ユゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ユゴス(Yuggoth)は、架空の神話であるクトゥルフ神話に登場する架空の惑星

概要[編集]

海王星の先に在ると言われている冥王星と同じような星。冥王星そのものだという説や、9個の惑星以外の、太陽系の軌道面に垂直な軌道を持つ巨大な惑星だと記述されていることもある。この惑星はミ=ゴの基地としての役割を担っている。ユゴスを旅したり、眺めたりした人間によれば、ユゴスの暖かい海の中には黒く窓のない塔が立ち並ぶ都市や、不思議な鉱物の大鉱床があり、そして幾つもの巨大な橋が架かる川が流れていると言う。

旧支配者との関係[編集]

ユゴスは旧支配者との関係が大きい惑星でもある。グラーキは地球へ向かう途中でしばらくユゴスに留まり、輝くトラペゾヘドロンを製作した。また、旧支配者ラーン=テゴスが地球に来る前にユゴスに棲み、ツァトゥグァの祖父サクサクルースが地下に住んでいた。

出典[編集]