ヘンリー・アーミテイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘンリー・アーミテイジ(1855年~?? Henri Armitage)は、クトゥルフ神話に登場する架空の人物

概要[編集]

ミスカトニック大学の図書館長。ミスカトニック大学文学修士、プリンストン大学哲学博士、ジョンズ・ホプキンス大学文学博士の学位を持つ博学の徒でもある。1928年、ミスカトニック大学図書館の『ネクロノミコン』を閲覧しにきたウィルバー・ウェイトリーの企みを看破し、その悍ましい正体を知ったことから、ウィルバーの死後、彼の残した日記や大学の魔術書を解読。それによって得た呪文によってウィルバーの双子の兄弟を消滅させ、ヨグ=ソトース旧支配者を召喚する儀式を阻止した(この時は、助手のウォーラン・ライス、フランシス・モーガンも彼と共に事件の舞台であるダニッチに同行している)。

没年は不明だが、フリッツ・ライバーの『アーカムそして星の世界へ (The Arkham and the Stars)』によると、ミスカトニック大学の新しい本館の裏にある墓地に葬られたらしい。

登場作品[編集]

関連項目[編集]