クトゥルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クトゥルフ
ラヴクラフトによる素描、1934年

クトゥルフ(Cthulhu)とは、クトゥルフ神話などに登場する架空神性、あるいは宇宙生物である。

概要[編集]

クトゥルフの登場するフィクション作品は、数多いが初出は、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『クトゥルフの呼び声』(The Call of Cthulhu、1926年)である。

海底に沈んだ都市ルルイエに封印されている、あるいは、眠っているとされ彼自身が物語上で活躍することはない。しかし夢のテレパシーや彼の信奉者が人間に危害を加える。人間では、太刀打ちできず、しかも好意的ではない太古の地球の支配者であり、人間の繁栄が宇宙からすれば短いものであるとしたラブクラフトの宇宙的恐怖を象徴するキャラクターとして、彼の作品世界観の代名詞として知られている。

一般にタコに似た頭部、頭足類のような触腕を無数に生やした顔、巨大な鉤爪のある手足、水かきを備えた二足歩行の姿、ぬらぬらした鱗かゴム状の瘤に覆われた数百メートルもある山のように大きな身体、背にはドラゴンのようなコウモリに似た細い翼を持った姿をしているとされる[注 1]。人の神経を逆撫でするオーボエのようなぐぐもった声を発する。人間は、このクトゥルフの姿を見ただけで発狂するとされる。また変身できる、あるいは、旧支配者であるクトゥルフの姿は、三次元に収まらないと解釈されることもある。

クトウルフ神話の名に冠されている。

発音[編集]

クトゥルフの名前についてラヴクラフトが想像のアイディアとしたのは、ギリシア語で「地下」を意味する"Chthonic"であると言われている。これは、小説『壁のなかの鼠(1923年)』において言及された。

日本語では、クトゥルフの他、主にクトゥルーク・リトル・リトルが使用され、クルウルウ、クスルー、トゥールー、チューリュー、九頭龍など様々な表記がある。本項では、一般的な表記のひとつである「クトゥルフ」を用いる。この発音は、宇野利泰の表記による[2]。また後に、このタイトルを使用したケイオシアム社のTRPG、『クトゥルフの呼び声』が輸入・翻訳された際もこの本表記が用いられた。

宇宙から飛来した異生物クトゥルフの名前は、本来、人間には発音不能とされ、その呼称を便宜的に表記したものである。英語で"Cathulu", "Kutulu", "Q'thulu", "Ktulu", "Cthulu", "Kthulhut", "Kulhu", "Thu Thu", "Tulu"など、複数の綴りが存在する。S.T.Joshiは、「ラヴクラフトは、"Khlûl'hloo"(クルールー)もしくは"Kathooloo"(カトゥルー)という音を"Cthulhu"と書き写した」と述べている。ラヴクラフト自身は、"Cthulhu"の発音について「舌の先をぴったり口蓋に押しつけて、不完全な二つの音節、"Cthu-lhu"を唸るように、吼えるように、咳きこむように発音する」と記述している。これをカタカナで表現すると「クルールー」になる。一方、ラヴクラフトから遺著管理者に指名されたロバート・H・バーロウは「ラヴクラフトは"Cthulhu"を"Koot-u-lew"と発音していた」と証言しており、オーガスト・ダーレスもこれを支持した。「クトゥルー」という表記は、このバーロウの説に由来する。

これらを踏まえた上で翻訳家の大瀧啓裕は、ラヴクラフトが作り出した神話作品内(特に東京創元社刊行のラヴクラフト全集の大瀧啓裕翻訳分)では「クルウルウ」と表記し、オーガスト・ダーレスが作り上げた神話体系は「クトゥルー」と表記している。

来歴[編集]

遥かな昔、眷属と共にゾス(Xoth)星系から飛来し、地球に降り立ってムー大陸を支配した。やがて星の位置が作用する霊的な干渉によりルルイエと共に海底に没した。ラヴクラフトの小説『狂気の山脈にて』では、クトゥルフの一族は、同じく宇宙から飛来してきた古のものイースの大いなる種族らと当時(約3億5千万年前)の地球の覇権をめぐって争っていたという。

またダーレスの体系付けたクトゥルフ神話、その中でも特に「四大元素」論派においては、旧支配者の一柱で「水」を象徴し、「風」の象徴であるハスターとは対立するものとされた。ここから水神と解釈されることがあるが、ラヴクラフトによる元来の設定では、自らの墓所を含むルルイエが水没したために活動を制限されているのであり、水棲種族深きものどもから信奉されている描写こそあれ、水や水棲の者を統べるといった要素は見られない。またクトゥルフ自身の持つテレパシー能力も、大量の海水によってほとんどが遮られている。

「旧支配者の大祭司」とされる。だがこれでは「旧支配者崇拝する者達の中の神官」であるのか「クトゥルフ自身旧支配者であり、その中の神官職にある」のか不明瞭ではっきりとしない。『ダニッチの怪』で引用される「ネクロノミコン」の記述によると前者にすぎず、旧支配者特にヨグ=ソトースなどには明確に及ばない存在とされる[注 2]。これらの理由から、TRPG経由設定などではクトゥルフを旧支配者、ヨグ=ソトースを外なる神にカテゴライズしているものが多い。

上記の設定によりハスターは、クトゥルフと敵対関係にあり、クトゥルフを信奉する集団や怪物と敵対する者たちにとって味方となる。このためハスターが人間を手助けすることがある。例えば、ラバン・シュリュズベリィは、クトゥルフの信者たちと戦い、ハスターの助力を受けた。

ただし、クトゥルフ神話の設定は、基本的に自由であり、幅広い解釈のひとつと見做すことも出来、誤りとは言えない。

ルルイエ[編集]

クトゥルフは、周囲に島の全く無い海域、その海底に沈んだ古代の石造都市ルルイエに封印されている。ルルイエの様子は、「幾何学的に狂った角度と、暗緑色の巨石で構築された都市」と表現された。ここからルルイエは、三次元に収まらない異次元に及ぶ建造物であると見做す解釈もある。ルルイエは、星辰が適切な位置に近づいた極わずかの期間や地殻変動によって、海面に浮上することがある。ルルイエおよびそこに眠るクトゥルフの浮上する時期には、クトゥルフの夢がテレパシーによって外界へ漏れ、ある種の精神的なショックを世界的に及ぼすことが知られている。1925年(大正14年)2月28日に海底火山の活動に伴ってルルイエが浮上した際には、子供や芸術家など感受性の強い人々に同時多発的な激しい悪夢、精神異常、自殺の頻出などが見られたとされている(『クトゥルフの呼び声』より)。但しいつも夢を見ている訳ではないらしく、ルルイエに紛れ込んでクトゥルーの顔の前でタップダンスを踊った男は、テレパシーによる精神的ショックを受けていない[3]

ルルイエは、ニュージーランド南米大陸南極大陸の中間付近、南緯47度9分、西経126度43分に沈んでいる。ただしダーレスは、緯度49度51分、軽度128度34分に設定した。他にもチャールズ・ストロスの小説「A Colder War」では、バルト海、Nick Mamatasの小説「Move Under Ground」では、カリフォルニア海岸沖に設定された。

"Ph'nglui mglw'nafh Cthulhu R'lyeh wgah'nagl fhtagn"(死せるクトゥルー、ルルイエの館にて、夢見るままに待ちいたり)

人間のクトゥルフ信奉者たちは、クトゥルフの眷属たちが使う太古の言葉を学習した。その中でも有名な一節が上記のものである。ここからクトゥルフは、いずれ蘇ると考えられている。

クトゥルフ崇拝の拠点として南太平洋のポナペ諸島、北米大陸のアメリカ合衆国マサチューセッツ州の港町インスマスカナダメディシン・ハットメキシコ湾ペルー山岳地帯の深部インカボッカ、アジア南西部、クウェートの砂漠都市、エル・ニグロを中心とした地中海一円、アゾレス諸島などがある。その祭祀については、ミスカトニック大学図書館に所蔵されているラバン・シュリュズベリイ博士による学術論文『ネクロノミコンにおけるクトゥルフ』(Cthulhu in the Necronomicon、1915年)やルルイエ異本が詳しい。過去においては、ムー大陸で崇拝されていた。このうち小説『クトゥルフの呼び声』で姿を見せた信者たちは、その後も彼等の神の復活のために暗躍を続け、ジョン・レイモンド・ルグラース及びアントン・ザーナク博士等と幾度も戦い、最終的にはヒマラヤ山中で壊滅している[4]

家族[編集]

クトゥルフ神話の神々の系図は混沌化と拡張を続けており、把握は困難である。複数作家の世界観を体系化しようとしても矛盾が生まれる。

H・P・ラヴクラフト
ヨグ=ソトースシュブ=ニグラスの子供がナグとイェブになり、ナグからクトゥルフ、イェブからツァトゥグァが生まれた。
リン・カーター
ヨグ=ソトースの息子であり、ハスター、ツァトゥグァ、ブルトゥームは異母兄弟である。このうちハスターとは敵対している。雌神イダ=ヤー(ゾスの星に残留)との間にガタノソア、イソグサ、ゾス=オムモグの三兄弟(ゾス三神)をもうけている。
ブライアン・ラムレイ
概ねリン・カーターに準じているが、ゾス三神の下に秘密のクティーラがいる。
ジョゼフ・パルヴァー
二番目の妻スクタイ(詳細不明)がいたが、クトゥルフ自身が殺害。三番目の妻カソグサ(蛇の女神)は妹でもあり、双子の姉妹ヌクトサとヌクトルーをもうけた。ムナラガーという邪神がクトゥルフの右腕とされている。

眷属[編集]

眷属には、「右腕」のムナガラー、“父なる”ダゴン、“母なる”ハイドラ、水棲種族「深きものども」などがいる。

ゾス星系から飛来した時に同行したイダー=ヤアーとの間に生まれたゾス三神と呼ばれる三柱の息子ガタノトーア、イソグサ、ゾス=オムモグがいる他、クティーラという娘がいる[5]。また、二番目の妻スクタイ(Sk'tai)はクトゥルフ自身に依って殺されており、三番目の妻はクトゥルフの姉妹であるカソグサであるとオーベッド・マーシュの子孫の一部に伝え続けられている[6]

クトゥルヒと呼ばれる、クトゥルフと共に地球に来訪した落とし子達がいる。タコに良く似た落とし子達は、本物のタコ同様に煮えたオリーブオイルで調理が可能[7]

また夢によるテレパシーで信奉者であるクトゥルフ教団に指示を送っているといわれる。さらに眷属の一人のダゴンと深き者、そして彼らと混血した人間たちが組織したダゴン秘密教団がクトゥルフのために活動している。加えて、かつてクトゥルフと敵対した「古のもの」に使役され、主人に逆らったショゴスがクトゥルフの信奉者と協力している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『クトゥルフの呼び声』では「イカのような」とされるが、『狂気の山脈にて』『墳丘の怪』などではタコに例えられる[1]
  2. ^ ラヴクラフトの著作においては「旧支配者」と呼称される謎の存在は、実体が別次元にあるため人類には不可視だと述べられていることが多い。

出典[編集]

  1. ^ 森瀬、p.54。
  2. ^ クトゥルフの呼び声』より。ラブクラフト全集文庫版第2巻に収録。
  3. ^ 『The Mall of CTHULHU』ISBN 1597801275
  4. ^ ハワード・フィリップス・ラヴクラフト&C・J・ヘンダースン『Tales of Inspector Legrasse』ISBN 0972854517
  5. ^ ブライアン・ラムレイ「タイタス・クロウの帰還」(東京創元社) ISBN 4488589030
  6. ^ ジョゼフ・S・パルヴァー『Nightmare’s Disciple』ISBN 1568821182
  7. ^ リス・ヒューズ『Abomination with Rice』(「Cthulhu Unbound Volume2」ISBN 1934861146)所収

参考文献[編集]

  • 森瀬繚『ゲームシナリオのためのクトゥルー神話辞典 知っておきたい邪神・禁書・お約束110』SBクリエイティブ、2013年。ISBN 978-4-7973-7429-2

関連項目[編集]