ユゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ユゴス(Yuggoth)あるいは、ユッグゴトフとは、クトゥルフ神話に登場する架空の惑星

概要[編集]

海王星の先に在ると言われている未知の惑星。冥王星という説や全く別の惑星とされる意見がある。位置に関しては、太陽系の惑星軌道面に対し垂直の軌道を描いて周回する巨大な太陽系外縁天体と記述されていることもある。この惑星は、外宇宙から飛来したミ=ゴの基地としての役割を担っている他、クトゥルフ神話の地名として登場する。

解説[編集]

パーシヴァル・ローウェルは、1895年の著書『火星』において「海王星の外側に惑星Xが存在する可能性」を挙げた。1930年3月13日にローウェル天文台は、9番目の惑星を発見したと正式に認める。ラブクラフトは、幼少から天文学に非常に興味があり天体望遠鏡を眺め、友人らを自宅に呼ぶと彼らにも薦めた。また天文学に関する記事や詩を新聞や雑誌に投稿した。そんな彼が小説『闇に囁くもの』において9番目の惑星を登場させている。ローウェル天文台が9番目の惑星を発見したのが1月頃でラブクラフトが2月頃に執筆を始め、完成したのは、同年9月である。

友人モートン(James F. Morton)にラブクラフトは、1930年3月15日の手紙で「Whatcha thinka the NEW PLANET? HOT STUFF!!! It is probadly Yuggoth.(本当に新惑星と思う?すごい!それがたぶんユゴスだ)」と書いている。しかし、その後のクトゥルフ神話の作家たちは、冥王星が発見当時よりセンセーショナルな印象を失ったことと手紙でも両者が同一であると断言されていない点からユゴスが冥王星と別の惑星である可能性を考えた。奇しくも冥王星が9番目の惑星でなくなったことで、この設定は、確立した。天文学者カルボナニ(Albino Carbognani)は、「惑星ユゴスが名付けられる可能性ができた」とコメントしている。

作中での描写[編集]

Yuggoth... is a strange dark orb at the very rim of our solar system... There are mighty cities on Yuggoth—great tiers of terraced towers built of black stone... The sun shines there no brighter than a star, but the beings need no light. They have other subtler senses, and put no windows in their great houses and temples... The black rivers of pitch that flow under those mysterious cyclopean bridges—things built by some elder race extinct and forgotten before the beings came to Yuggoth from the ultimate voids—ought to be enough to make any man a Dante or Edgar Allan Poe if he can keep sane long enough to tell what he has seen...
—H. P. Lovecraft, "The Whisperer in Darkness"

ラブクラフトの小説『闇に囁くもの』の描写、ユゴスを旅した人間によれば、ユゴスの暖かい海の中には、黒い石で作られた窓のない塔が立ち並ぶ都市や、不思議な鉱物の大鉱床があり、そして幾つもの巨大な橋が架かる黒い川が流れていると言う。ラムジー・キャンベルの小説『暗黒星の陥穽(The Mine on Yuggoth)』では、ブリチェスター近郊の悪魔の階段(きざはし)がユゴスに通じている。一種のテレポーターがあり、ここからミ=ゴが地球と行き来している。同作のユゴスには、黒い石作りの都市の他、地球では、産出しないトゥク=ル金属(tok'l-metal)を採掘する鉱山がある。この金属は、ミ=ゴ謹製”脳髄シリンダー”の素材とされている。

ミ=ゴは、ユゴスを地球に向かう拠点としているが上記の石造りの都市は、彼らより以前にユゴスに住んでいた種族の遺跡と言われ、ミ=ゴ以外の種族もユゴスには、住んでいる。

まずラブクラフトの小説『永劫より(Out of the Eons)』では、ユゴス星人が登場するが、彼らはミ=ゴとは、異なる種族と考えられている。彼らは、古代ムー大陸の聖地クナアにそびえるヤディス・ゴー山に幾何学的に異様な輪郭を持つ巨石建造物を築いた。ここには、ガタノゾーア(Gathanothoa)が眠っておりユゴス星人たちが崇拝した。ガタノゾーアが目覚めないように生贄を奉げる必要があったため、ムー大陸が海中に没した今も教義を受け継ぐ集団が儀式を続けているという。

他にも旧支配者グラーキは、地球へ向かう途中でしばらくユゴスに留まり、輝くトラペゾヘドロンを製作した。また旧支配者ラーン=テゴスが地球に来る前にユゴスに住んだ。さらにゾス星系から一族を連れてやって来たツァトゥグァの祖父サクサクルースは、今も地下に住んでいる。サクサクルースは、自分の子供たちを食べる習慣があったため、ツァトゥグアなど大半がユゴスから逃げ出してしまった。

ルポフ(Richard A. Lupoff)の 小説『2337年3月15日の発見(The Discovery of the Ghooric Zone—March 15, 2337 、1977年)』では、ユゴスの大きさなどに言及した。

ルポフのユゴスは、木星の2倍、地球の600倍の巨大な天体であり、無数の衛星を持ち、毎時80,000kmで自転するため極地に対して楕円形に変形している。また表面は、鼓動する邪悪な心臓のように収縮と膨張を繰り返す鈍い深紅に輝く溶岩の地殻に覆われている。都市は、この天井から釣り下がるようにして建設されている。

ルポフのユゴスの月[編集]

  • Nithon - ミ=ゴにより光を遮る雲に覆われた天体。
  • Zaman - ユゴスの月。
  • Thog - Thokと双子の衛星。ピッチのような黒い海に覆われた天体。
  • Thok - Thogと双子の衛星。ショゴスが住んでいる。

登場作品[編集]

  • 小説『闇に囁くもの(1931年)』 - ラブクラフト
  • 小説『永劫より(Out of the Eons 、1935年)』 - ラブクラフト
  • 詩『ユゴスよりのもの(Fungi From Yuggoth 、1929-30)』 - ラブクラフト
  • 『神々の家系図(The Family Tree of the Gods 、1944年)』 - Clark Ashton Smith
  • 小説『暗黒星の陥穽(The Mine on Yuggoth 、1964)』 - Ramsey Campbell
  • 詩『Nithon(1974)』 - Michael Fantina
  • 小説『2337年3月15日の発見(The Discovery of the Ghooric Zone—March 15, 2337 、1977年)』 - Richard A. Lupoff

出典[編集]