ダンウィッチの怪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダンウィッチの怪』(ダンウィッチのかい、: The Dunwich Horror)または『ダニッチの怪』(ダニッチのかい)は、アメリカ合衆国のホラー小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトが1928年に執筆され、ウィアード・テールズの1929年4月号に発表された小説。ラヴクラフト、およびクトゥルフ神話作品の一つ。

概要[編集]

ダンウィッチおよびアーカムを舞台に、ヨグ=ソトースが人間の女性と交接したことにより生まれた双子の恐怖を描ききる本編は、魔道書を所蔵するミスカトニック大学附属図書館の描写、『ネクロノミコン』からの引用、とりわけヨグ=ソトースの双子の有様によって『クトゥルフの呼び声』や『インスマウスの影』と共に、後に展開されるダーレスのクトゥルフ神話の決定的な中核となっている。尤も『ネクロノミコン』の引用から分かるように、クトゥルフが旧支配者の存在を伺うことしかできない緑者であるとされ、クトゥルフ神話とは全く異なる点を見逃してはならない。ラヴクラフトはクトゥルフを旧支配者に比べ力の劣る、取るに足らない存在として描いている。実際、ラヴクラフトの作品においては、クトゥルフよりヨグ=ソトースのほうが多く扱われており、「クトゥルフ神話」というより「ヨグ=ソトース神話」と呼ぶべきだという意見も存在する。[1] また、「絶対的な力を持つ異形の存在に翻弄され、なす術もなく握りつぶされる人間」という構図のラヴクラフト作品の中でも珍しく「異形の存在たちに立ち向かう人間」という構図であり、作中の登場人物たちは他のラヴクラフト作品の登場人物とは違い異形の存在に立ち向かい、勝利している。最後の怪物の死の場面はイエス・キリストのゴルゴダにおける受難のパロディーと見る意見もある。

あらすじ[編集]

掲載誌の表紙

物語は1910年代の米国北部、狂騒の20年代を迎える前夜のマサチューセッツ州に始まる。目覚しい発展を続ける工業と流入し続ける大量の移民の前に混乱を極めた時代。それに逆行するかのように、農村部では未だ貧困と迷信とが蔓延っていた。そんな農村部の中でも一際、異彩を放っていたのがダンウィッチ村(ダニッチ村とも)であった。1913年、事件の始まりを告げるようにホイップアーウィルヨタカが夜通し鳴き続け、犬という犬が吠え続けた、2月2日の聖燭祭の夜に生まれたウィルバー・ウェイトリーも、父の知られぬ身でありながら、堕胎される事無く産み落される。ウィルバー・ウェイトリーは、生まれた時から成長のスピードが速く、他の子供とも見た目が違っていたため、村人たちに気味悪がられていた。成長し、祖父を亡くした彼は、ミスカトニック大学を訪れて貸し出しを断られたネクロノミコンを盗み出そうとし、番犬に襲われて死んでしまう。そして、彼と祖父が今まで隠してきた存在が、村に現れた。

登場人物[編集]

この小説には、以下の人物のほかにも、ウェイトリー家の分家の者といった村人が複数登場する。

ウィルバー・ウェイトリー(Wilbur Whateley)
この物語の中心的人物。異様な風貌で誕生し、成長のスピードが早く、生後7か月で歩き始め、11か月で言葉を喋るようになっていた。また、この時点でヨグ=ソトースについて触れていた。
10歳ですでに大人と変わらない外見にまで成長していた。祖父の没後、ラヴィニアを蔑むようになる。
犬に忌み嫌われやすい性質故、いつも拳銃を持っていたが、祖父の没後、ミスカトニック大学図書館からネクロノミコンのラテン語版を盗み出そうとして番犬に殺される。
ウィルバーの弟(Wilbur's brother)
ウィルバーの双子の弟。兄よりもはるかに父親に似ているとされ、全身に無数の触手と眼を有した巨大な体に、ウェイトリー一族の特徴を備えた人間に近い顔を持つ。その姿は普段は人には見えず、動いた後には黒い粘液状の跡が残る。
誕生後は祖父によって家の二階に匿われていたが、祖父の死後にその世話を引き継いだウィルバーが死ぬと餌を求めて家を破壊して外に飛び出し、ダニッチ村の家や家畜を次々と襲っていた。
その事件を知って村に赴いたヘンリー達にイブン・ハジの粉をかけられたことで姿を現し、ヘンリーがウィルバーの日記を解読して会得した呪文を、彼らが唱えたことによって父の名を呼びつつ消滅した。
老ウェイトリー(Old Whateley)
ウィルバーの祖父で、ラヴィニアの父。ウィルバー誕生後、ある目的のために家を増改築する。ウィルバーに魔術の手ほどきをし、1924年に孫に忠告を残して亡くなる。
ラヴィニア・ウェイトリー(Lavinia Whateley)
ウィルバーの母親で、老ウェイトリーの娘。12歳のころに母親が変死している。
やや体に障害のあるアルビノで、ウェイトリー家に遺伝する貧弱な顎をのぞいては、色黒な息子とは似ていない。
ウィルバーが生まれた当初は息子を自慢していたが、老ウェイトリーの没後、ウィルバーを恐れるようになり、1926年の万聖節前夜を境に消息を絶つ。
そのことから父の真意や息子の正体については気づいていなかったと思われる。
ヘンリー・アーミテッジ(Henry Armitage)
ミスカトニック大学図書館長で、文学・哲学博士。ウィルバーが祖父の遺言に従って探している呪文の一部を垣間見てしまう。
ウィルバーの没後、彼の日記を解読して恐ろしい怪物の存在を知り、同僚のライスとモーガンを連れてダニッチを訪れる。
ウォーラン・ライス(Warren Rice)
アーミテッジとともに怪物退治に来た学者。ウィルバーの死に立ち会う。
フランシス・モーガン(Francis Morgan)
アーミテッジとともに怪物退治に来た学者で、ライスとアーミテッジより年下。ウィルバーの死に立ち会う。

日本語訳[編集]

  • 「ダニッチの怪」 『ラヴクラフト全集〈5〉』、大瀧啓裕訳、創元推理文庫
  • 「悪魔のおとし子」『世界こわい話ふしぎな話傑作集04』、 岡上鈴江訳、金の星社
  • 「ダンウィッチの怪」『怪奇小説傑作集〈3〉』、創元推理文庫

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 幻想文学6号(84/3) ラヴクラフト症候群より

関連項目[編集]