クトゥルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クトゥルフ
ラヴクラフトによる素描、1934年

クトゥルフ(Cthulhu)とは、クトゥルフ神話などに登場する架空神性、あるいは宇宙生物である。

概要[編集]

クトゥルフの登場するフィクション作品は数多いが、初出はハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『クトゥルフの呼び声』(The Call of Cthulhu、1926年)である。

海底に沈んだ都市ルルイエに封印されている、あるいは、眠っているとされ彼自身が物語上で活躍することはない。しかし夢のテレパシーや彼の信奉者が人間に危害を加える。人間では太刀打ちできず、しかも好意的ではない太古の地球の支配者であり、人間の繁栄が宇宙からすれば短いものであるとしたラヴクラフトの「コズミックホラー」(宇宙的恐怖)を象徴するキャラクターとして、彼の作品世界の代名詞として知られている。

一般に頭足類(タコやイカ)に似た六眼の頭部、顎髭のように触腕を無数に生やし、巨大な鉤爪のある手足、水かきを備えた二足歩行の姿、ぬらぬらした鱗かゴム状の瘤に覆われた数百メートルもある山のように大きな緑色の身体、背にはドラゴンのようなコウモリに似た細い翼を持った姿をしているとされる[注 1]。人の神経を逆撫でするオーボエのようなくぐもった声を発する。人間は、このクトゥルフの姿を見ただけで発狂するとされる。

クトゥルフ神話の名に冠されている。

発音[編集]

クトゥルフの名前についてラヴクラフトが想像のアイディアとしたのは、ギリシア語で「地下」を意味する"Chthonic"であると言われている。これは、1932年作品『壁のなかの鼠』において言及された。

日本語では、クトゥルフ、クトゥルーク・リトル・リトルが使用され、この3つが代表例である[2]。他にもクルウルウ、クスルー、トゥールー、チューリューなどと表記されるが、先述の3つ以外は少数派・当該作品個別のブレのようなものであり一般化してはいない。

本項では、一般的な表記のひとつである「クトゥルフ」を用いる。この発音は、宇野利泰の表記による[3]。また後に、このタイトルを使用したケイオシアム社のTRPG、『クトゥルフの呼び声』が輸入・翻訳された際もこの本表記が用いられた。

宇宙から飛来した異生物クトゥルフの名前は、本来、人間には発音不能とされ、その呼称を便宜的に表記したものである。英語で"Cathulu", "Kutulu", "Q'thulu", "Ktulu", "Cthulu", "Kthulhut", "Kulhu", "Thu Thu", "Tulu"など、複数の綴りが存在する[4]。S.T.Joshiは、「ラヴクラフトは、"Khlûl'hloo"(クルールー)もしくは"Kathooloo"(カトゥルー)という音を"Cthulhu"と書き写した」と述べている。ラヴクラフト自身は、"Cthulhu"の発音について「舌の先をぴったり口蓋に押しつけて、不完全な二つの音節、"Cthu-lhu"を唸るように、吼えるように、咳きこむように発音する」と記述している。これをカタカナで表現すると「クルールー」になる。一方、ラヴクラフトから遺著管理者に指名されたロバート・H・バーロウは「ラヴクラフトは"Cthulhu"を"Koot-u-lew"と発音していた」と証言しており、オーガスト・ダーレスもこれを支持した。「クトゥルー」という表記は、このバーロウの説に由来する。

これらを踏まえた上で大瀧啓裕による邦訳では、「クルウルウ」「クトゥルー」の2表記を意図して使い分けている。クルウルウ=ラヴクラフトが作り出した神話作品(特に東京創元社刊行のラヴクラフト全集の大瀧啓裕翻訳分)、クトゥルー=オーガスト・ダーレスが作り上げた神話体系としている。

  • 和製クトゥルフ作品にて「九頭龍」の字が当てられることもある。これは九頭竜伝承に重ねられる。そこから、さらなる漢字文化源流である中国のクトゥルフを九頭龍と表記することもある(ルルイエ異本が中国の書物という設定であることも一因)が、クトゥルフは現代中国語では克蘇魯と表記される。

邪神の名前である「Cthulhu」は、本来人間には発音不能な音を表記したものであり、クトゥルフやクトゥルーなどはあくまで便宜上の読みとされているため、アメリカでもどう発音するかは決まっておらず、邦訳でも表記がブレておりクトゥルー神話ク・リトル・リトル神話クルウルウ神話とも呼ばれる。ラヴクラフトから彼の遺著管理者に指名されたロバート・バーロウによると、ラヴクラフト自身は「Koot-u-lew」と発音していたと言われている。またラヴクラフトの書簡には、発音方法が記されたものがある。それによると『Cluh-luhのように音節を分け、舌の先を口蓋にしっかりとつけたまま、唸るように吠えるように、あるいは咳をするようにその音節を出せばいい[5]』と書かれている。1974年出版のラヴクラフト全集を訳した大西尹明はクトゥルフと表記した理由を「発音されると考えられる許容範囲内で、その最も不自然かつ詰屈たる発音を選んだがため」としている。なおラヴクラフトの作品中で明確に「人間には発音不可能」とされているのは、「Cthulhu」と「R'lyeh」のみである。

来歴[編集]

地球人=樽型人(など)であった時代に、外宇宙から飛来した侵略者である。樽型人たちは防ぎきれず、戦争を経て最終的には講和を結び、南太平洋の大陸をクトゥルフ達に譲る。それまで樽型人たちは陸海を支配していたが、代わってクトゥルフは陸を支配するようになる。ルルイエの都が海に沈み、クトゥルフは眠りにつく。残されたクトゥルフ陣営の種族たちは、「善神クトゥルフが、宇宙の魔物のしわざで封印された」と伝承していく。[6][7]

またダーレスの体系付けたクトゥルフ神話(特に四大霊を唱える派)においては、旧支配者の一柱で「水」を象徴し、「風」の象徴であるハスターとは対立するものとされた。[注 2]

「旧支配者の大祭司」とされる。だがこれでは「旧支配者崇拝する者達の中の神官」であるのか「クトゥルフ自身旧支配者であり、その中の神官職にある」のか不明瞭ではっきりとしない。『ダニッチの怪』で引用される「ネクロノミコン」の記述によると前者にすぎず、旧支配者特にヨグ=ソトースなどには明確に及ばない存在とされる。これらの理由から、TRPG経由設定などではクトゥルフを旧支配者、ヨグ=ソトースを外なる神にカテゴライズしているものが多い。

上記の設定によりハスターは、クトゥルフと敵対関係にあり、クトゥルフを信奉する集団や怪物と敵対する者たちにとって味方となる。このためハスターが人間を手助けすることがある。例えば、ラバン・シュリュズベリィは、クトゥルフの信者たちと戦い、ハスターの助力を受けた。

ただし、クトゥルフ神話の設定は、基本的に自由であり、作者や作品によって可変となり、そういう設定ならば誤りではない。

ルルイエ[編集]

クトゥルフは、南太平洋の海底に沈んだ古代の石造都市ルルイエに封印されている。ルルイエの島は、ときに天体現象や地殻変動によって海面に浮上することがある。ルルイエが浮上する時期には、クトゥルフの夢がテレパシーによって外界へ漏れ、ある種の精神的なショックを世界的に及ぼすことが知られている。1925年(大正14年)2月28日に海底火山の活動に伴ってルルイエが浮上した際には、子供や芸術家など感受性の強い人々に同時多発的な激しい悪夢、精神異常、自殺の頻出などが見られたとされている[8]

ルルイエは、ニュージーランド南米大陸南極大陸の中間付近、南緯47度9分、西経126度43分に沈んでいる。ダーレスによる再設定では、南緯49度51分、西経128度34分。後続作品ではさらに位置が変わることもある。

"Ph'nglui mglw'nafh Cthulhu R'lyeh wgah'nagl fhtagn"(死せるクトゥルー、ルルイエの館にて、夢見るままに待ちいたり)

人間のクトゥルフ信奉者たちはルルイエ語(クトゥルフの眷属たちが使う太古の言葉)を学習し、人間の言葉に翻訳した。その中でも有名な一節が上記のものである。ここからクトゥルフは、いずれ蘇ると考えられている。

家族[編集]

クトゥルフ神話の神々の系図は混沌化と拡張を続けており、把握は困難である。複数作家の設定を体系化しようとしても矛盾が生まれる。

H・P・ラヴクラフト等(原神話、ラヴクラフト神話
ヨグ=ソトースシュブ=ニグラスの子供がナグとイェブになり、ナグからクトゥルフ、イェブからツァトゥグァが生まれた。
リン・カーター(大系化されたクトゥルフ神話
ヨグ=ソトースの息子であり、ハスター、ツァトゥグァ、ヴルトゥームは異母兄弟である。このうちハスターとは敵対している。ゾス星系の雌神イダー=ヤアーとの間にガタノトーア、イソグサ、ゾス=オムモグの三兄弟(ゾス三神)をもうけている。
ブライアン・ラムレイタイタス・クロウのシリーズ)
特筆すべき独自設定は、クトゥルフが邪神の王であること。他は概ねリン・カーターに準じているが、ゾス三神の妹に秘密のクティーラがいる。海の神性オトゥームはクトゥルフの「騎士」の称号を持つ。
旧神クタニド帝は兄弟。旧神から堕ちた者たちが邪神となった。
ジョゼフ・S・パルヴァー(およびクトゥルフの呼び声 (TRPG)二期)
二番目の妻スクタイ(詳細不明)がいたが、クトゥルフ自身が殺害。三番目の妻カソグサ(蛇の女神)は妹でもあり[9]、双子の姉妹ヌクトーサとヌクトルーをもうけた。ムナガラーという邪神がクトゥルフの右腕とされている。

眷属・カルト[編集]

クトゥルフは、単独ではなく一族で地球へと到来した。クトゥルフには、同種の一族がいる。Spawn(落とし子)、Star-Spawn(星の落とし子)などと呼ばれ、「クトゥルフの落とし子」(クルウルウの末裔)や「クトゥルフの従者」と邦訳されたり、固有種名Cthulhi(クトゥルヒ/クトゥリー)で呼ばれたりと、統一されていない。小型クトゥルフとでも言うべき者たちであり、無数にいるが、クトゥルフよりも力は弱い。タコに良く似た落とし子達をオリーブオイルで調理して食べてしまうという奇想天外な作品も存在する[10]

固有の神性である三柱の息子ゾス三神(ガタノトーア、イソグサ、ゾス=オムモグ)と、娘のクティーラがいる。

神レベルの眷属として、ダゴンシュド=メルがいる。ダゴンとヒュドラは水棲種族「深きものども(および人間との混血)を従える。シュド=メルは地底種族クトーニアンを従える。

夢によるテレパシーで信奉者に指示を送っている。カルトには、クトゥルフを信仰するクトゥルフ教団がある他、傘下に幾つものカルトを持つ(例:ダゴン秘密教団)。人間の信者のみならず、非人間の信者(奉仕種族)がいる(例:アラビア無名都市の爬虫類種族)。過去においては、ムー大陸で崇拝されていた。『永劫の探究』のシュリュズベリイ博士によると、クトゥルフ崇拝の拠点は8箇所(南太平洋ポナペ、北米インスマス、ペルーの地底湖、など)。

小説『クトゥルフの呼び声』で姿を見せた信者たちは、その後も彼等の神の復活のために暗躍を続け、ジョン・レイモンド・ルグラース及びアントン・ザーナク博士等と幾度も戦い、最終的にはヒマラヤ山中で壊滅している[11]

代表的な登場作品[編集]

クトゥルフの呼び声
初登場作品。情報量が多い。
ハワード・フィリップス・ラヴクラフトが1925年に執筆し1928年に発表した。邦訳は複数あり、東京創元社『ラヴクラフト全集2』、青心社『クトゥルー1』、星海社FICTIONS『新訳クトゥルー神話コレクション1』などに収録。
墳丘の怪
地底世界クン=ヤンでの信仰について言及される。地底人からは「トゥルー」(Tulu)の名で呼ばれ、宇宙の調和の霊として信仰される。
ラヴクラフトが、ゼリア・ビショップのために代作した。執筆は1929年、発表は1940年。邦訳は、青心社『クトゥルー12』、国書刊行会『新編真ク・リトル・リトル神話大系1』などに収録。
ハスターの帰還
ハスター旧神との対立構図について言及される。ルルイエ異本が初登場。
オーガスト・ダーレスが1939年に発表した。邦訳は、青心社『クトゥルー1』に収録。
永劫の探究
クトゥルフ教団との戦いを描く。オーガスト・ダーレスが1944-1952年にかけて発表した5連作。邦訳は、青心社『クトゥルー2』に収録。
アーカム計画
クトゥルフ復活の陰謀を描く。ロバート・ブロックが1979年に発表した。邦訳は、創元推理文庫『アーカム計画』に収録。
タイタス・クロウ・サーガ
邪神の王。ラムレイの設定では、クトゥルー配下の邪神達はCCD(Cthulhu Cycle Deities、邦訳:クトゥルー眷属邪神群)と呼ばれる。
ブライアン・ラムレイが1975年から1988年にかけて発表した6長編のシリーズ。邦訳は、創元推理文庫からシリーズ全6作が刊行されている。
TRPG『クトゥルフの呼び声』
人間のカルトとして、銀の黄昏教団マスターたちが登場する。
ケイオシアム社が1981年に製作したTRPGで、改版を重ねている。日本語翻訳版はホビージャパンエンターブレインから刊行されている。

日本において[編集]

「クトゥルフ神話」の名に冠されている、いわば顔役のような邪神であり、日本の初期クトゥルフ神話でも重要な役どころが与えられている。最初期の2作たる『邪教の神』『銀の弾丸』は、独自アレンジがなされたクトゥルフとなっている。1980年代の初期の長編3作『クトゥルー・オペラ』『魔界水滸伝』『妖神グルメ』は全てがVSクトゥルフを題材とする[12]菊地秀行はクトゥルフとヨグ=ソトースを互角の敵対者として登場させることが多い(妖神グルメ、ヨグ=ソトース戦車隊、美凶神YIGなど)[13]

ウルトラマンティガ』のラスボス怪獣「邪神ガタノゾーア」は、クトゥルフである。名前は別の邪神から流用しているが、デザインにあたっては世界中のアーティストが描いたクトゥルフのイラストが資料として用いられたという。

サクセスアドベンチャーゲームアオイシロ』に登場する「クロウクルウ」は、クトゥルフをモデルとしている。

脚注[編集]

【凡例】

  • 全集:創元推理文庫『ラヴクラフト全集』、全7巻+別巻上下
  • クト:青心社文庫『暗黒神話大系クトゥルー』、全13巻
  • 真ク:国書刊行会『真ク・リトル・リトル神話大系』、全10巻
  • 新ク:国書刊行会『新編真ク・リトル・リトル神話大系』、全7巻
  • 新潮:新潮文庫『クトゥルー神話傑作選』、2020年既刊2巻

注釈[編集]

  1. ^ 『クトゥルフの呼び声』では「イカのような」とされるが、『狂気の山脈にて』『墳丘の怪』などではタコに例えられる[1]
  2. ^ 四大霊に基づいてクトゥルフを水神に位置付けることについては、元祖ラヴクラフトを分析した観点から、指摘や批判がなされている。ラヴクラフトによる元来の設定では、自らの墓所を含むルルイエが水没したために活動を制限されているのであり、水棲種族深きものどもから信奉されている描写こそあれ、水や水棲の者を統べるといった要素は見られない。またクトゥルフ自身の持つテレパシー能力も、大量の海水によってほとんどが遮られている。

出典[編集]

  1. ^ 森瀬、p.54。
  2. ^ 順に、創元推理文庫『ラヴクラフト全集』(宇野利泰表記)、青心社『暗黒神話大系クトゥルー』、国書刊行会『ク・リトル・リトル神話大系』で主に用いられる記法。
  3. ^ クトゥルフの呼び声』より。ラブクラフト全集文庫版第2巻に収録。
  4. ^ ハイパーボリア由来ではKthulhut(クトルット)、地底世界ではTulu(トゥルー)。
  5. ^ 学研 エソテリカ別冊 クトゥルー神話の本 P.041 より
  6. ^ 全集4『狂気の山脈にて』、新潮2『狂気の山脈にて』ラヴクラフト
  7. ^ クト12『墳丘の怪』、真ク10&新ク1『俘囚の塚』ラヴクラフト&ゼリア・ビショップ
  8. ^ 『クトゥルフの呼び声』参照。
  9. ^ ジョゼフ・S・パルヴァー『Nightmare’s Disciple』
  10. ^ リス・ヒューズ『Abomination with Rice』(「Cthulhu Unbound Volume2」ISBN 1934861146)所収
  11. ^ ハワード・フィリップス・ラヴクラフト&C・J・ヘンダースン『Tales of Inspector Legrasse』ISBN 0972854517
  12. ^ 創土社『妖神グルメ』(新装版)あとがき232ページ。
  13. ^ 創土社『美凶神YIG 上』あとがき 240~251ページ。

参考文献[編集]

  • 森瀬繚『ゲームシナリオのためのクトゥルー神話辞典 知っておきたい邪神・禁書・お約束110』SBクリエイティブ、2013年。ISBN 978-4-7973-7429-2

関連項目[編集]