゥルフ(クトゥルト、トゥルー)
創造者はラヴクラフト。ラヴクラフトの系譜では従兄弟。スミスの系譜では叔父甥。カーターの系譜では異母兄弟または遠縁。
先に述べたように、ラヴクラフトの系譜ではナグの子となっており、スミスの系譜は異なるが、スミスはまたラヴクラフト説を肯定して付け加えるように、クトゥルフをナグとプトマクの子とするという別の情報も残している。クン=ヤンではトゥルーとツァトゥグァが信仰された[14]
ヴルトゥーム
創造者はスミスだが、ツァトッグァとの関連は全くなかった。カーターの系譜では兄弟。
ズヴィルポグア(Zvilpoggua)またはオサダゴワ(Ossadogowah)
ズヴィルポグアはスミスが創造し、オサダゴワはラヴクラフトが創造した。「オサダゴワ=サドゴワアの息子」という名前であり、サドゴワアはツァトゥグァの異称。
ヴーアム
創造者はカーター。古代ヴーアミ族の長。ツァトッグァとシャタクの子であると自称。[23]

その他、関連のある邪神[編集]

ツァトゥグァは四大霊の地の精に属する。カーターはツァトゥグァに四大霊にまつわる関係性を付与した。

脚注[編集]

【凡例】

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ サドグイは中世フランスのアヴェロワーニュ、サドゴワアは北米インディアン、ゾタクアはハイパーボリアでの名称。スミスの作品では、ツァトゥグァをはじめとする神々の名称が時代や地域で変化する。
  2. ^ a b 『魔道士エイボン』にはゾタクア(ツァトゥグァ)の言及があるほか、血族であるフジウルクォイグムンズハーが登場し、この邪神一族のユーモラスさに拍車をかけている。
  3. ^ ヨスの種族は、後付けで蛇人間と設定される。新紀元社『エンサイクロペディア・クトゥルフ』「ツァトゥグァ」174-175ページ。

出典[編集]

  1. ^ a b c クト12『サタムプラ・ゼイロスの物語』/ヒュ『サタムプラ・ゼイロスの話』。
  2. ^ a b c 全集1『闇に囁くもの』p.285
  3. ^ クト13『クトゥルー神話用語集』フランシス・T・レイニー、338ページ。
  4. ^ クト『クトゥルー神話の神神』リン・カーター、317ページ。
  5. ^ a b クト4『七つの呪い』/ヒュ『七つの呪い』。
  6. ^ a b c KADOKAWAエンターブレイン『マレウス・モンストロルム』「ツァトゥグァ」191-192ページ。
  7. ^ 『新クトゥルフ神話TRPGルールブック(7thEdition)』「ツァトゥグァ」324-325ページ。
  8. ^ 山本弘『クトゥルフ・ハンドブック』「ツァトゥグァ」58-59ページ。
  9. ^ David E. Schultz and Scott Conners, ed (2003). Selected Letters of Clark Ashton Smith. Arkham House. pp. 286-287 
  10. ^ 創元推理文庫『アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚』【解説】414-416ページ。
  11. ^ ナイトランド叢書『魔術師の帝国3 アヴェロワーニュ篇』編者あとがき、308ページ。
  12. ^ KADOKAWAエンターブレイン『マレウス・モンストロルム』「ホッキョクグマ」272ページ、「イタチザメ」275ページ。
  13. ^ 学研『クトゥルー神話事典第四版』東雅夫「ツァトゥグァ」200-201ページ。
  14. ^ a b c クト12『墳丘の怪』/新ク1『俘囚の塚』ラヴクラフト&ゼリア・ビショップ
  15. ^ 全集6&クト3『銀の鍵の門を越えて』ラヴクラフト
  16. ^ KADOKAWAエンターブレイン『マレウス・モンストロルム』「ツァトゥグァの無形の落とし子」76ページ。
  17. ^ a b c KADOKAWAエンターブレイン『マレウス・モンストロルム』「ハンセン・ポプラン卿の日誌 ツァトゥグァ」192ページ。
  18. ^ KADOKAWAエンターブレイン『マレウス・モンストロルム』「ツァトゥグァの末裔」75-76ページ、「ツァトゥグァの無形の落とし子」76ページ。
  19. ^ クト5『魔道士エイボン』/ヒュ『土星への扉』/新ク2『魔道師の挽歌』/エイ『土星への扉』。
  20. ^ The Family Tree of the Gods http://www.eldritchdark.com/writings/nonfiction/45/the-family-tree-of-the-gods 。これらは文献「プノムの羊皮紙文書」に記されているという設定になっている。
  21. ^ 学研『クトゥルー神話事典第四版』東雅夫、124ページ。
  22. ^ 陳列室の恐怖』(1976)やカーター版ネクロノミコン(没後)など。
  23. ^ a b エイ『モーロックの巻物
  24. ^ カーター版ネクロノミコン四部一章『抑えきれぬものの召喚について』